豊富なグルメやタンチョウが大人気!自然に恵まれた釧路・阿寒湖エリアをご紹介![PR]

2019年12月10日 (2019年12月20日最終更新)

釧路・阿寒湖エリアは、釧路湿原国立公園と阿寒摩周国立公園の2つの国立公園を有し、豊かな自然に恵まれ、国の特別天然記念物の「タンチョウ」や「阿寒湖のマリモ」など貴重な動植物とその生態が見られる場所です。また阿寒湖には、アイヌの人々が暮らしながら文化を継承する場として国内最大規模の「アイヌコタン」があり、アイヌ文化を間近で感じることができます。都市でありながら、大自然とアイヌ文化が融合する日本でも貴重なエリアです。

目次

  1. 釧路市とはどんな町?
  2. 釧路の名産物といえば!?
  3. 釧路は観光・体験スポットも充実!
  4. 釧路は自然に恵まれた魅力いっぱいの町!

釧路市とはどんな町?

夕日の美しさで有名な釧路! 釧路の夕日は世界中の海を巡ってきた船乗りたちが「世界で3本の指に入る」と感嘆したほど美しく、「世界三大夕日」と呼ばれています。

四季折々、日ごとに表情を変える夕景は一度目にすると忘れられない思い出となります。以下の動画では、釧路の季節ごとの魅力を体験的に感じることができます。是非チェックしてみてください。

冬の釧路

夏の釧路

釧路・阿寒湖エリアの2つの国立公園

釧路・阿寒湖エリアの2つの国立公園、釧路湿原国立公園と阿寒摩周国立公園はどのような場所なのでしょう?

釧路湿原国立公園は、日本最大の湿地帯で、希少な動植物たちの生命のゆりかごとなっています。その雄大な風景は、展望台や列車の車窓、カヌーから間近に見ることができます。

阿寒摩周国立公園は、阿寒湖・摩周湖・屈斜路湖の3つのカルデラ湖が点在し、北海道有数の温泉地でもあります。

釧路の名産物といえば!?

釧路へ来たなら絶対食べたい絶品グルメから、貰って嬉しいお土産まで、釧路の名物をご紹介します!お土産やグルメは友人や家族と旅の思い出を振り返るための必須アイテム。釧路名物をお楽しみください!

本格炭火焼き

海の幸を本格炭火焼で楽しむことができる、「本格炭火焼レストラン 炉ばた煉瓦」。水産工場直売店ならではの新鮮抜群の魚介を、豪快に赤々と燃える炭火焼で頂けます。

明治時代の煉瓦倉庫を改築したレトロな雰囲気も人気の理由の一つです。一人でのお食事、友人・カップル、中人数向け、団体様向けの宴会席など、ニーズにあわせた席が用意されています。

年中無休なので、いつでも手頃に足を運ぶことができます。サケ、カレイ、サンマ、ホッケ、カキなど釧路港で揚がった新鮮な海の幸を楽しんでみてください!

釧路ラーメン

今回ご紹介するのは、あっさり醤油味のスープに細い縮れ麺が特徴の釧路ラーメンを提供する『ラーメンまるひら』。創業60年、変わらぬ味を守り続けるスープは魚介ダシが決め手です。朝9:30の開店から行列ができるほどの人気店です!

すっきりとした中にも深いコクのある、まろやかでやさしい味わいです。メニューは「ラーメン(醤油・塩)」のみという潔さ!

脂っぽさや重さがなく、朝からでもするっと食べられるこの店の一杯は、北海道における、いわゆる「朝ラー」の元祖ともいわれています。

スパカツ

洋食店「泉屋」を起源とする「スパカツ」はアツアツに熱した鉄板皿の上に、濃厚なミートソースのスパゲッティと肉厚なトンカツを乗せた料理。

皿からはみ出そうなほどのボリュームが特徴です!「泉屋」は1960年に創業した釧路の老舗洋食屋で、当時は高級だった豚肉をカツにして乗せることで、贅沢な気持ちになってもらおうと始めたものです。

また、寒い釧路でも最後まで温かいまま提供できるのではないかと考え、鉄板皿が採用されたとか!「スパゲティミートソースカツのせ」は「スパカツ」という愛称で親しまれ、現在では子どもからお年寄りまでが愛する釧路のソウルフードになっています。

福司

創業は大正8年。釧路唯一の酒蔵で、地元住民を中心に愛される地酒作りを続けています。

代表銘柄、福司(フクツカサ)は「福を司る」という願いを込められて作られました。原料米は主に北海道産米、仕込み水は北海道・道東の大自然で濾過された伏流水を使用しており、北海道の恵まれた資源をふんだんに使用しています。

北海道ならではのお酒を是非楽しんでみてはいかがでしょうか?

勝手丼

好みの魚介類を、その場で選んで盛り付ける釧路名物オリジナル海鮮丼「勝手丼」は和商市場が発祥です。

北海道三大市場とうたわれる釧路の「和商市場」は釧路の台所とも呼ばれ、釧路港で水揚げされた盛りだくさんの新鮮な魚介類が並びます。

ご飯を片手に店を渡り歩き、自分の好きな具だけを載せて完成!オリジナル海鮮丼を堪能してください。

釧路は観光・体験スポットも充実!

釧路を訪れたら見ずには帰れない存在が、国の特別天然記念物にも指定されているタンチョウです。一度は絶滅したと思われていた日本を象徴するこの鳥は、自然が奥深いひがし北海道だからこそ生きながらえることができました。

現在では保護活動によって個体数も増え、冬には雪原の上で美しい舞いを見せてくれます。

また、国の特別天然記念物である阿寒湖のマリモも、豊かな自然が生み出した奇跡のアート。大きなものは直径約30センチにもなり、美しいビロード藻が自然と球体になるマリモには地球の神秘さえ感じます。

空にはオオワシやオジロワシ、川には幻のイトウなど、釧路・阿寒エリアには希少な動植物がいたる場所に生息しています。

阿寒湖畔は北海道でも有数の温泉地で、湖畔に佇むホテルの客室露天風呂や露天風呂で湯に浸かりながら、眼下に広がる阿寒湖と山々の雄大な景色を楽しむのも贅沢でおすすめです。

釧路は自然に恵まれた魅力いっぱいの町!

釧路は豊かな自然に恵まれ、国の特別天然記念物の「タンチョウ」や「阿寒湖のマリモ」など貴重な動植物とその生態が見られるエリアです。

自然だけにとどまらず、海鮮やラーメン、ご当地B級グルメまで。北海道を思う存分味わえるグルメもあります!

季節ごとに楽しめるイベントやアクティビティも豊富なので、友人やご家族と自然に癒されに訪れてみてはいかがでしょうか?

詳しいイベント情報や最新情報は以下のボタンからチェックしてみてください。

釧路・阿寒湖観光公式サイトはこちら!

関連記事

2278.thumb
この記事のライター
TravelNote編集部
「ふらっと旅に出かけませんか?」 TravelNote編集部が実際に行ってみて良かったスポットや施設、 また独自レポートをまとめて紹介しています♪ 次の休日に足を運びたくなるスポットを随時掲載していくのでチェックしてみて下さい✨

釧路・根室・阿寒・摩周・知床羅臼の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

釧路・根室・阿寒・摩周・知床羅臼の新着のまとめ