地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

神保町ブックセンターは書店やカフェ等が入った複合施設!営業時間やアクセスは?

本の町として人気の神保町。そんな神保町に岩波文庫専門に扱う神保町ブックセンターがあります。こちらの神保町ブックセンターは本屋さんとしてのスポットだけではなく、カフェやワークスペースとしても利用できる施設になっています。神保町の新たな人気スポットが話題です。

神保町ブックセンターは本屋さんだけではない?見出し

Photo byGellinger

本屋さんと聞くとどのようなイメージを持つでしょうか。地元の商店街にある小さな本屋さん、駅前になる大きな本屋さん。

色んな本屋さんがありますが、ここ神保町ブックセンターはみなさんが想像する本屋さんとは少し様子が違う様です。本屋さんであるのに、カフェがあったり会議室や仕事部屋のようなワーキングスペースがあったりもします。そんな人気の神保町ブックセンターについてご紹介いたします。

神保町ブックセンターの”複合施設”のコンセプト見出し

Photo byninocare

神保町ブックセンターはただ本を販売する以外にいろいろなコンセプトを持っています。本の街と言われる神保町に、2016年に閉店した岩波ブックセンターの跡地に誕生した施設。

本屋さんの域を超えた業界に新風を巻き起こす本屋さんの新しい形態が展開されています。若者の本離れを食い止めるべく、色んなコンセプトを持った本屋さんとしてこの神保町ブックセンターは誕生いたしました。

岩波書店のほぼ全ての本が揃う書店

Photo byMarisa_Sias

神保町ブックセンターは、岩波書店から刊行された本のみが並ぶ本屋さんになっています。その種類は絵本や文学作品から辞典まで9000点近くもあると言われています。圧巻の本の量で、しかも岩波書店の本ばかりと言うのは驚きです。

いろんな年代の色んな趣味を持った人が集まる書店で、岩波書店の本は、専門的な学術書から児童書や辞典等の考える力を伸ばす本を提供し続けています。

岩波書店から刊行されている本だけと言っても、これだけの種類と量があるのかとびっくりする事でしょう。そして多岐に渡るジャンルが網羅されているかのような本たちは見ているだけで時間を忘れて過ごすことになります。

本を読みながらくつろげるカフェ

Photo byPexels

そしてその膨大な量の本を選びながら珈琲などの人気カフェメニューを楽しめる本屋でもあります。本屋さんの中にあるカフェでは店内の本に加えて、持ちこんだ本もゆっくりと読むことができる空間になっています。

カフェには本に合ったおすすめ人気メニューが用意され、ゆっくりと本に没頭して過ごすことができます。本にちなんだコーヒーなどのおすすめメニューも必見です。

本と仲間に出会えるコワーキングスペース

Photo byFree-Photos

そして神保町のブックセンターはまだまだあります!本屋さんの中のカフェに加えて、ワーキングスペースが設置されています。まるで会社の会議室のように利用でき、図書館で勉強すれば勉強がはかどるように、本に囲まれた空間で仕事をすれば、作業効率がアップすることでしょう。

このワーキングスペースは3つの会員に登録することにより利用することができます。後ほど詳しく紹介いたしますが、ワークラウンジ、サービスオフィス、パーソナルデスクと分かれています。

神保町で古本・本屋巡り!漫画から専門書まで!おすすめのお店まとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
神保町で古本・本屋巡り!漫画から専門書まで!おすすめのお店まとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京都神田神保町は古くから古本の街として有名です。その歴史は130年と言われています。世界にも例を見ない古本専門の本屋街です。約140軒の古本屋がこの神保町に集まっています。特定の分野に特化した専門書を扱う本屋さんがあります。そんな古本屋さん探しです。

神保町ブックセンターのカフェはニクい演出がいっぱい見出し

Photo by Enrique0206

神保町ブックセンターには面白い演出がいっぱい詰まっています。その中の1つにカフェ利用ができるスペースにあります。

カウンター式になったテーブルでちょっとコーヒーを飲みながら本を読むのも可能。神保町のブックセンターでは、本屋さんですので、本を買うのも、本を読むだけも可能。そしてカフェメニューを楽しみながら本を読むことも可能です。

そしてそのカフェのメニューが神保町の岩波書店ならではです!一見文庫本と見間違うカフェメニューは、レトロな岩波書店の文庫本のもくじのようになっています。

各段落のタイトルの部分がメニューでその下にページ数を各部分が値段になっています。とっても面白い岩波書店の文庫本を模したメニューになっています。

岩波デザインの文庫本風メニューブック

Photo by kayakaya

そんな岩波書店文庫本の人気メニューを少し見てみましょう。まずページを開くと、「はじめに」とあります。

ここには「神保町ブックセンターサンド」と「神保町ブックセンターのコーヒー」の解説がされています。そしてモーニングの時間とメニュー、ランチやディナーのメニューと続いて行きます。

アルコールもありますので、大好きな岩波書店の本を読みながらお酒を飲み事が可能です。本好きにはとっても素敵なカフェになります。

本にちなんだネーミングのコーヒー

Photo by rhosoi

そして神保町ブックセンターおすすめのコーヒーは、2種類のオリジナルブレンドコーヒーが用意されています。「四六判ブレンド」と「文庫ブレンド」になります。

「四六判ブレンド」の四六判とは書籍の中では単行本の大きさを表す言い方です。その名前を取って「四六判ブレンド」となっています。こちらのコーヒーは女性に人気のチョコレートやナッツの香りが特徴的なブレンドコーヒーになっています。

もうひとつの「文庫ブレンド」は、香りが違って、柑橘系のさわやかな香りと黒糖のような甘さが特徴のブレンドコーヒーになります。

どちらのコーヒーも味わい深く神保町ブックセンターで頂けるおすすめのコーヒーになっています。お値段はホットとアイスがあり、450円となっています。

岩波文庫の帯の色を表現!ゼリー入り文庫ソーダ

Photo by sayo-ts

神保町ブックセンターにはソーダの中に、岩波書店の文庫本の帯の色の四角いゼリーが入ったさわやかなドリンクになります。

5種類の色のゼリーの種類があり、とってもさわやかな夏におすすめの岩波書店らしい人気のカフェメニューになっています。赤のゼリーはザクロ、黄色はレモン、白はカルピスなどバラエティーに富んだメニューです。

人気の文庫ソーダは600円になっています。暑い夏にぴったりの見ていて涼やかになるソーダドリンクになっています。

神保町で本格コーヒーが飲める名店まとめ!地元で人気の喫茶店やカフェを厳選 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
神保町で本格コーヒーが飲める名店まとめ!地元で人気の喫茶店やカフェを厳選 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
本の街として知られるレトロな街「神保町」。ホッとできる街中で美味しいコーヒーを味わえるお店が数多く点在しています。喫茶店やカフェ、テイクアウト専門店などコーヒー好きにはたまらない街になり、神保町では優雅なコーヒータイムを過ごすことができます。

神保町ブックセンターのおすすめのカフェ・メニュー見出し

Photo by akira yamada

まだまだある神保町ブックセンターのカフェメニューを見てみましょう。カフェではモーニングからランチに、スイーツに、ディナーにも最適なメニューが揃っています。

本屋さんでちょっとコーヒーを飲む以上のクオリティーの高いグルメメニューも勢ぞろいです。食事をするだけでもりようできるので、ちょっと変わった空間でゆっくり食事もおすすめです。

モーニング・メニュー

Photo by typester

ではモーニングメニューからです。モーニングは9時から11時まで利用可能です。メニューはトーストセットが500円で、トーストにサラダにヨーグルトと、コーヒーか紅茶が付いてきます。

モーニングバナナはもっとお手軽に、バナナとコーヒーか紅茶がセットになって450円となっています。朝から沢山食べられない方におすすめです。

他にも単品でコーヒーやシェイクにミルクレープやソフトクリームも用意されています。ちょっと朝に優雅にコーヒーと読書におすすめのスポットです。

ランチ・メニュー

Photo by matsudon,giraffe

ランチタイム時間にも神保町ブックセンターを利用してみましょう。ランチタイムは11時から15時となっています。

おすすめは限定10食の「神保町ブックセンターサンド」です。お値段1500円で、朝採りの新鮮な卵「さがみっこ」をふんだんに使用したサンドイッチと、厚焼きタルタルのサンドされた2種類のサンドイッチメニューになります。

おしゃれなワンプレートにのったサンドイッチと、ちょっとした付け合せの野菜とポテトとスープが付いた贅沢ランチを頂くことができます。またランチタイムはコーヒーのお替りが自由になっていますので、ゆっくりと時間のある時に訪れてみましょう。

カフェフード・メニュー

Photo by akira yamada

モーニングやランチタイム以外のフードメニューもいろいろと取り揃えられています。神保町ブックセンターサンドは15時からの時間閉店まで注文可能です。フードメニューのバラエティーも豊かで、ポークジンジャーステーキやハヤシライスに、ピザトーストやフライドポテトもあります。

おすすめのメニューはおしゃれなさばライスです。アサリのダシで炊いたご飯と、みょうがが効いたサラダのトッピングと鯖が美味しいメニューになっています。15時以降のフードメニューでは200円プラスでコーヒーか紅茶を追加することができます。

デザート・メニュー

Photo by machu.

神保町ブックセンターではカフェを楽しみに行くことも可能です。本に囲まれた落ち着いた空間で、ちょっと書斎の様なスペースでコーヒーやスイーツも楽しむことができます。

デザートメニューは、チーズケーキや本日のデザート550円、またお子さんにおすすめの可愛い絵本をモチーフにした「おさるのパフェ」850円も数量限定であります。バナナやミニパンケーキの入ったパフェになります。

デザートにもプラス200円でコーヒーや紅茶も付けることができます。どのメニューにもコーヒーや紅茶をお得につけることができるのでゆっくり過ごしたい方におすすめです。

神保町でランチ!安い・美味しいおすすめの店ランキング23選 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
神保町でランチ!安い・美味しいおすすめの店ランキング23選 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京都の大手の会社が並び、本の街として知られている神保町。そんな神保町では一人でも気軽に寄れるお店が多く点在しています。安い、美味しいおすすめのランチを味わうことができ、有意義な時間を過ごせます。今回は神保町のおすすめランチをランキング形式で紹介していきます。

神保町ブックセンターのコワーキングスペース見出し

Photo by masataka_muto

神保町ブックセンターには本屋さんやカフェに加えてワークスペースがあります。ブックカフェはあるところがある中、仕事ができるオフィススペースがあります。

会員制のワークスペースで3タイプが用意されています。1つは個室オフィス、2つ目は専用デスク、2人掛けのテーブルと1人用のテーブルが並ぶラウンジを分かれています。ご自身の仕事スタイルや頻度によって色んなタイプのワークスペースで仕事を進めることができます。

ラウンジ

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

ではまずラウンジのタイプからご紹介です。この神保町ブックセンターの1階と3階にあるラウンジでは、月額料金を支払うことによりその日の気分によって色んな席で仕事を進めることができます。電源やWI-Fiも完備ですので、パソコンを持参で作業も進めることができます。

ラウンジの営業時間と利用料金

Photo by OIST (Okinawa Institute of Science and Technology)

ラウンジ利用が月額利用料は2万円で1日の利用料金は1800円となっています。学割もありますのでマイナス1000円で学生さんは利用することができます。落ち着いた本に囲まれた空間でゆっくりと作業を進めることができます。

専用デスク

Photo by Ryo | addme.

2つ目の専用デスクはちょっとしたオフィススペースとなっています。荷物を置いておける専用収納とロッカー完備で、定員1名のデスクと設備が用意されています。一例としてホワイトボードやシュレッタープロジェクターなどがあります。

またフリードリンクが利用できますので、コーヒーも楽しみながら仕事を進めることができます。各部屋は左右は壁で廊下に沿った入り口がカーテンで仕切られたお部屋になっています。

専用デスクの営業時間と利用料金

Photo by torisan3500

料金は席の場所によって様々ですが、壁側月35000円、コーナー42000円となっています。他に共益費8000円がかかり、24時間利用できるのが大きなメリットではないでしょうか。ちょっと気分を変えていつもと違う空間を確保することができます。

個室オフィス

Photo by Yuya Tamai

最後に個別オフィスがあります。こちらは事務所の様に6名から最大13名まで利用できる1室になっています。来客の際の取次や郵便物の受け取りも代行可能で、神保町徒歩1分の好立地にオフィスとして構えることもできます。

個室オフィスはビルの中の1室できっちりと仕切られたスペースになっています。2019年7月現在人気の為、満室となっていますが、詳しくは問い合わせてみましょう。

個室オフィスの営業時間と利用料金

Photo by Arjan Richter

個室オフィスは24時間利用可能なオフィスで、2年契約の自動更新になっています。3か月より前に退去の連絡をする必要があります。

また入会時事務手数料として1カ月分の賃料の支払いが必要です。プランに含まれるものとして、水光熱費や来客受付や荷物の受け取り、登記・住所利用、社名表記や定期清掃も料金に含まれています。また料金は公示されていませんので、直接お問い合わせください。

利用者のオプションサービス

Photo by 柏翰 / ポーハン / POHAN

ワークスペースの利用では、たまにしか使用しない会議室は1時間単位で必要な時に利用で3500円や、50名着席可能なイベントスペースは1時間2万円となっています。

いろんな利用方法が広がる神保町ブックセンターのオフィススペース。新しい仕事空間として利用してみるのもおすすめです。

神保町ブックセンターの店舗情報見出し

Photo byPlushDesignStudio

では神保町ブックセンターの利用に関して基本情報をご案内いたします。オフィススペースは別途利用可能時間が違いますので大まかにご案内をいたします。神保町ブックセンターに本を買いに、本を読むだけに、カフェとして利用するだけに訪れる方の場合は気になる各時間も見ておきましょう。

住所・メールアドレス

Photo by sekido

本の町神保町にある神保町ブックセンターは東京都千代田区神田神保町2丁目3−1岩波書店アネックス1F・2F・3Fにあります。

メールアドレスは「info@jimbocho-book.jp」となっています。色んな本に関するイベントも開催されますので、チケットを購入の上予約をして行くようにしましょう。

営業時間・電話番号

Photo by Dick Thomas Johnson

営業時間は9時から20時が平日で、10時から19時が土日祝の営業時間になっています。カフェではモーニングやランチの時間も決まっていますので、おすすめのメニューを食べたい時は時間を気にしながら行ってみるようにしましょう。

書店・カフェ

Photo by akira yamada

書店は岩波文庫の本がどの年代にも楽しめるラインナップで揃っています。お子さんを連れてカフェを利用するように絵本を読み聞かせや、デートの休憩スポットにこの落ち着いた空間を利用するのもおしゃれです。

また本好きの方は会社終わりに食事をとりながらや、ビールを飲みながらも本を楽しむことができます。

オフィス・貸会議室・イベントスペース

Photo by 柏翰 / ポーハン / POHAN

ワークスペースは色んな時間で利用可能です。オフィスでは24時間どの時間でも利用可能で、仕事終わりの自分のスペースとして利用することも、週末の勉強部屋として使うのもおすすめです。

仕事に勉強にと自分だけのスペースを確保できる本屋さんの中のワークスペースはどの年代にもおすすめの場所になっています。

アクセス

Photo by june29

神保町ブックセンターへのアクセスは、電車で、都営三田線や都営新宿線、東京メトロ半蔵門線の「神保町駅」A6出口より徒歩1分の所にあります。

この駅近の好立地も人気のブックセンターになっています。色んな用途で利用できる近代の本屋さんがこの神保町ブックセンターとなります。

イベント情報

Photo by U.S. Embassy Tokyo

2019年夏のイベントとして、亀山郁夫氏の小説の世界を巡った際の感じた事や経験、写真等を見ながら小説の世界を追体験することができるものや、林典子さん×大竹昭子さんの人気トークイベントなどもあります。

他にも岩波書店の作家たちのトーク書を随時開催しています。ご予約の上神保町の店舗を訪れてみましょう。

大人気の神保町ブックセンターで読んで食べてくつろごう!見出し

Photo by hirosh

いかがだったでしょうか。本好きに人気の神保町でより深く本を感じて過ごすことができる神保町ブックセンター。本を読みに来るだけではなくカフェで人気のランチやドリンクを楽しむことも、仕事場所としてブックセンターを利用するのも人気のスポットになっています。ぜひ神保町に訪れた際は本屋さんの新たな利用法を探しに訪れてみましょう。

関連キーワード

投稿日: 2019年7月19日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote