地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ハンティングナイフおすすめ7選!使い方から種類まで詳しく解説!

アウトドアブームでハンティングナイフは、今密かに注目を集めているアイテム。狩猟で使うのはもちろんですが、他にも色々な使い方ができるため、1つあると便利でおすすめです。ハンティングナイフはメーカーや種類も色々とあるため、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

口コミ人気が高いおすすめのハンティングナイフを紹介!見出し

Photo byAlLes

狩猟でよく使われているハンティングナイフですが、最近ではメーカーも種類も豊富にあるので、注目を集めているアイテムでもあります。最近では、メディアなどでもサバイバル生活などが人気なこともあり、ハンティングナイフも人気があります。

そんなハンティングナイフは、種類によって狩猟やサバイバルだけでなく、使い方も様々。初めて購入される方は、どんなメーカーや種類のハンティングナイフを買うべきか、迷ってしまうことでしょう。

そこで、口コミがいい人気のハンティングナイフをピックアップしてご紹介していきます。また、ハンティングナイフの選び方や、各ハンティングナイフの種類別の特徴などもレクチャーしていきます。ぜひ使い方に合わせて選んでみてください。

ハンティングナイフの特徴見出し

Photo byLUM3N

まずは、ハンティングナイフがどんなアイテムなのかを把握しておく必要があります。そのためハンティングナイフの基礎知識からお勉強していきましょう。狩猟をしないから、使い方が分からないという方も少なくないはず。

ただし、ハンティングナイフは、狩猟やサバイバルだけに使うアイテムではありません。最近では、アウトドアブームということもあり、キャンプやバーベキューなどでも使える種類も人気です。

各メーカーからは、初心者でも使い方が簡単なハンティングナイフなどもでており、1つ持っておくと便利なのでおすすめです。狩猟やサバイバル系に興味がない方も、使い方次第ではとても便利なアイテムですので必見です。
 

獲物にトドメを刺すのに使う

Photo bysmarko

ハンティングナイフという名の通り、ハンティングナイフは主に獲物にとどめを刺したりする時に用いられるナイフの事。歴史は意外にも古く、太古の原始人も、骨や硬い石などを加工してナイフを作って使用していたそう。

その後も、人類は狩猟民族から農耕民族へと進化していきますが、いまでも発展途上国の一部では、原始的に狩猟生活を送っている部族も。そのため、何千年もかけ人類とメーカーで、ハンティングナイフも進化させてきています。

最近では、狩猟用のハンティングナイフだけでなく、サバイバルやアウトドアでも使いやすいハンティングナイフなども増えており、使い方の幅も広がっています。狩猟をしない方でも保持している人も少なくありません。

獲物を解体するのに使う

Photo byPezibear

狩猟やサバイバルでハンティングナイフを使う時は、獲物を仕留める時だけでなく、解体するときにも、ハンティングナイフは使われています。獲物を捕らえたままでは腐敗も進み、好ましくありません。

そのため、狩猟で獲物を捕まえた場合は、すぐに余分なところを切り取り、適度な大きさに切り分ける必要が出てきます。その時にもハンティングナイフは使われるので、使い方によっても適したハンティングナイフの種類は異なります

最近では、万能タイプのハンティングナイフもありますが、やはり各々特徴や適した使い方が違うため、使い方によってハンティングナイフの種類も変えた方が便利です。各メーカーからは、様々な種類がありますので、チェックしてみてください。

ハンティングナイフの種類見出し

Photo byAjale

では、ハンティングナイフには、どんな種類があるのでしょうか。使い方や用途によってもハンティングナイフの種類は変わってきます。それぞれメリットとデメリットがありますので、ぜひそんな点にも着目してハンティングナイフを選んでください。

ハンティングナイフの種類別の特徴が分かっていれば、自ずと選び方も把握できるようになるでしょう。ハンティングナイフは、元々狩猟刀とも呼ばれていたもので、メーカーによってもデザインは色々です。

よく映画やドラマなどでは、愛用しているハンティングナイフでサバイバルも狩猟もこなしていたりしますが、それは玄人だからできること。もし初心者の場合は、使い方によって種類も変える方がおすすめです。

剣鉈の特徴

読んで字のごとく、剣のような形をした鉈(なた)になります。ハンティングナイフとして使用されることもあり、アウトドアの際に活躍します。大きく重い種類が多いので、残念ながら細かい作業には向いていません。

ただし、狩猟でとどめをさしたり、解体するときに切断をするという使い方なら、とても扱いやすいハンティングナイフです。もちろん、草や木の枝を切り払うのには抜群の威力を発揮します。

身の危険がせまった場合にも、心強い武器となるハンティングナイフで。腰にぶら下げておけば、サバイバル中も安心です。鞘付きのものもおすすめで、メーカーによってデザインも色々です。

ユーティリティナイフの特徴

ユーティリティナイフは、牛刀を小さくしたような形状の包丁のようなものです。小さく小回りがきく万能包丁とも言われており、細かい作業をするときに大活躍する優れもの。

刃渡りは、11~16cm程度しかない小さな包丁で、牛刀や三徳包丁などの万能包丁と使い分けて使っている方も多く、細かい作業をする時は、ユーティリティナイフの方が使い勝手がいいでしょう。

また、卓上ナイフとしての使い方もできるため、1本あると非常に便利なアイテムです。小さなまな板で調理する場合も使いやすく、バーベキューやアウトドアと時などは、とても重宝します。切れ味抜群なのも特徴的でしょう。

シースナイフの特徴

シースとは鞘のことで、折りたたみ機構は持っていませんが、保管時に刃をシースという鞘に収めて保護することができるナイフのことを言います。映画やドラマで登場するのも、これが多いでしょう。

色々なメーカーから発売されていて、使い方も簡単です。ポイントにかけて鋭くとがっており、刺して同時に切り裂くことに特化したフォルムになっています。狩猟やサバイバルでもよく使われるタイプです。

狩猟なら、とどめを刺したり、獲物の血抜きをする時にも便利で、スタンダードなハンティングナイフとも言えます。他には、固い木を切ったり、薪割りをする使い方も可能で、初心者にもおすすめのナイフです。

スキナーナイフの特徴

別名が、ジッパーナイフと呼ばれるナイフで、刃の背の角に皮を引っ掛けて切るという使い方をします。まるでジッパーみたく、獲物から皮を剥がせるので、別名でジッパーナイフと呼ばれるようになりました。

主な使い方としては、仕留めた獲物の皮をはぐ時が多く、皮を剥ぐ用のナイフでもあるため、比較的切れ味はあまりよくありません。皮を剥ぐときに内臓を傷つけてしまったら、肉が臭くなり食べれなくなるから。

そのため、逆に切れ味がよくなりすぎないように、考慮されているハンティングナイフでもあります。メーカーによっては、デザインがおしゃれなものも多く、サバイバルなどにもおすすめのナイフです。

カービングナイフの特徴

このナイフは、皮をはいだ獲物を、今度は骨を外して身だけにする時に使われるものです。小さく繊細で精密な作業で使われるため、特徴としてはポイントとエッジが鋭角ということ

持ち手の部分は、指に沿ってカーブがついており、初心者でも使いやすい上に、握りやすい設計になっているデザインが特徴的です。他のナイフとは、少しフォルムも違うため、スリムでかっこいいイメージもあるでしょう。

ダガーの特徴

刺突や頸部切断用に作られているナイフで、10~30cmほどの両刃のモデルをダガーと呼んでいます。使い方としては、刺したり投げて使うのに適しています。

短剣をまとめてダガーナイフと呼ぶこともあります。特徴的には、両方に刃がついていること。その分、殺傷能力がとても高いのも特徴となっています。ハンティングナイフとしては、一部のマニアが持ち歩いています。

ただし、海外と比較すると、日本では狩猟用やサバイバル用としては認められていないハンティングナイフになるため、残念ながら日本のメーカーでも手に入れることはできません。

ブーツナイフの特徴

サバイバルブーツに、鞘を取りつけ使用するものは、ブーツナイフと呼ばれています。メインのナイフよりも、予備的な存在で使用されることが多く、刃体が15cm未満であれば日本では合法となっています。

そのため、輸入よりも国内メーカーが国内で生産ができるので、国内でも多々販売されています。サバイバル用というよりは、戦争などで使われることも多く、よく戦争映画などでも登場します。

ただ、好きな方はアウトドアやサバイバルアクティビティの時にも山へ持って行く方も少なくありません。何よりも、デザインがかっこいいものもあるため、集めている方も多いようです。

アウトドアナイフは料理や薪割りにも使える便利グッズ!人気アイテム27選!のイメージ
アウトドアナイフは料理や薪割りにも使える便利グッズ!人気アイテム27選!
アウトドアナイフは、アウトドア好きには欠かせない便利アイテムです。料理をしたり、薪を割ったり、その他にも用途が沢山ある便利なアウトドアナイフは、様々なメーカーや種類に別れています。アウトドア好きなら1本は持っておきたいアウトドアナイフについてご紹介します。
キャンプの薪割りにおすすめの道具13選!便利なナイフや斧・鉈をご紹介!のイメージ
キャンプの薪割りにおすすめの道具13選!便利なナイフや斧・鉈をご紹介!
キャンプで1度やるとクセになると言われている「薪割り」。薪割りは専用の道具を使用することでキャンプ初心者でも簡単に行うことができ、ナイフや斧、鉈などバラエティ豊かです。薪割りの道具によってやり方も変わるので、自分のキャンプスタイルに合わせて購入しましょう。

ハンティングナイフの選び方見出し

ハンティングナイフの種類が分かった所で、次はハンティングナイフの選び方もおさらいしておきましょう。種類が実に豊富にあるハンティングナイフは、始めて購入する場合だと、ついついデザインやメーカーなどで選びがちです。

そうなると、実際に使用する時に使い勝手が悪かったり、使い方が間違っているせいで思ったように使いこなせず、がっかりしてしまうこともあるでしょう。種類や使い方が間違ってしまうと、サバイバル時間も無駄な工程が増えてしまいます。

そんな失敗をしないためにも、ぜひ選び方のポイントを押さえておき、失敗しないハンティングナイフ選びを実現してください。適したものが選べれば、想像以上にアウトドアなども快適になるでしょう。

日本で認められた規格のものを選ぶ

まず1番大切なのは、ハンティングナイフを選ぶ際には、日本で認められている規格のものを購入するということです。海外と日本では法律が違うため、ハンティングナイフの規格もそれぞれ違います。

日本のメーカーのものは、国内生産のものも多く、日本の規格に沿って作られているものがほとんどです。ハンティングナイフを購入する際は、まずは日本の有名メーカーのものであれば、この点は心配ないでしょう。

危なげな通販サイトやあまりメジャーでないオークションサイトなどで購入するのではなく、しっかりとしたメーカーや店舗などでハンティングナイフは購入するようにしましょう。

使い方で選ぶ

先ほどご紹介したように、ハンティングナイフは非常に種類が多く、メリットとデメリットもそれぞれ違います。また刃の長さやフォルム、また片刃や両刃といった仕様も違うので、使い方によって適したナイフも異なります。

そのため、ハンティングナイフを購入する前に、まずはどんな場面で使用するナイフが必要なのかを絞っておくのがおすすめです。目的や使い方を意識することで、対象のナイフの種類が必然と絞れてきます。

また、ショップに行っても相談しやすく、使い方が明確だとどんなメーカーのどのタイプのハンティングナイフがいいのかも探しやすいためおすすめです。ぜひ、使い道をまずは考えてみてください。

初心者には剣ナタ・ユーティリティがおすすめ

ナイフ初心者の方には、剣ナタやユーティリティナイフが扱いやすくのでおすすめです。剣ナタは字のごとく、刃先が狩猟刀のようにとがっていて、つかの部分は手が滑りにくいようにナタの形をしています。ナガサと呼ばれることもあるタイプです。

他にも、ユーティリティナイフは、一般的な包丁のように使えるので扱いがしやすく、軽量なのでグリップ感も抜群です。小型ナイフとも言われていて、ありとあらゆる場面で活用できるものです。

どちらのハンティングナイフも、一般的なお店なら色々なメーカーの商品が揃っているので、購入しやすいのもメリットとなるでしょう。ちょっとした用途でつかうのであれば、この2本で十分です。

持ち歩きやすさで選ぶ

アウトドアやサバイバル先などにハンティングナイフを持っていくなら、バッグなどに入れやすいサイズ感や形のナイフの方がおすすめです。あまりにも重かったり、形が長すぎると、持ち運ぶ際に不自由で億劫になってしまいます。

また、自宅に保管する際にも保管場所にも困ってしまうため、ある程度のサイズ感で持ち歩きしやすいモデルがいいでしょう。最近では、折り畳みタイプのモデルも人気があるのでおすすめです。

これなら、鞘をなくす心配もない上、コンパクトに畳めるので、荷物の邪魔にもなりません。またしっかりと折りたたんでしまえば、安全面でも安心なので、初心者の方には折り畳みタイプも人気があります。

人気メーカーから選ぶ

そして1番シンプルな方法は、人気のある国内メーカーや知名度の高い海外メーカーのハンティングナイフを購入することです。口コミが多かったり、評価が高いハンティングナイフは、それだけ使い勝手がいいという証拠。

また、実際に使用している方の口コミなどをチェックすると、今までわからなかった使い心地やデメリットもわかるはずです。またハンティングナイフは手入れのしやすさも重要です。

手入れがしやすく耐久性の高いものの方が使いやすく、頻繁に使えた方が愛着もわくでしょう。ぜひハンティングナイフを購入するときは、手入れ方法や耐久性についてもチェックするのがおすすめです。

ブッシュクラフトナイフおすすめ商品紹介!初心者から人気の安いアイテムものイメージ
ブッシュクラフトナイフおすすめ商品紹介!初心者から人気の安いアイテムも
ブッシュクラフトナイフはキャンプでのバトニングなど自作のアイテムづくりにも欠かせないアイテム。人気でおすすめの一本や初心者向けの安い一本などブッシュクラフトナイフについてたっぷりご紹介します。手入れ方法やアレンジ方法も必見です!

鞘(シース)があるおすすめのハンティングナイフ4選見出し

では、実際にどんなハンティングナイフが人気なのか、おすすめの商品をピックアップしてご紹介していきます。まずは、初心者でも扱いやすい、シースとよばれる鞘つきのタイプからです。

ハンティングナイフの鞘はシースとよばれ、色々なメーカーからシースつきのハンティングナイフはでています。サイズも手頃なものが多いのでおすすめです。

S&W ハンティングナイフ CKSUR1

大手通販サイトでも購入ができる人気のハンティングナイフで、有名なブランドのアイテムなので、作りもしっかりしていて安心して購入できたという声も多くあります。価格も手頃で5000円以下で購入できるため、初心者にもおすすめです。

BUCK 119スペシャル ハンティングナイフ

優れた強度があり、エッジ保持や耐腐食性にも優れているハンティングナイフ。 クリップブレードは非常に鋭利で、コントロール可能なポイントも魅力的。細部の作業、ピアス、スライスにも使い勝手のいいモデル。グリップ感もよく、バランスのとりやすいデザインです。

関兼常 ダマスカスハンティングナイフ KB-551

兼常作ハンティングナイフの、昴SUBARUシリーズは、2017年に昴ドロップポイントと昴スキナーが人気だったこともあり、ユーザーの要望からもう一回り大きいハンティングナイフとして、こちらのモデルが登場しました。汎用性の高さと刀紋の美しさも魅力的

豊国鍛工場 土佐鍛 剣鉈

キャンプや登山などの際にも使える人気のナイフで、熟練の技によって作り出された抜群の切れ味が特徴でもあります。名入れをすることも可能なので、ちょっとしたプレゼントにも人気があります。刀紋も美しくツウ好みの1本とも言えます。

折り畳みでおすすめのハンティングナイフ3選見出し

持ち運ぶことを考えると、折りたためるタイプのハンティングナイフも人気があります。保管場所にも困らないため、何かとメリットが多く、鞘がないため無くす心配もありません。安全に持ち運びができるので、初心者にもおすすめです。

NedFossハンティングナイフ 3-IN-1

多機能タイプの折りたためるサバイバルナイフで、4つの機能が1つになった万能ナイフです。ガラスブレーカー 、シートベルトカッター、栓抜き機能などもついており、アウトドア先で持っていると大活躍する携帯性に優れたハンティングナイフとなっています。

word kn DA97折りたたみナイフ狩猟戦術ナイフ

折り畳みを伸ばすと全長22cmになり、刃の長さも9cmほどあるしっかりとしたつくり。狩猟にも適した折り畳みタイプのハンティングナイフです。木調のデザインがおしゃれでかっこいいと人気があり、サバイバル好きの女性にもおすすめの1本です。

XHM Awesome サバイバルナイフ

刃先が14.7cmと長めのナイフで、とても個性的な形をしていて、摩擦や腐食に強いつくりになっています。収納用のナイロンケースもついているため、持ち運びもしやすく、メンテナンスも簡単です。多機能ナイフなので、アウトドアの時も使いやすいでしょう。

ハンティングナイフ購入の際の注意点見出し

ハンティングナイフを購入するときは、これからご紹介する注意点についても覚えておいてください。刃物に関する法律を知らないまま、保持していたり持ち歩くと、銃刀法違反になることもあります。

面倒なことにならないようにするためにも、ある程度日本の規格や法律についても把握しておいた方が賢明です。刃物に関する法律には、銃刀法違反以外にも軽犯罪法も関係しますので、少しおさらいしておきましょう。

刃体の長さを確認する

刃物は、一般的には折りたたみナイフ、アウトドアナイフ、キッチンナイフなど、いろいろな種類があります。しかし、法律の観点で見た刃物の種類というのは、簡単に言うと3つあります。

許可があれば所持できる刃物、所持しているだけで銃刀法違反になる刃物、そして一般的な刃物です。許可が必要なのは、刀剣類のうち、日本刀、槍、薙刀などなら、登録証があれば所持でき、持ち運びは登録証が必要です。

そして、重要なのは所持だけで違反になる刃物。例えば、登録証がなかったり、飛び出しタイプのナイフも不可です。あとは、刃渡りが5.5cm以上のナイフや、15cm以上の短刀のような形状も不可です。タガーナイフやブーツナイフも該当します。

都道府県の条例を確認する

また日本では、都道府県によっても、条例などがある場合もあります。そのため、自分が住んでいる都道府県には、刃物に関する条例がないかどうかも確認が必要です。

条例の中には、未成年者は保護者の同意がなければ購入できなかったりする場合もありますので、必ず確認するようにしてください。他にも、相続した場合などは、所有者変更も必要となります。

このように、ハンティングナイフを所持する場合には、サイズやデザインによって登録が必要な場合もありますので、まずは販売店舗に確認したり、都道府県の条例をチェックすることが先決となってきます。

ハンティングナイフは使いたい部位に合わせて選ぶのがおすすめ見出し

Photo bySilberfuchs

ハンティングナイフはとても種類が多く、デザインや特徴もまるで違います。刃の長さや重さなども異なりますので、まずは何に使うのかを明確にするのが大切なポイントになるでしょう。ぜひ使い勝手のいいお気に入りのハンティングナイフを見つけてみてください。

投稿日: 2022年6月22日最終更新日: 2022年6月22日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote