地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

霧島ファクトリーガーデン特集!人気のランチ・お土産・駐車場情報まで!

宮崎県都城市にある霧島ファクトリーガーデンパークは、レストランやショップ、クラフトビールの醸造施設があります。霧島ファクトリーガーデンパークには、焼酎ソフトクリームやベーカリーなどもあり、色々な物を発信している複合施設なのです。

霧島ファクトリーガーデンを満喫しよう見出し

Photo by koichiroo

霧島ファクトリーガーデンは100年以上に渡って、芋焼酎を作り続けています。中でも有名なのは「黒霧島」です。霧島ファクトリーガーデンでは、霧島酒造が造り上げた技術と精神に触れる事が出来る、体験型の施設になってます。焼酎の飲み比べや試飲、お土産が買えるショップや、人気ランチなどの魅力をご紹介していきます。

宮崎県の観光地TOP27!デートにもおすすめスポット・名所丸わかり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
宮崎県の観光地TOP27!デートにもおすすめスポット・名所丸わかり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
宮崎県の観光地をランキングで27スポットご紹介します。宮崎県は観光地の宝庫で、至る所に魅力的なスポットがあり、選ぶのに迷うくらいですね。この記事ではデートにおすすめのスポットや名所をご案内しますので、参考にしていただければ幸いです。

霧島ファクトリーガーデンとは見出し

Photo by Hirotomo.SABETTO

霧島ファクトリーガーデンとは、霧島酒造の発信基地であり、産業、文化、ふれあいの施設が融合したガーデンパークです。敷地内には、本格焼酎やクラフトビールの醸造施設をはじめとして、人気ランチが食べれるレストランにイベント施設、おすすめの焼酎の試飲や、お土産が買えるブルワリー文化施設など見どころいっぱいの施設があります。

霧島ファクトリーガーデンの見どころ見出し

Photo by akira yamada

霧島ファクトリーガーデンは複数の施設が展開されています。焼酎の試飲や見学工場をはじめ、クラフトビールと地元の食材を利用したレストランや、併用されたカフェスペースでゆったりと寛ぎながら食べる事が出来るベーカリーや試飲が出来るお土産コーナーなど、見どころたっぷり、遊び尽くせるガーデンパークになってます。

霧島ファクトリーガーデン「霧の蔵ブルワリー」で食事をしよう見出し

Photo by washokupress

ランチ時にはお腹も好きます。ランチタイムに、お肉もお魚も両方召し上がりたいと言う方におすすめなのは「海の幸・山の幸セット」です。宮崎県産の牛の味噌煮込み、鶏のチキン南蛮、メヒカリの唐揚げのランチセットです。ご飯は白米か黒米、焼酎モロミパンからお好みのものを選ぶ事が出来ます。

名物釜揚げうどん

Photo by klipsch_soundman

他にも和食シェフがおすすめする、宮崎名物の釜揚げうどんを食べやすく稲庭うどんでアレンジした「釜揚げうどん膳」があります。洋食シェフがおすすめするのは、コクのあるデミグラスソースで宮崎県産牛をやわらかく煮込んだ「宮崎県産牛のデミグラスソース煮込み」です。

また肉と焼酎のまち都城ならではのお肉の盛り合わせを贅沢にワンプレートランチで食べる事が出来る、「牛・豚・鳥3種盛りプレートランチ」などがあります。お肉料理はオーブンで焼き上げるので少々お時間がかかります。

霧島ファクトリーガーデン「霧の蔵ブルワリー」を行事で使おう見出し

Photo by june29

霧の蔵ブルワリーでは色々な用途や行事に合わせて席を選ぶことが出来ます。まず1階のフロアは、ご友人や家族との気軽なランチタイムに使ったり、読書をしながらティータイムを楽しみたい方におすすめです。2階のテーブル席は、要予約席で10人から30人程のお食事にピッタリです。

1階にある「霧の座」は2名様から14名様が入る事が出来る個室・掘りごたつのお部屋になります。大事な会食や会社の接待などにおすすめです。完全個室なので落ち着いて寛ぐ事が出来ます。2日前までの要予約です。

1階ホール席は、バースディーなどのパーティや宴会向けとなっており、天井が高く、広々としたテーブル席が特徴です。ステージやスクリーンを使い、催いものをするのも可能です。推奨人数は20~60名様で、要予約です。(2日前までにご予約が要ります)

パーティルームにも最適

Photo byFree-Photos

2階にある「和個室」は、少人数で和の空間を味わいたいと言う方におすすめのお部屋です。こちらの部屋も掘りごたつ式になっており、14名様までとなっております。お隣の和広間とは、ふすまで仕切られています。2日前の要予約です。

2階にある「和広間」は会社の忘年会などの大人数の宴会におすすめなお座敷のお部屋です。最大で30名様、隣の「和個室」のお部屋とつなげて40名様までお食事する事が出来ます。2階のお部屋はエレベーターはありませんので、階段でのご案内になります。ご予約は2日前までに宜しくお願いします。

霧島ファクトリーガーデン「霧の蔵ベーカリー」でおすすめのパンは?見出し

Photo by kawanet

緑に囲まれた「蔵の霧ベーカリー」は、培ってきた発酵技術と焼酎造りの過程で得られる焼酎モロミを用いて美味しく、かつ身体想いのパン造りの研究を進めてきました。焼酎モロミとは焼酎製造において蒸留工程後に得られる焼酎粕の事です。

口のに中入れると、ソフトな触感と香ばしい風味を楽しむのも見どころです。店内は「自然の明るさ」をテーマにされており、柔らかな光を差し込む明るい雰囲気を感じるのも見どころのひとつです。

霧の島ベーカリーは購入したパンをお土産として持って帰っても良いですし、カフェスペースで食べる事も出来ます。カフェの営業時間は9時から16時までになっており、ランチ時に利用するお客様も居ます。尚、パンがなくなりしだい終了になります。

霧の蔵ベーカリー人気のパン「もろみん」

Photo by dreamcat115

霧の島ベーカリーで中でも人気のパンは「塩パン」です。その他ピザなどは高温度の石窯で焼く本格的ぶりでみどころがあります。名物の焼酎モロミ食パン「もろみん」は仕込み水に焼酎モロミを100%使用した食パンです。見どころは仕込み水にお水ではなく焼酎モロミを使用する事で焼酎の原料であるサツマイモをほのかに感じれる事です。

からだ想いの「もろみん」は栄養も豊富で、ほんのり黄金色でしっとり、それでいてもっちりとした触感を味わう事が出来ます。ここでしか味わう事が出来ない「もろみん」はお土産にも適しています。

もし「もろみん」を一度に食べきれなかった場合は、冷凍保存が出来るので安心です。冷凍する場合は、スライスしてから一枚ずつラップでピタリと包みジッパーなどがついている密封袋で保存する事をおすすめします。冷凍したパンを美味しく召し上がるコツは表面に霧吹きで水を吹きかけ冷凍状態のままトースターで焼いて召し上がる事をおすすめします。

電話番号 0986-22-8989

霧島ファクトリーガーデンの焼酎ソフトクリーム見出し

Photo by dreamcat115

宮崎県内の牧場から直送した濃厚なクリームと、本格芋焼酎「黒霧島」の相性は抜群で、まろやかでコクを感じる事が出来る大人のソフトクリームです。食べるとミルクの甘みの後からふんわりと黒霧島の香が口の中に広がります。焼酎ソフトクリームは、カップかコーンかを選ぶことが出来ます。霧島ファクトリーガーデン限定商品になります。

霧島ファクトリーガーデン「霧の島ブルワリー」で焼酎の試飲を試そう見出し

Photo by NanakoT

霧の蔵ブルワリーショップでは、試飲スペースで霧島酒造の焼酎を無料試飲できるんです。ショップでは霧島酒造の中でも特に人気の高い「黒霧島」の試飲は勿論、同じ敷地内の志比田工場のみで造られている「霧島志比田工場原酒」などの試飲も出来ます。

ふたつの飲み比べをしてみるのも見どころの一つです。同じ焼酎ばかりではなく、試飲できる焼酎はその時々で変わる事があります。来るたびに、違う焼酎の飲み比べを楽しんだり試飲出来るのも醍醐味のひとつです。

霧島ファクトリーガーデン「霧の蔵ブルワリー」のお土産見出し

Photo by くーさん

ランチを食べ終えた後はお土産ショップに寄ってみるのもいいです。霧の蔵ブルワリーショップのお土産の見どころはお酒です。中でも人気ナンバー1のお酒は「霧島」志比田工場原酒です。他はピルスナー、ペールエール、アンバー、スタウト、日向夏、焼酎などがあります。

全てのお菓子に黒霧島が使われている

Photo by hirotomo

お菓子のお土産は、黒霧島を使用したゼリーを、甘さ控えめなチョコレートで包み込んだ「黒霧島ゼリーインチョコレート」クリーミーな口溶けと黒霧島の焼酎の香を味わう事が出来る「黒霧島チョコレート」厳選した卵やはちみつを使用した黒霧島とのハーモニーが味わえる「黒霧島カステラ」があります。

他にも、直火窯製法の飴生地に黒霧島を練りこんだ素朴な味わいの「焼酎飴」や白餡に黒霧島を練りこんだもなかがあります。もなかは焼酎ボトルをイメージされ形成されているのも見どころです。

黒霧島をあしらったグッツも沢山

Photo byborn_in_88

グッズのお土産は「黒霧島tシャツ」や、赤霧島(五合瓶)をモチーフにした本物そっくりな「赤霧島焼酎ストラップ」は、イヤホンジャックにも、取り付けられる部分がついてます。

また、くつろぎの霧島のロゴが入った「黒千代香」や金ぷちで品のある「霧島ロックグラス」くつろぎマークをあしらった「霧島前掛け」霧島山を本物に近いデザインで立体的に底部に表現した「霧島山3dグラスセット」も見どころなのでぜひご覧ください。

霧島ファクトリーガーデンの霧の蔵ホール見出し

Photo by Hiroyuki Tsuruno

焼酎の樽貯蔵庫と多目的ホールが一体化した「霧の蔵ホール」です。多目的ホールは打放しのコンクリートとやわらかな木目のフローリング仕上げがモダンチックな雰囲気を見るのも見どころのひとつです。色々な人のアイデアをいかし、ピアノや映像設備を整え、多彩な催しに対応する事が出来ます。

霧島ファクトリーガーデンへのアクセス見出し

Photo by hans-johnson

霧島ファクトリーガーデンは、国道10号線沿いにある本社工場から車で10分ほど離れた場所にあります。カーナビ検索する場合は、検索ワードで「霧島ファクトリーガーデン」と入力します。または都城駅からタクシーで10分ほどの場所にあります。

または都城ICからの道順は、都城ICを降り分岐を都城方面へ行きます。国道10号線をそのまま南下し約6キロ。その後交差点「市場入口」を右折し約2キロ。赤星橋を渡り2つ目の信号を左折し100m進みます。

左手にある「霧の蔵ブルワリー」の看板を目印に右折して500m道なりに進むと右カーブがあります。そこを抜けると目印の竹やぶに囲まれた霧島ファクトリーガーデンがあります。

霧島ファクトリーガーデンの駐車場情報見出し

Photo by nSeika

駐車場は、お客様駐車場1、お客様駐車場2、思いやり駐車場、霧の蔵ベーカリー駐車場、大型バス駐車場1、大型バス駐車場2、大型バス駐車場3があります。お客様駐車場1をご利用される場合は、11時から14時までは混雑する事が予想されます。また、思いやり駐車場をご利用される場合は、利用証を確認されますのでご了承くださいませ。

住所 宮崎県都城市志比田町5480番地
電話番号 0986-21-8111

霧島ファクトリーガーデンの霧の蔵ミュージアム見出し

Photo by Dick Thomas Johnson

霧の蔵ミュージアムは「芋焼酎のふるさと、霧島~」をテーマとした芋焼酎に関する総合的な施設です。ミュージアム見学は、毎日行われています。開館時間は10時から15時まで参加費用は無料です。館内は直径約3mの地形ジオラマをはじめ、原寸大のサツマイモの模型などもあるので見どころです。

霧島ファクトリーガーデンの霧島グラウンド・ゴルフコース見出し

Photo by takamorry

「日本グラウンドゴルフ協会」によって、宮崎県で初めて認定されたグラウンドコースになり、初心者の方から楽しむ事が出来るゴルフコースになってます。休憩スペースもあるので、疲れた時は一休みするのもいいでしょう。

休業日は、霧島ファクトリーガーデン休業日と同日です。利用時間は9時から17時になっています。受付は霧の蔵ブルワリーショップカウンターにてしております。一日のプレー代金は200円です。クラブボールの貸出は100円になります。スコアカードは一枚10円にて販売しております。数に限りがありますので、事前に受付で確認する事をおすすめします。

霧島ファクトリーガーデンの霧島創業記念館「吉助」見出し

Photo by y_uno

霧島創業記念館「吉助」は霧島酒造の本社である川東工場に残されていた建物を、平成13年に霧島酒造の歴史を伝えていく建物とし、移築されたのです。

玄関に入りすぐに見えてくるのは、広い土間であり、店舗として使われています。大将時代の商家の佇まいを色濃く残しています。玄関の左手には社長室があり、その奥には吉助で唯一の洋室があります。

窓は跳ね上げ式になっていて、天井の造りなどを見ても大正時代の面影が色濃く残っています。その他にも将棋の対局が行われる床の間や、創業者の婦人が使用したとされる和室などがあります。廊下は広い庭園に面しており、休憩スペースや会議室などもあります。

霧島ファクトリーガーデンの霧島裂罅水の泉見出し

Photo by yusuke.inquisitor

霧島焼酎とkirishimabeerの美味しさの源泉とも言える「霧島霧島裂罅水(きりしまれっかすい)」を沢山の方に楽しんで頂きたいと言う思いから無料開放しています。霧島裂罅水は霧島山脈に振った雨がシラス層や火山灰土壌などにしみこんで、永い年月をゆっくりとかけて自然なろ過作用を受けた天然水になります。

霧島ファクトリーガーデンの霧島焼酎神社見出し

Photo by Kentaro Ohno

霧島焼酎神社は、大正時代、霧島酒造創業者である江夏吉助が霧島山系の自然の贈り物と感謝し1993年(昭和8年)に「霧島」の名称を商標登録しました。霧島焼酎神社の御利益は、良い食生活を支え、食欲を増進させる「健康長寿」心の壁を取り払い親しくなる為の特効薬とした「商売繁盛」人と人を結びつける「縁結び」の三つがあります。

霧島ファクトリーガーデンを歩き尽くそう見出し

Photo by tanshikijyoryu-shochu.or.jp

霧島ファクトリーガーデンでの楽しみかたは、焼酎の試飲や、ここでしか買えないお土産、人気のランチにベーカリーなど、色々な施設で構成されています。お出かけの際には、ぜひ一度霧島ファクトリガーデンを訪れてみてはいかがでしょうか。

投稿日: 2018年11月25日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote