地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

東京タワーのライトアップ!イルミネーションの時間や色の意味は?

夜になると鮮やかなライトアップやイルミネーションで街を明るく照らしてくれる東京タワー。実はライトアップの色それぞれにちゃんと意味があるという事を知っていましたか?今回は、東京タワーのイルミネーションの種類や時間・色の意味についてまとめてみました!

東京の街を照らす東京タワーのライトアップ見出し

ついつい見入ってしまう、鮮やかに街を照らす東京タワーのライトアップ。ここでは、それぞれのライトアップの色の意味や点灯時間についてまとめたいと思います。今夜は、光輝くイルミネーションの色の意味を考えながら眺めてみてはいかがでしょうか。

2種類ある東京タワーのライトアップ見出し

皆さんはお気づきでしたか?東京タワーには基本的に2種類のライトアップがあるんです。東京タワーの骨格をはっきりと浮かび上がらせるようなライトアップを『ランドマークライト』と言い、東京タワーを様々な色で輝かせるライトアップを『ダイヤモンドヴェール』と言います。次の記事でそれぞれ詳しく説明したいと思います。

タワーに向かって輝くランドマークライト見出し

ランドマークライトは、180個のライトがタワーに向かって輝き、タワーを浮かび上がらせる定番のライトアップとなっています。東京タワーのライトアップと聞いて、こちらを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?実はこのライトアップには、夏バージョンと冬バージョンがあるのです。

夏バージョンのライトアップ

夏バージョンのライトアップは、メタルハライドランプというシルバーライトを使用しているため、白色を基調とした涼しげな印象を与えてくれます。クールに魅せる東京タワーもかっこいいですね!夏バージョンのライトアップが見れるのは毎年7月7日七夕の夜から9月末まで。

冬バージョンのライトアップ

東京タワーと言えばこれ!と思う方も多いと思います。こちらの冬バージョンのライトアップには、高圧ナトリウムランプというオレンジ色のライトを使用しています。冬の透き通った空気の中でより一層輝きを増し、東京タワーの存在感を目立たせてくれますね。10月初旬の夜から7月6日まではこちらのバージョンを見ることができます。

ランドマークライトの点灯時間は?見出し

ランドマークライトの点灯時間は、日没から翌日夜明けまでとなっています。以前は24時に消灯していたのですが、2016年9月5日から特別展望台のリニューアル工事を行っているため消灯はせず、夜明けまで点灯しているのだそうです。

タワーから外に輝くダイヤモンドヴェール見出し

ダイヤモンドヴェールは、276台ものライトがタワーから外に向かって光り輝くライトアップです。全17段ある光の階層が月毎やイベント毎にそれぞれ7色に変化し、東京タワーのシルエットを幻想的に浮かび上がらせてくれます。1色で構成されるときもあれば、複数色の階層になっていたり、レインボーに光り輝いたり。毎日の変化が楽しみですね!

7色それぞれに込められた意味とは?見出し

光の階層がそれぞれ7色に光るダイヤモンドヴェールですが、色ごとにちゃんとメッセージが込められているんです。メッセージの中心としては、『愛・地球・環境・平和を守る心を育むこと』としています。次の項目で、それぞれ7色が持つ意味を説明したいと思います。

『白色』のイルミネーション

白色のライトアップは『ホワイト・ダイヤモンド』(光り輝く高貴な白)と言われています。白色の意味は『永遠・継承』だそうです。3月14日のホワイトデーや、4月22日のアースデーなどのイベント日はこちらのライトアップをするとの事なのでお見逃しなく。もちろん他の日にもこちらのイルミネーションは見ることができますのでご安心を!

『黄色』のイルミネーション

黄色のライトアップは『リボン・ゴールド』(新しく誕生した金)と言われており、『希望・祝祭』という意味が込められています。東京マラソンの開催前日には選手への応援の意味を込めて、また2017年の三が日には新年をお祝いしてこちらのイルミネーションを見ることができたそうです。

『青緑色』のイルミネーション

青緑色のライトアップは『プラネット・グリーン』(地球の大地の緑)と言い、『地球・平和』を意味しています。青みがかかったグリーンのイルミネーションは、災害のない平和な地球を願って光り輝いています。

『赤紫色』のイルミネーション

赤紫色のライトアップは『ドリーム・ピンク』(夢のような穏やかなピンク)と言われており、『夢・幸福』という意味が込められています。桜のシーズンに合わせて春頃に見られたり、10月1日の乳がん早期発見啓発キャンペーンに合わせてこちらのイルミネーションを見ることができます。

『青色』のイルミネーション

青色のライトアップは『アクア・ブルー』(水のような澄んだ青)と呼ばれ、『水・命』を意味しています。中秋の名月には、東京タワーの上半分を消した「アクア・ブルー」の“お月見ダイヤモンドヴェール”と呼ばれる貴重なライトアップがされるそうです!また、4月2日の世界自閉症啓発デーにもこちらのイルミネーションを見ることができます。

『緑色』のイルミネーション

緑色のライトアップは『ピュア・グリーン』(宝石のように煌めく緑)と言われています。『自然・環境』という意味が込められており、昨年は浜松町グリーンサウンドフェスタ浜祭りの開催記念にもこちらのイルミネーションを点灯したそうです。エメラルドに輝くライトは、東京タワーの赤い印象をガラリと変えてくれますね。

『赤色』のイルミネーション

赤色のライトアップは『エンジェル・レッド』(コーラルのような優しい赤)と言われており、『愛・感謝』という意味が込められています。2月14日のバレンタインデー、国連が定める「世界こどもの日」である11月20日に合わせてこちらのイルミネーションを点灯しています。

ダイヤモンドヴェールの様々なライトアップ見出し

上記で説明したイルミネーションの他にも、イベント・プロモーションや啓発活動の一環で様々な光の組み合わせ方をしたライトアップを実施しています。毎年11月14日にある世界糖尿病デーではブルーライトアップを、また特別イベントライトアップとして、オリンピック開会式当日は5色のオリンピックカラー、パラリンピックの開会式当日は緑・青・赤のパラリンピックカラーに点灯するなど、見逃せないライトアップが盛りだくさんです!

あの有名キャラクターのライトアップ

こちらの写真を見てお分かりの方もいるでしょうか?そう、ドラえもんカラーです!以前、2013年に「藤子・F・不二雄展」開幕を記念して、またドラえもんの誕生日にちなんでこのようなイルミネーションを施したとの事ですが、それ以降はこちらのイルミネーションは行っていないようです。ぜひもう一度見てみたいですね。

月に1度だけ満月の夜のライトアップ

月に1度訪れる満月。この日は特別なダイヤモンドヴェールのライトアップを見ることができます。タワー下部はピンクのライトが光り輝き、タワー上部は消灯、満月の明かりを引き立てるためです。その名も「満月ダイヤモンドヴェール」。この日、展望台ではキャンドルを灯す演出があるため、東京タワーの中でも外でも満月に酔いしれることができますね。

ダイヤモンドヴェールの点灯時間は?見出し

さて、ダイヤモンドヴェールの様々なライトアップについて説明してきましたが、肝心な点灯時間についてお伝えします!こちらのダイヤモンドヴェールのライトアップは毎日見れるわけではありません。基本的には毎週土曜日、20時から22時の2時間限定の点灯となっています。特別イベントライトアップに関しては時間や日程が異なる場合もありますのでご確認ください。

東京タワーの期間限定イルミネーションその1見出し

東京タワー天の川イルミネーション

毎年恒例の夏のイベント、天の川イルミネーション。大展望台の室内は無数の青い星に囲まれ、幻想的な世界を体感することができます。会場フロア天井には、大きな弧を描く流れ星が時折姿を見せてくれるので、天井もお見逃しなく。また、地上から大展望をつなぐ上下外階段は「青い星の外階段」としてロマンチックに生まれ変わります。たまにはゆっくりと階段で上がってみるのもいいかもしれませんね。

また東京タワーでは、SAMURAI BLUEを盛り上げる「青炎キャンペーン」に賛同しており、東京スタジアムで「キリンチャレンジカップ2017」が開催される6月7日(水)と、埼玉スタジアム2002で「アジア最終予選(ROAD TO RUSSIA)」が開催される8月31日(木)の2日間、SAMURAI BLUEの健闘を願って、東京タワーが青色に輝く「青炎ライトアップ」を日から23時まで点灯するそうです!

2017年の天の川イルミネーションの開催期間は6月1日(木)から9月3日(日)まで。上下外階段は、通常は土日祝のみ11時から16時までの開放となっていますが、期間中は平日17時から22時まで、土日祝は11時から22時まで開放しています。

東京タワーの期間限定イルミネーションその2見出し

東京タワークリスマスイルミネーション

暖かなオレンジ色にライトアップされた東京タワーは、まさにクリスマスツリーそのものですね。オレンジ色の他にもレッドとグリーンのライトが交互に配置されたクリスマスカラーのイルミネーションを見ることができたり、東京タワー正面玄関前に設置された10メートルを超える巨大なクリスマスツリーに圧倒されたりと、ロマンチックなクリスマスになることは間違いなし!

2016年の情報によると、開催期間は11月3日(祝)から17年2月下旬まで、点灯時間は16時から23時までだったようです。2017年は異なるスケジュールとなるかもしれませんので要確認ですね。

東京タワーイルミネーション情報まとめ見出し

ランドマークライトの点灯時間は日没から翌日夜明けまで、ダイヤモンドヴェールの点灯時間は基本的に土曜日の20時から22時までの2時間限定となっています。また、それぞれのイベントによってイルミネーションの点灯時間は変わってきますのでご確認ください。

東京タワーのライトアップを見に行こう!見出し

日々の生活に彩りを与えてくれる東京タワーのライトアップ情報についてお伝えしましたが、いかがでしたか?特別な日だけでなく、仕事終わりや休日にふらっと見に立ち寄るのもいいかもしれませんね。日が落ちてきたら、ぜひ東京タワーのイルミネーションを見に行きましょう!

もっと東京タワーの情報を知りたいアナタへ!

東京タワー展望台の高さや料金は?それぞれの展望台の景色の違いを調査! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
東京タワー展望台の高さや料金は?それぞれの展望台の景色の違いを調査! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京タワーは日本中の人が知っていると言っても過言ではない、東京を代表する観光名所です。そんな東京タワーにある展望台について、お役立ち情報をまとめました。知名度は高いけれどよく知らなかった展望台から見られる景色についてチェック項目もあり!
東京タワーデートが大人気!おすすめコース&プランを紹介!食事は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
東京タワーデートが大人気!おすすめコース&プランを紹介!食事は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京タワーは昭和33年に完成以来、日本・東京のシンボルとして今でも愛され続けています。展望台からは東京の立体感溢れる景観が堪能できます。今回は東京タワーのデートで、人気のコース&プランをご紹介いたします。デートにおすすめの食事ができるお店も記載しています。
東京タワー付近の観光スポットまとめ!おすすめコースあり!子供も楽しい! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
東京タワー付近の観光スポットまとめ!おすすめコースあり!子供も楽しい! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京タワーの展望台からの眺望は絶景です。東京タワー付近の観光スポットと、NHK放送博物館をスタートして、東京タワー水族館までのコースをご紹介させていただきます。東京タワーのイベントごとのイルミネーションも人気の東京タワー周辺観光をお届けします。
東京タワーが見えるディナースポット11選!安いおすすめは?デートに! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
東京タワーが見えるディナースポット11選!安いおすすめは?デートに! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京タワーの見えるスポットでディナーデートを計画中の方へお届けします。東京タワーが見えるスポットとお安めのディナーのお店を11選ご紹介します。絶景スポットで東京タワーを望みなおかつ東京タワーを見ながら美味しいディナーで素敵なデートの時間を飾りましょう。
投稿日: 2017年7月4日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote