ケンタッキーのカロリーは低い?フライドチキンやその他のメニューもチェック!

2019年1月8日 (2019年9月1日最終更新)

日本最大のフライドチキンチェーン店「ケンタッキー」ですが、ダイエット中に利用すること可能なのでしょうか。そのためには「ケンタッキー」のメニューのカロリーを理解する必要があります。ここでは「ケンタッキー」のメニューのカロリーや内容について紹介します。

目次

  1. ケンタッキーはダイエット中にも利用できるか
  2. ケンタッキーのカロリーは低い?ダイエットに向いているのか
  3. ケンタッキーフライドチキンメニューのカロリー一覧①チキン編
  4. ケンタッキーフライドチキンメニューのカロリー一覧②サンド編
  5. ケンタッキーフライドチキンメニューのカロリー一覧③ツイスター編
  6. ケンタッキーフライドチキンメニューのカロリー一覧④サイドメニュー編
  7. 値段がリーズナブルなランチセットがおすすめ
  8. ダイエット中にケンタッキーフライドチキンを食べるときの注意点
  9. カロリーを知ってダイエット中もケンタッキーを食べよう!

ケンタッキーはダイエット中にも利用できるか

今となっては知らない人がほとんどいないという日本最大のフライドチキンチェーン店「ケンタッキー」ですが、ダイエット中の場合にも堪能できるのでしょうか。実はダイエット中にも「ケンタッキー」のフライドチキンを食べている人は多く、カロリーなどを理解していれば食べることができます。今回は「ケンタッキー」のメニューなどについて紹介します。

ケンタッキーのカロリーは低い?ダイエットに向いているのか

日本最大のフライドチキンチェーン店の「ケンタッキー」はほとんどのメニューがフライドチキンとなっています。フライドチキンのメニューが多いため、ダイエットを考えている人からはカロリーが高いのではないかと敬遠している人が多いです。実際には「ケンタッキー」のフライドチキンはダイエットには向いているのでしょうか。

ケンタッキーフライドチキンは高カロリー

「ケンタッキー」のメニューはフライドチキン、サンドとツイスター、サイドメニュー、そしてそれらを組み合わせたグループメニューやおひとり様メニューといったセットメニューが用意されています。ほとんどのメニューに「ケンタッキー」特製のフライドチキンが使用されています。

多くのメニューに使用される肉質がジューシーなフライドチキンですが、1つ237キロカロリーとカロリーは少し高いです。「ケンタッキー」のメニューでカロリーが特に高めなのは、ボリューミーなサイズのフライドチキンをバンズで挟んだサンドメニューです。

糖質が少なくダイエットには向いている

1つ237キロカロリーとカロリーは少し高い「ケンタッキー」のフライドチキンですが、ダイエットに向いているという意見もあります。それはフライドチキンに利用されている鶏肉は、筋肉を作るたんぱく質が多く、糖質が低いためです。
 

糖質とは炭水化物に含まれるもので、人間が活動するための重要なエネルギーの1つです。この糖質を多く摂ると、常に高血糖の状態となり、多量のインスリン分泌されるため、肥満や糖尿病の原因となります。なので糖質はダイエットをするときには重要な要素となります。近年ではカロリーよりも糖質を重視したダイエットも多いです。

過度な摂取は禁物

鶏肉は上記のようにたんぱく質が多く、糖質が少ないためダイエットに適した食べ物だと紹介しましたが、もちろん過度な摂取は禁物です。鶏肉料理の中でも、油で揚げたフライドチキンはカロリー、糖質が高めです。あくまでも普段から食べ物の節制や適度な運動をして、たまにはがっつり食べたいというときに食べる程度にしましょう。

ケンタッキーフライドチキン ラクーア店

P012693081 168
ジャンル:
水道橋 / その他グルメ
住所:
東京都文京区春日1-1-1 東京ドームシティ ラクーア
営業時間:
月~日、祝日、祝前日: 10:00~22:00
平均予算:
1,501〜2,000円
提供: Hotpepper s

ケンタッキーフライドチキン あべのキューズモール店

P013936693 168
ジャンル:
天王寺 / その他グルメ
住所:
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1 あべのキューズモール店 B1F
営業時間:
月~日、祝日、祝前日: 10:00~22:00 (料理L.O. 22:00 ドリンクL.O. 22:00)
平均予算:
1,501〜2,000円
提供: Hotpepper s

ケンタッキーフライドチキンメニューのカロリー一覧①チキン編

ケンタッキーの顔であるフライドチキンメニューは、基本的にはオリジナルチキンと骨なしケンタッキーの2種類となっています。種類は多くはありませんが、長年ケンタッキーを支えてきたメニューなだけあって、老若男女問わずに多くの人に愛されています。ここではフライドチキンメニューについて紹介します。

オリジナルチキン 237kcal

ケンタッキーの顔ともいえるフライドチキンメニュー「オリジナルチキン」です。ケンタッキーのフライドチキンは1939年に創業者のカーネル・サンダースによって生み出されたときから変わらない製法で作られています。カロリーは237キロカロリーで糖質は7.6gです。

フライドチキンメニュー「オリジナルチキン」は、良質な国産のハーブ鶏を使用しているため香りも良く、肉質がジューシーで食べごたえが抜群です。この絶品なフライドチキンですが、スパイスの種類や配分は企業秘密となっているため、このフライドチキンを味わうためには、ケンタッキーに訪れて注文するしかありません。

この「オリジナルチキン」は、軽食や食事のメインとしてもいいですが、お酒のおつまみとして好評なので、さまざまなシチュエーションで食べられます。

実はケンタッキーでフライドチキンを注文する際には、部位を指定することも可能です。部位によって味や食感が変わり、カロリーも変わります。230キロカロリーと表記したのは多く使われるウイングという部位の場合です。ダイエット中におすすめの部位はカロリーが低いキールかリブという部位です。部位にこだわって注文することも考えてみましょう。

骨なしケンタッキー 204kcal

ケンタッキーのフライドチキンメニュー「骨なしケンタッキー」です。フライドチキンを食べる際にどうしても骨が気になってしまうという人がいます。そういう人たちにはこの「骨なしケンタッキー」がおすすめです。カロリーは204キロカロリーで糖質は10.7gです。

フライドチキンメニュー「骨なしケンタッキー」は骨有りの「オリジナルチキン」と比べてもボリュームが減ることもなく、同様に肉質がジューシーで食べごたえが抜群です。「オリジナルチキン」と比べてややカロリーが低いのと、骨が無いので思いっきりかぶりつけるので、「オリジナルチキン」に負けないくらい人気なメニューです。

ケンタッキーフライドチキンメニューのカロリー一覧②サンド編

ケンタッキーのメニューの中で、1つのメニューでがっつり食べたい場合に最もおすすめされるのが、このサンドメニューです。ケンタッキーのメニューは基本的にはフライドチキンがメインで、カロリーが低いというメリットがありますが、サンドメニューではバンズを使用しているため食べごたえがさらに良く、腹持ちも良いです。

チキンフィレサンド 411kcal

ケンタッキーのサンドメニュー「チキンフィレサンド」です。食べごたえが抜群なメニューです。カロリーは411キロカロリーで糖質は31.8gです。

サンドメニュー「チキンフィレサンド」はボリュームのあるチキンフィレとシャキシャキレタスとたっぷりのマヨネーズを、大きなバンズで挟めたメニューです。サクサクでジューシーなチキンフィレに、シャキシャキと食感の楽しいレタス、そして味を際立たせるマヨネーズ、バンズもそれぞれの味をまとめてくれるので、それぞれの相性が抜群です。

サンドメニュー「チキンフィレサンド」は、チキンフィレ、マヨネーズ、バンズが使用されているメニューであるため、ケンタッキーの他のメニューに比べてカロリーや糖質が高いので、ダイエット中に食べるのはおすすめできません。

和風チキンカツサンド 474kcal

ケンタッキーのサンドメニュー「和風チキンカツサンド」です。「チキンフィレサンド」を超える食べごたえが売りのメニューです。カロリーは474キロカロリーで糖質は38.3gです。

サンドメニュー「チキンフィレサンド」は「チキンフィレサンド」とは異なり、チキンフィレではなくチキンカツがバンズで挟まれており、味付けもしょう油風味のてりやきソース、特製マヨソースとなっています。チキンカツはチキンフィレよりも食感がサクサクしており、てりやきソースが食欲を増進させてくれます。

サンドメニュー「和風チキンカツサンド」は「チキンフィレサンド」と比べてみると、チキンカツのパン粉のせいか、カロリーと糖質の両方が「チキンフィレサンド」を上回っていることが分かります。ダイエット中には控えるようにしましょう。

ケンタッキーフライドチキンメニューのカロリー一覧③ツイスター編

ケンタッキーのメニューの中で、片手間でも食べられる、なかなか腹持ちが良いと好評なのが、このツイスターメニューです。たっぷりの野菜と、食感の良いカーネルクリスピー、種類ごとのソースをトルティーヤ生地で包んだメニューで、味も良く、持ちやすいため多くの人に愛されています。

ツイスターメニューである「野菜たっぷりツイスター(ペッパーマヨ)」「野菜たっぷりツイスター(てりやき)」は、野菜たっぷりですがトルティーヤ生地を使用しているため、カロリーはケンタッキーのメニューの中では高めです。

野菜たっぷりツイスター(ペッパーマヨ) 340kcal

ケンタッキーのツイスターメニュー「野菜たっぷりツイスター(ペッパーマヨ)」です。カロリーは340キロカロリーで糖質は30.1gです。

ツイスターメニュー「野菜たっぷりツイスター(ペッパーマヨ)」は、カリカリのカーネルクリスピー、そして名前の通り野菜がたっぷり入っていて、さらにスパイシーなマヨネーズであるペッパーマヨが包まれているメニューです。カーネルクリスピーと酸味のあるペッパーマヨが良くマッチするので好評です。

野菜たっぷりツイスター(てりやき) 361kcal

ケンタッキーのツイスターメニュー「野菜たっぷりツイスター(てりやき)」です。カロリーは361キロカロリーで糖質は33.6gです。

ツイスターメニュー「野菜たっぷりツイスター(てりやき)」は、「野菜たっぷりツイスター(ペッパーマヨ)」と同様でカーネルクリスピーと野菜がたっぷり入っていて、中のソースが甘辛なてりやきソースとなったメニューです。甘くてコクのあるてりやきソースは癖になる味なので、リピーターが多いです。

ケンタッキーフライドチキンメニューのカロリー一覧④サイドメニュー編

ケンタッキーには、フライドチキンメニューやサンドメニュー、ツイスターメニューといったメインメニューの他のサイドメニューも充実しています。フライドチキンと相性の良いカーネリングポテトや、フライドチキンと一緒に食べたいサラダやコールスローなどが用意されています。ここではケンタッキーのサイドメニューを紹介します。

カーネリングポテトS 216kcal

ケンタッキーのサイドメニュー「カーネリングポテトS」です。カロリーは216キロカロリーで糖質は19.5gです。じゃがいもなので糖質が高めです。

サイドメニュー「カーネリングポテトS」は皮が付いている状態のじゃがいもをひねった形でカットし、重厚感のある味わいのころもをコーティングして揚げたユニークなメニューです。食べてみると表面はカリッとした食感、中はじゃがいものホクホクとした食感と、食感の変化が楽しめるメニューです。

カーネリングポテトR 432kcal

ケンタッキーのサイドメニュー「カーネリングポテトR」です。カロリーは432キロカロリーで糖質は39.1gです。

サイドメニュー「カーネリングポテトR」は「カーネリングポテトS」を増量したもので、カロリーと糖質量両方ともちょうど倍くらい増えています。メニューの内容も皮が付いている状態のじゃがいもをひねった形でカットして揚げたメニューと、「カーネリングポテトS」と同じです。がっつり食べたい人にはおすすめです。

カーネリングポテトBOX 944kcal

ケンタッキーのサイドメニュー「カーネリングポテトBOX」です。カロリーは944キロカロリーで糖質は85.5gです。

サイドメニューであるカーネリングポテトを、箱一杯に詰めたメニューです。「カーネリングポテトR」「カーネリングポテトS」とは比較にならないほどのカーネリングポテトが入っており、ほとんどが店内ではなく持ち帰りで注文されています。家族や友人など多人数で食べる場合におすすめのメニューです。

ビスケット 197kcal

ケンタッキーのサイドメニュー「ビスケット」です。ケンタッキーの中で唯一のスイーツです。カロリーは197キロカロリーで糖質は22.5gとなっています。

サイドメニュー「ビスケット」は、サクサクフワフワとした生地の食感の楽しいスイーツメニューで、ケンタッキーのサイドメニューの中でもかなり人気の高いメニューです。メープルシロップが付いているので、好みによって甘さをコントロールできます。しかしカロリーが高いのでダイエット中には注文は控えましょう。

カーネルクリスピー 130kcal

ケンタッキーのサイドメニュー「カーネルクリスピー」です。カロリーは130キロカロリーで糖質は6.6gです。

サイドメニュー「カーネルクリスピー」は胸肉をたっぷりの衣で揚げたチキンです。サクサクとした食感はフライドチキンよりも強く、胸肉の柔らかさも堪能できるメニューです。「カーネルクリスピー」は安く、食べやすく、糖質も控えめなので子どもから大人まで人気のあるメニューです。

サイドメニュー「カーネルクリスピー」は、このメニュー単品でも人気が高いですが、「カーネルクリスピー」を使用している「野菜たっぷりツイスター(ペッパーマヨ)」「野菜たっぷりツイスター(てりやき)」も人気が高いです。

ナゲット5ピース 230kcal

ケンタッキーのサイドメニュー「ナゲット5ピース」です。カロリーは230キロカロリーで糖質は付いてくるケチャップも入れて14.5gです。

サイドメニュー「ナゲット5ピース」はフライドチキンと同様に国産の鶏肉が使用されているメニューです。フライドチキンと比べると、食べやすく、5個入っているためシェアができ、子どもからの人気が高いです。フライドチキンとカロリーは同じくらいですが、糖質が高めで、腹持ちがあまり良くないので、ダイエット中にはおすすめできません。

コールスローS 92kcal

ケンタッキーのサイドメニューの中で特に人気の高い「コールスローS」です。カロリーは92キロカロリーで糖質は5.3gです。

サイドメニュー「コールスローS」はシャキシャキのキャベツ、そしてニンジンとタマネギを酸味の効いたドレッシングとあえて作られたもので、ケンタッキーのサイドメニューの中で最も人気の高いメニューです。歴史も長く、フライドチキンと共にケンタッキーを長年支えてきたメニューで、これを目当てとする人もいるほどです。

サイドメニュー「コールスローS」は、酸味の効いたドレッシングに完全に浸かった野菜で、肉の旨味と油を堪能するフライドチキンとは、味はもちろん栄養的にも相性抜群です。味が濃い場合はドレッシングを切れば多少コントロールできます。

コールスローM 150kcal

ケンタッキーのサイドメニューの中で特に人気の高い「コールスローM」です。カロリーは150キロカロリーで糖質は8.6gです。

サイドメニュー「コールスローM」は、「コールスローS」を増量したもので、内容もキャベツ、ニンジンとタマネギをドレッシングとあえて作られたものと同じです。ケンタッキーの「コールスロー」はドレッシングを多く使用しているためカロリーが高く、「コールスローM」はさらにカロリーが高くなるので、注意して注文しましょう。

コーンサラダ 82kcal

ケンタッキーのサイドメニュー「コーンサラダ」です。カロリーは82キロカロリーで糖質は13.0gです。

サイドメニュー「コーンサラダ」はコーンをカップ一杯に詰め込んだシンプルなものですが、長年愛されている「コールスロー」にも負けないほどの人気があります。ひんやりとしたトウモロコシは、シャキシャキとした食感と強い甘みが口の中に広がります。特に子どもからの人気が高いメニューです。

サイドメニュー「コーンサラダ」は厳選された甘いトウモロコシであることも魅力の1つですが、身体によいことも愛されている魅力の1つです。食物繊維が多く含まれているため便通も良くなり、ダイエット中には特に注文してほしいメニューです。

値段がリーズナブルなランチセットがおすすめ

ここまでケンタッキーのメインメニュー、サイドメニューの内容や糖質、カロリーについて紹介してきましたが、実際にケンタッキーに訪れた際にはどのような注文をすれば良いのでしょうか。その際におすすめなのは、普段と比べて値段がかなりリーズナブルになるランチセットです。ここではケンタッキーのランチセットについて紹介します。

ランチS

ケンタッキーのランチセット「ランチS」です。「ランチS」はオリジナルチキン、カーネリングポテトS、ビスケット、ドリンクSといった内容になっています。値段は500円となっています。オリジナルチキン、カーネリングポテトSですでにボリュームがありますが、デザートのビスケットもついているため食べごたえのあるセットです。

ランチAサンドセット

ケンタッキーのランチセット「ランチAサンドセット」です。「ランチAサンドセット」の内容はサンドメニュー、カーネリングポテトS、ドリンクMとなっており、サンドメニューは「チキンフィレサンド」「和風チキンカツサンド」から選択できます。値段は590円です。サンドメニューを注文したい場合はこのセットを注文しましょう。

ランチBツイスターセット

ケンタッキーのランチセット「ランチBツイスターセット」です。「ランチBツイスターセット」の内容は野菜たっぷりツイスター、カーネリングポテトS、ドリンクMとなっています。値段は550円です。ランチセットのメニューの中ではこのセットが最もカロリーが低いので、ダイエット中にはこのセットがおすすめです。

ランチCオリジナルチキンセット

ケンタッキーのランチセット「ランチCオリジナルチキンセット」です。「ランチCオリジナルチキンセット」の内容はオリジナルチキン2つ、カーネリングポテトS、ドリンクMとなっています。値段は680円です。フライドチキンが2つとカロリーが高めですが、糖質がやや低いので、比較的注文しやすいです。

Originalケンタッキーのランチメニュー!セット内容や開催時間・土日など紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
たまにふと食べたくなるケンタッキーは、子供から大人まで大好きなチキンが美味しいお店です。ケン...

ダイエット中にケンタッキーフライドチキンを食べるときの注意点

ここまでケンタッキーのメニューの内容や、おすすめのランチセットについて紹介してきましたが、ダイエット中にケンタッキーに訪れた場合に気を付けなければならないことは何でしょうか。ここではダイエット中にケンタッキーに訪れた場合に注意しなければならないポイントについて紹介します。

糖質をとってしまうサンドやビスケットは避ける

ダイエットをする際にはカロリーと、糖質の低いメニューを選ぶ必要があります。中でも控えておきたいのがバンズを使用しているサンドメニュー、そしてサイドメニューの「ビスケット」です。このメニューは比較的カロリーが高く、さらに炭水化物が多く含まれるため糖質も高いからです。

チキンとサラダを中心に注文する

ダイエットをする際にケンタッキーで注文する場合は、チキンとサラダを中心に注文することがおすすめされます。チキンはカロリーがやや高めのものもありますが、糖質が低いので、太る可能性は低いです。

「コールスロー」や「コーンサラダ」はカロリーも糖質も低い上、ダイエット中にほしいビタミンや食物繊維が取れます。なのでチキンとサラダを中心に注文しましょう。

カロリーが低い部位はキールかリブ

ケンタッキーのフライドチキンは部位を指定して注文することが可能です。部位の種類は柔らかくてジューシーなウイング、あっさりとした味わいのキールやリブなどです。中でもダイエット中におすすめなのはカロリーが低いキールかリブです。あっさりとした味わいでカロリーが低いこの部位ならば安心して食べられます。

逆にカロリーの高い部位はサイやウイングです。ケンタッキーでカロリーが低いキールかリブといった部位の指定ができない場合は、逆にカロリーの高い部位はサイやウイングを入れないように頼んでみましょう。

気になる場合は黒烏龍茶を注文する

ダイエット中には、フライドチキンのように油で揚げた食べ物を食べるのがどうしても気になってしまうという人もいます。ケンタッキーではそういう人のために黒烏龍茶を販売しています。フライドチキンを食べる時に黒烏龍茶を一緒に飲む事で、カロリーや脂質が脂肪に変わることをある程度防ぐことができます。

Originalケンタッキーの糖質量まとめ!ダイエット中でも食べられるメニューは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ケンタッキーのメニューの糖質をチェックしましょう。ダイエット中には糖質制限をされる方も多い中...

カロリーを知ってダイエット中もケンタッキーを食べよう!

ケンタッキーのメニューの内容や、おすすめのランチセットに部位などについて紹介してきましたがいかがでしょうか。ダイエット中でも注文するメニューやフライドチキンの部位などといったことを考えれば、利用することは十分に可能です。訪れた際には基本的にはチキンとサラダ、そしてチキンはカロリーの低い部位を注文するようにしましょう。

関連記事

1779.thumb
この記事のライター
竹内道弘

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ