恵那を観光するならどこ?恵那峡など絶景を楽しむスポットを紹介!

恵那を観光するならどこ?恵那峡など絶景を楽しむスポットを紹介!

恵那の観光地といえば恵那峡だけだと思っていませんか?それだけで満足するのはもったいない!恵那には自然いっぱいの癒しスポットや思わず息を飲む絶景など、見逃せない観光スポットがたくさんあるんです。この記事を参考にぜひ恵那の大自然を120%満喫してきてください。

記事の目次

  1. 1.恵那の基本情報
  2. 2.恵那の観光スポットはどんなものがある?
  3. 3.恵那峡―外せない一番人気の観光地
  4. 4.恵那峡「天界苑」―自然も癒しもレクリエーションも!
  5. 5.恵那峡遊覧船-恵那の自然の体験型観光ならこちら
  6. 6.日本大正村-自然いっぱいの大正時代へと小旅行
  7. 7.岩村城址-遠い昔に思いを馳せて。自然に囲まれた観光
  8. 8.坂折棚田―季節によって様々な顔を見せる棚田。どれも絶景!
  9. 9.恵那「銀の森」-マイナスイオンの散策もおいしいランチも
  10. 10.阿木川ダム、阿木川湖-迫力満点のロックフィルダム観光
  11. 11.農村景観日本一地区-自分のふるさとじゃなくてもどこか懐かしい観光地
  12. 12.寿老の滝-マイナスイオンを浴び放題!子どもが喜ぶ滝つぼも
  13. 13.矢作ダム、奥矢作湖-おすすめは春の観光。桜のトンネルがお出迎え
  14. 14.大船神社の参道、松並木-ひっそりとした自然の中を散策
  15. 15.かかしストリート-ユーモアにあふれたかかしがお出迎え
  16. 16.笠置山-ヒカリゴケが見られるかも?頂上からの絶景をぜひ!
  17. 17.いろんな自然がお出迎え。恵那で200%癒しの観光を

恵那の基本情報

恵那市は岐阜県の南東部にある市で、南は愛知県豊田市と接しています。岐阜県と言えば夏の暑さを想像する人が多いと思いますが、この恵那市は県内では比較的過ごしやすい地域です。その分、冬は乾燥が激しく気温も低いです。

恵那の観光スポットはどんなものがある?

自然を満喫したり、癒しを得られるスポットが数多くあります。一番人気があるのはやはり恵那峡ですが、そのほかにも阿木川ダム、坂折棚田、寿老の滝など絶景を楽しめるスポットがたくさん!また、日本大正村などのように観光だけじゃなく勉強にもなるスポットもあります。

その他にもスキーリゾートや温泉など盛りだくさんの恵那市ですが、この記事では恵那を訪れたらぜひ立ち寄ってもらいたいスポットを「自然」をキーワードに一気にご紹介してみたいと思います。

恵那峡―外せない一番人気の観光地

ここは外せませんね、恵那峡です。木曽川を堰き止めて作られた人造湖で、赤色が印象的な恵那峡大橋も有名です。「恵那峡」という名前は大正9年に地理学者の志賀重昴によって名付けられました。遊覧船に乗るともっと間近によく見えますが、恵那峡の両岸には奇石、怪石が並んでいます。

住所:恵那市大井町恵那峡

恵那峡「天界苑」―自然も癒しもレクリエーションも!

恵那峡の絶景を眺めながら食事をしたり足湯をしたりできる施設です。2011年にオープンしました。道具はすべて自分で持ち込むことになりますが、BBQが出来る施設があったり、羊やうさぎと触れ合える施設があったりと、子どもさん連れでも満喫できるようになっています。お土産も買えますよ。

住所:中津川市蛭川5735-211 電話番号:0573-45-3838

恵那峡遊覧船-恵那の自然の体験型観光ならこちら

せっかくの絶景、上から眺めるだけではもったいない!ぜひ遊覧船に乗ってもっと近くで自然を味わってみてください。遊覧船に乗ると、春は桜、夏は緑、秋は紅葉、そして冬は雪のちらつく中を泳ぐ水鳥を間近に楽しむことができます。

住所:恵那市大井町奥戸 電話番号:0573-25-4800

日本大正村-自然いっぱいの大正時代へと小旅行

この村、実は明智町という実在の町が町おこしの一環として町をあげて大正時代を再現しているんです。自然豊かな町を散策していると本当に大正時代にタイムスリップしたような気分に陥るほどの再現度の高さです。大正村の中にはいくつか入場料のかかる施設がありますが、町を見て回るだけでも十分に楽しめるスポットですよ。

住所:恵那市明智町 電話番号:0573-54-3944

岩村城址-遠い昔に思いを馳せて。自然に囲まれた観光

この岩村城、日本100名城にも選ばれているのですがそれもそのはず、なんと700年間にも及ぶ長い歴史を誇る城なのです。また、その歴史の長さだけではなく、「霧ヶ城」という別名を持つほどの霧の出やすい地形を匠みに利用し、敵から簡単には攻め込まれないような造りになっています。

山城としては奈良県の高取城、岡山県の松山城と並んで日本三大山城に選ばれています。自然の中にひっそりとたたずむ苔むした城壁は、その長い歴史を感じさせてくれると共に、自然の偉大さをもまざまざと見せてくれます。城址の麓には広大な「城跡公園」もあり、こちらものんびりと散策するのにぴったりです。

住所:岩村町字城山 電話番号:0573-43-3057(岩村歴史資料館)

坂折棚田―季節によって様々な顔を見せる棚田。どれも絶景!

時代をさかのぼること今から約400年前。江戸時代に入るころに築かれた棚田は、石を一つひとつ積み上げたものでその高さは1~3メートルです。季節によっても時間によっても全く異なる景色はなんど訪れても新鮮な気持ちで眺めることができる絶景です。棚田と言えばバリ島が有名ですが、日本の棚田も素晴らしいですね!

住所:恵那市中野方町782-1(棚田保存会) 電話番号:0573-23-2046(棚田保存会)

恵那「銀の森」-マイナスイオンの散策もおいしいランチも

自然を求めて恵那に来たのなら、ランチやスイーツも自然に囲まれて食べたいですよね。この銀の森には、イタリアンビュッフェのレストランや美味しいスイーツの楽しめるカフェ、旬の食材を使った日本料理店などに加え、ペット連れにはありがたいワンちゃんのごはんを提供しているお店もあります。

そしてお腹が満たされたら遊歩道へ!マイナスイオンを全身に浴びながらのんびり癒しの散策をしてください。運が良ければニホンカモシカに会えるそうですよ。お土産屋さんもありますので職場や友達へのお土産選びも楽々です。

住所:恵那市大井町2711-2 電話番号:0800-200-5095

阿木川ダム、阿木川湖-迫力満点のロックフィルダム観光

1991年に完成した高さ101.5メートルのロックフィルダムです。ロックフィルダムというのは、岩石や土砂を積み上げて造るタイプのダムなのですが、この阿木川ダムは上から見ると堤体がややカーブしているのが特徴で、ロックフィルダムでこの形をしているのは大変珍しいのです。

そしてこの阿木川ダムよってできた人造湖が阿木川湖です。ダムの右側にはレストランや公園があり自然を楽しむ人でいつもにぎわっています。夏には花火大会も開催され、地元の人の憩いの場になっています。

住所:恵那市東野字花無山2201-79 電話番号:0573-23-5295(阿木川ダム管理署)

農村景観日本一地区-自分のふるさとじゃなくてもどこか懐かしい観光地

岩村盆地の中に農家、田畑、土蔵などが点在する景観は、平成元年に京都教育大学の木村教授によって「農村景観日本一」と称されました。それを機に一気に知名度を上げ、今でも昔懐かしい光景を求めて日本中から観光客が訪れるスポットになっています。絶景!というよりも、しみじみと心に染み入るような癒しの光景をぜひ。

住所:岩村町冨田地区 電話番号:0573-43-3231(恵那市観光協会岩村支部)

寿老の滝-マイナスイオンを浴び放題!子どもが喜ぶ滝つぼも

西濃にあるのが「養老」ならば恵那にあるのは「寿老」です。高さは約10メートルとそこまで高くないので、「キャーキャー」と歓声を上げながら滝つぼで水遊びを楽しむ子どもさんでいつもにぎわっています。マイナスイオンを浴びて癒しのひとときをとうぞ。

住所:恵那市三郷町椋実 電話番号:0573-28-1001(恵那市三郷振興事務局)

矢作ダム、奥矢作湖-おすすめは春の観光。桜のトンネルがお出迎え

大迫力の矢作ダムと、それによって造られた人造湖である奥矢作湖です。ごうごうと流れ落ちる大量の水の迫力を体感したり、周囲の豊かな自然を味わうことができるスポットです。湖畔には千数百本のソメイヨシノが植えられ、4月の桜の季節になると桜のトンネルが登場します。

住所:愛知県豊田市閑羅瀬町東畑67番地(矢作ダム管理所) 電話番号:0565-68-2321(矢作ダム管理所)

大船神社の参道、松並木-ひっそりとした自然の中を散策

大船山山頂にある大船神社へと繋がる参道は、約4キロの美しい松並木になっています。自然いっぱいの中をマイナスイオンを浴びながらゆっくりと散策するのに最適です。かつて岩村城にいたお殿様が命令して作らせたと語り継がれるこの参道。当時に思いを馳せながら癒しのハイキングでもいかがでしょう?

住所:恵那市上矢作町 電話番号:0573-47-2111

かかしストリート-ユーモアにあふれたかかしがお出迎え

こちらは思わずくすっと笑ってしまいそうな微笑ましい観光スポットです。笠置町民が町おこしのためにかかしを作り、実際に田んぼなどに展示しているのですが、それがどれも本当にリアル!そしてどことなくユーモアにあふれているのが楽しいです。

私達が普段想像するかかしは人の形をしているものが多いですが、こちらのかかしは巨大熊やミミズクなど動物シリーズもあり、子どもさんを中心に大人気です。オリンピックアスリートをモチーフにしたかかしなどは、ちょっと離れたところから見ると「人かな?」と勘違いしそうなほど。時期的には稲刈りのあとの数か月のみになるので期間限定のお楽しみです。

住所:恵那市笠置町姫栗

笠置山-ヒカリゴケが見られるかも?頂上からの絶景をぜひ!

笠をかぶった弘法様が横になっている形から名付けられた笠置山(かさぎやま)。標高1,128メートルと初心者でも登れる山として人気ですが、相手は自然ですから装備は万全に。頂上までの登山道には、ピラミッド型の巨石があったり、アルプスを一望できるスポットがあったりと楽しみながら登ることができます。ヒカリゴケも見られるそうですよ。

住所:恵那市中野方町

いろんな自然がお出迎え。恵那で200%癒しの観光を

迫力ある自然、しみじみとした自然、そして歴史を感じさせる自然…いろいろな自然が揃っているのが恵那観光の魅力です。東京や名古屋からのアクセスもいいので、都会に疲れた人が多く観光に訪れるのも納得ですね。次のお休みには恵那で大自然を満喫する旅なんていかがでしょう?

そむたむまくら
ライター

そむたむまくら

食べ歩き旅行が大好きで、日本でも海外でも一人でどんどん出かけていきます。旅行のお供はいつもミステリー小説です。

関連記事

人気記事ランキング