スシローとくら寿司はどっちが美味しい?価格や人気のネタを徹底比較!

2019年2月20日 (2019年9月27日最終更新)

スシローとくら寿司は、100円寿司ですが美味しいと人気があり、よく比較される店舗でもあります。そんなスシローとくら寿司は、それぞれどんな特徴があるのでしょうか。また価格や人気のネタやメニューに違いはあるのか、徹底比較しました。

目次

  1. 人気のスシローとくら寿司を比較してみよう!
  2. スシローとくら寿司を比較!おすすめの「スシロー」とは?
  3. スシローとくら寿司を比較!おすすめの「スシロー」の価格帯
  4. スシローとくら寿司を比較!おすすめの「スシロー」が人気の理由
  5. 100円寿司「スシロー」の人気おすすめメニュー1:まぐろ
  6. 100円寿司「スシロー」の人気おすすめメニュー2:えびアボカド
  7. 100円寿司「スシロー」の人気おすすめメニュー3:ラーメン
  8. スシローとくら寿司を比較!美味しい「くら寿司」とは?
  9. スシローとくら寿司を比較!美味しい「くら寿司」の価格帯
  10. スシローとくら寿司を比較!美味しい「くら寿司」が人気の理由
  11. 100円寿司「くら寿司」の人気おすすめメニュー1:まぐろ
  12. 100円寿司「くら寿司」の人気おすすめメニュー2:シャリカレー
  13. 100円寿司「くら寿司」の人気おすすめメニュー3:うな丼
  14. 「スシロー」と「くら寿司」を比較した結果は?
  15. 「スシロー」と「くら寿司」を比較して賢く食事を!

人気のスシローとくら寿司を比較してみよう!

近年、100円寿司業界は飛躍的に向上しており、どのお店も平日週末問わず大変混みあっています。全国には色々な100円寿司チェーン店がありますが、最近特に人気の勢いがあるのが、スシローとくら寿司ではないでしょうか。

スシローとくら寿司以外にも元気寿司やかっぱ寿司なども人気がありますが、メディアなどにも登場回数が多いことから、スシローとくら寿司が2大勢力とも今はいわれているそうです。

そこで、今記事ではスシローとくら寿司を徹底比較し、それぞれの価格の違いや、美味しいと人気のネタやメニューはどんなものになるのか、またどちらの方がどんなジャンルのメニューが多いのかなど、スシローとくら寿司の特徴を色々と比較してみましょう。

スシローとくら寿司を比較!おすすめの「スシロー」とは?

まずは、今大人気のスシローがどんなお店なのかチェックしていきましょう。スシローは、大阪府吹田市が本社の「あきんどスシロー」という会社が経営しています。1984年6月に大阪府の豊中市に「すし太郎」という名称で出店したのがスシローの1号店のスタートです。

2002年には、世界で初めて回転すし総合管理システムというものを開発し、その後2011年には回転寿司売上日本一を達成しています。また日本以外にも、韓国のソウルに海外初めての店舗を出店。2017年には島根県出雲市に出店したことで、全都道府県すべて出店となりました。

そんなスシローには、なんと80種類以上の寿司のメニューがあります。その種類の豊富さもスシローが人気となった理由で、他にもサイドメニューには、茶碗蒸しやフライドポテトもありますし、数年前話題となったスシローのラーメンなどのメニューも豊富に揃っています。そのため、スシローには、合わせて120種類以上ものメニューがあるんです。

回転寿司 スシロー 学園前店

P014182142 168
ジャンル:
学園前 / 和食
住所:
奈良県奈良市学園大和町2‐116‐1
営業時間:
月~日、祝日、祝前日: 11:00~23:00 (料理L.O. 22:30)
平均予算:
1,501〜2,000円
提供: Hotpepper s

スシロー 和歌山栄谷店

P014182187 168
ジャンル:
紀ノ川 / 和食
住所:
和歌山県和歌山市栄谷122‐1
営業時間:
月~金、祝前日: 11:00~23:00土、日、祝日: 10:30~23:00
平均予算:
1,501〜2,000円
提供: Hotpepper s

スシローとくら寿司を比較!おすすめの「スシロー」の価格帯

スシローは数多くの種類のメニューがあるため、その価格もさまざまです。もちろん100円のメニューも多くありますが、寿司の場合ネタによっては、200円越えのメニューも沢山あります。

他にもスシローには、寿司のセットメニューもあるので、「天然鮪づくし」と言うメニューなら、1皿に5カンと1巻きが入って、価格は980円となります。また少々高級なネタになると、1皿100円ではなく、300円以上のネタもあります。

サイドメニューも豊富なスシローですが、麺類などは300円前後の価格帯が多く、スイーツのメニューなどは、180円から980円の価格のものまで、色々と取り揃えられています。

スシローとくら寿司を比較!おすすめの「スシロー」が人気の理由

では、スシローは何故こんなにも今人気があるのでしょうか。いくつかの理由がありますが、やはりコスパの良さとメニューの豊富さでしょう。

先ほどご紹介したように、スシローには寿司だけでも80種類以上のメニューがあったり、サイドメニューを含めると、120種類以上のメニューがあります。そのため、その日の気分に合わせてメニューを選ぶことができますし、期間限定メニューも多いため、何度通っても飽きることがありません。

またどのメニューもコスパが大変よく、お得な気分で食事を楽しめるため、ついついお腹がすくと迷ったらスシローに足を運んでしまうという方も少なくないようです。

そして何よりも、ラーメンやスイーツ、ドリンクメニューも揃っているので、お寿司以外のものを楽しんでいる人も多くいます。もはやスシローは、100円寿司というよりは、ファミレスに行く感覚で利用している人も多いとか。

アルコールメニューも豊富にあるので、独りで気軽に飲みたい際にも、スシローを利用している方も意外と多く、シメにラーメンやうどんを食べてくるのが習慣となっているなんてツウもいるほどです。

100円寿司「スシロー」の人気おすすめメニュー1:まぐろ

では、スシローではどんなメニューが人気があるのか、いくつかピックアップしてご紹介していきます。まずはやはり、まぐろです。スシローでは、鮪づくしというメニューがあるほど、まぐろに力を入れています。

100円寿司のうまさは、まぐろでわかるというほど、実は100円寿司のお店では、まぐろは重要なネタなんです。そんなまぐろが美味しいスシローは、これほど人気があるのも納得のおいしさで、コスパも抜群です。

またスシローでは、定期的にまぐろ祭りなども実施されるため、価格は100円以上となりますが、通常のまぐろと共に、美味しい中トロや大トロなども破格的な価格で、スシローで頂くことが出来ます。

Originalスシローおすすめメニューやネタの食べ方!人気のあるサイドメニューも厳選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
100円の回転寿司の中でも最も人気のスシローは、庶民であれば誰もが一度は行ったことがあるので...

100円寿司「スシロー」の人気おすすめメニュー2:えびアボカド

次にご紹介する、スシローの人気メニューは、えびアボカドです。スシローの定番メニューでもあるえびアボカドは、お子様にも大人気のメニューです。

スシローでは、えびのメニューがかなり豊富にあります。通常のシンプルなえびをはじめ、生えび、えびチーズ、えびバジルチーズ、甘エビ、えび天にぎり、そしてこのえびアボカドです。

えびの上に、トロっととろけるような濃厚なアボカドと、スライスオニオン、そしてマヨネーズがのっており、まるでサラダ巻きのような味わいが楽しめるメニューです。1度頂くと、毎回頼みたくなってしまうほど、とても美味しいと人気のメニューです。

100円寿司「スシロー」の人気おすすめメニュー3:ラーメン

次にご紹介する、スシローの人気メニューは、ラーメンです。スシローでは、ラーメンメニューが豊富にあり、どれも手ごろな価格でいただけるので、ランチにも人気のあるメニューです。

スシローでは、コク旨まぐろ醤油ラーメンの価格が330円と、かなり安いです。他にも、鯛だし塩ラーメン、濃厚えび味噌ワンタンメンなどもありますし、期間限定にはなりますが、まぜそばなどもありますので、ラーメンメニューも色々と食べ比べを楽しめます。

またラーメン屋よりも、少々小ぶりの丼ぶりになっているので、価格も量もちょうどよく、ダイエット中の方にも好評のようです。

Originalスシローのラーメンおすすめ紹介!美味しい人気商品の値段や口コミも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
60年前、日本に初めて誕生した回転寿司も今では2000店を超え、おなじみのファストフード店に...

スシローとくら寿司を比較!美味しい「くら寿司」とは?

では、一方のくら寿司は、どんなお店なのでしょうか。ここからはくら寿司について、じっくりとみていきましょう。くら寿司も、1号店は大阪になります。昭和52年5月に回転寿司ではなく、普通の寿司店としてオープンしました。

そんなくら寿司は、昭和59年7月に「100円で本物」というのをキャッチフレーズにして、「回転寿司くら」を開業しました。それまでは大型店としては存在していなかった、直線型タイプの回転寿司を導入したのも、このくら寿司です。

その後、平成2年3月には株式会社くら寿司を設立し、平成9年2月には、時間制限管理システムを導入。その後もシステム化に力を入れているくら寿司は、平成11年4月には自動廃棄システムを導入、平成12年12月には、くら寿司の名物にもなっている、ビッくらポンを導入しています。さらに、平成13年2月には、タッチでポンを導入しました。

この様に、くら寿司は、他の100円寿司よりもオートメーション化により力を入れて、発展してきた100円寿司と言えるでしょう。

Original八王子の回転寿司屋さんまとめ!くら寿司も定番で人気!安い! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
都心に務める方のベッドタウンとして栄えている八王子には安くておいしい回転寿司が沢山あります。...

スシローとくら寿司を比較!美味しい「くら寿司」の価格帯

では、くら寿司は、どのような価格帯のメニューが多いのでしょうか。くら寿司はスシローと比較すると、若干メニューの種類は少なめです。しかしながら、スシローと同様に、くら寿司でも100円以外のメニューが数多くあり、サイドメニューも充実しています。

ただ、スシローは高級ネタは300円皿などが多くありますが、こちらのくら寿司では、高級ネタは1皿1貫にし、価格は100円のままというメニューの方が多いようです。

また麺類メニューの価格は370円などが多く、うな丼でも680円ですので、価格帯はかなり安めです。それだけくら寿司はコスパがいいともいえるでしょう。

スシローとくら寿司を比較!美味しい「くら寿司」が人気の理由

では、くら寿司はどんな特徴があり、どんな点が人気なのでしょうか。もちろんスシロー同様に、100円寿司のチェーン店ですので、コスパがいいというのは同じです。

しかしながら、スシローは、100円ではないお寿司のメニューも多くあり、気が付くと予想を超えた価格になっていたということもしばしばあるようです。一方でくら寿司は、100円のメニューがほとんどですので、色々食べてもそこまで想像を超えた金額になることはあまりないようです。

またサイドメニューも比較的手ごろな価格のものが多く、カレーが1皿280円、天丼でも370円ですので、ランチなどもワンコインでおさえることが出来ます。

他にもくら寿司は、「皿カウンター回収システム」と言うのがあります。席にお皿を投入する入り口があり、そこに5枚皿を入れると、ビッくらポン!というルーレットが回る仕組みです。これには色々なゲームがあり、そのゲームで当たりが出ると、ガチャ玉がもらえます。

カプセルの中には、くら寿司オリジナルキャラクターである、むてん丸たちのグッズなどが入っていたり、期間限定でコラボ商品などが入っていることもあるので、子供たちに大人気となっています。

100円寿司「くら寿司」の人気おすすめメニュー1:まぐろ

ではここからは、くら寿司の人気おすすめメニューを3つほどみていきましょう。まずは、やはりくら寿司もまぐろです。くら寿司では、熟成まぐろを使用しています。この熟成されたまぐろが美味しいと評判が高く、くら寿司のマグロが1番好きという声も多くあります。

くら寿司の熟成されたまぐろは、味が濃く、まぐろをうま味を存分に感じられる一品です。また1貫100円で熟成中トロもいただけますので、どちらがお好みか比較してみるのも楽しいでしょう。

100円寿司「くら寿司」の人気おすすめメニュー2:シャリカレー

次にご紹介する、くら寿司の人気おすすめメニューは、シャリカレーです。くら寿司の定番メニューの1つでもあるこのシャリカレーは、ご飯が白飯ではなく、お寿司に使用する酢飯が入っています。

この酢飯とカレーの相性が抜群で、癖になる美味しさな上、価格も280円とかなりお得です。このくら寿司のシャリカレーは、通常の辛さと甘口がありますので、お寿司が苦手なお子様にも人気のあるメニューとなっています。

またお寿司だけではお腹が空いてしまうという男性にも人気があり、この適度なボリューム感が、くら寿司の人気メニューとなった理由にもなっています。

100円寿司「くら寿司」の人気おすすめメニュー3:うな丼

次にご紹介する、くら寿司の人気おすすめメニューは、何とうな丼です。くら寿司では、680円でうな丼がいただけます。さらには、特上のうな丼もあり、特上になっても980円です。

くら寿司では、このように丼メニューが充実しており、どのメニューも価格がかなり安いので、くら寿司にくると、思わず丼ものメニューを注文したくなる方も多いようです。

家族でシェアしながら頂くこともできますし、一人でペロッと頂くのもいいでしょう。くら寿司なら、お寿司だけでなく、ラーメンや丼メニューも充実しているので、こちらも人気の理由です。

「スシロー」と「くら寿司」を比較した結果は?

このように、同じ人気のある100円寿司でも、スシローとくら寿司では、大きな違いがあることがわかりました。

スシローは、とにかくメニューの種類が多く、寿司は高級ネタもありますし、ラーメンやサイドメニューも色々とそろっています。その他にもスイーツメニューやドリンクメニューも豊富にありますので、飽きることがありません。

また1人で居酒屋がわりに使用している方も多く、どちらかというと、大人の方にもよく利用されているおいしいと評判の100円寿司のようでした。

一方のくら寿司は、皿カウンター回収システムというシステムがあったり、ビッくらポン!というゲームがあったりと、お子様が楽しめる仕掛けが色々とありました。

メニューの数では、スシローの方が多いですが、100円メニューはくら寿司の方が充実している印象です。またくら寿司には美味しいと好評のシャリカレーがあったり、多種多様な丼ものメニューがありますので、がつっと食べたい際にも、くら寿司はかなり使えそうな100円寿司でした。

どちらもそれぞれ人気があるのが納得の充実っぷりで、コスパも抜群ですので、ぜひ一度来店して色々と比較してみると楽しいでしょう。

「スシロー」と「くら寿司」を比較して賢く食事を!

いかがでしたでしょうか。スシローとくら寿司は、同じ100円寿司のチェーン店でも、メニューの種類や価格帯など、色々な違いがあることが比較して分かりました。もちろんスシローとくら寿司は、どちらも美味しいと人気ですし、コスパも抜群です。

ただスシローとくら寿司では取り扱っているメニューのジャンルも大きく違いますし、客層にも若干の違いがあるようでした。

そのため、スシローとくら寿司がどちらも近隣に店舗がある際は、ぜひ一度比較をしてみて食べ比べを楽しみましょう。スシローもくら寿司も、寿司以外のサイドメニューやデザートメニューにも力を入れているので、がっつりとした食事をしたい際にも最適の店舗です。

ぜひ色々なシチュエーションで、スシローとくら寿司を使い分けてみてはいかがでしょうか。

スシローVSくら寿司!人気なのはどっち?

スシローとくら寿司どっちが人気か比較!美味しさや値段・メニューの違いは? | 副業・暮らし・キャリアに関するライフスタイルメディア

関連記事

関連するキーワード

292.thumb
この記事のライター
Liona-o
海外在住経験あり。旅と車と料理が大好きです。

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ