地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

本栖湖のおすすめキャンプ場は?温泉やシャワーまであるコテージなど!

本栖湖のおすすめキャンプ場は?温泉やシャワーまであるコテージなど!

富士山の眺望が素晴らしい本栖湖は、おすすめのキャンプ場が点在しています。本栖湖のキャンプ場は、コテージやバンガローも整備されていて小さなお子様連れでも安心してキャンプを楽しむことができます。そこで温水設備も完備された本栖湖のおすすめのキャンプ場を紹介します。

富士山が見える本栖湖はキャンプ場がおすすめ見出し

本栖湖周辺には、キャンプ場が4箇所ほどあります。首都圏からも1時間30分から2時間と近いこともあって、本栖湖のキャンプ場はとても人気があります。夏になると、多くのキャンパーがこの本栖湖のキャンプ場に訪れます。そこで、首都圏のキャンパーに人気な本栖湖のキャンプ場をご紹介します。

本栖湖のキャンプ場がおすすめな理由見出し

ここ本栖湖のキャンプ場が人気があるのはやはりここ本栖湖からの富士山の眺めではないでしょうか。どちらのキャンプ場からも富士山を眺めることができるます。朝靄に浮かぶ富士山も夕焼けに染まる富士山もここ本栖湖のキャンプ場で楽しむことができます。また、四季折々に移り変わっていく富士山の眺めを楽しむこともできます。

本栖湖のキャンプ場は、湖畔サイトだけではなく林間サイトにもテントスペースがあるので、色んな情景を楽しめるキャンプ場です。林間サイトでは、森林のマイナスイオンも体感できます。本栖湖のキャンプ場では、コテージやバンガローなど施設もあるキャンプ場もあるため、小さなお子様連れのご家族でも安心して利用することができます。

本栖湖でおすすめのキャンプ場①本栖湖キャンプ場見出し

本栖湖でおすすめなキャンプ場としては、ここ本栖湖キャンプ場は外せないでしょう。昭和23年に開場ということで歴史も古く、本栖湖の中でも人気実力ナンバーワンと言っても過言ではないでしょう。4月1日から11月30日までの営業となり営業期間中は無休になります。チェックインは13時、チェックアウトは11時となっています。テントサイトの利用は1人用1500円から2人用3000円となります。

本栖湖キャンプ場には、バンガローやコテージ、ロッジの宿泊施設もあります。利用料金は、バンガロー(4畳)(5畳)5250円からバンガロー(12畳)12600円、コテージは18900円、ロッジは26250円となっています。その他、本栖湖キャンプ場は温水シャワー等の設備も充実しています。

富士山おすすめキャンプ場ガイド!子供と一緒に自然を満喫しよう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
富士山おすすめキャンプ場ガイド!子供と一緒に自然を満喫しよう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
富士山の周辺でおすすめのキャンプ場情報をご紹介していきます。富士山の周辺には定番の人気のキャンプ場からコテージが人気のスポット、無料で楽しめるキャンプ場など色んな場所があります。子連れで楽しめるキャンプ場もあるので、是非参考にしてみて下さい。

本栖湖でおすすめのキャンプ場②浩庵キャンプ場見出し

浩庵キャンプ場は、フリーサイトのため予約は必要ありません。こちらの浩庵キャンプ場は、湖畔エリアと林間エリアに分かれています。通年営業になりますがキャビンは4月より11月までの営業となります。こちらのキャンプ場は、温水シャワーは当然ですが、お風呂も完備されています。炊事棟もきれいなので、女性にも喜ばれています。

コテージやバンガローはありませんが、キッチン付キャビンがあります。利用料金は、16800円(6人用)から31500円(10人用)となっています。近くには立ち寄り温泉もあります。湖畔サイトは、水辺で爽やかな風も吹き人気ですが湖に向かって傾斜があるので、テント設営などはちょっと大変かもしれません。とちらのキャンプ場は、ペットは不可となっています。

河口湖のおすすめキャンプ場ガイド!湖畔で自然を堪能して非日常を味わおう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
河口湖のおすすめキャンプ場ガイド!湖畔で自然を堪能して非日常を味わおう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本一の山「富士山」の近くにある河口湖は、遠方の方も訪れる観光スポットです。河口湖近くには温泉やキャンプ場もあるので、ゆっくり休日を楽しめます。広大な自然に囲まれた河口湖には、自然を満喫できるキャンプ場が多いことでも有名です。

本栖湖でおすすめのキャンプ場③本栖湖いこいの森キャンプ場見出し

本栖湖の湖畔に広がるキャンプ場です。ホームページもしっかりとしたものがあるので、情報も取りやすいです。カヌーやカヤックにも力を入れているようです。営業期間は、4月から11月になります。基本的に、定休日はありませんが不定休なので、行く前に必ずホームページを確認しましょう。テントサイトは、1泊1区画2000円から3000円(税別)になります。

コテージはありませんが、バンガローはあります。バンガローは6畳5000円から12畳9000円(税別)になります。また、本館にも宿泊施設もあります。1泊11000円(税別)となります。こちらのキャンプ場は、バーベキューコンロやダッチオーブン、ホットサンドメーカーまで貸し出しています。温水シャワーも完備されています。

本栖湖でおすすめのキャンプ場④本栖レークサイドキャンプ場見出し

本栖レークサイドキャンプ場は、湖畔サイトと林間サイトがあるキャンプ場になります。湖畔サイトは、営業期間は、ゴールデンウィーク中と6月24日から8月31日までと短いため、予約必須のキャンプ場になります。テントサイトは、1泊1張り1130円となります。駐車代金は1130円となっています。デイキャンプをする際は、1泊1張り1130円となります。

温水シャワーは有料で3分100円になります。お風呂はありません。チェックインは朝の7時からと早くチェックアウトは12時で比較的ゆっくりできます。コテージはありませんが、バンガローの施設はあります。利用料金は、4畳5400円から8畳12900円となっています。バンガロー利用の場合、何泊でも駐車料金は500円となります。

山梨でグランピングするならココ!おすすめの施設や料金を詳しく紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
山梨でグランピングするならココ!おすすめの施設や料金を詳しく紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
手ぶらで快適なワンランク上のキャンプが楽しめる、今話題のグランピング。豊かな自然に恵まれた山梨には、グランピングが楽しめるキャンプ場がいくつもあります。ここではその中から山梨の人気グランピングを紹介しましょう。キャンプの際にはぜひ参考にしてください。

本栖湖でおすすめのキャンプ場⑤SUMIKA CAMP FIELD見出し

ここSUMIKA CAMP FIELDは、もともとは本栖湖スポーツセンターのキャンプサイトとして開場していました。2017年春に名称変更とともに、新しいキャンプ場として生まれ変わったばかりのキャンプ場です。こちらは、キャンプ初心者の方のためにテントの設営やガス器具の使い方まで教えてくれる手ぶらプランというものがあるようです。用意するのは、食材とお飲物だけというお手軽プランです。

シャワーは温水で男女別になりますが、現在は準備中とのことです。本栖湖スポーツセンターの大浴場に空きがある場合は利用が可能なようです。テントサイトは、2500円からでデイキャンプは500円となっています。コテージやバンガローはありませんが、グランピングサイトという6名まで利用できる大きなビックテントが常設されています。利用料金は、時期によりことなりますが、20000円からとなります。

本栖湖でコテージに泊まるならここがおすすめ見出し

コテージは、トイレやユニットバス、流し台などの水回りが設置されているので、小さなお子様連れの場合は非常に利用しやすい施設です。コテージを利用するのであれば、本栖湖キャンプ場を選択することになりそうです。温水シャワーだけでなく、ユニットバスもついているコテージは快適でしょう。

Photo by alberth2

コテージの利点は、虫嫌いのお子様にも安心して利用できる点でしょうか。本栖湖キャンプ場のコテージは綺麗に整備されていて気持ち良く過ごすことができるでしょう。雨の日もコテージなら心配ありませんし、最終日のテントの撤収もありませんので楽ですね。

本栖湖でバンガローに泊まるならここがおすすめ見出し

バンガローはコテージのような水回り設備はありませんので、シャワーは共同の温水シャワーなどを利用することになります。それでも、バンガローはテントと違って雨風をしのげるのは安心できますね。キッチン付きのキャビンなどの宿泊設備があるキャンプ場もあります。

本栖湖でバンガローを利用したい場合は、本栖湖キャンプ場、本栖湖いこいの森キャンプ場、本栖レークサイドキャンプ場を利用すると良いでしょう。その他、キッチン付きのキャビンは、浩庵キャンプ場にあります。コテージよりも安い金額で利用できるバンガローは、いいかもしれませんね。

本栖湖でペットOKなキャンプ場はここがおすすめ見出し

本栖湖周辺のキャンプ場で、浩庵キャンプ場を除く本栖湖キャンプ場、本栖湖いこいの森キャンプ場、本栖レークサイドキャンプ場、SUMIKA CAMP FIELDはペットと同伴してキャンプを楽しむことができます。ペットは家族も同然ですから一緒にキャンプを楽しみたいですよね。

本栖湖のほとんどのキャンプ場は、ペット同伴可となっていますが、ルールは守りましょう。ペットの糞の処理は必ず行い、キャンパーみんなが快適に過ごせるようにしましょう。また、ペットを野放しにすることなく必ず、リードを付けて散歩するように気をつけましょう。

本栖湖のキャンプ場の楽しみ方見出し

本栖湖のキャンプ場では、富士五湖の中でももっとも透明度も高いことで有名です。そのため、ダイビングをはじめとして色んなマリンアクティビティを楽しむことができます。また、火を囲んでみんなで語らうだけでも楽しいひとときを過ごせるはずです。

こういうキャンプ場を訪れた際は、少し料理にこだわってみると、より一層楽しむことができます。コーヒーもインスタントコーヒーではなく、お湯を沸かしてドリップしてみると良いですよ。マイナスイオンの空気の中で飲むドリップコーヒーは格別です。

キャンプ初心者におすすめの用品や必需品は?よくある失敗&準備方法まとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
キャンプ初心者におすすめの用品や必需品は?よくある失敗&準備方法まとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
今年はキャンプをしてみたいなと思っているキャンプ初心者におすすめ情報です。定番のキャンプ用品・必需品。キャンプでよくある失敗からの対策。初心者にわかりやすく、キャンプ当日までを含めた準備方法を紹介します。キャンプ用品を準備して安全にキャンプを楽しみましょう。

今年のキャンプは本栖湖のキャンプ場で決まり!見出し

本栖湖には、歴史も古く有名なキャンプ場もあったり、最近、リニューアルオープンしたようなキャンプ場もあったりと話題が豊富です。こちらの情報を参考に、ぜひとも今年は本栖湖のキャンプ場を訪れてはいかがでしょうか。

投稿日: 2017年7月16日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote