地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

瀬底島のご紹介!観光にも最適!シュノーケルなどのマリンスポーツもおすすめ!

沖縄北部の本部町にある瀬底島は本島から車で気軽に行ける距離にあります。美しいビーチと透明度の高い海は、シュノーケルなどのマリンスポーツで人気がある他、瀬底島には個性的なカフェや喫茶店もあり、観光にも最適です。瀬底島の魅力をご紹介します。

瀬底島ってどんなところ?見出し

沖縄県本島の国頭郡本部町にある「瀬底島」は周囲約7キロメートル、面積約3キロ平方メートルの小さな島です。沖縄本島から車で瀬底大橋を渡ったところにあり、そのアクセスの良さとのんびりした雰囲気、美しいビーチが観光客に人気のスポットです。瀬底島内にはサトウキビ畑や古民家などの沖縄らしい風景も残っています。

瀬底島の観光スポット1見出し

瀬底島の海の中

本島から離れているだけあって「瀬底島」の透明度の高い海では、シュノーケルやダイビングなどのマリンスポーツも楽しむことができます。また、瀬底島には海が見える絶景カフェや、ゆっくりとくつろげるカフェもあり、マリンスポーツを楽しんだ後は、カフェで一息入れるというのも良い過ごし方です。

瀬底島の観光スポット2見出し

瀬底大橋

「瀬底大橋」は昭和60年に完成した瀬底島と沖縄本島をつなぐ橋です。全長762mの瀬底大橋は当時は沖縄県内最長の橋でした。瀬底周辺の美しい海の上に白いアーチがかかり、佇まいはとても美しいです。「瀬底大橋」ができてから、瀬底島に気軽に観光に行けるようになりました。

瀬底島の観光スポット3見出し

瀬底ビーチの海

「瀬底ビーチ」は瀬底島の西側に位置する全長800mのビーチです。パウダーのようなサラサラで真っ白な砂浜と、透明度が高いエメラルドグリーンと青のグラーデーションの海が広がり、海の中には熱帯魚を見ることができます。海の向こうには離島である伊江島を見ることができ、夕日は絶景です。

瀬底ビーチで楽しむマリンスポーツ

「瀬底ビーチ」は遠浅で穏やかなビーチであり、水の透明度は高いので、シュノーケルをするのに向いています。瀬底島と水納島を見渡せるパラセイリングは瀬底ビーチで人気のマリンスポーツです。友人や家族とのワイワイ楽しい旅行にはバナナボートもおすすめです。

瀬底ビーチの情報

「瀬底ビーチ」の営業時間は9時から17時まで(7月から9月は17時30分まで)です。ビーチにはシュノーケルやマリンスポーツを取り扱うマリンショップがあります。約200台の駐車場があり、利用料は有料(1000円)です。瀬底大橋を渡って瀬底島に入ってから瀬底ビーチまでは、車で約10分程度です。

瀬底島の観光スポット4見出し

アンチ浜の海

「アンチ浜」は沖縄本島から瀬底大橋を渡ったすぐのところにあるビーチです。瀬底ビーチを目当てに瀬底島に来る人が多いため、意外と人が少なくのんびりできそうなビーチです。瀬底大橋を渡ってくると、アンチ浜の海のきれいさにびっくりするでしょう。アンチ浜からの夕日も見逃せません。

アンチ浜で楽しむマリンスポーツ

「アンチ浜」も水の透明度が高いので、シュノーケルや水中メガネで魚を見るのがおすすめです。ブイなどがないビーチなので、注意してシュノーケルを楽しんでくださいね。瀬底ビーチと比較すると小さいビーチです。「アンチ浜」のビーチからは瀬底島の周囲に広がる海にかかる瀬底大橋がバッチリ見え、奥には沖縄本島が見えます。

アンチ浜の情報

「アンチ浜」の海の家は5月から11月の間で日没まで営業しています。ビーチは営業時間の規制は特にありません。約30台の駐車場があり、利用料は無料です。古いですがシャワーなどの設備はあります。アンチ浜は瀬底大橋を渡ってすぐのところにあります。

瀬底島の観光スポット5見出し

恋人ビーチ

瀬底大橋を渡って2つ目の通りを左折し、坂を下って突き当たりを右折して少し進んだところに「恋人ビーチ」があります。「恋人ビーチ」の看板は出ていますが、駐車場などはなく、ほとんど観光客が来ないので静かでゆったり過ごせる穴場のビーチです。喧騒から離れたい人にはおすすめです。

瀬底島の観光スポット6見出し

クマノミ山

瀬底島の北側に位置するダイビングポイントは「クマノミ山」と呼ばれ、カクレクマノミやハナビラクマノミなどの沖縄に住むクマノミ全種が見られます。瀬底周辺に生息するサンゴ礁とそこに住む生き物を見ることができ、ダイバーに人気のスポットとなっているそうです。

瀬底島の観光スポット7見出し

サトウキビ畑やフクギ並木

瀬底島では「サトウキビ畑」や「フクギ並木」を見ることができます。サトウキビ畑と沖縄の昔ながらの集落の風景は、懐かしい時代の沖縄の姿を見ているようです。フクギ並木は癒しのスポットとなりそう。のんびりした雰囲気を感じられるので、ドライブしながら景観を楽しんでみたいです。

瀬底島の観光スポット8見出し

瀬底島のカフェ

瀬底島のカフェはおしゃれな雰囲気もあり、ビーチ遊びでちょっと疲れた観光客たちに人気です。テラス席から海が見える絶景カフェもあるので、カフェを目当てで瀬底島にドライブしに来てもいいかもと思うくらいです。瀬底島に来たら訪れてみたいカフェをご紹介します。

fuu cafe

瀬底ビーチの近くにある「fuu cafe」は森の中のログハウスのようなおしゃれな雰囲気のカフェです。やんばるの食材を使った料理や、自家製のハーブ、無農薬・有機の素材を使ったこだわりの料理をいただくことができます。営業時間は11時から17時30分まで、定休日は毎週水曜日と木曜日です。無料の駐車場があります。

住所:沖縄県国頭郡本部町瀬底557 電話番号:0980-47-4885

pizzeria UKAUKA

「pizzeria UKAUKA」はナポリピッツァの専門店です。マルゲリータのような定番ピッツァはもちろん、あぐー生ハムを使った季節のピッツァや海ぶどうサラダ、南国フルーツのジュース、県産黒糖ジェラートなど沖縄らしいメニューも並びます。テラス席からは瀬底大橋と海を見ることができます。

ランチは11時30分から16時まで、ディナーは18時30分から21時までで、ディナーは16時までの予約が必要です。定休日は毎週火曜日で、祝日の場合は営業されます。無料の駐車場があります。「pizzeria UKAUKA」は瀬底島に渡ってすぐのところにあります。

住所:沖縄県国頭郡 本部町瀬底2281-1 電話番号:0980-47-4774

オレンジサンセット

「オレンジサンセット」は、テラス席から美しい夕日が見られる喫茶店です。明るく開放感のある店内では、パスタやフレンチトーストとカフェなど、喫茶店らしいメニューを頼むことができます。営業時間は11時から20時まで(19時ラストオーダー)で、定休日は木曜日です。テラス席はペット同伴可。無料の駐車場があります。

住所:沖縄県国頭郡本部町瀬底4673-1 電話番号:0980-47-7575

瀬底島の観光に必要な宿泊施設見出し

瀬底島の宿泊施設

せっかく本島から足をのばして瀬底島に来たら日帰りするのはもったいない、と思う方は瀬底島に泊まってゆっくりしてみましょう。宿泊客ならではのとっておきの観光情報、ビーチの情報をもらえるかもしれません。人の少なくなったビーチを散歩してみるのも贅沢です。

FOUR ROOMS(フォールームス)

全4部屋の「FOUR ROOMS」は全ての部屋から夕日が見られる絶景のリゾートです。ゆったりと贅沢の時間を過ごしたい人にはおすすめ。室内にはテレビや時計がありませんが、ハンモックとデッキチェアという癒しの空間が待っています。屋上のルーフテラスにはジャグジーがあり、夕日を眺めつつジャグジーにつかることもできます。

ダイニングルームの夕食は、沖縄の魚や、やんばる地方の豚や鳥を使ったこだわりの創作料理のコースを堪能することができます。ダイニングルームからは沖縄本島の海岸線を見渡すことができ、これまた絶景です。瀬底島で贅沢に過ごしてみてはいかがでしょうか。

住所:沖縄県国頭郡本部町瀬底4588-1 電話番号:0980-47-3404

チュランドスケープ

瀬底島の真ん中にある「チュランドスケープ」は、隠れ家的な雰囲気のあるコテージです。全3棟のすべてから海を見渡すことができます。食事などの提供はありませんが、近くの飲食店などを紹介してもらえます。追加料金を支払えば一人の利用も可能です。

住所:沖縄県国頭郡本部町字瀬底3480-1 電話番号:0980-47-7644

瀬底島へのアクセス方法見出し

瀬底島は那覇空港から車で1時間30分から2時間程度です。沖縄自動車道を利用し、許田I.Cで降りて、国道58号線と国道449号線を経由して瀬底大橋を渡ります。那覇空港から「やんばる急行バス」を利用する場合は、停車駅「本部港」で降りて瀬底大橋を徒歩で渡ります。本部港から瀬底島の入口まで徒歩で約30分です。

瀬底島で夏の思い出を作ろう見出し

瀬底島は美しいビーチがあり、シュノーケルなどのマリンスポーツも楽しめるため、大変人気の観光スポットとなっています。昔ながらの沖縄の雰囲気を感じられたり、くつろげるカフェがあったりと、ビーチ以外の魅力もあります。瀬底島にたくさんの思い出を作りに行きましょう。

沖縄北部を観光しよう!見どころが満載のスポットをご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
沖縄北部を観光しよう!見どころが満載のスポットをご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄北部は魅力的な観光スポットがいくつもあります。全国的にも有名な水族館、やんばると呼ばれる自然が多く残る地域、透明度の高い美しいビーチ、沖縄らしさを感じられるテーマパーク、興味深い道の駅など、沖縄北部の観光スポット、穴場スポットをご紹介します。
沖縄古宇利島のハートロック!ティーヌ浜の大人気スポット! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
沖縄古宇利島のハートロック!ティーヌ浜の大人気スポット! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
古宇利島は沖縄本島北部にある島で、本島一美しいビーチがあると言われています。観光名所もいくつかあり、ティーヌ浜にはCMで有名になったハートロックがあります。今回は、ハート型に見える岩「ハートロック」や「ビーチ」を中心に、古宇利島についてご紹介していきます。
投稿日: 2017年6月9日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote