地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

屋我地島特集!カフェやビーチもおすすめの穴場観光スポット!

沖縄には観光スポットやきれいなビーチがたくさんありますが、屋我地島へ行ったことはありますか?沖縄本島から少しだけ足を延ばすと、絶景や観光スポットが待っていました。今回は、沖縄の屋我地島の観光スポットや宿泊施設をご紹介します。おしゃれなカフェもありますよ!

沖縄の屋我地島は穴場観光スポット見出し

観光スポットやビーチが主役の国内随一のリゾート地、沖縄。そんな沖縄に観光したことがある人は多いと思いますが、屋我地島へ行ったことはありますか?今回は、沖縄の屋我地島の観光スポットや宿泊施設、カフェなどを一挙ご紹介します。家族で楽しめる釣りや潮干狩りのポイントも!沖縄観光の計画の参考にして下さいね。

屋我地島ってどんなところ?見出し

屋我地島(やがじしま)は沖縄県名護市に属する小さな島です。名護市に面した羽地内海という湾に浮かんでいて、沖縄本島と屋我地島は橋でつながっています。船や飛行機で渡る離島とは異なりアクセスがしやすい島です。屋我地島内にはいくつかの集落があり、学校やお店もあります。また、屋我地島からさらに古宇利島への橋がかかっています。

屋我地島でのアクティビティは「屋我地エコツーネット」で決まり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
屋我地島でのアクティビティは「屋我地エコツーネット」で決まり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄県北部の街、名護市に位置するアクティビティ施設「屋我地エコツーネット」。屋我地島の大自然の中で思いっきり身体を動かせる施設になっており、観光客から人気があります。屋我地エコツーネットは屋我地島でしか体験できないアクティビティが充実しています。
沖縄古宇利島観光特集!本島北部の絶景スポットを楽しもう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
沖縄古宇利島観光特集!本島北部の絶景スポットを楽しもう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄県の北部にある古宇利島を知っていますか?古宇利島は現在では沖縄の主な観光地となっており、毎年多くの観光客が訪れる人気スポットです。コバルトブルーに囲まれた島は、まさしく南国の島!今回は古宇利島の魅力についてご紹介します。

屋我地島の見どころ「ワルミ大橋」見出し

沖縄本島の今帰仁村から屋我地島に渡るルートにある橋が「ワルミ大橋」です。2010年に開通した新しい橋で、下のワルミ海峡には船が通るためにアーチ型になっている美しい橋です。橋の長さは315mとアーチ橋としては国内5番目の長さを誇り、真っ直ぐな道はドライブやツーリングには爽快!

今帰仁村側の橋の前にはワルミ大橋無料展望台があり、駐車スペースがあるので車を降りて写真撮影をする人も少なくありません。「沖縄の瀬戸内海」とも呼ばれる入り組んだ地形の屋我地島岸と羽地内海はワルミ大橋から見ると絶景です。夕日や星空ももちろんきれい!

釣りや潮干狩りができる「屋我地ビーチ」見出し

屋我地島の南端、屋我地大橋の横にある屋我地ビーチは、釣りや潮干狩りにキャンプなど様々なマリンアクティビティができるビーチです。屋我地はキス釣りスポットとして有名で、10月頃には釣り大会も多く行われるそうです。手漕ぎボートの貸し出しも行っていて、ボートの上から釣りをすることもできます。釣り道具は本島名護市内の釣り具屋等で購入またはレンタルがおすすめ。

ビーチの人気アクティビティといえば潮干狩り。屋我地ビーチでは潮干狩りも楽しめます。白い砂浜の波打ち際には食べられるイソハマグリがいて、潮干狩りの後にバーベキューもおすすめ。沖縄では人気の潮干狩りスポットです。岩場にはカニやヤドカリもたくさんいるので、子供たちは潮干狩りに磯遊びにと夢中になれそう。また、沖に見える小さな島へは干潮時に「ピュアロード」と呼ばれる道が出現して陸続きになります。

屋我地ビーチはキャンプも可能。デイキャンプは大人600円、子供300円、駐車料金600円で夕方5時まで遊べます。宿泊はテント1区画1500円、バンガローもあります。県内では人気のビーチキャンプ場で、休日には地元の人が多く訪れるそう。また、羽地内海に漕ぎ出せるシーカヤック体験も。1時間2500円です。

沖縄のビーチ!綺麗なリゾートビーチおすすめランキングBEST10! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
沖縄のビーチ!綺麗なリゾートビーチおすすめランキングBEST10! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
青く澄んだ空に透明度の高い海がとっても魅力的な日本の南国リゾートとして大人気の観光地「沖縄県」。今回はそんな沖縄のおすすめビーチランキングBEST10をご紹介します。どれも綺麗なビーチばかりで心踊ること間違いなしですよ!

屋我地島「アトリエ43」でシーサー作り体験見出し

屋我地島の東にある済井出ビーチのすぐ近くに、沖縄雑貨とシーサーのお店「アトリエ43」はあります。お店付近の道路は狭いので、車で行く場合は気をつけて。琉球ガラスや「やちむん」と呼ばれる焼き物、手ぬぐいやインテリア用品など沖縄各地から集められた雑貨が揃っていて、つい手に取りたくなる美しさ!

アトリエ43でおすすめなのはシーサー作り体験。陶器や素焼きのシーサーを1から形作り、焼成、絵付けまでフル体験でき、女子旅の思い出作りに人気があります。時間がない人には絵付けだけのお手軽コースも。また、サンゴを使った沖縄らしいブレスレットやピアスの手作り体験もあります。体験すると沖縄ドリンクがついてきます。

住所:沖縄県名護市済井出252 電話番号:0980-52-8027

沖縄シーサーの意味や由来をご紹介!オスとメスの見分け方は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
沖縄シーサーの意味や由来をご紹介!オスとメスの見分け方は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄の動物をかたどった像である「シーサー」は、全国的に良く知られています。でもそのシーサーには、実は深い歴史や由来、意味があるのをご存知ですか。今回は、シーサーが現代に受け継がれてきた深い意味合いも含め、性別の見分け方、置き方、お土産ついてもご紹介いたします。

屋我地島のおしゃれ雑貨カフェ「CALiN」見出し

女子旅で屋我地島に来たらぜひ訪れておきたいのが「CALiN(カラン)」。ワルミ大橋北側の運天原エリアにひっそりと佇む古民家カフェです。鮮やかでいて落ち着きのあるピーコックブルーの建物と芝生の庭が目印のカフェ。営業時間は11時から17時まで。月曜は定休日です。

カフェCALiNは、本島名護市で人気のドーナツ店「しまドーナツ」の姉妹店。島豆腐のおからで手作りしたドーナツは紅いもやチョコレート、バナナなど様々なフレーバーが楽しめます。CALiNでは、そのしまドーナツが丸ごと1つトッピングされたドーナツパフェや島でとれた野菜を使ったランチなどを食べながらのんびり島時間を過ごせますよ。

CALiNでは雑貨も販売しています。大工職人であるオーナーのご主人が制作したオブジェや木製品の他、地元の作家が手作りした器やアクセサリーなど、パリのアンティークショップのような雰囲気。ここに住みたくなるような落ち着ける空間が魅力のカフェです。

住所:沖縄県名護市運天原522 電話番号:0980-52-8200

沖縄のお土産おすすめランキングBEST41!定番の名産品や人気を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
沖縄のお土産おすすめランキングBEST41!定番の名産品や人気を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄は日本でも人気のある観光地です。旅行の時、お土産をどれにしょうか迷ってしまいませんか?そんなあなたに沖縄のおすすめのお土産をランキング形式にしてご紹介いたします。定番の名産品から人気のあるものまで厳選したおすすめランキングを是非参考にされて下さいね。

屋我地島でコンテナに宿泊「アイアンコテージ」見出し

カフェ「CALiN」の近くにある、沖縄らしからぬ無機質なコンテナは何と宿泊施設。その名も「アイアンコテージ」。2017年4月にオープンしたばかりの1日1組限定のコテージで、コンテナと言っても荷物を運ぶ物を流用したのではなく、日本の建築基準をクリアしたきちんとした建物なので安心!

室内は外のクールな印象とは打って変わって、広々とした空間にはゆったりとしたソファーやベッド、ヴィンテージの照明などが置かれていて快適に過ごせます。キッチンの設備も整っていて洗濯機もあるので、思わず長期滞在したくなる宿泊施設です。

住所:沖縄県名護市運天原514-10 電話番号:090-3790-6546

屋我地島の沖縄料理「マリン亭」宿泊も!見出し

済井出ビーチの目の前にある「マリン亭」は、昔ながらの沖縄の家屋が温かい雰囲気の食堂です。夫婦で営業しているマリン亭では、ご主人が海で魚を獲ってきて女将さんが料理しているそう。ホテルのレストランでは食べられない沖縄の家庭料理が食べられて、まるで親戚の家に来たようです。

マリン亭は、隣にある民宿「海人の宿」の食堂です。宿泊客以外も入店できますが、メニューはソーキそばなどの麺がメイン。事前に予約しておくと、ご飯と味噌汁におかずのついた定食や獲れたてのお造りなどを頂くことができます。海鮮料理のイメージが薄い沖縄料理ですが、新鮮な魚はやっぱり美味しい!

併設の民宿「海人の宿」はマンションタイプの宿泊施設で、部屋は全てオーシャンビュー。絶景スポットやアクティビティの豊富な屋我地島、日帰りではもったいないですね。屋我地島に宿泊するなら、やっぱり食事が美味しい宿がいい!

住所:沖縄県名護市済井出276 電話番号:0980-52-8400

古宇利島への玄関口「美らテラス」見出し

屋我地島と、その北にある古宇利島には古宇利大橋がかかっています。その橋の手前にある複合施設が「美らテラス」。レストランや沖縄土産の雑貨ショップ、レンタサイクルやバーベキューの受付などがある観光の拠点に便利なスポットです。庭のテーブル席からは青い海と古宇利島の絶景が広がります。

美らテラスには4つのレストランがあります。看板メニューの古宇利島カレーや海鮮タコライスが美味しいガーデンレストラン、ソーキそばのお店、アンダギーやかき氷が食べられるパーラー、ボリュームたっぷりラフテーバーガーのファーストフードなど、魅惑の沖縄ソウルフードが揃っています。

住所:沖縄県名護市済井出大堂1311 電話番号:0980-52-8082

沖縄の穴場観光スポット屋我地島へ行こう!見出し

きれいなビーチと潮干狩りや釣りなどのアクティビティ、そして居心地の良いお店の数々。沖縄本島からすぐに行くことができる屋我地島は穴場の観光スポットですね。沖縄旅行の折には屋我地島を訪れてみてはいかがでしょうか?

沖縄名護市の観光スポット30をご紹介!人気のエリア情報が満載! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
沖縄名護市の観光スポット30をご紹介!人気のエリア情報が満載! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄県の名護市は、山と海に囲まれた自然の魅力あふれる都市で、人気の観光スポットがたくさん存在します。毎年、国内外から多くの観光客が訪れ、沖縄のビーチを満喫しています。そこで今回は、名護市の人気観光スポットをまとめて紹介します。
沖縄北部を観光しよう!見どころが満載のスポットをご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
沖縄北部を観光しよう!見どころが満載のスポットをご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄北部は魅力的な観光スポットがいくつもあります。全国的にも有名な水族館、やんばると呼ばれる自然が多く残る地域、透明度の高い美しいビーチ、沖縄らしさを感じられるテーマパーク、興味深い道の駅など、沖縄北部の観光スポット、穴場スポットをご紹介します。
投稿日: 2017年8月27日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote