地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

「道の駅いとまん」は最南端にある!糸満ならではのお土産や食事も充実!

「道の駅いとまん」は最南端にある!糸満ならではのお土産や食事も充実!

沖縄本島の最南端にある「光」と「緑」と「祈り」の町、糸満市は南山城跡等の史跡やひめゆりの塔等の慰霊碑で有名ですが、糸満ならではのお土産や食事等が充実した「道の駅いとまん」も有名なのです。全国で1117駅もある「駅の内」の一つ「道の駅いとまん」を紹介します。

最南端・糸満の「道の駅いとまん」を満喫しよう!見出し

沖縄県の最南端に位置する糸満は「海人・ウミンチュ」漁師の町です。また日本で唯一地上戦があった沖縄で、沖縄戦終焉となった土地でも有名です。そんな糸満には沖縄県内最大の「道の駅」の「道の駅いとまん」があります。糸満ならではのお土産や食事等が充実した、とても便利な施設の「道の駅いとまん」について紹介していきます。

「道の駅」の役割と特徴見出し

「道の駅」では、安全で快適に道路を使用出来るような道路交通環境と、地域の活性化を目的とした便利な施設で「地域と共に作る個性豊かなにぎわいの場」を提供しています。全国1117駅もある「道の駅」毎に、その地域の食事や文化等の情報発信やイベントを開催する事で、利用者も楽しめるような地域の活性化を目指しています。

「道の駅」には3つの機能があります。「休憩機能」のトイレや24時間無料の駐車場を提供する機能、「情報提供機能」の道路や観光、そして緊急医療についての情報を提供する機能、「地域連携機能」の文化教育や観光レクリエーション等の施設を設けて他の地域と連携していく機能の、3つの機能に分かれて便利なサービスを届けています。

その地域のグルメや温泉・オートキャンプ場・道の駅弁当・切符等が販売されています。全国の「道の駅」を都道府県別に探せて、それぞれの「道の駅」の周辺地図・レストラン・ニュース・口コミ情報・近くの温泉・ホテル・旅館等を調べる事が出来てとても便利です。九州・沖縄ブロックの「道の駅」連絡会情報は下記の通りです。

住所:佐賀県三養基郡基山町大字宮浦185-2・ハピネス基山ステーション201 電話番号:0942-50-8890

最南端・糸満の歴史と文化見出し

糸満市には琉球王府以前の三山時代に栄えた南山城跡や具志川城跡等、40ヶ所の「グスク」など沢山の史跡が残されています。「グスク」とは古い城跡の事で、祈りの場や聖なる空間を指す言葉でもあります。また喜屋武の巨石カサカンジャー・白銀堂周辺の巨石等、謎が残る不思議な史跡もあり、沖縄独特の神観念を感じる事が出来ます。

日本で唯一住民を巻き込んで地上戦があった沖縄で、沖縄戦終焉となった土地が最南端の町、糸満でした。激戦地となった摩文仁の丘や南部の海岸線は、戦後、日本で唯一の戦跡国定公園に指定されました。今は、時代と共に美しい緑で一杯の鎮魂の森となり、ひめゆりの塔をはじめ120を越える慰霊塔や平和祈念資料館等が建てられています。

新月はチータチ・旧暦の1日、満月はジューグニチ・旧暦の15日と、月の満ち欠けや潮の満ち引きで年月を数えて、海のリズムに沿って漁に出る暮らしを送ってきた糸満の人々の間には今も正月旧暦文化が息づいていて、マチグヮー市場は旧正月前に最も活気づき、港の漁船も正月三ヶ日には色鮮やかな大漁旗を掲げて新年を祝ったりします。

最南端・糸満の「道の駅いとまん」見出し

沖縄県の最南端に位置する「道の駅いとまん」には、野菜やフルーツ等産直市場の「JAファーマーズマーケットいとまん・うまんちゅ市場」、鮮魚や海産物の「糸満漁業協同組合お魚センター」、お土産店やフードコートが並ぶ「糸満市物産センター遊食来・ゆくら」、レストラン等があり毎日多くの人が訪れて賑わいます。

「道の駅いとまん」の糸満市観光協会では「道の駅」の関連グッズを販売しています。「道の駅きっぷいとまん」きっぷは180円でJAF会員様カードご提示で100円です。沖縄の観光とインフラについて理解してもらうために配布している「インフラカード」は無料です。「道の駅いとまん」の前の「国道331号線記念ステッカー」は500円です。

「道九州・沖縄道の駅公式スタンプブック」は300円です。「道の駅きっぷホルダー」は1500円で、中のフィルムは1枚200円です。「最南端証明書ポストカード」は100円でJAF会員様カード提示で50円です。「道の駅いとまん」内には郵便ポストがあるので、そのまま投函する事が出来ます。尚、切手は売っていないので持参して下さい。

最南端・糸満の「道の駅いとまん」うまんちゅ市場見出し

「ファーマーズマーケットいとまん・うまんちゅ市場」は地元で作られた農産物を地元で消費する、地産地消を目的としています。「うまんちゅ市場」の名前は「うまんちゅ」の意味である、万人単位の沢山の人々からきていて、大勢の人達に親しまれる市場を目指しています。新鮮さ、安心感、そして産直の安さが自慢です。

ゴーヤーは、沢山の人が沖縄やゴーヤーチャンプルーを思い浮かべる通り、沖縄野菜の代表です。ゴーヤーは熱帯アジアが原産でニガウリとも呼ばれ、九州・沖縄で多く栽培されていますが中国を経て入って来ました。今では夏バテに効く健康野菜・ダイエット食品として有名になりました。「うまんちゅ市場」もご覧の通りゴーヤーだらけです。

全国各地で栽培されているのは、育てやすいオレンジ色の西洋系人参ですが、沖縄県では黄色で西洋系より細長い東洋系の「島ニンジン」も栽培されています。人参は風邪の予防・目の疲れ・美容に良いカロテンを沢山含んでいる野菜です。「うまんちゅ市場」の営業時間は午前9時から午後7時迄で、定休日は正月3日間と旧盆1日です。

住所:沖縄県糸満市西崎町 4-19-1 電話番号:098-992-6510

最南端・糸満の「道の駅いとまん」マンゴーまつり 見出し

沖縄本島で、マンゴーが最盛期となる7月15日はマンゴーの日で、沖縄各地のマンゴー生産管理地でイベントが催されます。「ファーマーズマーケットいとまん・うまんちゅ市場」でも、旬を迎える糸満産の甘いマンゴーのイベントとして毎年7月に「マンゴーまつり」が開催され、多くの親子連れや観光客で賑わいます。入場料は無料です。

「マンゴーまつり」ではマンゴー試食会、マンゴーやジュースの販売会、マンゴーコンテスト、おたのしみ抽選会等色々盛り上がるマンゴーづくしのイベントが一杯です。農園直送なので新鮮で糖分が多く甘いマンゴーは1個300円位から売っていて他と比較しても大分お得です。甘いマンゴーが食せるシーズンは7月から8月迄です。

マンゴーはパイナップルやドラゴンフルーツ等、沖縄県を代表するフルーツの一つで、本土の様に高級食品では無く沖縄庶民の普通の食べ物です。「マンゴーまつり」では、マンゴージュース・マンゴーゼリー等、南国の味を楽しめます。マンゴーの食べ頃等の説明やマンゴーの切り方、見分け方の説明もあります。アップルマンゴーが有名です。

最南端・糸満の「道の駅いとまん」お魚センター見出し

糸満漁業組合が運営する「お魚センター」は、組合員11店舗が店を並べ毎日新鮮な魚介類を皆さんに届けています。糸満漁港で朝セリにかけられた魚を中心に、加工品や惣菜等の販売をしています。魚を1尾丸ごと買う場合はその場で魚をさばいてくれたり、魚のさばき方を知りたい人には、さばき方を教えてくれたりします。

「道の駅いとまん」お魚センターは、特大赤海老や牡蠣・白子・マグロ・イクラ・ウニ等、沢山の魚介類が全11店舗の店頭に牡蠣の殻に溢れるように入れられて並べてあり、店先で食べ歩きが出来るようになってます。その場で焼いているお店もあり、美味しそうな匂いに引き寄せられます。ホタテのウニソースや牡蠣は特に人気でおすすめです。

自分でオリジナルの勝手丼ぶりを作れる店もあるので、自分の好きな物をタップリのせれます。大・中・小の寿司飯が売っているので、20種類位のネタの中から自分の好きな海鮮類をのせていくだけです。ご飯無しの海鮮のみの注文も出来ます。海鮮丼を頼んだ人には、あら汁が10円で頼めるのが嬉しいです。海人の町ならではのアイデアです。

住所:沖縄県糸満市西崎町4-19-1 電話番号:098-992-2803

西南門小カマボコ屋のばくだんおにぎり見出し

お魚センター内にある創業90年以上の西南門小・ニシヘージョーグヮーは、揚げカマボコ各種や沖縄の行事毎に使用される紅白カマボコ、カステラカマボコ等を作っています。持ち帰りをして冷めたカマボコも油で焼き直すか軽く揚げると揚げたての様になります。しかし、この店には「ばくだんおにぎり」という有名な食べ物があるのです。

海人の町の糸満で誕生した、おにぎりに魚のすり身を巻きつけて揚げた「ばくだんおにぎり」は、忙しいカマボコ屋のまかない食として生まれたとも、海の上で漁師が片手で食せるように作られたのが始まりとも言われています。おにぎりの中身はうめ・みそ・さけの中から選べます。営業時間は10時から19時で、定休日は不定休です。

住所:沖縄県糸満市西崎町4-19お魚センター内 電話番号:098-995-1512

最南端・糸満の「道の駅いとまん」遊・食・来・ゆくら見出し

「糸満市物産センター遊・食・来・ゆくら」は沢山の人達が「遊びに・食べに・来てくださる」店を目指してつけられた名前です。沖縄名物のグルメのレストランやフードコート・ベーカリー・地元糸満の特産品販売コーナー等もあり家族で楽しめる場所となっています。ショッピングから食事も出来て、お土産選びも出来るのでとても便利です。

住所:沖縄県糸満市西崎町4-19-1 電話番号:098-992-1030

フルーツ屋

農場直送の安くて甘い採れたてフルーツと生ジュースの店です。マンゴースムージー420円税込・さとうきびジュース・300円税込・カットフルーツ100円税込等他にもあります。マンゴーが沢山のったカキ氷「マンゴーしりしり」おすすめです。全国発送もあるのでお土産にもいいです。営業時間は10時から19時迄で、定休日は不定休です。

住所:沖縄県糸満市西崎町4-19-1・糸満市物産センター遊・食・来・ゆくら 電話番号:070-5271-8959

パンファクトリーさんとのれ

「糸満市物産センター遊・食・来・ゆくら」の中には、「パンファクトリーさんとのれ」というベーカリーがあります。どれも一つ一つ真心こめて作っているパンはふんわり柔らかく幸せな気持ちになれます。店内でゆっくりくつろいでも、お持ち帰りでも大丈夫です。営業時間は9時から20時迄で、定休日は年中無休です。

住所:沖縄県糸満市西崎町4-19-1・糸満市物産センター遊・食・来・ゆくら 電話番号:098-995-1116

いちまん御膳・南の駅・食道

「いちまん御膳・南の駅・食道」は沖縄の家庭料理をお手頃価格で提供しています。昼のメニューはイナムドゥチ定食850円税込・中身汁定食850円税込・ソーキ汁定食750円税込等の食事を提供しています。夜のメニューはみそ汁定食650円税込・煮つけ定食750円税込の食事を提供しています。営業時間は11時から22迄、定休日は無休です。

住所:沖縄県糸満市西崎町4-19-1・糸満市物産センター遊・食・来フードコート 電話番号:070-5810-5292

多国籍料理・沙羅

「多国籍料理・沙羅」は、本場関西のお好み焼き・丼物・カレーライス等の食事をオリジナルの味付けでひと工夫してます。おすすめはロコモコカレー700円税込・ロコモコ丼700円税込・タコライス600円税込等です。マグロ唐揚げカレーやマンゴーカレー等、カレー各種は750円です。営業時間は10時から20時、定休日は無休です。

住所:沖縄県糸満市西崎町4-19-1・糸満市物産センター遊・食・来フードコート 電話番号:098-988-6668

木彫館

「木彫館」はサンドイッチや定食等の食事がメインのお店です。ゴーヤ各種ちゃんぷる600円税込・目玉焼きハンバーグ600円税込・肉丼、ピリ辛肉丼650円税込・サンドイッチ飲み物付き500円税込等他にもあります。50cmのしかまさんど1200円税込みはお土産にいいです。営業時間は10時から22時、定休日は第2・第4日曜・年末年始です。

住所:沖縄県糸満市西崎町4-19-1・糸満市物産センター遊・食・来フードコート 電話番号:098-992-1875

天八

「天八」では、サクサクの揚げたて天ぷらが味わえます。天丼680円税込・上天丼880円税込・かけそば430円税込等の日本系の食事の他に、島豚カツバーガー400円税込、ポテトセット150円追加税込、ドリンクSセット110円追加税込・ミックスピザ700円税込等の西洋系の食事もあり色んな味を楽しめます。営業時間は10時から19時半です。

住所:沖縄県糸満市西崎町4-19-1・糸満市物産センター遊・食・来フードコート 電話番号:098-992-8202

あんま~亭

「あんま~亭」は施設内にあるレストランです。ウチナー定食1300円・彩り寿司定食1500円等色々な食事があり、店の一番人気は沖縄天ぷらの盛合せがメインでボリュームのある「あんまー定食」1300円です。テーブル席と掘りごたつの2タイプの席があります。営業時間は11時から21時迄でラストオーダーは20時半です。定休日は無休です。

住所:沖縄県糸満市西崎町4-19-1・糸満市物産センター遊・食・来・ゆくら 電話番号:098-840-8282

最南端・糸満の「道の駅いとまん」でお土産見出し

「道の駅いとまん」では沖縄の糸満でしか手に入らない新鮮で珍しいお手頃価格のフルーツや野菜等が沢山安く手に入るので、お土産にピッタリです。安く沢山購入した後は、クール宅急便で送る事が出来るのでとても便利です。パイナップル・アップルマンゴー・島バナナ・島ニンジン・島らっきょう・ゴーヤ等、沢山のおすすめがあります。

「道の駅いとまん」には、沖縄にしかないアメリカのA&W人気炭酸ドリンク「ルートビア」も沢山売られています。ルートビアはアルコール入ってません。また、珍しい紅イモを使ったお菓子やサーターアンダギー、海ぶどう・もずく・アーサーなどの海藻類を生のまま冷凍した物や、乾燥させた物など沢山あり、お土産にピッタリです。

「道の駅いとまん」特産品コーナーでは沖縄の銘菓や泡盛・スナック類・調味料・オリオンビール・Tシャツ・シーサー等が所狭しと一杯販売されています。糸満市にある琉球ガラス村で作られた美しいガラス製品や、沖縄の文化に触れられる手間暇かかった琉球漆器等も、お土産にとっても喜ばれます。下記は特産品コーナーの情報です。

住所:沖縄県糸満市西崎町4-19-1・糸満市物産センター遊・食・来・ゆくら 電話番号:098-992-1030

最南端「道の駅いとまん」基本情報と交通アクセス見出し

「道の駅いとまん」の営業時間は糸満市観光協会が9時から18時、JAファーマーズマーケットいとまんが9時から19時、糸満漁業協同組合・お魚センターが10時から19時、糸満市物産センター遊食来・ゆくらが10時から20時です。店舗により営業時間が異なり一部レストランは22時まで営業しています。定休日は年中無休です。

車での交通アクセス

車でのアクセスは那覇空港から「道の駅いとまん」迄、約20分位です。那覇市街地からのアクセスは車で約30分位です。那覇空港より国道331号線を糸満方面へ南下します。そして瀬長島交差点を右折して豊見城道路に入り、そのまま直進すると、右手に「道の駅いとまん」の看板が見えてきます。

バスでの交通アクセス

バスでのアクセスは、路線番号89番「糸満線」のバスに乗り、那覇バスターミナルより約50分です。西崎経由アクセスは「西崎2丁目」か「西崎工業団地入口」で下車して徒歩約1分です。航空隊経由アクセスは「西崎入口」で下車して徒歩約15分です。施設には糸満市観光協会が入っており、下記は糸満市観光協会の基本情報となります。

住所:沖縄県糸満市西崎町 4-19-1 電話番号:098-840-3100

最南端・糸満の「道の駅いとまん」の魅力見出し

最南端の糸満に位置する「道の駅いとまん」は、地元客と観光客が多く集まる魅力的な場所です。ゆっくりと流れる沖縄の時間を、沖縄の食文化や特産品を通して感じてみるのも楽しいです。地元の人達と会話を交わしながら美味しい沖縄の食材を味わうと、きっと沖縄の味を恋しく思い「道の駅いとまん」に、また行きたいと思うはずです。

糸満市の人気観光スポットをご紹介!定番から穴場まであり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
糸満市の人気観光スポットをご紹介!定番から穴場まであり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
糸満市は沖縄本島の最南端に位置する市となっております。他国や他郷などの景色や文化などに触れることのできる観光。今回は糸満市で人気のおすすめ観光スポットについてご紹介です。人気の定番の観光スポットはもちろんのこと、穴場までご紹介します。
投稿日: 2017年10月23日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote