地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

バンナ公園展望台の景色は絶景!セグウェイツアーもある石垣島の穴場スポット!

バンナ公園展望台の景色は絶景!セグウェイツアーもある石垣島の穴場スポット!

石垣島のバンナ公園は、標高が230mの小高い山でたくさんのおしゃれな展望台があり人気の公園です。とにかく、バンナ公園の展望台からは石垣島の絶景を見られるのでおすすめの公園でもあります。バンナ公園展望台の絶景や自然豊かな見どころ、セグウェイツアーをご紹介します。

石垣島バンナ公園の展望台はおしゃれで絶景見出し

石垣島のバンナ公園は、自然豊かな場所でいくつものおしゃれな展望台から石垣島の絶景を楽しめる公園です。昼間はエメラルドグリーンの海の絶景を、夕方は海に沈む夕陽の絶景、夜は満天の星空の絶景を楽しむことのできる公園で見どころ満載なのでおすすめです。最近は、セグウェイツアーも開催されている石垣島のバンナ公園の展望台や施設、見どころなどをご紹介します。

石垣島のレンタカー!格安でおすすめは?料金・時間まとめました! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
石垣島のレンタカー!格安でおすすめは?料金・時間まとめました! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄石垣島はエメラルドグリーンの海と綺麗な砂浜、広大な自然が人気の島です。人気の観光スポットが多い石垣島は、レンタカー移動が便利な交通手段となっています。沖縄石垣島の格安でおすすめのレンタカー、料金時間等をまとめました。

石垣島のバンナ公園展望台の見どころ見出し

石垣島のバンナ公園の見どころは、とにかく標高が230mあって眺めが最高です。新緑の森から続くエメラルドグリーンとターコイズブルーの海のコントラストが絶景で見どころとなっています。また、230mの山々の美しさは目がまぶしいほどに輝いています。石垣島と言ったら海だけということをいい意味で裏切ってくれる場所です。深い森には、植物や美しい蝶々が舞う美しく見どころの多い公園です。

バンナ公園は、広大な敷地にAゾーンからEゾーンに分かれて、それぞれ目的にあったゾーンが整備されています。バンナ公園には、森だけではなく美しい池や湧き水の湧くスポットもあり、Dゾーンの自然観察広場のホタル街道での見どころは、4月から5月の日没にはその綺麗な水のほとりでホタルを鑑賞することができます。しばし、儚いホタルの光に癒されてはいかがでしょうか。

石垣島のバンナ公園展望台へのアクセス見出し

バンナ公園は、東京ドームが60個分もの広大な敷地となっています。そのため、入り口も南口、北口、西口と3カ所もあります。市街地でレンタカーを借りて行くことをおすすめします。人気のセグウェイツアーもバンナ公園北口で直接の待ち合わせとなりますので、レンタカーが便利です。駐車場も無料となっていますので、その点も安心です。

バンナ公園は、石垣島の市街地より真北の方向にある公園で、最も市街から近い入り口は南口となります。市街地からも車でおよそ10分です。見どころの多いエメラルドの海を見る展望台へと行く場合にはこの南口が便利でしょう。北口は、セイシカ橋や自然植物園などを利用する際に向かうと良いでしょう。このように、目的の場所によって入り口も検討された方が良いでしょう。

石垣島のバンナ公園展望台で楽しめる自然見出し

バンナ公園は、ここが海のリゾートだったということを忘れさせてしまうほど、木々が生い茂って森の美しい生態系を形作っています。遊歩道などもちゃんと整備されていて、美しい公園は見どころも多いです。ただし、足元が滑る場所もありますので、サンダルなどではなくシューズを履いていくことをおすすめします。また、ハブなどにも注意は必要です。

その他の自然の見どころは、本州ではあまり見ることのできない植物があちこちに咲いていますので、見逃さずに遊歩道を歩いてください。夏でも標高も多少高いこともあって、また、木々の木漏れ日のなか日も遮られるために、涼しく感じられます。森林浴も楽しみながら散策をする見どころ満載のバンナ公園はおすすめです。

石垣島のバンナ公園展望台の絶景見出し

バンナ公園展望台からの景観は、まずは昼間の絶景は外すことはできないでしょう。色々な展望台がありますが、360度パノラマビューの絶景を楽しめる展望台もあります。海と山の絶景を独り占めできる瞬間でもあります。海からの心地よい風を感じながら絶景を楽しんでください。ここからのエメラルドグリーンの海の絶景は目に焼き付くことでしょう。

バンナ公園展望台の絶景と言えば、もうひとつこの夕陽もとても印象に残る絶景です。自然が作り出す奇跡をその目で見ることができます。だんだんとオレンジ色に染まる空と海をゆっくりと時を忘れて見惚れることができる絶景です。また、夜になると、周りに光がないためにビックリするような満天の星空を楽しむこともできます。自然が織りなす奇跡を一日中楽しめるのがここバンナ公園展望台です。

石垣島のバンナ公園展望台でセグウェイツアー見出し

最近、石垣島でのセグウェイツアーが大変人気とのことです。ここバンナ公園でセグウェイツアーを体験できます。セグウェイとは、アクセルやブレーキの操作をしなくても体重の重心を移動するだけで、前に進んだり方向転換できる乗り物です。30分ほどの講習で誰でも制御できるようになります。石垣島では、平田観光さんがツアーを開催しています。対象年齢は16歳以上で一人での参加でも開催されます。

セグウェイツアーの開催場所は、バンナ公園の北口Cゾーンになります。また、セグウェイツアーは現地バンナ公園北口で集合となりますので、ご留意ください。セグウェイツアーのツアー料金は、8200円で出発時間は10時、16時になり10月から3月は10時と15時となります。自然の森バンナ公園でのセグウェイツアーは快適で、自然の風を感じながら楽しめるのでおすすめです。

石垣島のバンナ公園の施設1:エメラルドの海を見る展望台見出し

石垣島のバンナ公園の施設の1カ所目は、こちら「エメラルドの海を見る展望台」です。エメラルドの海を見る展望台は、バンナ公園のBゾーンの南口から入るとまずは、エメラルドグリーンの海を見る展望台があります。目の前には竹富島も見えて、名前の由来通りにエメラルドグリーンの海の絶景を楽しめる展望台です。バンナ公園の中でももっとも有名な展望台になります。

市街地からバンナスカイラインを走ってくるとエメラルドグリーンの海を見る展望台が見えてきますので、無料駐車場に駐車してください。エメラルドの海を見る展望台は、形状もユニークな形状をしている展望台ですので、車で上がってくればすぐにわかるはずです。赤とブルーがおしゃれな展望台です。ここからの石垣島のエメラルドグリーンの海を目に焼き付けてから本州にお帰りください。

石垣島のバンナ公園の施設2:渡り鳥観察所見出し

石垣島のバンナ公園の施設の2カ所目は、こちら「渡り鳥観察所」です。渡り鳥観察所は、バンナスカイラインを走ってくると、卵型の可愛い展望台が見えてきます。なんでも、カンムリワシの卵を形どっている形状だとか。卵の上が、割れて雛がかえったあとのような形状がとてもキュートで可愛いです。無料駐車場もここにもあります。

渡り鳥観察所は、目の前に来ると卵型に切り抜かれた入り口がこれまた可愛いです。その卵型の入り口から中に入ると階段がありますので、上まで登りましょう。上にあがりますと、360度見渡せる展望デッキになっていて、そのからの眺めはパノラマビューとなっています。双眼鏡も設置されていますので、渡り鳥を探してみてはいかがでしょうか。

石垣島のバンナ公園の施設3:南の島の展望台見出し

石垣島のバンナ公園の施設の3カ所目は、こちら「南の島の展望台」です。南の島の展望台は、バンナスカイラインを走ってくると渡り鳥観察所のすぐそばにある展望台です。無料駐車場もありますので、そのまま上がってきても車を駐車できます。岩をくり貫いたようなその形状は、とてもユニークです。とても特徴的ですので、すぐにわかります。

南の島の展望台は、中に階段があり上へと昇ることができます。上にあがるとまずは、岩がくり貫かれた場所から絵葉書のような絶景を楽しむことができます。さらに屋上へとあがると、360度のパノラマビューを楽しめます。Bゾーンには、有名な展望台が3つあり、どれも個性的で絶景を楽しめる展望台です。時間がないときは、このBゾーンの展望台に来ることをおすすめします。

石垣島のバンナ公園の施設4:カンムリワシ展望台見出し

石垣島のバンナ公園の施設の4カ所目は、こちら「カンムリワシ展望台」です。カンムリワシ展望台は、Cゾーンにある展望台になります。バンナスカイラインを走ってくると北口の入り口がありますので、まずはそちらを目指してください。カンムリワシ展望台では、石垣ダムやバンナ公園のラウンドマーク的なセイシカ橋を頭上から眺めることができます。

カンムリワシ展望台からは海のパノラマビューとは来ませんが、森の美しさを体感したい場合はおすすめの展望台です。カンムリワシ展望台は吹きっさらしの展望台となるので、夕方などは季節によっては寒くなるので注意してください。セイシカ橋と新緑のコントラストは、とても美しいのでぜひ、写真に収めてみてください。

石垣島のバンナ公園の施設5:自然植物園見出し

石垣島のバンナ公園の施設の5カ所目は、こちら「自然植物園」です。自然植物園は、Cゾーンの北口の入り口付近にあります。自然が豊かな場所で、南洋の植物や果物が生き生きと育っています。南国の蝶々などの昆虫類がそちらこちらで見ることができます。昆虫好きのお子様は興奮すること間違いなしの場所ですので、ぜひともお子様を連れて石垣島の自然に触れてみてください。

自然植物園は、南国の美しい花々も綺麗に咲き乱れています。花の香りを感じながら自然植物園内を散策することができます。南国の眩しい光に照らされた植物はとても輝いています。また、熱帯果樹園コーナーもあり、ヤシの木なども生えていますので、南国ムードを味わうこともできます。森の中の自然植物園は、木陰もありますのでゆっくりと時間をかけて廻りたいものです。

石垣島のバンナ公園の施設6:水鳥観察場見出し

石垣島のバンナ公園の施設の6カ所目は、こちら「水鳥観察場」です。水鳥観察場は、北口にあるバードウォッチングのできるスポットです。目の前には石垣ダムがあって水鳥たちが羽を休めにやってくるそうで、絶好のバードウォッチングスポットとなっています。また、Dゾーンの湧き水のほとりには、季節になるとホタルが儚い光を放ちながら情緒豊かな光景を見せてくれます。

水鳥観察場は、水鳥たちの休息の場でもありますので、あまり騒がずにのんびりとバードウォッチングをしましょう。時には、国の天然記念物であるカンムリワシも姿を現しますので楽しみな観測スポットです。観察所内には、椅子も設置してありますので、ゆっくりと腰を掛けて休みながらバードウォッチングが可能です。

石垣島のバンナ公園の施設7:セイシカ橋見出し

石垣島のバンナ公園の施設の7カ所目は、こちら「セイシカ橋」です。セイシカ橋は、ここバンナ公園のラウンドマーク的な存在の橋で、新緑の木々とのコントラストが美しい橋になります。セグウェイツアーではここセイシカ橋も通っていくコースとなっています。セグウェイツアーでここを走り抜けていく爽快感は堪りませんので、ぜひともセグウェイツアーは体験してみてください。

セイシカ橋は、とてもインスタ映えする橋なので、写真撮影をおすすめします。ポートレート的な感じの写真も素敵に撮影できるのではないでしょうか。ここセイシカ橋を抜けていくと新緑が美しい森へと抜けていきます。セイシカ橋を抜けた先の森では、この橋の名前にも付いている薄いピンクのセイシカの花が咲いていますので、探してみてください。

石垣島のバンナ公園の施設8:BMX ローラースケート場見出し

石垣島のバンナ公園の施設の8カ所目は、こちら「BMX ローラースケート場」です。BMX ローラースケート場は、BMXやローラースケートが楽しめる施設です。BMXは、小学生高学年以上で上級者を対象としていますので、注意が必要です。普通の自転車での利用はできませんので、注意してください。敷地内には東屋もありますので、散策の休憩場所としても利用が可能です。

ローラースケート場は、スケートボードやブレイブボード、自転車、インラインスケートなどで利用が可能な施設です。リンク内は初級者用で、リンク外は上級者となっていますので、必ずルールを守って怪我のないようにしてください。また、リンクの外側では回る方向も反時計回りとなっていますので注意が必要です。

石垣島のバンナ公園の施設9:アスレチック子供広場見出し

石垣島のバンナ公園の施設の9カ所目は、こちら「アスレチック子供広場」です。アスレチック子供広場は、Eゾーンの北口から入った場所にあります。駐車場もたくさんありますので、満車になることもないでしょう。敷地内には、アスレチックのようなユニークな遊具がたくさんあり、子供は一日中遊んでいても飽きないのではないでしょうか。

アスレチック子供広場は、小さな子供も遊べるブランコから滑り台、シーソーなどもあります。また、敷地内は芝生が敷かれてあって清潔感のある広場です。ボルダリングのできる設備も整っていますので、大人も子供と一緒になって遊ぶことのできる広場です。自然の中にある遊具で遊べるので、とても気持ちの良い子ども広場になります。

バンナ公園展望台で自然の絶景を楽しもう見出し

バンナ公園の石垣島の絶景が楽しめる展望台や子供も楽しめる遊具などの施設をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。バンナ公園は、子供から大人まで自然の中で楽しめる公園です。海だけではない石垣島の魅力を感じてもらえる公園になっています。朝から夜まで絶景を楽しめるバンナ公園は石垣島の観光でもおすすめです。石垣島に来られたら、ぜひともバンナ公園の自然を満喫してはいかがでしょうか。

投稿日: 2017年11月6日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote