地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

竹富島へフェリーで行く方法とは?乗り場や料金・所要時間も調査!

竹富島へフェリーで行く場合の所要時間や料金はいくらくらいかかるのでしょうか?またフェリー乗り場などの情報はどうでしょうか?旅がスムーズに行くように事前に情報をチェックするのはとても大事なことです。竹富島でフェリーで行く方法を調査したまとめ情報です。

竹富島へフェリーで行ってみよう見出し

沖縄県八重山諸島の島のひとつで、竹富島という楽園のような島に行ったことがある、もしくは興味があり常に行きたいと思っていたという方もいらっしゃるかもしれません。今回はそんな方たちの背中を押すように旅に出るための情報の一つフェリーでの交通手段の情報をまとめてみました。

竹富島へはフェリーでしか行けないの?見出し

竹富島は空港がなく、本当から近くの石垣島経由で行く場合、石垣港離島ターミナル乗り場からフェリーでアクセスすることになります。しかし空港がないぶんより沖縄での滞在が満喫できます。確かに飛行機は早いですが、せっかく沖縄に来たのだから楽園時間を味わうのも良いかと思われます。

竹富島へフェリーでの所要時間がどれくらい?見出し

石垣島からですと高速フェリーでの所要時間は約10分から15分となっています。小浜島から直行で竹富島の所要時間は約30分です。西表島の大原港からの所要時間は約40分です。本州側から来た場合、石垣島からのアクセスが主だと思われますが、もし八重山諸島に滞在し、離島間を旅するときの所要時間の目安にしてみてください。

竹富島へのフェリーはどこの会社が運営しているの?見出し

現在石垣島からのフェリーは3つの会社が運航しており、石垣島ドリーム観光、八重山観光フェリー、安栄(あねい)観光となっております。各会社は石垣島から竹富島へのフェリーだけでなく、その他の八重山諸島離島へのフェリーサービスの他に、離島ツアーなども催行しているので、旅の計画の手助けにもなります。

石垣島ドリーム観光は離島ツアーまたは定期旅客航路をご利用のお客様には無料送迎バスのサービスがあったり、八重山観光フェリーでは離島ツアーのウェブ割引があったり、安栄観光の離島ツアーは指定ホテルの送迎バスサービスがあったりと各社のサービスは様々です。特に目的が決まっていない方は一度各社のウェブサイトでサービスを比較してみるのがおすすめです。

竹富島フェリーの料金はどれくらい?見出し

竹富島へフェリーを利用するという方は大体の方が個人でのツアーだとは思われますが、一定人数に達した団体ですと団体割引が適用されます。また身障者の方と付き添いの方も条件を満たせば身障者割引が適用されるとのことなので、各運行会社に料金など不明な点はお問い合わせください。

それでは個人でまず竹富島へのいちばんポピュラーなアクセスである石垣島からの料金ですが、2017年12月現在で大体片道料金は大人600円、往復大人料金で1150円前後となっております。子供料金は大人の半額程度です。また乗船料金はウェブで予約するといくらか安くなるときもあるので、前述した各フェリー運営会社のウェブサイトとチェックしてみて下さい。

次に小浜島から竹富島ですと、大人料金は1000円ちょっとで往復ですと2000円ほどかかります。西表島の大原港から竹富島ですと大人片道1500円ほどかかってしまいます。もし沖縄離島間を移動しながらの離島滞在の旅を楽しむなら、離島間の移動にフリーパスの購入がおすすめです。フリーパスなら料金を気にせずに利用が出来て安心です。

フリーパスは各会社によって条件等は異なりますが、2日間だけ利用できるフリーパスや4日間利用できてディープに離島滞在を満喫することの出来るフリーパスもあります。例えば石垣島フリーパスは2,3,4日間で利用できるフリーパスがあり、更に各施設などでの割引特典も付いてきます。フリーパスの予約は購入などの詳細もまた各会社に直接お問い合わせ下さい。

竹富島へのフェリーの運行状況や時刻表は?見出し

時刻表や運航状況は各フェリー運行会社のウェブサイトで確認することができます。夏季の間と冬季の間では時刻表が異なりますので、フェリーをご利用する際にはご注意ください。またサイトによってはフェリーの運航状況のメール配信サービスをしているところもあるので、旅の計画の一部としてご利用をください。

竹富島へのフェリーはどこから乗るの?見出し

最初のほうに書いたフェリーの乗り場になり石垣港離島ターミナルですが、飛行機で石垣空港に到着した場合、空港からは車で約30分ほどかかります。東運輸運行路線バスでもアクセスでき、バスですと40分から50分で乗り場に到着します。乗り場である石垣港離島ターミナル派2007年に建設された比較的整備された乗り場です。

もし突然離島に行くことになった、予約をし忘れてしまったと場合でも乗り場内のターミナルで前述でご紹介した各フェリー会社のカウンターがあり、チケットを購入できます。それ以外にも平田観光というカウンターがありますが、そちらでもチケットを購入できるので、混雑している場合でも空いているカウンターで購入することができます。

竹富島へのフェリー乗り場は施設充実見出し

石垣島から竹富島へのフェリー運行は便数に限りはありますが、他の離島間に比べると比較的多い便数となります。そのためターミナルの規模は小さいながらも利用者も多く、売店や食事が出来る場所があります。竹富島を日帰りで満喫したい方は、朝ホテルで食事を取らずにこちらで朝食を済ませる方もいらっしゃるようです。

また売店も通常のお土産以外にも、時期によりけりですが旬のトロピカルフルーツを購入できる場合もあるそうなので、朝市のようにちょっとした楽しみにもなります。ターミナル内の食堂には朝7時から空いている食堂もあるので、フェリーに乗らなくてもホテルに滞在している人でも朝食だけこちらに食べにきたりする方もいるそうです。

売店や食事処以外にも基本のトイレやコインロッカーもあり、荷物の量が多い方は各フェリー会社で手荷物預かりサービスも行っているそうです。なのでもし日帰りで竹富島に行く方がターミナルでお土産物を行きに買ってしまっても、手荷物を持ってあちこち回る羽目にならないように安心して観光に出かけれそうです。

竹富島に行くおすすめのシーズン見出し

秋の沖縄は暑すぎず寒すぎず快適に過ごせるシーズンでおすすめです。またハイシーズンではないのでせかせかとした旅にならずゆったり過ごせます。ご存知の通り沖縄は本土に比べると台風がやってくる回数が断然多いものです。せっかく休暇を取って旅行を予約したのに台風で台無しになっては残念です。

なので台風の影響を受けやすいであろう時期の7月から9月は逆に避けたほうがよいかと思われます。5月下旬から6月下旬の梅雨の時期も穴場的にねらい目でもあります。梅雨といってもスコールのような集中型の雨なので、何日も雨になるということはないそうです。しかしながら気象庁のデータによると5月が一番雨が多いそうなので、見極めが難しいところです。

ベストシーズンとおすすめした秋ですが、沖縄とは言え朝晩の冷え込みはあります。必ず荷物にトレーナーやセーターなどの厚手の服装を用意しておくことをおすすめします。本州から冬に旅をする場合はジャケットなどあると思いますが、軽めのジャケットにして荷物と一緒にこちらに持ってくるのも良いかと思われます。

竹富島から始める離島長期滞在の勧め見出し

石垣島に滞在して、竹富島へは日帰りで訪れる方が多くを占めますが、中には長期休暇を取って離島めぐりを楽しむ方も多いようです。その場合は石垣島がメイン滞在の地となり、そこからフェリーを利用して今日は竹富島、明日は小浜島などといろいろ回られるようです。その場合はやはり先に紹介したフリーパスのがお得のようです。

竹富島に移住する人も増えている?見出し

いろいろな観光情報などがある竹富島ですが、最近では離島移住ブームに乗り、緩やかですが移住される方もいるようです。ネットの普及でいろいろ情報はありますが、やはり離島のような環境ですと人付き合いが自然に密になってくる場所でも平気、シンプルに生活したいという方が少しづつですがされているようです。

しかしながら島以外の方に不動産など売却ができないなどのルールがあるため、結局は観光業や宿などで住み込みで働きながらの長期滞在となりそうです。また収入もぐっと少なくなるため、十分に調査して、今までの全て当たり前だったものがなくなってしまうという覚悟も十分に念頭においておいたほうがよさそうです。

竹富島へフェリーで快適な旅を!見出し

いかがでしたか?離島への旅というといろいろ乗り換えして長い旅になってしまう印象がありますが、竹富島へはフェリーでもアクセスが大変しやすく、何時間も旅することなく昔の沖縄らしいゆったりとした雰囲気に出会えます。今度の沖縄旅行は少し足を伸ばして竹富島まで楽園を探しに行きませんか?楽しい旅になりますように。

竹富島を観光しよう!見どころ満載のおすすめのスポットご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
竹富島を観光しよう!見どころ満載のおすすめのスポットご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄県の竹富島は、昔ながらの沖縄の風景が残り日本の誇る観光名所の1つです。竹富島にある島を囲む美しい海がもたらす大自然の絶景、竹富島ならではのおすすめ観光スポットを紹介していきます。沖縄特有の観光地、竹富島で有意義に過ごせる観光スポットを探しませんか。

関連キーワード

投稿日: 2017年12月15日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote