地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

新原ビーチの魅力!グラスボートやシュノーケルがおすすめ!

新原ビーチの魅力!グラスボートやシュノーケルがおすすめ!

沖縄本島南部にある「新原ビーチ」は、南部のビーチとしては随一の大きさと透明感を誇るビーチです。遠浅のビーチは、子供連れでも大いに楽しめシュノーケル遊びや、マリンスポーツも楽しめます。「新原ビーチ」の干潮時には、海辺の生物も豊富で採集も楽しむ事が出来ます。

「新原ビーチ」って何処にあるの?見出し

沖縄本島の南城市玉城の「新原ビーチ」(みーばるビーチ)は、白い砂浜と遠浅の広々とした美しい穴場とも言えるビーチです。グラスボートやシュノーケル等、様々なマリンスポーツも楽しめる人気のビーチです。「新原ビーチ」ならではの魅力もたくさん有ります。そんな「新原ビーチ」のお勧めや魅力について、詳しくご紹介して行きたいと思います。

「新原ビーチ」へのアクセス見出し

「新原ビーチ」へのアクセスは、那覇空港からモノレールに乗車して「旭橋駅」で下車し、那覇バスターミナルから39番の百名線に乗車して「新原ビーチ」のバス停で下車します。バス停からビーチまでは徒歩約2分です。お車では、那覇空港自動車道南風原南ICから国道507号線に乗り県道48号に乗り、次に国道331号線を新原へ向かいます。那覇空港から車で約60分です。

「新原ビーチ」駐車場は?見出し

お車で行かれた場合、気になるのが駐車場の事だと思います。「新原ビーチ」には残念ながら無料の駐車場は有りません。でもビーチの周辺には、一日500円で停められる有料駐車場が有ります。一日500円なら、安心して利用出来ると思いますのでご利用下さいね。都心の有料駐車場と比較するとお安いですね。

「新原ビーチ」の魅力見出し

「新原ビーチ」は南部のビーチで一番大きなビーチ、透明感も抜群とくればそれだけでも魅力的です。そして「新原ビーチ」は人工のビーチでは無く、リゾート開発されていない天然の穴場ビーチなのです。遠浅で干潮時には様々な生き物を鑑賞又は採取する事が出来、子供さんにとっても楽しい浜辺と言えます。沖縄の自然風景もパノラマで楽しむ事が出来ます。

「新原ビーチ」みーばるマリンセンターで楽しもう見出し

リゾート開発されていない天然のビーチと言いましたが、「新原ビーチ」を100%楽しめる様にお手伝いをしてくれる施設『みーばるマリンセンター』は有ります。『ミーバルマリンセンター』には、マリンジェットやビッグマーブル、バナナボート等でビーチを楽しむ様々なアイテムが揃っています。透明感のある水なので、グラスボート等も楽しめます。

「新原ビーチ」みーばるマリンセンター見出し

グラスボート

「新原ビーチ」に来たのはいいけど、潜るのも泳ぎも得意ではないと言う方にお勧めなのが『グラスボート』です。船の底がグラスになっていて、海の中が手に取る様に見えるのです。約20分間の、天然の水族館巡りと言った感じです。カクレクマノミやハリセンボン、ツノダシ等の魚にも遭える事があります。料金は大人1500円、小人800円です。

マリンスポーツ

「みーばるマリンセンター」では、7月から9月の夏の期間、マリンスポーツを楽しむ事が出来ます。マリンジェット(3500円)やバナナボート(2000円)、ビッグマーブル(2000円)等を満喫するお手伝いをしてくれます。空いていれば当日申し込みも出来ますが、予約された方が安心です。下記の電話番号に連絡して下さいね。シーズン外の対応もしているそうです。

沖縄県南城市玉城字百名1599-6 電話番号:098-948-1103

「新原ビーチ」海の生き物との触れ合い見出し

「新原ビーチ」には様々な生き物が生息しているので、グラスボートで観るのも楽しいですし、シュノーケルをつかって自分で潜って生き物と触れ合うのもお勧めです。夏の干潮時には、約1キロ先の沖まで歩いて行ける様になります。岩場ではウニやカニ、貝等も居るので潮干狩りが楽しめます。穴場のビーチで思う存分楽しんで下さい。

「新原ビーチ」周辺の名所:知念岬見出し

「新原ビーチ」から車で約11分の所に絶景が拝めるスポット『知念岬』が有ります。陽射しを避ける事の出来る東屋が二つ建っているだけの公園ですが、この岬からの風景は最高です。分かり辛い場所に在るので、穴場スポットとも言えるのではないでしょうか。ちょっとしたお散歩コースにもなっているので、地元の人々の憩いの場となっています。

『知念岬』は沖縄本島の南城市の最も東に有るので、朝日を観る場所としても最高のロケーションです。朝日から日中のコバルトブルーの海、そして暮れなずむ海の色に、夜間は満天の星が天から落ちて来る様に輝きます。息を呑む様な光景を観る事が出来る穴場スポット『知念岬』、是非チェックしてみて下さい。

「新原ビーチ」お食事処:食堂かりか見出し

映画のワンシーンに出て来そうな、素朴な看板が目を惹きます。ビーチカフェ『食堂かりか』は、ネパールのカレーを中心に、美味しいランチやデザートが頂けるカフェです。浜辺で海を眺めながら、まったりと食事を楽しむ事が出来ますよ。潮風に吹かれながらビーチで食事をするなんて夢の様ですね。シュノーケルやグラスボートを楽しんだ後の休憩にもお勧めです。

『食堂かりか』のカレーは、ネパールカレーで野菜がたっぷり入った濃厚で風味豊かなカレーです。じっくり煮込まれた、野菜の旨みがしっかり効いたカレーです。カレーの他には、チャイやラッシー、かき氷も頂く事が出来ます。白い砂浜で潮風に吹かれながら楽しい時間を過ごして下さい。テイクアウト出来るカレー弁当もあって、自由に好きな場所で食べる事も出来ます。

ネパール出身のシェフが、腕によりをかけて作るカレーは絶品です。フレンドリーで優しいシェフも人気の的です。『食堂かりか』の営業時間は10時から22時まで、定休日は水曜日の夜と台風や大雨の日だそうです。お天気次第で定休日が決まる所がなんともスローライフ的でいい感じですね。お食事だけする場合は、『食堂かりか』の無料駐車場に停める事が出来ます。

住所:沖縄県南城市玉城百名1360 電話番号:050-5837-2039

「新原ビーチ」周辺のカフェご紹介見出し

海の展望台「シーサイドカフェ」

『海の展望台・シーサイドカフェ』からは、サンゴ礁の美しい海を眺める事が出来ます。テラス席や双眼鏡が備わった席も用意されています。新原ビーチや百名ビーチへ行く途中の高台にある展望カフェです。『海の展望台・シーサイドカフェ』の営業時間は、9時から日没までとなっています。定休日は不定休となっていて、台風などの悪天候の時はお休みとなります。

浜辺の茶屋

シュノーケルやマリンジェットで思い切り遊んだ後は、『浜辺の茶屋』で腹ごしらえやティ―タイムは如何でしょうか。海を眺めながら、ゆったりと時を過ごす事が出来ます。心地良い波の音で癒される事間違いなしです。店内では、ライブや生演奏も楽しむ事が出来ます。楽しい海辺の想い出を『浜辺の茶屋』で作って下さい。

『浜辺の茶屋』には、南に面した所に大きな窓があって大きく開け放たれています。お天気の良い日には、そこから刻々と表情を変える美しい海を眺める事が出来ます。満潮時には海のさざ波の音、干潮時には広大な干潟が姿を現します。『浜辺の茶屋』の営業時間は、10時から20時年中無休となっています。専用駐車場も完備されています。

山の茶屋・楽水

『山の茶屋・楽水』では、野菜中心のヘルシーメニューが頂けます。最高の景色を眺めながら、ゆったりとお料理を頂く事が出来ます。そして、お天気の良い日の夕暮れ時になると夕陽も観る事が出来るのが『山の茶屋・楽水』のお勧めポイントです。「浜辺の茶屋」の後ろから続く丘陵地帯には、「さちばるの庭」と言う庭も広がり散策にもお勧めです。

「浜辺の茶屋」と同じオーナーが経営するのが、『山の茶屋・楽水』です。「浜辺の茶屋」も高台にあるのですが、こちらはもっと高台にあるので眺望もより素晴らしい穴場カフェです。2階立てになっていますので、是非2階からの眺めを楽しまれる事をおすすめします。『山の茶屋・楽水』の営業時間は、11時から18時です。定休日は木曜日となっています。

Cafeやぶさち

『カフェやぶさち』で特にお勧めなのが、腕の良いパティシエが店内で作るスイーツです。ショーケースに並んでいるケーキはテイクアウトも出来ます。勿論ランチメニューも豊富で美味しいお料理ばかりです。レストランウエディングも受け付けている、『カフェやぶさち』の店内は白を基調としたお洒落な雰囲気です。シュノーケルで遊んだ後に如何ですか?

ロケーションカフェを名乗るだけあって、カフェからの景色は絶景です。特に夏になると海の色がコバルトブルーになり、うっとりする様な風景を眺めながらお食事をする事が出来ます。『カフェやぶさち』のある辺りは、昔から神聖な場所として崇められていてパワースポットとなっています。ぜひ『カフェやぶさち』で素晴らしいひと時をお楽しみ下さい。

沖縄南部のカフェ特集!おすすめのランチを絶景の海を見ながら楽しもう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
沖縄南部のカフェ特集!おすすめのランチを絶景の海を見ながら楽しもう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄南部には個性的なカフェがたくさんあります。その中でも特におすすめなのは、海が見えるカフェ。青い空と青い海、白い砂浜に囲まれた絶景のカフェで、素敵なランチタイムを過ごしてみてはいかがですか?沖縄南部のおすすめカフェをご紹介します。

「新原ビーチ」へ行こう見出し

沖縄南部の穴場、手つかずの自然が残る絶景ビーチ「新原ビーチ」をご紹介して来ましたが如何でしたか?ビーチの楽しみ方や駐車場、周辺のカフェ等もご紹介しました。周辺のお食事処やカフェも充実していますので、ぜひ自然の残る穴場ビーチ「新原ビーチ」を心ゆくまで楽しんで頂きたいと思います。水質が良いのでシュノーケル遊びやグラスボートはお勧めです。

投稿日: 2017年9月12日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote