地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ケンとメリーの木はCMで話題の観光スポット!名前の由来や見どころは?

自然豊かな絶景スポットが点在する北海道の観光名所「美瑛」。そんな美瑛で有名な観光スポットの1つが「ケンとメリーの木」です。ケンとメリーの木はCMで話題を集めた絶景スポットになり、周辺にはカフェや観光スポットが点在しています。

ケンとメリーの木は北海道で人気の観光スポット!見出し

Photo by sim_irv

北海道でも美しい景色を楽しめることで人気のある観光スポット「美瑛」。そんな美瑛で多くの人々が訪れる観光スポットが「ケンとメリーの木」です。

ケンとメリーの木は日本全国で放送されたCMに登場する場所になり、今でも多くの人々が訪れています。ケンとメリーの木は美瑛のシンボルでもあり、都会では感じられない貴重な時間を過ごすことができます。

名前の由来や見どころ・アクセスもチェック!

美瑛にある「ケンとメリーの木」は、名前の由来があります。また、ケンとメリーの木周辺はドライブやサイクリングコースとなっており、見どころが多く点在しています。

今回はそんなケンとメリーの木の見どころや名前の由来をはじめ、アクセス方法までまとめてご紹介します。初めてケンとメリーの木を観光する方は、ぜひ参考にしてみてください。

ケンとメリーの木とは見出し

Photo by houroumono

美瑛の観光名所である「ケンとメリーの木」。美しい景色はもちろん、大木の力強さを間近で感じることができます。ケンとメリーの木は老若男女問わず人気があり、美瑛に訪れたなら1度は行きたい場所です。

今回はそんな美瑛のおすすめ観光名所である「ケンとメリーの木」について詳しくご紹介します。北海道のシンボルでもあるので、訪れる前にケンとメリーの木について学んでおきましょう。

美瑛の丘陵に佇む1本のポプラの大木

北海道のケンとメリーの木は、美瑛の丘陵に佇む1本のポプラの大木のことを言います。ポプラの大木は高さ35mにもなり、もう100年以上も美瑛の町を見守りながら佇んでいます。

天気の良い日には十勝岳連峰や旭岳の景色をバッグに、北海道の壮大な大自然を体感することができます。ケンとメリーの木は近くで見れば見るほど大迫力の景色を楽しむことができます。

「ケンとメリーの木」の名前の由来

Photo by houroumono

ケンとメリーの木の名前の由来は、ケンとメリーの木が有名になったCMからきています。ケンとメリーの木の名前の由来は、そのCMに登場している人物の名前からきています。

ケンとメリーの木で撮影を行った2人の名前が由来となり、今でも受け継がれています。ケンとメリーの木は撮影スポットとしても人気があり、名前の由来となった2人のポーズで撮影する方も多くいます。

ケンとメリーのスカイラインってどんなCM?

名前の由来にもなっているケンとメリーの木のCMは、1976年に放送された昔のCMです。日産自動車スカイライン「ケンとメリー」のCMになり、「地図のない旅」編で北海道の美瑛が抜擢されました。

ケンとメリーの木に登場する車は4代目のスカイラインになり、現在でもスカイラインの所有者はケンとメリーの木の前で撮影するのが流行っています。名前の由来にもなっているCMを、1度見ておくのがおすすめです。

北海道・美瑛の観光スポット案内!名所が沢山!【美瑛の丘・青い池】 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
北海道・美瑛の観光スポット案内!名所が沢山!【美瑛の丘・青い池】 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
観光名所が多い北海道の中でも、特にたくさんの名所が集まる美瑛町。観光に行きたいという人も多いことでしょう。そこで今回は、美瑛の観光名所で、ここだけは外せないおすすめスポットをご紹介します。ひとり旅や家族旅行のプランの参考にしてくださいね。

ケンとメリーの木の見どころ見出し

Photo by zhangkaiyv

ケンとメリーの木周辺には、美しい大自然が広がっています。ケンとメリーの木を拠点にして観光スポットが建ち並んでおり、北海道の名所として人気があります。

今回はそんなケンとメリーの木周辺に点在しているおすすめの見どころをまとめてご紹介します。ケンとメリーの木と合わせて観光を楽しめるので、最初にチェックしておくのがおすすめです。

四季によって表情を変える美しい自然

ケンとメリーの木は、北海道の広大な景色の中に立っています。周辺は四季折々の絶景を楽しめる観光スポットが多く、雪の降り積もる冬でも幻想的な世界を楽しむことができます。

ケンとメリーの木周辺は夏には菜の花、ルピナス、そばの花などの季節の花々、そして秋は枯草の黄金色、冬は白い雪に包まれます。四季によって表情を変えるので、何度でも訪れたくなる絶景スポットです。

ケンとメリーの木を望む【カフェ ツリーテラス】

ケンとメリーの木のすぐ近くには、ケンとメリーの木を一望できる人気のカフェがあります。天気の良い日にはカフェのテラス席からケンとメリーの木を見ることができ、美味しいグルメやデザートが揃っています。

カフェツリーテラスの敷地内にはブランコもあり、子供から大人までのんびりと過ごせるカフェです。カフェには広大な絶景を独り占めできる空間が広がっており、地元の方からも人気があります。

住所 北海道上川郡美瑛町大久保協生858-246
電話番号 0166-92-4194

おすすめ撮影スポット【ケンメリパノラマパーク】

ケンとメリーの木の近くには、ケンとメリーの木をきれいに撮影できる「ケンメリパノラマパーク」があります。ケンメリパノラマパークは観光名所として知られており、大人100円、子供50円の入場料です。

ケンメリパノラマパークにはカフェなども併設しており、のんびりと景色を楽しみたい方におすすめです。カフェにはもちろん、売店では北海道で人気のソフトクリームも味わうことができます。

住所 北海道上川郡美瑛町大久保協生

ケンとメリーの木を楽しむ隠れスポット【ぜるぶの丘】

富良野国道沿いにある人気の観光農園が「ぜるぶの丘」です。丘陵の斜面に花畑が設置されており、四季折々の絶景を楽しむことができます。

園内には、花畑をはじめ芝生広場、亜斗夢の丘、ぜるぶの丘レストラン、カフェゼルブ・ぜるぶの丘アトムショップがあります。広い駐車場もあるので、ケンとメリーの木まで散歩することも可能です。

住所 北海道上川郡美瑛町大三
電話番号 0166-92-3160

富良野・美瑛のカフェ特集!おすすめの人気店からおしゃれな穴場までご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
富良野・美瑛のカフェ特集!おすすめの人気店からおしゃれな穴場までご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
富良野・美瑛は絶景が広がる人気観光スポットです。富良野や美瑛にあるカフェは、おしゃれな雰囲気があるカフェから、隠れ家的穴場カフェまで数多くのカフェがあります。気軽に立ち寄ることができる、富良野美瑛のおすすめカフェをまとめました。

ケンとメリーの木観光の注意事項見出し

Photo by5336885

ケンとメリーの木は北海道の観光名所でもあるので、毎年多くの観光客が訪れています。ですが、ケンとメリーの木を観光する際にはルールを守る必要があります。

ケンとメリーの木をはじめ、パッチワークの路には名所が点在していますが、畑に囲まれています。この畑は現在もしっかりと利用されており、地元の方の大切な畑です。そのため、ケンとメリーの木など見学する際は周辺の畑には絶対立ち入らないようにしましょう。

また、観光する際は畑で仕事をしている方の邪魔にならないように注意してください。景色を見るために路駐してしまう方が増えていますが、基本的には駐車場を利用するようにしてください。

ケンとメリーの木へのアクセス見出し

Photo byujeans

北海道のケンとメリーの木へは、さまざまなアクセス方法で行くことができます。公共交通機関を使用してのアクセスはもちろん、ドライブがてら足を運ぶことができます。

今回はそんなケンとメリーの木へのアクセス方法について詳しくご紹介します。初めてケンとメリーの木に訪れる方は、自分の行きやすいアクセス方法を確認しておきましょう。

電車でのアクセス

Photo by alberth2

北海道の美瑛に位置するケンとメリーの木は、最寄り駅が「美瑛駅」となります。美瑛駅からは徒歩で35分、車を使って5分から10分ほどでアクセスすることができます。

美瑛の観光名所である「ぜるぶの丘」のすぐ近くに位置しており、散歩がてら歩いてアクセスする方も多くいます。近くのカフェまでタクシーで移動し、歩いて美瑛駅まで戻るのもおすすめです。

車でのアクセス・駐車場

Photo by alberth2

ケンとメリーの木まで車でアクセスする場合は、北海道のドライブコース「パッチワークの路」を目指しましょう。初めてパッチワークの路に訪れる方は、入り口がわかりづらいので注意してください。

ケンとメリーの木へ車でアクセスする場合は、すぐ近くの無料の駐車場を利用しましょう。大きな公共駐車場となっていますが、トイレが完備されていません。カフェを利用する場合は、カフェの駐車場に停めましょう。

レンタサイクルでのアクセス

ケンとメリーの木へは、レンタサイクルでアクセスするのがおすすめです。美瑛の気持ち良い風を感じながらアクセスすることができ、ケンとメリーの木周辺の観光スポットへもそのまま移動できます。

レンタサイクルは美瑛駅をはじめ、美瑛駅の隣にある「美馬牛駅」にも用意されています。さまざまなサービスを提供しているので、自分の旅スタイルに合うレンタサイクル店を探しましょう。

住所 北海道上川郡美瑛町大久保協生

ケンとメリーの木以外にも!美瑛で有名なおすすめの木見出し

Photo byKoheiTanaka

ケンとメリーの木をはじめ、フォトジェニックな観光スポットが点在している美瑛。ケンとメリーの木以外のもさまざまな自然の絶景を楽しめる観光スポットが点在しています。

今回はそんなケンとメリーの木以外の有名な木をまとめてご紹介します。自然の力を体感できるので、ぜひケンとメリーの木と合わせて足を運んでみてください。

セブンスターの木

Photo by reikow101277

タバコのパッケージとして有名な木が「セブンスターの木」です。セブンスターの木は大きなカシワの木となっており、夏は青空の下、そして冬には雪に覆われた幻想的な景色を楽しめます。

近くには駐車場も完備しており、遠くからでもその壮大な景色を楽しめます。時期によってはジャガイモ畑の花が咲き乱れ、いつまでも見ていたい景色が広がります。

親子の木

Photo by takkle K

美瑛の小高い丘の上にあるおすすめの観光スポット「親子の木」。まるで仲の良い親子に見えることから「親子の木」と呼ばれており、遠くから眺めるのがおすすめです。

親子の木周辺には麦、ジャガイモ、ビートが植えられ、四季折々の景色を楽しむことができます。少し離れた場所には「姑の木」と呼ばれる木もあります。

もう一つのマイルドセブンの丘

美瑛でも新しい観光スポットになり、あまり知られていないのが「もう一つのマイルドセブンの丘」です。昔からあるマイルドセブンの丘が消滅したことにより、新しく見つけられたスポットです。

マイルドセブンの丘から少し北に位置し、カラマツの林の丸いフォルムが特徴的です。タバコのパッケージに採用された冬の景色は有名になり、12時前後には木々の真上に太陽が姿を現します。

本家「マイルドセブンの丘」は残念ながら消滅

Photo by frontriver

かつてCMやポスターで大活躍した「マイルドセブンの丘」。現在は残念ながら消滅してしまい、「旧マイルドセブンの丘」と呼ばれています。2018年には3分の2まで伐採されたと言われています。

伐採された理由としてはハッキリとしていませんが、マイルドセブンの丘に訪れる観光客が周辺の畑に勝手に入り、畑を荒らしてしまう行為がありました。そのため、畑を守るために仕方なく伐採したと言われています。

クリスマスツリーの木

Photo by muneaki

1年中楽しめるクリスマスツリーの木ですが、真冬の景色は圧巻です。クリスマスツリーの名前の由来は、見た目がクリスマスツリーに似ていることはもちろん、上部の枝ぶりが星の形に見えることからつけられました。

冬でも葉を落とさないので、自然の力強さを感じられると人気があります。雪が舞い散る中でひっそりと佇んでいる姿は、写真に収めたい絶景となっています。

パッチワークの路は美瑛の絶景スポット!見頃の時期やアクセス方法も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
パッチワークの路は美瑛の絶景スポット!見頃の時期やアクセス方法も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
美瑛で人気のドライブコースが「パッチワークの路」になります。北海道の四季の絶景を楽しむことができ、それぞれ見頃の時期によってさまざまな表情を楽しめます。パッチワークの路は見どころが多く点在しており、回り方によっても表情が変わっていきます。

北海道の人気スポット「ケンとメリーの木」を観光しよう!見出し

Photo by Kzaral

北海道でおすすめの観光スポット「ケンとメリーの木」。ケンとメリーの木は美瑛の大自然を体感することができ、古くから親しまれている日本の景色を楽しむことができます。ケンとメリーの木は観光のルールに注意しながら景色を楽しむようにしてください。ぜひ、美瑛を観光の際は「ケンとメリーの木」へ足を運んでみてください。

関連キーワード

投稿日: 2020年5月31日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote