はま寿司の持ち帰りメニューや予約方法まとめ!単品のテイクアウトもOK?

2019年3月7日 (2019年9月1日最終更新)

回転すしチェーンで人気のはま寿司。様々なメニューがあり、予約なしではスムーズに入店できないことがあるほど多くのお客さんが訪れている人気店です。そんなはま寿司では持ち帰りも可能です。自宅で美味しいはま寿司を楽し見たい方に持ち帰りメニューや予約方法等ご紹介します。

目次

  1. 「はま寿司」持ち帰りメニュー&予約方法を深掘り!
  2. 「はま寿司」で予約できる持ち帰りメニューにはどんなものがあるの?
  3. はま寿司の年末年始の持ち帰りメニュー
  4. 「はま寿司」持ち帰りメニューを予約する2つの方法を解説
  5. 「はま寿司」持ち帰りできる注文可能時間は?
  6. 「はま寿司」持ち帰りで使える「3つ」のクーポンとは?
  7. 「はま寿司」の単品メニューは持ち帰りできるの?
  8. 気になる「はま寿司」持ち帰りメニュー&予約方法をまとめました!

「はま寿司」持ち帰りメニュー&予約方法を深掘り!

美味しいお寿司をリーズナブルな価格でいただけることで有名なはま寿司。そんなはま寿司では店舗でいただく他に持ち帰りも可能となっています。今回ははま寿司の持ち帰りメニューや予約・注文方法などをご紹介します。自宅にいながらも美味しいお寿司を食べられるということではま寿司の持ち帰りは人気です。気になる方はぜひチェックしてみてください。

Originalはま寿司の予約方法まとめ!ネットやスマホアプリを使ってスムーズ入店! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
大手回転寿司チェーン店の「はま寿司」。安い、美味しいお寿司を味わえることで知られており、最近...

「はま寿司」で予約できる持ち帰りメニューにはどんなものがあるの?

それでは、まずははま寿司で予約することができる持ち帰りメニューをご紹介します。はま寿司では持ち帰りメニューとして、これからご紹介するセットのメニューの他に単品で好きなものを選んで注文する方法の二通りがあります。まずはお得なセットになっているメニューについてのご紹介です。

ただし、お持ち帰りのメニューは随時変更されていますのでご注意ください。こちらでご紹介するメニューは2019年3月時点のものとなります。ネットにてはま寿司のHPをチェックしていただくと確実です。

また、持ち帰りメニューの内容ですが長野県・山梨県・福島県・茨城県にある一部の店舗では持ち帰りメニューの内容が異なります。詳細はHPもしくは店舗にてご確認ください。

ちなみにはま寿司の持ち帰りのお寿司にはいずれもわさびは入っていません。そのため小袋のわさびがセットされておりわさびはお好みでつけていただくようになっています。

1:贅沢12貫

はま寿司の持ち帰りメニュー、まず最初は「贅沢12貫」です。こちらは一人前でのメニューとなっており、一人前のメニューの中でも一番値段も高く高級なものとなっています。贅沢12貫という名前の通り、ちょっと贅沢をしたいときにおすすめのメニューです。

はま寿司ではCMで放送されているのでご存知の方も多いかもしれませんが、平日はお寿司が一皿90円となります。平日以外であれば一皿100円ですが、それでも他の回転寿司チェーンと同程度の値段です。

持ち帰りメニューの場合でも、店内でいただく場合と同様に平日は通常価格よりも値段が安くなってお得です。贅沢12貫は通常価格税抜き980円、平日価格は960円となっています。

贅沢12貫の内容は、中トロ・まぐろ・大トロサーモン・うなぎ・活〆まだい・ネギトロ・ホタテ・甘エビ3尾のせ・いくら・しめさば・活〆ぶりとなっています。中トロのみ2貫入っており他のメニューは1貫ずつです。

他にも1人前の持ち帰りメニューをご紹介しますが、活〆まだい・うなぎ・甘エビ3尾のせ・しめさば・活〆ぶりが入っているのはこの贅沢12貫のみとなっています。

2:厳選12貫

はま寿司の持ち帰りメニュー、続いては「厳選12貫」です。こちらも一人前のメニューで、通常価格は税抜き900円、平日価格は税抜き850円です。贅沢12貫に続く値段が高いメニューとなっています。

厳選12貫の内容は、中トロ・いか・大トロサーモン・つぶ貝・えび・ネギトロ・大葉えんがわ・いくら・あなご・ホタテ・たまごです。中トロが2貫、そのほかのメニューは1貫ずつです。

3:人気12貫

続いてのはま寿司持ち帰りメニューは「人気12貫」です。通常価格は税抜き720円、平日価格は670円です。その名の通りはま寿司のメニューの中でも人気が高いものが集まっています。

人気12貫の内容は、まぐろ・いか・大トロサーモン・つぶ貝・えび・ネギトロ・大葉えんがわ・いくら・あなご・ホタテ・たまごです。まぐろが2貫、そのほかのメニューは1貫ずつです。

この内容に関してですが、厳選12貫とほぼ同じとなっており違う部分は厳選12貫では中トロの部分は人気12貫ではまぐろになっているというところのみです。中トロがお好きな方は厳選12貫を、まぐろがお好きな方は人気12貫を注文されると良いのではないでしょうか。

4:人気10貫

はま寿司の持ち帰りメニュー、続いては「人気10貫」です。12貫のセットのご紹介を続けていましたが、小食の方や、ほかにも単品の好きなメニューを一緒に注文したいという方はこの10貫セットはいかがでしょうか。人気人気10貫の通常価格は税抜き600円で、平日価格は税抜き550円です。

人気10貫の内容は、まぐろ・いか・大トロサーモン・つぶ貝・えび・ネギトロ・いくら・あなご・たまごで、まぐろのみ2貫、そのほかのメニューは1貫ずつです。

人気12貫のメニューと比較すると、大葉えんがわとホタテが入っていません。これら二つが苦手という方もこちらの人気10貫がおすすめです。

5:人気8貫

はま寿司の持ち帰りメニュー、続いては「人気8貫」です。こちらは人気10貫よりもさらに2貫少ない量となっており、通常価格は税抜き500円、平日価格は税抜き460円です。一人前のメニューの中でも一番値段がリーズナブルなメニューであり、ランチにディナーにと気軽に注文することができる価格設定となっています。

人気8貫の内容は、まぐろ・いか・大トロサーモン・つぶ貝・えび・ネギトロ・いくら・たまごで、全て1貫ずつ入っています。人気10貫の内容と比較すると、まぐろが1貫とあなごが減っています。

6:まぐろづくし

はま寿司の持ち帰りメニュー、続いては「まぐろづくし」です。まぐろが好きだという方に特におすすめのこちらのメニューはその名の通り、入っているお寿司はすべてまぐろなんです。通常価格は税抜き700円、平日価格は税抜き660円です。

まぐろづくしの内容は、中トロ・まぐろ・まぐろはらみ・ねぎとろ・とろびんちょうで、それぞれ2貫ずつ合計10貫入っています。

まぐろが種類や部位を変えて色々入っているのでまぐろが大好きという方には夢のようなセットのメニューになっているのではないでしょうか。それぞれ2貫ずつということでしっかりと味わうこともできます。

まぐろづくしにプラスして好きな単品メニューを追加するという方もいらっしゃいます。また、大勢でそれぞれ好きなメニュー注文するときには、このまぐろづくしを一つ注文してみんなでシェアして食べるという方法もおすすめです。

7:贅沢セット3人前(35貫)

はま寿司の持ち帰りメニュー、続いては「贅沢セット3人前(35貫)」です。一人前ずつのメニューの他に、大勢で集まって食べるときや家族でワイワイ楽しんで食べたいというときのための持ち帰りメニューもはま寿司には揃っています。

この贅沢セット3人前は35貫入っており通常価格は税抜き2580円、平日価格は税抜き2480円です。金額が高くなるとその分通常価格と平日価格の差が大きくなり、平日に注文するのがお得でおすすめです。

贅沢セット3人前の内容は、一人前の贅沢12貫とは少し変わっています。中トロ・いか・つぶ貝・まぐろ・大トロサーモン・えび・大葉えんがわ・活け〆まだい・ホタテ・うなぎ・たまご・ネギトロ・いくらの13種類です。

中トロ・いくらが4貫ずつ、イカ・まぐろ・活け〆まだい・たまご・ネギトロが3貫ずつ、そのほかはすべて2貫ずつとなっています。3人前ですがそれぞれが3貫ずつ入っているというわけではないことをご了承ください。

8:贅沢セット4人前(41貫)

はま寿司の持ち帰りメニュー、続いては「贅沢セット4人前(41貫)」です。先ほどご紹介した贅沢セットが一人前、お寿司が6貫増えています。通常価格は税抜き2980円で平日価格は税抜き2880円です。

入っているお寿司の種類ですが、贅沢セット3人前とは少々異なっています。中トロ・いか・つぶ貝・まぐろ・大トロサーモン・えび・大葉えんがわ・活け〆まだい・ホタテ・あわび・甘えび・うなぎ・たまご・ネギトロ・いくらの15種類です。贅沢セット3人前に比較するとあわびと甘エビが増えています。

いくらが5貫、中トロ・いか・ネギトロが4貫、大トロサーモン・まぐろが3貫、そのほかは全て2貫ずつで合計41貫です。

9:贅沢セット5人前(49貫)

はま寿司の持ち帰りメニュー、続いては「贅沢セット5人前(49貫)」です。こちらは上にご紹介した贅沢セットの一番多い5人前となっておりお寿司は49貫入っています。通常価格は税抜き3480円で平日価格は税抜き3280円です。平日価格は通常価格と比較すると200円も安いので平日に購入するのをおすすめします。

贅沢セット5人前に入っているお寿司の種類は、贅沢セット4人前に入っているものと全く同じです。中トロ・いか・つぶ貝・まぐろ・大トロサーモン・えび・大葉えんがわ・活け〆まだい・ホタテ・あわび・甘えび・うなぎ・たまご・ネギトロ・いくらの15種類です。

いくらが5貫、中トロ・いか・大葉えんがわ・えび・ネギトロが4貫、大トロサーモン・まぐろ・ホタテ・あわび・うなぎ・たまごが3貫、そのほかは2貫ずつの合計49貫です。

10:定番セット3人前(35貫)

はま寿司の持ち帰りメニュー、贅沢セットに続いては「定番セット3人前(35貫)です。こちらは名前の通り、はま寿司の定番のメニューが揃っており、人気のメニューが勢ぞろいしています。

料金は贅沢セットよりも少々安めの設定になっており、通常価格は税抜き2380円、平日価格は税抜き2280円です。

定番セット3人前の内容は、中トロ・いか・つぶ貝・大トロサーモン・まぐろ・大葉えんがわ・活け〆まだい・えび・ホタテ・水だこ・たまご・ネギトロ・いくらの13種類です。贅沢セット3人前と比較すると、うなぎが入っておらず変わりに水だこが入っています。水だこがお好きな方は定番セットがおすすめです。

中トロ・いくらが4貫、いか・まぐろ・活け〆まだい・たまご・ネギトロが3貫、そのほかは全て2貫ずつの合計35貫です。

11:定番セット4人前(41貫)

はま寿司の持ち帰りメニュー、続いては「定番セット4人前(41貫)」です。定番セット3人前に比較すると6貫増えています。通常価格は税抜き2780円で平日価格は税抜き2580円です。

定番セット4人前は定番セット3人前と比較すると入っているお寿司の種類が増えています。中トロ・いか・つぶ貝・大トロサーモン・まぐろ・大葉えんがわ・活け〆まだい・えび・ホタテ・水だこ・甘エビ・あなご・たまご・ネギトロ・いくらの15種類で、甘エビとあなごが増えています。

定番セット4人前は、贅沢セット4人前と比較するとあわびが水だこになっており、うなぎがあなごに代わっています。値段は200円(平日価格だと300円)の差です。

いくらが5貫、中トロ・いか・ネギトロが4貫、大トロサーモン・まぐろが3貫、その他は2貫ずつの41貫です。

12:定番セット5人前(49貫)

はま寿司の持ち帰りメニュー、最後は「定番セット5人前(49貫)」です。定番セット(4人前)と比較すると8貫増えています。通常価格は税抜き3180円で平日価格は税抜き2980円です。

定番セット5人前に入っているお寿司の種類は定番セット4人前に入っているものと全く同じです。中トロ・いか・つぶ貝・大トロサーモン・まぐろ・大葉えんがわ・活け〆まだい・えび・ホタテ・水だこ・甘エビ・あなご・たまご・ネギトロ・いくらの15種類です。

いくらが5貫、中トロ・いか・大葉えんがわ・えび・ネギトロが4貫、大トロサーモン・まぐろ・ホタテ・水だこ・あなご・たまごが3貫、そのほかは2貫ずつの合計49貫です。

定番セット5人前は贅沢セット5人前と入っているお寿司はあわびが水だこ、うなぎがあなごに代わっています。入っているお寿司の数も同じであり、値段は通常価格も平日価格も300円安くなっています。お好みでお好きなほうを選んでください。

はま寿司の年末年始の持ち帰りメニュー

年末年始は家族で集まってお寿司を食べるというご家庭も多いのではないでしょうか。はま寿司では年末年始は普段の持ち帰りメニューとは違った年末年始特別メニューが販売されています。

そのため、年末年始には単品メニューの他に一部のセットメニューも販売中止になっています。特別メニューを注文される方は都合の良い時間帯に受け取りたいといった場合早めの予約がおすすめです。

「はま寿司」持ち帰りメニューを予約する2つの方法を解説

はま寿司では持ち帰りメニューを予約するという注文方法を取ることができます。予約をしておくことで店舗に行ってスムーズに受け取ることができ、時間のロスがありません。そのため、はま寿司で持ち帰りをしようと思った際には前もって予約をするという注文方法がおすすめです。

それでは、はま寿司での持ち帰りメニューの予約方法をご紹介します。予約する方法は2通りありますのでご都合にあわせて予約する注文方法を選んでください。

1:はま寿司の店頭でセットメニューや単品を予約する方法

まずははま寿司の店頭にて持ち帰りメニューの予約をする注文方法となります。こちらは実際に店頭にて予約をすることになりますので、単品メニューの注文をしたいというときには間違いがなく確実な注文方法です。

はま寿司の店頭にて持ち帰りを予約する場合には、店頭で紙に記入するもしくは店員さんに口頭で伝えるという注文方法になります。

店頭での予約は、受取が後日でも当日でも可能です。後日の場合は受取に行く日時をあらかじめ伝えておくとその時間に再度訪問すると用意されているためスムーズに受け取ることができます。

当日の場合は、再度訪問する時間をあらかじめ伝えておくとその時間には用意されています。ただし、混雑している時間帯に注文してしまうとすぐには作られず少々待たされてしまうこともありますのでご了承ください。

2:はま寿司へ電話して予約する方法

店頭での予約方法に続いては、はま寿司で電話して予約をする注文方法です。自宅にいながらにして電話一本で予約ができるため、こちらの注文方法も非常に便利でおすすめです。

まずはネットではま寿司のHPにて自宅の近くのはま寿司の店舗を確認してください。そのはま寿司の店舗に電話し、注文したいメニューと受取日時、名前や電話番号を伝えると予約が完了します。

はま寿司の持ち帰りメニューや単品メニューはネットでも確認ができますので、電話での予約は店舗までいく手間もかからず手軽にできるのでおすすめの注文方法となります。

注文方法でネット注文はできるの?

店頭での予約や電話での予約方法をご紹介しましたが、ネット注文ができるかどうか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。2018年3月現在、はま寿司の持ち帰り予約はネットではできません。そのため予約方法はネット以外の上記二つの方法となっています。

ちなみにネットでは持ち帰り予約はできませんが来店予約は可能です。はま寿司店内でいただく場合には混雑している時間帯はネットで来店予約をしてからの訪問がおすすめです。来店予約はネットで「はまナビ」に登録するとできるようになります。

「はま寿司」持ち帰りできる注文可能時間は?

続いて、はま寿司で持ち帰りのできる時間帯のご紹介です。ランチタイムにはま寿司の持ち帰りを利用したい、ディナータイムにちょっとしたパーティーではま寿司の贅沢セットを予約したいといった場合などはま寿司の持ち帰りは様々なケースで利用されることが多いでしょう。

持ち帰りメニューの注文予約は各店舗ごとに可能時間が異なる

はま寿司の持ち帰りメニューの注文予約ですが、こちらは各店舗によって予約可能な時間が異なっています。そのためネットで注文したい店舗を検索し、店舗に直接確認をしてください。持ち帰り自体行っていないという店舗もありますのでそちらも併せてネットもしくは電話にてご確認ください。

「はま寿司」持ち帰りで使える「3つ」のクーポンとは?

はま寿司では持ち帰りでクーポンを利用することができます。クーポンを利用するとお得になりますのでぜひお持ちの方は利用されることをおすすめします。持ち帰りで利用することができるクーポンは3種類ありますので、そちらをご紹介します。

1:はまナビ(おすすめ)

まず最初のクーポンは「はまナビ」です。こちらははま寿司のウェブ予約サイトであり、登録をしておくと来店予約がスムーズにできる他、お特なクーポンが手に入ります。

スマートフォンやパソコンから登録ができますのでネット環境がある方はぜひ登録しておくことをおすすめします。会員登録するとお得なクーポンがいただけます。

また、はまナビのクーポンですが一週間に一回程度の頻度で新しいものが配布されているようです。毎週水曜日に配布されることが多いとのことなので気になる方はチェックしてみてください。
 

はまナビで配布されているクーポンですが、お持ち帰りすることができる単品メニューには対応可能となっています。そのためお持ち帰りで予約される際にはの注文方法ですが、ぜひ注文する際にはまナビのクーポンがあるという旨をお伝えください。

2:株主優待

はま寿司のお持ち帰りで利用できるクーポン、続いては「株主優待」です。はま寿司はゼンショーホールディングスのグループが経営していますが、そのゼンショーホールディングスの株を100株以上持っていると株主優待券が届きます。

株主優待券は金券同様に利用できますので、支払いのときに利用することができます。ゼンショーの株主優待券ははま寿司だけではなくすき家やココスなど様々な店舗で利用できるのでおすすめです。株主優待を利用する場合の注文方法は通常の場合と同様です。

3:折込チラシ

はま寿司の持ち帰り、お得なクーポン最後は「折込チラシ」です。こちらは不定期で配布されるものであり、店舗によって違いますが折込チラシにはお特なクーポンがついています。持ち帰りで利用できるメニューのクーポンがあれば利用することができますので折込チラシが入手できましたらご確認ください。

Originalはま寿司のクーポンは併用可能!無料で食べられる味噌汁も魅力的! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本全国で楽しむ事ができるはま寿司ですが、便利なクーポンの存在をご存知ですか?はま寿司のクー...

「はま寿司」の単品メニューは持ち帰りできるの?

はま寿司ではお持ち帰りのセットメニューがありますが、単品メニューも持ち帰りできるのは気になるのではないでしょうか。好きなものをだけをつめて持ち帰りたいという方も多いでしょう。はま寿司の単品メニューは持ち帰りできるメニューとできないメニューがあるのでご紹介します。

持ち帰りができるメニュー

まずは、はま寿司の単品メニューで持ち帰りができるものです。はま寿司の握りや軍艦などのお寿司は基本的に持ち帰りが可能です。そのため、好きなお寿司だけの単品メニューのを詰め合わせるという注文方法も可能です。

好きなものだけを詰め合わるという注文方法ですが、こちらは店頭以外に電話での注文方法でも可能です。お好きなものを伝えておくと詰め合わせて用意しておいてくださいます。

気になるサイドメニューですが、サイドメニューでは持ち帰りできるものとできないものがわかれています。持ち帰りできるサイドメニューはから揚げやポテトなどの揚げ物、だしまき卵、枝豆、そしてケーキやパンケーキ、わらびもち、大学芋などとなっています。

持ち帰りができないメニュー

はま寿司でお持ち帰りできない単品メニューですが、基本的にサイドメニューのお味噌汁やうどんなどの汁物、茶わん蒸し、お刺身はできません。そのほかドリンクやアイスも持ち帰りができません。持ち帰りできる単品メニューはネットで確認できますので気になる方はチェックしてみてください。

気になる「はま寿司」持ち帰りメニュー&予約方法をまとめました!

いかがでしたか。はま寿司の持ち帰りできるメニューや予約方法をご紹介しました。セットメニューの他に単品でも予約注文が可能なはま寿司。特に平日はお得になっており、ネットで入手できるクーポンも利用することができます。ぜひ自宅でワイワイと美味しいはま寿司のメニューを楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

180.thumb
この記事のライター
reiko
九州出身、北海道在住6年目のreikoです。 美味しいものを食べることと、旅行に行くことが大好きです。 転勤族なので、次はどこに行って何ができるのかを想像してワクワクしています。

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ