地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

メバリングラインおすすめ17選!種類や太さをチェックして釣りを満喫♪

メバリングは初心者にも人気の高い釣りですが、どんなラインを使うとよいのでしょうか。さまざまな材質、種類があり、迷うことも多いでしょう。そこでメバリングの際におすすめのラインについて、それぞれの特徴やおすすめポイントを紹介します。

口コミ人気が高いおすすめのメバリングラインを紹介!見出し

Photo by ftomiz

日本各地で楽しめる釣りであるメバリングにはどのようなラインがおすすめなのでしょうか。一口にラインと言ってもさまざまな材質のものがあり、どんな釣りをするかによってもおすすめは違ってきます。メバリングにおすすめのラインを紹介します。

メインのラインとショックリーダーが必要

Photo bypixel2013

なお、メバリングの場合は、ラインと、ショックリーダーが必要になります。ショックリーダーというのはラインの先に結ぶもので、ラインと別の材質のものを使います。

釣りをする場合、ラインの先にルアーやエサを付けて釣るのですが、どうしても底の岩などでこすれたり、魚の歯が当たったりしがちです。また魚がかかった時、一気にその重さがかかり、力がかかることになります。

ショックリーダーはその名の通り、そのショックを吸収し、ラインが切れてしまう危険性を減らしてくれるので、快適にメバリングが楽しめます。

ラインの素材の種類と特徴見出し

Photo byanncapictures

近年では、さまざまな種類のラインが販売されており、釣りたい魚に合わせておすすめのものを選ぶ方が多いです。またメバリングという釣り方一つとっても、魚のレンジなどに合わせてラインを変える方も多いです。

では、一般的に釣りに使うラインには、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。まずはラインそのものの持つ特性と、どのような釣りにおすすめなのかという点について紹介しましょう。

フロロカーボンの特徴

フロロカーボンラインというのはポリフッ化ビニリデンというフッ素系樹脂を材料とするラインです。比重が水より重く、硬く、吸水率も低いという特徴があります。そのためラインに使うとすっと沈みます。

沈みやすいので、深いところを狙うメバリングに適しており、またこすれたりした場合でもなかなか切れないため、ラインとしてはもちろん、ショックリーダーとしても人気です。伸縮性も低く、魚がかかるとアタリがわかりやすい点もいいところです。

また透明度が高く、水なじみもいいです。ただ、巻き癖がつくとライントラブルが起こりやすくなりますし、底に投げっぱなしだと根掛かりすることもありますので、その点は注意しましょう。

PEラインの特徴

近年さまざまな釣りで人気が高いのがPEラインです。PEラインは極細のポリエチレンの原糸を複数本編み込んで作られています。この糸の太さにより太さが変わります。

糸を編み込んでいるので細くても強度が高く、伸縮性がほとんどないのが特徴です。また比重が水よりも軽いため、投げると水面に浮きます。そのためメバリングでは表層などを狙いたい時におすすめです。

一方、引っ張られるのには強いですが、こすれるのには弱いです。そのため魚の歯が当たったり、岩にこすれたりすると切れてしまうため、ショックリーダーを使うのが必須です。

エステルラインの特徴

近年人気が高まっているラインとして挙げられるのがエステルラインです。ポリエステル素材の糸で、特徴的には硬くてはりがあり、伸びが少ないと言われます。フロロカーボンとPEの中間というイメージです。

ポリエステル素材ということもあって、他にはない細いラインがあるのが特徴で、軽いリグを使ってアジングなどをする方に人気が高いです。一方で太さがない分一気に力がかかると弱く、切れやすいという方も多いです。

メバリングに使う場合には、PEラインと同様にショックリーダーを使い、一気に力がかからないように気を付けて使うとよいでしょう。

ナイロンラインの特徴

初心者の方だと釣りのラインといえばナイロンラインをイメージする方も多いでしょう。ナイロンラインはしなやかで扱いやすく、何といっても値段が手頃なため、初心者の方にも使いやすいラインと言えるかもしれません。

また、糸がよれたり、絡まったりしたときに外しやすい点も扱いやすいポイントなのですが、その分劣化が早いと言われています。吸水率も高いため、伸びてきたとかんじたら、すぐに取り替えることをおすすめします。

ライトショアジギングのライン11選!おすすめの種類から選び方までご紹介!のイメージ
ライトショアジギングのライン11選!おすすめの種類から選び方までご紹介!
海釣りの中でも人気沸騰中なのがライトショアジギング。初心者でも気軽に挑戦できるのも魅力的です。そんなライトショアジギングでは手軽に高級魚を狙う事もでき、その際のラインの必要性は高くなってきます。そこで今回は、ラインのおすすめの種類や選び方をご紹介します。

メバリングにおすすめのフロロカーボン製ラインの選び方見出し

Photo by bocagrandelasvegas

以上のように、一口にラインと言ってもさまざまな種類があり、それぞれに特徴があります。そのため、一般的にメバリングの際によく使われるのはフロロカーボンラインとPEラインです。

そこで次に、メバリングの際のラインとしておすすめのフロロカーボンラインの太さと必要な長さを紹介します。フロロカーボンラインの場合はショックリーダーを付けなくても使えるため、特に人気の高い種類のラインと言えるかもしれません。

特に太さはメバリングで狙う魚のサイズによっても変わってきますので、いくつかの太さのラインを用意しておくといいかもしれません。

フロロカーボンのおすすめの長さ

フロロカーボンを使う場合に必要なラインの長さですが、100メートル以上必要です。理由はメバリングという釣り方の特性にあります。メバリングでは岩場などで釣ることが多いため、根掛かりやラインブレイクの可能性が高いからです。

いくらフロロカーボンが丈夫といっても、根掛かりなどすれば劣化が起こります。劣化した状態だとせっかくアタリがきたときに対応できないかもしれません。こまめにライン交換をすることが大切になります。

特にショックリーダーを使わない場合だと、長さがないとライン交換がなかなかできなくなります。ぜひラインは長めに用意し、状況にしっかり対応しながら釣りを楽しみましょう。

フロロカーボンのおすすめの太さ

次にメバリングにおすすめのフロロカーボンラインの太さについてです。メーカーによってもさまざまな種類のものがありますが、メバリングの場合のラインの太さとしては、2lbから5lbがおすすめです。

この太さは号数でいうと0.5号から1号くらいなのですが、比較的軽い仕掛けで狙うなら太さは細めで大丈夫です。一方、根掛かりなどラインブレイクが起こりやすいようなら、5lbなど太さがある程度あるものを使うのがおすすめです。

メバリングにおすすめのPEラインの選び方見出し

Photo byTheDigitalWay

もう一つのメバリングにおすすめのラインであるPEラインは、先ほど述べたように、複数の原糸をより合わせて作ります。当然ながら、より合わせた原糸の本数が多ければ耐久性が増すということになります。

また、PEラインの弱点は先ほど述べたように「こすれに弱い」という点です。この問題を解決するために、近年のPEラインにはコーティングなどを施した種類のものも出てきています

コーティングが施された種類のものであれば、ないものに比べて耐久性が高まります。選ぶ際にはそのあたりにも目を配ってみるとよいでしょう。

PEラインのおすすめの号数

メバリングで使うPEラインとしておすすめの太さは、0.2号から0.6号と言われることが多いです。こちらもフロロカーボンラインの場合と同様に、軽めのジグで釣る場合は細いもの、ラインブレイクが多い場合は太さがあるものを選ぶのが基本です。

それにプラスして、PEラインの場合は、原糸をたくさんより合わせているもの、コーティングがされているものは同じ太さでも強くなります。より強いものがいいという方は8本よりのものがおすすめです。

PEラインのおすすめの色

PEラインの種類としてもう一つ注目したいのが「色」です。メバリングの場合、昼はもちろん、夜釣りを楽しむ方も多いので、釣る時間帯に合わせて違う種類のカラーバリエーションを使い分けるのも人気です。

メバリングを夜釣りで楽しむなら、蛍光カラーのピンクやイエローなど、暗いところでも見やすい種類の色を選ぶのがおすすめです。PEラインの場合、一定の長さごとに色が変わるものもあり、そのような種類であればさらにわかりやすく人気です。

にメバリングを楽しむ場合は、メバルの活性があまり高くないことも多いです。一方でメバルは目のよい魚とされており、カラフルなラインだと見つかってしまうかもしれません。クリアなど使ってもよいでしょう。

メバリングにおすすめのフロロカーボン製ライン6選見出し

それでは次に、メバリングに人気の高いラインについて具体的に紹介していきましょう。まずはフロロカーボンラインの中で、メバリングにおすすめしたい人気のラインからです。

特にフロロカーボンラインの場合は、透明度か高く水なじみがいいため、昼に使っても目の良いメバルに見つかりにくいという点も人気です。使いやすいフロロカーボンラインをぜひメバリングで使ってみてください。

モーリス バリバス メバルゲート フロロカーボン

こちらの商品はステルスクリアカラーと言われる、水なじみがとてもよい色であり、特に昼にメバリングを楽しみたい方に人気の高いラインです。

さらにこの商品にはスーパータフコーティング加工などさまざまなコーティング加工が加えられており、強靭であるという点も人気のポイントです。大物など、一気に重みが加わる場合や岩場などでその強靭さが発揮されるでしょう。

太さのバリエーションも豊富で、長年使っている方も少なくないという、人気の商品です。ぜひチェックしてみましょう。

サンライン フロロカーボンライン ソルティメイト スモールゲームFC II

こちらの商品はフロロカーボンラインとしては硬めな作りとなっていますが、それだけにハリがあり、魚がかかった時の感度もよいというのが特徴です。

また、TRP加工と耐塩水コーティングが施されているため、ライン自体の耐久性も高く、そのうえ摩擦抵抗も少ないため、スムーズに魚に向けて繰り出すことができます。ストレスなくメバリングを楽しみたい方にもいいでしょう。

東レ ソルトライン アジングフロロ

こちらの商品は繊維メーカーとして有名な会社が作っているため、適度なしなやかさがあり、絡むなどのライントラブルが起こりにくいのが特徴です。さらに比重も高いため、特定のレンジを狙いたい時におすすめです。

また、フロロカーボン特有の耐摩耗性も高いため、根掛かりしやすい磯などで釣りをする場合でも安心して使うことができます。メバリングの場合は根掛かりの心配が大きいので、それが解消できる分、使いやすい商品と言えるでしょう。

クレハ シーガー R18 フロロリミテッド

こちらの商品はこのシリーズの中で最高クラスの強度としなやかさを持つと言われる使いやすいラインとして知られます。メバリングだけでなくソルトルアーゲームやトラウトゲームなど、幅広い種類の釣りに対応できる点もいいところです。

幅広い種類の釣りに使える分、太さのラインナップも多く、0.3号から6号までに対応するラインが揃っています。そのためメバルのサイズや釣り場の様子に対応しやすい点もおすすめです。

メバリングはもちろん、さまざまな釣りを楽しんでみたいという方でも、これ1本あればいろいろ試すことができるでしょう。

デュエル HARDCORE アジ・メバル FC

こちらの商品は名前の通り、アジングやメバリングなどに特におすすめのタイプです。太さは4種類ありますが、比較的細めでありながらこすれに強く、使いやすいのが特徴です。

値段も比較的手ごろなため、コスパもよく、初心者でも使いやすいのもいいところです。メインラインとして使いたい方はもちろんですが、一緒にサブタックルを使っている方がそのために購入する場合も多いということです。

ダイワ 月下美人 TYPE-F 陽/陰

こちらの商品の特徴は、名前にあるように「陽」と「陰」の2種類のカラーがあることにあります。陽はオレンジ系で明るく見やすく、陰はナチュラルクリアで水なじみがよいつくりです。

先ほども述べたように、メバリングの場合、夜釣りでは色がわかりやすいラインが、昼釣りならば水なじみがよく、メバルに気づかれにくいタイプが人気です。この商品はその状況に対応できるわけです。

ライン自体もしなやかな作りとなっていて、感度もよいため、アタリがわかりやすくできています。いろいろな時間帯でメバリングを楽しみたい方におすすめです。

メバリングにおすすめのPEライン6選見出し

フロロカーボンラインと同様に、メバリングのラインとして人気があるものがPEラインです。次にPEラインの中でおすすめの人気商品を紹介します。

PEラインの場合は先ほども述べたように、太さだけでなく、色などの種類もあるので、メバリングをする時間帯などにも合わせて選ぶことが可能です。いくつかの種類を揃えるのもおすすめです。

よつあみ G-SOUL X4 UPGRADE

こちらの商品の特徴は非常にコスパがよい点にあります。値段が安価で気軽に使える点が人気のポイントの一つです。

またこのラインはシルバーの色なのですが、ピンクマーカーが1メートルごとに入るというデザインになっています。このデザインが特徴的で、どれくらいの長さを使ったのかがわかりやすくなっていると評判です。

また細くても丈夫にできており、少しけば立った程度では釣り上げることまで可能なことも少なくありません。もちろんチェックは必要ですが、コスパよく使いやすいラインを探している方なら満足できるでしょう。

バークレイ Micro PE

こちらはアジングやメバリングなど、細番手のPEラインを求めている方に特におすすめしたい商品です。細番手でありながら同クラスでは最高レベルの直線強度、結束強度を持っています。

メバルなどの魚がかかって一気に引っ張られた時にも対応できますし、結び目がしっかりつながるため、ショックリーダーがほどけてしまうことも少なくて済みそうです。

またライムカラーになっているため視認性がいいのも魅力であり、特に夜釣りでメバリングを楽しむことが多い方には使いやすいと評判です。

シマノ ピットブル4

こちらの商品の特徴は、糸の編み方にあります。PEラインは細い原糸を編み込んで作るのですが、この編み方にVT工法という特殊な方法を使っています。そのため糸の編みが均一で、強度がアップしています。

カラーもライムグリーンでパッと目を引くタイプとなっているため、特に夜釣りで使いたい場合の視認性が高く、使いやすいのもいいところです。

ダイワ UVF 月下美人 ライン 月ノ響II+Si

こちらの商品は「マッスルPE」という密編み設計で作られています。編みを密にすることで強度が増し、耐久性が向上しているのが特徴の一つです。

また、25メートルごとに黒でマーキングが入っているため、今どのくらいのレンじに入っているか一見して分かりやすい点もポイントです。全体のカラーは桜ピンクで、昼夜を問わず視認性が高く、操作性もよくできています。

ラパラ・ジャパン ラピノヴァX マルチゲーム

こちらの商品は超高強力ポリエチレン繊維を4本編みにして作られており、しなやかさと高い耐久性の両方が備わった、使いやすいつくりになっています。

さらにカラーバリエーションが多く、夜釣りなどで見やすいライムグリーンやピンクのほか、カモフラパターンも作られています。その時の明るさなどの状況に合わせて釣りやすい色を選ぶことができる点もいいところです。

デュエル アーマード F+ Pro アジ・メバル

こちらの商品は、PEにフロロカーボンとシリコンをミックスして作られているため、PEライン、フロロカーボンラインのマイナス面を補い、トータルバランスに優れているのが特徴です。

メバリングはもちろんですが、極小ルアーを使いたい時などさまざまな釣りに使えるのが人気のポイントであり、なおかつPEラインが苦手とするすれにも強いため、使いやすいということで人気となっています。

ラインナップも幅広く、0.06号から0.4号まで揃っているため、状況に合わせて選ぶことができる点も使い勝手のよさにつながります。細めのラインを探している方にもおすすめです。

メバリングにおすすめのショックリーダー5選見出し

Photo bymeineresterampe

最初に述べたように、メバリングの際にはラインの先にショックリーダーを付けることが多いです。特にPEラインの場合は、ショックリーダーは必須です。

このショックリーダーとして使うのはフロロカーボンラインかナイロンラインが一般的です。いずれも耐摩耗性に強く、しなやかなので、こすれたり、アタリで一気に強い力がかかったりした時に対応できるのです。

最後にショックリーダーとしておすすめの商品についていくつか紹介します。ラインよりも太さがあるものを選ぶのがおすすめです。

ヤマトヨテグス フロロショックリーダー

ショックリーダーは長さとしてはラインほど使わないのですが、直接魚や岩場などに接触するため、コスパがよく丈夫なものが人気という傾向にあります。こちらの商品はコスパに優れ、初心者からベテランの方までおすすめです。

手頃な値段でありながら十分な強度を有しており、さらにソフトタイプのフロロカーボンを使っているのが特徴です。ソフトタイプなので巻き癖が付きにくく、ついてもすぐとれるため、ライントラブルが起こりにくいのもいいところです。

また、ラインが巻かれているスプールも他の物に比べて平たい形になっており、携帯性に優れているのもおすすめです。釣り場に持ち込むのにもいいでしょう。

クレハ シーガー プレミアムマックス ショックリーダー

こちらの商品はしなやかで強靭であるのが特徴です。最強レベルと言われることも多く、他のものに比べてワンサイズ細いラインでも十分に対応できると言われるほどです。

細いラインのほうがルアーが動きやすくなるため、メバルにも怪しまれることが少なくなるというメリットがあります。加えて耐摩耗性も高いので、岩場でのメバリングなど、根掛かりが心配なところでも使いやすいため人気です。

磯釣りなどでメバリングをする機会が多いという方であれば、この強靭さは魅力です。大物を狙う時にもいいので、1本用意しておくことをおすすめします。

モーリス バリバス ライトゲームショックリーダー

こちらの商品はフロロカーボンを使っているショックリーダーです。特にライトゲームを楽しむ方におすすめのショックリーダーで、いろいろなラインとつなげてもしっかりと結合して使いやすくできています。

号数別のスプールバンドがついているので、ラインにつなげた時でもその太さがすぐに分かる点も人気のポイントであり、いろいろな釣りに使うことができるでしょう。

サンライン ソルティメイト スモールゲームリーダー

夜釣りでメバリングを楽しむ方には、カラフルなPEラインを使う方が多いのですが、ショックリーダーにもカラフルなタイプがあります。それがこちらの商品です。

こちらの商品は人間からは見やすいが、魚からは見にくい色の波長を科学的に調査し作られています。そのためマジカルピンクという一見すると派手な色ですが、魚からは見にくく、釣果が期待できそうです。

ダイワ 月下美人 リーダー

ショックリーダーを結び付ける際に、どうしても結び目の所が弱くなりがちです。そのために強靭な結び方があるのですが、初心者の方だと難しく、せっかく魚がかかったのに結び目がほどけて逃げられた経験がある方もいるでしょう。

この商品は結束強度を重視して作られており、結び目がほどけにくいのが特徴です。また劣化しにくいため、他の商品に比べ長く使えるのもメリットであり、扱いやすいのも人気のポイントです。

メバリングで大物がかかった時でも、結束強度が高いため安心して釣り上げることができます。ショックリーダーを結ぶのにあまり慣れていない方などにおすすめします。

海釣りのルアーは何種類?初心者におすすめしたいものを厳選して紹介!のイメージ
海釣りのルアーは何種類?初心者におすすめしたいものを厳選して紹介!
海釣りと聞いて真っ先に連想するのが餌を用いるスタイルですが、ルアーを用いて海釣りをするのもおすすめです。すでに加工をしてあるルアーを使えば手を汚すことなく海釣りを楽しめますし、事前に餌を買う必要もないのでふと海釣りをしたいと思った時にすぐ釣り糸をたらせます。

メバリングラインはシーンで使い分けるのがおすすめ!見出し

Photo by asobitsuchiya

メバリングは初心者でも楽しめる釣りとして人気があり、夜釣りも昼の釣りもできるため、多くの方がチャレンジしています。釣りやすいラインがいろいろありますので、ぜひ上手に使い分けて、釣果アップを楽しんでください。

投稿日: 2022年10月22日最終更新日: 2022年10月22日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote