地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

福山バラ祭りの見どころは?屋台やパレード・ライトアップも魅力的!

50年の伝統を持つ「福山バラ祭り」は、5月のバラが満開になる頃福山市で盛大に開催されます。地元市民やボランティアの協力で、様々なイベントや香しいバラの花を楽しむ事が出来るイベントです。パレードや屋台、ライトアップされたバラ園など見所一杯の「福山バラ祭り」です。

「福山バラ祭り」って?見出し

「福山バラ祭り」は、5月満開のバラの中行われる福島市の盛大なお祭りです。パレードやゲストを招いてのステージ等、屋台グルメやストリート・パフォーマンス等見どころ満載です。福山駅前から商店街や複数の公園を開催場所として、様々な催しが繰り広げられます。そんな大人から子供まで楽しめる場所「福山バラ祭り」について、詳しくご紹介したいと思います。

「福山バラ祭り」会場への行き方見出し

「福山バラ祭り」会場への行き方は、福山駅から有料の臨時バスが運行されるので便利です。バラ祭り当日は福山駅前に案内コーナーが設置されますので、困った時には利用すると良いと思います。お車では福山東ICより約20分で行く事が出来ます。駐車場は各会場の普段の場所は利用出来なくなり、バラ祭りの臨時駐車場が準備されています。

「福山バラ祭り」の歴史見出し

元々広島県福山の街にバラの花が植えられたのは、1945年8月8日に空襲によって街の8割が焼け野原になった困難を乗り越えようとしたのが始まりでした。市民と行政が協力して現在のバラ公園にバラの苗を1000本植えたのが『バラのまち福山』の始まりだったのです。1956年にバラの愛好家47人によって「バラ展示会」が開催されたのが「バラ祭り」の始まりです。

1956年から始まった「バラ展示会」は、1968年からは「バラ祭り」と名を変えて開催される様になりました。この当時のバラ祭りは、バラの展示と共にお茶席を設けたり琴の演奏を楽しんだりしていました。満開のバラの中で、優雅な時間を過ごしていた事でしょう。そして、年々バラ祭りの規模は大きくなって行きました。

バラ祭りが段々盛況になって来た矢先、1995年1月に阪神淡路大震災が起こりました。その年のバラ祭りでは支援コンサートが行われ、ローズマインドの「思いやり・優しさ・助け合いの心」が発揮されたバラ祭りになりました。そしてその精神は、今も「福山バラ祭り」の基本精神として受け継がれています。

2017年の50周年「福島バラ祭り」では、84万人の来場者を記録しました。地元市民だけではなく、県内県外から多くの人々が訪れました。始まりはバラの愛好家による小さな「バラの展示会」、それが今では有名ゲストを招いての盛大な「福島バラ祭り」となりました。昔の人々は、まさかこの様な大きなバラ祭りになるとは思いもよらなかったでしょうね。

「福山バラ祭り」パレード見出し

「福山バラ祭り」の見どころの一つにパレードがあります。妙法寺前交差点から緑町公園までを様々なグループが、魅力的なコスチュームや楽しいコスチュームでパレードをします。パレードでは「ミスばら」や広島県内のミス達が、花車に乗って手を振ってくれます。お祭りが一層華やかになりますね。

パレードでは、地元青年団がはっぴを着て神輿を担ぐ勇ましい姿も観る事が出来ます。普段の若者の姿とは少し違う、凛々しい姿に感動する事でしょう。日本の伝統文化はどこで観ても、古くから伝わる日本人の魂みたいな物が感じられていいものです。この場所で披露する為に、時間を合わせ準備して来たのでしょうね。

日本の伝統を見るかと思えば、カラフルな衣装に身を包んで楽しいダンスを披露してくれるチームもあります。毎年沿道には多くの観客が訪れ、拍手や声援で大いに盛り上がります。バラ薫る初夏のひと時、福山の街はバラ公園を中心に多くの人々で賑わいます。福山駅から緑町公園への一帯はバラの香りに包まれ、この時期バラ一色になります。

「福山バラ祭り」ライトアップ見出し

「福山バラ祭り」の開催期間の約1週間前から、バラ公園にはライトアップが施されて夜の時間もバラを楽しむ事が出来ます。日没後の光に包まれたバラの花と香しい香りを楽しむ夜の散歩も、中々風情があっていいと思います。ライトアップは、午後6時30分から10時まで施されます。ライトアップが始まると、バラ祭りもカウントダウンに入ります。

バラの花壇を照らし出すだけではなく、バラのアーチ等にもイルミネーションが取り付けられています。昼間とは違い、まるでおとぎの世界に迷い込んだような幻想的な風景になります。バラは花の美しさだけではなく、甘く香しい天然の香りと共に咲くのでより魅力的ですね。ぜひ、夜のバラ公園も満喫して頂きたいと思います。デートにもおすすめです。

「福山バラ祭り」イベント&ゲスト見出し

「緑町公園」には大きなステージがあって、ほぼ一日中イベントが開催されています。ダンスや様々なパフォーマンスが繰り広げられ毎年大盛り上がりです。そして皆が楽しみにしているゲストショーも、ここで観る事が出来ます。去年2016年はAKB48のチーム8からメンバーがゲストとして来場しました。2017年は、ゲスト吉田山田のパフォーマンスで盛り上がりました。

「福山大道芸グランプリ」として、福山駅周辺の商店街や「中央公園」で大道芸を観る事が出来ます。街頭の大道芸はライブ感たっぷりで見応えがあり、毎年大勢の来場者や通りがかりの人々は時間を忘れて楽しんでいます。2017年の商店街では、折りバラのプレゼントや街角音楽祭等が催されました。通りには、バラのオブジェが飾られ雰囲気を盛り上げます。

「福山バラ祭り」屋台グルメ&雑貨見出し

緑町公園内や付近は、多くの屋台で賑わいます。地元の商店やボランティアの屋台など盛りだくさんです。お腹が空いたら、是非お気に入りの食べ物を見つけて楽しんで下さいね。緑町公園では、将来の自分へ向けた手紙(ドリーム・レター)や綿菓子作り等の楽しいイベントも盛りだくさんです。お子さんからお年寄りの方まで楽しい時間を過ごせる場所です。

「福山バラ祭り」では、バラに関する食べ物やグッズも沢山屋台で販売されています。バラの花の香り漂う会場では、やはり何かバラ風味の物を屋台で食べたいですね。バラの香りのするアイスやスイーツはお勧めです。ゲストの登場するステージを楽しんだ後は、美味しいグルメで満喫して下さい。お腹を満たしてくれる屋台フードが沢山並んでいます。

緑町公園のローズヒルがある場所では、ばらグッズミュージアムと言ってバラ雑貨を買う事が出来ます。バラの香りの雑貨やバラの花を素材にしたグッズ等、色々と可愛く素敵な商品が並んでいます。可愛い雑貨好きの方には特におすすめのコーナーです。芝生の広場「ぶちうま広場」では、色々なグルメが楽しめます。

「福山バラ祭り」周辺ランチ処:ぴあっと志万多見出し

「福山バラ祭り」を楽しんだ後に、レストランで落ち着いて食事をしたいと思われる方にお勧めしたいのが「ぴあっと志万多」です。腕の良いシェフが作る、美味しいお料理が頂けるイタリアンレストランです。どの料理を選んでも間違いが無いと評判の人気店です。「福山バラ祭り」にお出かけになられた際には、是非立ち寄ってみて下さいね。

「ぴあっと志万多」の営業時間は、11時30分からラストオーダーが14時迄です。夜の営業時間は、18時からラストオーダーが21時30分迄です。定休日は毎週水曜日となっています。貸し切りも出来ますし、福山駅から歩いて約10分程の便利な場所に在りお勧めです。「福山バラ祭り」を満喫して駅に向かう途中に立ち寄るのに便利です。

住所:広島県福山市延広町7-1 電話番号:084-921-2990

「福山バラ祭り」周辺ランチ処:ねぎ房'Z見出し

もう一軒お勧めしたいのがお好み焼きの「ねぎ房'Z」です。福山駅のすぐ近く、歩いて約3分位の所に在ります。モダンな感じのお店と言うよりは、昔ながらの落ち着いた雰囲気で清潔な感じのお好み焼き屋さんです。しっかり水分を抜いて焼き上げたお好みは、ふんわりしてとても美味しいです。利便性の良い場所に在りますし、是非お勧めしたいです。

「ねぎ房'Z」には、詳しくお好み焼きの作り方が書かれたメニューもあります。お好み焼き以外にも鉄板焼きのメニューがあるので、ビールと一緒に楽しむのもお勧めです。営業時間は、11時から15時(ラストオーダーは14時30分迄)です。午後の営業時間は、17時から21時30分(ラストオーダーは21時迄となっています。日曜日が定休日です。

住所:広島県福山市伏見町3-25 電話番号:084-928-2720

「福山バラ祭り」へ行こう見出し

福山市の「福山バラ祭り」の歴史や行き方、見どころや魅力等をお伝えして来ましたが如何でしたでしょうか。50周年で大盛況の「福山バラ祭り」ですが、永年の歴史を知るとこれからも続いていって欲しいお祭りの一つです。毎年違ったゲストも来場するので楽しみですね。「福島バラ祭り」に行かれたら、思う存分楽しい想い出を作って頂きたいと思います。

投稿日: 2017年8月29日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote