地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ひがし食堂はミルクぜんざいが美味しい名護の名店!アクセス方法も紹介

沖縄の名護市にある「ひがし食堂」をご存知でしょうか。ひがし食堂とは、ミルクぜんざいが人気の子供も大好きな名店です。今回は、ひがし食堂のメニューやアクセス方法などをご紹介いたしますので、観光でアクセスする際の参考にしてください。

ひがし食堂とは?見出し

Photo by yoppy

沖縄県名護市にある「ひがし食堂」とは、先代からそのままの味を受け継いで40年という、老舗食堂です。那覇空港からは、車で1時間20分ほどの場所に位置しています。近所の人や、学生などがぶらりと立ち寄り、お蕎麦や定食、ぜんざいなどを食べていく何だか昔懐かしい雰囲気のある人気のお店です。詳しくメニューやアクセスなどをまとめました。

沖縄・名護のグルメ店

Photo by miki7500

ひがし食堂は、沖縄・名護のグルメ店として有名です。子供からご年配の方まで、幅広い年齢層のお客様が好む沖縄定食メニューがリーズナブルな価格で楽しめるからです。

しかもボリュームもしっかりとしていて、お腹いっぱいになれるメニューばかりです。味も美味しく、料金もお安く、お腹いっぱいになれるだなんて、最高ではないでしょうか。

観光客のリピーターも多い

Photo by shinya

名護市のひがし食堂は、観光客や地元の家族、子連れが多く、賑やかでアットホームな雰囲気です。小さな食堂なので、地元の方が多いと思いきや観光客のリピーターも多いです。

名護市には数あるレストラン、食堂がある中、観光客のリピーターが多いということは、一度行くとまた行きたくなるような雰囲気、食事の美味しさを持つお店なのでしょう。

ぜんざいが看板メニュー

Photo by gatta_m

ひがし食堂には多くのメニューが揃っていますが、その中でもぜんざいが看板メニューです。一般的にぜんざいというとお汁粉のような餡子を想像するのではないでしょうか。

沖縄でいう「ぜんざい」とは、砂糖や黒糖で甘く煮た豆と押し麦が乗ったかき氷のことを指します。そのため一般的なかき氷とはほんの少し違うようです。

沖縄のかき氷人気店11選!ふわふわ食感や種類豊富なトッピングがある所は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
沖縄のかき氷人気店11選!ふわふわ食感や種類豊富なトッピングがある所は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄のスイーツと言ったら、やっぱり、かき氷ではないでしょうか。ピーカンに晴れた青い空の下で食べるかき氷は、頭のてっぺんにキーンとくるあの感じを味わえます。沖縄の道の駅ではあの有名なかき氷も楽しめます。沖縄でおすすめなふわふわの人気かき氷を厳選してご紹介します。

ひがし食堂の特徴見出し

Photo by jetalone

続いて名護市にあるひがし食堂の特徴についてご紹介をいたします。ひがし食堂ではぜんざいが看板メニューということは分かりましたが、それ以外にどんな特徴があって人気を得ている食堂なのでしょうか。それは懐かしい雰囲気やリーズナブルな値段設定、落ち着く座敷の席という理由もあるようです。詳しくご紹介させていただきます。

懐かしさがこみ上げる店内

Photo by sayo-tsu

名護市のひがし食堂の店内は、まるで幼い頃を思い出すような、おばあちゃんの家の思い出を呼び起こすような、懐かしい店内と感じる方が多いようです。

店内のあちらこちらの壁には料理のメニューが貼られていたり、ポスターが貼られています。自分の家のように寛いでしまうような、そんな雰囲気のお店です。

リーズナブルな値段設定

Photo by Yakinik

名護市、ひがし食堂のメニューのお値段は、全体的にリーズナブルな価格設定となっております。恐らく那覇市のレストランなどと比較すると、格安な料金設定でしょう。

ひがし食堂のメニューの料金は、定食が500円から700円代と大変リーズナブルです。ぜんざいは280円から380円です。料金がお安く気軽に行ける人気の食堂です。

落ち着く座敷

Photo by halfrain

また店内には座敷のスペースが4席あるので、子連れにも嬉しく、赤ちゃんも寝かすことができて便利です。座席の他にはテーブル席が4席あります。(写真はイメージです)

座敷には、赤ちゃん用の椅子も用意されています。ゆとりがあるスペースなので、思う存分ゆったりできそうです。子供連れのファミリーなどに人気の席です。

Photo by yto

なんとひがし食堂の料金は、オープン当初から変わらない値段設定なのだそうです。値上がりが当たり前の最近の世の中で、とても有難い心遣いではないでしょうか。

そのことに関してひがし食堂の店主は、「みんなに喜んでもらいたいから」と言っています。これからも値上げせず、このままの料金設定であれば嬉しいです。

ひがし食堂おすすめ食事メニュー見出し

Photo by udono

ひがし食堂のおすすめメニューをご紹介いたします。もちろん全てのメニューが美味しいと評判ですが、全てご紹介するのは難しいので、その中でも人気でおすすめのメニューを厳選し、三枚肉そば、トーフチャンプル、オムライスについてお伝えいたします。それ以外のメニューも美味しいですが、迷った時には下記メニューを選んでみてはいかがでしょうか。

三枚肉そば

Photo by jetalone

「三枚肉そば」は、沖縄料理の中でも定番のメニューです。味の染み込んだ柔らかいバラ肉が3枚入っています。もともと2枚だったのが三枚肉と呼ばれているため増量したそうです。

味は沖縄そばと同じです。バラ肉はしっかりとした大きさでボリュームがあるので、心も体も満足するでしょう。お値段は650円で、人気ナンバー4です。

トーフチャンプルー

Photo by jetalone

「トーフチャンプルー」は、ひがし食堂の人気ナンバー1のメニューです。お値段は650円です。季節の野菜と沖縄独特の固めに作った豆腐が入った炒め物です。

野菜も沢山とることが出来ますし、豆腐のまろやかな優しい味が魅力的です。チャンプルが食べたいけれど、ゴーヤが苦手な方などにおすすめです。一度食べてみてください。

オムライス

Photo by yosshi

続いておすすめのメニューは、子供からも大人気の「オムライス」です。オムライスの料金は680円で、セットでしじみの味噌汁が付いております。誰からも愛される味です。

オムライスにはケチャップが付いているので、卵の上にお絵描きもできます。地元のお客さんからの人気が高いそうです。沖縄のオムライスも食べてみてください。

名護市でランチがおすすめの店まとめ!人気のカフェもあり!子連れにも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
名護市でランチがおすすめの店まとめ!人気のカフェもあり!子連れにも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
綺麗な海と豊かな自然が魅力の沖縄県名護市は山、川、海の素晴らしい観光資源もあり国内外から沢山の観光客が訪れる街となっています。そんな人気の名護市には美味しいランチが魅力のお店もいっぱいあります。沖縄らしいランチセットからおしゃれなカフェなど必見です。

ひがし食堂の食レポ見出し

Photo by Richard, enjoy my life!

名護市、ひがし食堂のレポートをお伝え致します。レポートするメニューは、ミルクぜんざい、三色みぞれ、ゴーヤチャンプル、沖縄風チャンポンの4種類です。いずれのメニューもひがし食堂の中で人気を誇っています。気になるメニューがありましたら、ひがし食堂にて是非食べてみてください。

ミルクぜんざい

Photo by adelie33_Asako

まずは「ミルクぜんざい」についてご紹介をいたします。昔ながらのミルクぜんざいは、こんもり盛ったミルク色の氷の上に、適度な甘さの金時豆と餅がのっています。

こんもり盛ったミルク色の氷は、とても綺麗で素朴な風合いのテーブルに似合っています。口の中に入れてみると、ふんわりと氷が溶けて幸せな気持ちになれます。量もしっかりとしていますが、美味しいのでペロリと食べられるかもしれません。

ひがし食堂のミルクぜんざいは、かき氷機の刃を研ぐ手入れを毎日行なっているため、ふわふわのかき氷が出来上がるのだそうです。毎日朝早くから金時豆の仕込みを行なっているので、美味しく雑味がないようです。お店自慢のミルクぜんざいの料金は、380円です。食事の後のデザートなどにもおすすめです。

三色みぞれ

Photo by rhosoi

「三色みぞれ」はアイス系のデザートの中で人気ナンバー4のメニューです。三色というのは、いちご、レモン、メロンの3種類です。どれも人気のフレイバーです。

色鮮やかで、どの色から食べようか迷ってしまいそうです。このメニューを作ったきっかけは、子供達より3色食べたいという要望があったからだそうです。食べている途中、3色が混ざり合っていく味も楽しめます。暑い夏などにシャリシャリと食べたくなるメニューです。

またかき氷などのアイスメニューは、テイクアウトも可能です。混雑しているときや十分に時間がない時、テイクアウトを利用してみてはいかがでしょうか。アイスを食べると頭がキーンとする感じが、なんだか夏っぽく懐かしい感じがします。どの味のかき氷が良いか迷ったときなど、贅沢に三色みぞれを注文してみてください。

ゴーヤーチャンプル

Photo by yosshi

やはり沖縄の定番料理といったら「ゴーヤチャンプル」ではないでしょうか。那覇などでもゴーヤチャンプルは多く食べられますが、ここひがし食堂でも食べてみてください。

ゴーヤチャンプルは野菜もたっぷり食べられ、栄養価の高いゴーヤも得られておすすめです。ゴーヤチャンプルの料金は、700円です。定番ですが、迷った時に選びましょう。

Photo by Shigeyama

また白米としじみの味噌汁がついています。半熟の卵がたっぷりと入っているので、全体的に味がまろやかです。もやしもシャキッと感が残っています。

豚肉の脂身と赤肉のバランスが丁度よく、炒め具合も最高です。野菜、お肉を沢山食べたい時に注文してみてください。多くの観光客が食べているようです。

沖縄風チャンポン

Photo by shokai

「沖縄風チャンポン」とは、野菜炒めを卵でとじ、それをご飯の上にのせるいわゆる丼みたいな料理です。一般的にいう麺類のチャンポンとは異なります。(写真はイメージです)

料金は650円です。お店によってチャンポンの具材は異なり、沖縄ならではのコンビーフが入っていることもあります。ひがし食堂ではポークが入っています。

ひがし食堂の基本情報見出し

Photo by sun_summer

続いてひがし食堂の基本情報についてお伝えいたします。那覇からのアクセス方法、営業時間、定休日、電話番号をご紹介いたしますので、ひがし食堂へアクセスする前に、チェックをしておいてください。何も知らずに行って実はお休みでした、営業時間外でした、ということは避けたいので、確認してから向かいましょう。

那覇からのアクセス

Photo by nekotank

那覇空港からひがし食堂へのアクセス方法をご紹介いたします。那覇空港からのアクセスの場合、所要時間は車で約1時間10分です。

沖縄自動車道終点許田インターから約15分です。車でのアクセスの場合、ひがし食堂にはお店のお隣に駐車場も完備されています。ただ3台分のみの駐車場なので、満車になっている可能性があります。その際はコインパーキングを利用しましょう。

ひがし食堂は、住宅や学校が集まっている住宅街にあるので、アクセスする場合には分かりづらく迷ってしまう可能性もあります。目印としては、赤い沖縄ならではの屋根瓦の建物です。アクセスする際に迷ってしまった場合、Googleで地図検索をしてスマホに道案内してもらいましょう。

営業時間・定休日

Photo by Takashi(aes256)

ひがし食堂の営業時間と定休日についてお伝えいたします。まず営業時間は、11時から18時です。沖縄のお店は閉店が意外と早いことが多いので、ご注意ください。

ひがし食堂に定休日は基本ありませんが、1月1日から1月3日のお正月はお休みとなっています。それ以外無休というのは嬉しいです。

電話番号

Photo by Dick Thomas Johnson

ひがし食堂に問い合わせをする際、お電話番号は「0980-53-4084」です。混雑状況など、事前に電話で聞いておくと便利でしょう。

ひがし食堂では公式ホームページは作られておらず、インターネットからの予約などは承っておりません。団体などで行く際は、電話で確認してからの方が安心です。

住所 沖縄県名護市大東2丁目7-1
電話番号 0980-53-4084

ぜんざいバーというアイスがある!見出し

Photo by nimame

沖縄県民に愛されているひがし食堂の「ミルクぜんざい」が、沖縄明治乳業株式会社よりアイスバーになって販売されています。アイスは沖縄限定商品です。

ミルクぜんざいのアイスバーの商品名は「名護ひがし食堂ぜんざいバー」です。もちろんひがし食堂とのコラボ商品で、ぜんざい風味のあずき入りかき氷のアイスです。かき氷を練乳味のラクトアイスで包み込んで、ミルクぜんざいを表現しています。

名護ひがし食堂ぜんざいバーの容量は100mlで、144カロリーです。ひがし食堂に行かずともミルクぜんざいを気軽に食べることができるので、アイスバーを食べたい方は、是非食べてみてください。アイスなのにミルクぜんざいを食べているような、不思議な感覚になるかもしれません。沖縄ファミマ、ローソン沖縄、サンエー、リウボウ、ユニオンにあります。

ひがし食堂は那覇にもある?見出し

Photo by k14

ひがし食堂本店は名護市にありますが、人気が高くなり「ひがし食堂Jr」は那覇市のおもろまちにも出店されました。那覇市のひがし食堂も、本店そのまんまです。

那覇市のひがし食堂Jrは、レインボーのかき氷が人気です。那覇市は観光客が多い分夏場は行列ができるほど人気を集めています。お値段もリーズナブルでボリュームのある定食、沖縄そば、揚げ物など名護のひがし食堂と同じようなメニューです。

名護のひがし食堂は、おばあちゃんの家のような懐かしい雰囲気ですが、那覇のひがし食堂Jrは、全てテーブル席で、座敷はありません。屋内はカウンターとテーブルが2つあり、テラス席は12席ほどあります。雰囲気は名護とは異なりますが、メニューはほとんど同じなので、名護まで行くのは大変な時に立ち寄ってみてください。

人気メニューミルクぜんざいやアイスを食べにひがし食堂へ行ってみよう!見出し

Photo by klipsch_soundman

いかがでしたか。今回は、名護市のひがし食堂について詳しくご紹介いたしました。ひがし食堂は、土日祝日や観光シーズンは混雑しており行列していることもあるので、混雑を避けたい時には、ピーク時を避けてアクセスするようにしてください。名護市で懐かしく美味しい沖縄料理やミルクぜんざいを食べたい時には、ひがし食堂へ行きましょう。

関連キーワード

投稿日: 2019年4月12日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote