地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ディズニーに行くときの平均予算は?チケットや食事にお土産代など徹底調査!

日本の観光名所「東京ディズニーリゾート」。東京ディズニーリゾートは楽しい時間を過ごせる反面、気になるのは「予算」です。ディズニーリゾートでの過ごし方によって費用が変動するので予算を事前に決めておくのがおすすめ。予算内でディズニーリゾートを満喫しましょう。

ディズニーに行くときの平均予算を徹底リサーチ!見出し

Photo bystinne24

日本の観光名所として大人気の「東京ディズニーリゾート」。夢の国として日々多くの人々がディズニーリゾートに足を運んでいますが、気になるのが「予算」です。

今回はそんな東京ディズニーリゾートで必要最低限の予算について詳しくご紹介します。それぞれディズニーでの過ごし方によって費用がまったく変わるので、事前に予算プランを練っておくのがおすすめです。

ランド&シーのチケットやレストラン・お土産代などの目安は?

Photo byAG2016

東京ディズニーリゾートはディズニーランド・ディズニーシーへ入場するためのチケットはもちろん、交通アクセスや園内での食事、飲み物、お土産などさまざまな場所で費用が発生します。

1つ1つの予算を把握しながら、費用を抑えてディズニーを楽しむようにしましょう。小さい子供連れの方は思わぬ出費が出る可能性もあるので、予算プランを考える場合は余裕をもたせるのがおすすめ。

ディズニーを楽しむための平均予算①:交通費見出し

Photo byHenningE

ディズニーの予算プランでまず考えるべきなのは、「交通費」です。歩いて行ける距離に住んでいる方は予算プランから外れますが、多くの人は飛行機や新幹線、車などあらゆる手段でアクセスします。

今回はそんなディズニーを楽しむための平均予算「交通費」について詳しくご紹介します。交通費は使用する交通手段によっても変わるので、事前にチェックしておきましょう。

飛行機を使う場合の交通費

フリー写真素材ぱくたそ

飛行機を使用してディズニーまでアクセスする場合は、使用する航空会社によって予算が変わります。1番安い航空会社は「ジェットスター」になり、ANAやJALはLCC予算より約1万円ほど高くなります。

ジェットスターを使用してアクセスする場合の予算は、だいたい5000円前後です。北海道・仙台・名古屋に関してはジェットスターが運行していないので、予算よりも少し高くなります。

新幹線を使う場合の交通費

フリー写真素材ぱくたそ

ディズニーリゾートまで新幹線でアクセスする場合は、予算が出発駅によって変わります。基本的に東京駅までの予算になり、東京駅からは最寄りである「舞浜駅」まで移動する必要があります。

新幹線で移動する場合、1つ注意が必要。東京駅までの距離が遠くなれば遠くなるほど、移動時間や予算が飛行機よりも高くなります。そのため、飛行機と新幹線の時間・予算を比べておきましょう。

飛行機や新幹線は早割りの利用がおすすめ!

フリー写真素材ぱくたそ

ディズニーまでの交通費をなるべく節約したい方は、チケットを購入する際に「早割」を利用するのがおすすめです。早い時期に予約すればするほど割引率が上がります。

時期によっては1人1万円以上も予算を節約できる場合があり、ディズニーリゾート内での予算に回すことができます。ですが、新幹線や飛行機の種類によってキャンセルできないので注意が必要。

車を使う場合の交通費・駐車場代

Photo byFree-Photos

車でディズニーまでアクセスする場合は、ディズニーランド・ディズニーシーそれぞれに設置されている専用の駐車場を利用しましょう。首都高速湾岸線「浦安出口」からすぐの場所にあります。

ディズニーの駐車場料金は普通車で平日2500円、休日3000円になり、大型車は平日が4500円、休日5000円です。アクセスする距離によって予算が変わりますが、駐車場代を含んで平均1万円ほどみておきましょう。

東京ディズニーランド・ファストパス攻略!基本ルールから回る順番・取り方まとめのイメージ
東京ディズニーランド・ファストパス攻略!基本ルールから回る順番・取り方まとめ
アトラクションに乗りたいけど待ち時間は有効に使いたい方にオススメ!東京ディズニーランドや東京ディズニーシーでアトラクションの混雑を避けて楽しむために必要なファストパスについて基本ルールや順番をまとめました。ファストパスで東京ディズニーランドを楽しみましょう!

ディズニーを楽しむための平均予算②:現地で使う費用見出し

Photo byWetmount

ディズニーリゾートで1番予算を考えるべき場所は「リゾート内」です。ディズニーランド・ディズニーシーともにレストランやおやつ、ドリンクなど予算が変わっていきます。

今回は今回はそんなディズニーを楽しむための平均予算「現地で使う費用」について詳しくご紹介します。園内での過ごし方によっても予算が変わるので、プランをある程度決めておくのがおすすめです。

チケット代

Photo byMichaelGaida

ディズニーで1番必要な費用は「入場チケット」です。入場チケットは18歳以上の大人が8200円、12歳から17歳までが6900円、4歳から11歳までが4900円、シニアである65歳以上が7600円となります。

スターライトパスポートやアフター6パスポートなど入場する時間によってチケットが変わります。料金にも変動があるので、自分の購入するチケットの種類を把握しておきましょう。

レストランでの食事代

Photo by bvalium

ディズニーランド・ディズニーシーともに園内には数多くのレストランが点在しています。ランチ、ディナーともにレストランを利用することができ、レストランの場所によって予算が変わります。

園内のワゴン販売の予算は1000円前後、リーズナブルなレストランの予算は1000円から2000円前後、高級なレストランの予算は3000円から5000円前後です。予算に合わせてレストランを選びましょう。

おやつ代

Photo bySkitterphoto

ディズニーランド・ディズニーシーには園内におやつを販売しているお店もあります。定番のポップコーンは容器込みの場合費用が2300円。ディズニーの世界観を再現しているおやつも予算に含みましょう。

チュロスやアイス、ワッフルなどだいたい500円以内で購入することが可能です。季節限定のおやつを販売している可能性もあるのでチェックしておくのがおすすめ。子供連れの方はおやつをねだられる可能性が高いです。

飲み物は持ち込みできる!

フリー写真素材ぱくたそ

ディズニーパーク内ではドリンクも購入できますが、スーパーやコンビニよりも値段が上がります。なるべく予算を抑えたい場合は、飲み物を持参するのがおすすめです。

ディズニーは酒類・缶・ビンの飲み物以外は持ち込むことが可能。夏の時期は500mlのペットボトルを2本ほど持ってくのが定番となっています。舞浜駅周辺にはコンビニもたくさんあるので、買い物を済ませておきましょう。

おみやげ代

Photo by Sam Howzit

ディズニーで重要なのは「お土産代」。節約でお土産を購入しない方もいますが、ディズニーランド・ディズニーシーでしか販売していない限定グッズもあるので、予算に含んでおくのがおすすめです。

お土産の予算は品物によって変わります。ディズニーで人気のあるぬいぐるみは特大サイズで15000円するので、予算を多めに取っておきましょう。定番お土産であるクッキーなどは600円ほどで購入することができます。

現地で使う費用の合計は?

Photo bycegoh

ディズニーではお土産の品、食べたいもの、過ごし方によって予算がまったく変わります。ゲスト1人あたりの平均予算が1日11815円です。

グッズで4000円ほど、レストランで2000円ほど使用しているケースになります。お土産をもっと購入したい方、レストランで豪華な食事を楽しみたい方はディズニーの公式HPにて予算を計算しておきましょう。

東京ディズニーランドのお土産人気ランキング!文房具やお菓子の値段は?のイメージ
東京ディズニーランドのお土産人気ランキング!文房具やお菓子の値段は?
夢と魔法の国「東京ディズニーランド」のお土産をランキングでご紹介します。他にもお土産の中で文房具とお菓子はばら撒きに丁度良いコスパの物をご紹介しています。東京ディズニーランドのお土産で迷ってしまった時はランキングをご参考にお土産をチェックしてみてくださいね。

ディズニーを楽しむための平均予算③:宿泊費用見出し

Photo bymersolis

遠方から訪れる場合、必要になっていくのが「宿泊費用」。東京ディズニーリゾートには公式のホテルがいくつも点在しており、チケットと合わせて割引で購入できる場合もあります。

今回はそんなディズニーを楽しむための平均予算「宿泊費」について詳しくご紹介します。宿泊する場合はどのホテルに宿泊するのか、そのホテルで割引は行っているのか合わせて確認しておくのがおすすめです。

オフィシャルホテル&パートナーホテルを利用する場合の宿泊費

Photo by BONGURI

ディズニーリゾートで大人気のランドやシーのオフィシャルホテルやパートナーホテル予算はだいたい5万円から7万円程度です。パークから直通のバスが出て、ホテル全体がディズニーの世界観になっています。

宿泊する部屋ではもちろん、GWや夏休みなどハイシーズンは宿泊予算がぐんと上がります。平日や、パークのイベントが行われていない時期は安い値段で宿泊できるので狙い目です。

舞浜周辺のビジネスホテルを利用する場合の宿泊費

Photo bybottlein

ディズニーの最寄り駅である舞浜駅には、ビジネスホテルが数多く点在しています。ビジネスホテルの予算は1泊5000円から1万円とかなり抑えることができ、2部屋でもオフィシャルホテルより格安です。

舞浜駅にあるコンフォートホテル、東横インに関しては4名部屋もあるので、家族連れにもおすすめ。ディズニーからは徒歩圏内でアクセスできるので、宿泊費用を抑えたい方に人気があります。

ホテルも早割りの利用がおすすめ!

Photo by opus2008

新幹線や飛行機と同じように、ホテルにも早割があります。アンバサダーホテルやホテルミラコスタなど有名なホテルはもちろん、ホテルオークラ東京ベイなど周辺ホテルも対応しています。

早割は時期によって1万円以上も変わるので、日付が決まり次第予約を取っておくのがおすすめです。ホテルによっては一緒にディズニーのリゾートチケットを購入できる場合もあるのでチェックしておきましょう。

ディズニーホテルでおすすめなのは?子連れ・カップル向けに最適な特徴も紹介のイメージ
ディズニーホテルでおすすめなのは?子連れ・カップル向けに最適な特徴も紹介
子連れやカップルに大人気のスポットといえばディズニーランドです。今回はそんなディズニーでおすすめのホテルをたっぷりとご紹介いたします。ディズニーホテルのそれぞれの特徴についてや、おすすめの朝食やレストランがいただけるレストランをチェックしましょう。

予算をチェックしてディズニー旅行のプランを計画しよう!見出し

Photo byorange31

日本の観光名所である「東京ディズニーリゾート」。ディズニーリゾートではそれぞれ過ごし方によって予算が変わっていき、少しでも予算を抑えたい方は時間をかけて準備しておく必要があります。

誰もが気になるディズニーリゾートでの予算。人によって予算はまったく変わりますが、自分の過ごしたいスタイルで決めて行くのがおすすめです。ぜひ、この記事を参考にディズニー旅行プランを考えてみましょう。

投稿日: 2020年11月17日最終更新日: 2020年11月18日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote