地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

平安座島をドライブ観光しよう!橋から眺める海は絶景でおすすめ!

平安座島をドライブ観光しよう!橋から眺める海は絶景でおすすめ!

「平安座島」は、沖縄本島の与勝半島から5.2キロの「海中道路」によって結ばれた離れ島です。「平安座島」へ続く「海中道路」を走ると、まるで海の中を走っている様な爽快な景色が眺められます。元々は石油の為の産業道路でしたが、現在ではレジャー・スポットとなっています。

「平安座島」って?見出し

「平安座島」は沖縄本島の東、与勝半島から綾橋海中道路で繋がった離島です。石油基地が建設された事で、本当から「平安座島」へ繋がる海中道路も造られ便利になりました。昔は交易の為の道路でしたが、多くの人々が行き交う様になって現在ではリゾートとしても人気の「平安座島」となっています。そんな「平安座島」から魅力の数々をご紹介したいと思います。

「平安座島」へのアクセス見出し

車を運転される方には、那覇空港からレンタカーを借りて「平安座島」を目指すのがおすすめの行き方です。沖縄有料自動車道を利用して約1時間30分で「平安座島」に到着します。もう一つは、那覇バスターミナルからバスで行く方法です。沖縄都市モノレールの旭橋駅のバスターミナルから、「屋慶名」(所要時間1時間半)で乗り換え約10分で「平安座島」です。

「平安座島」の見どころ:「綾橋海中道路」見出し

石油基地の為に沖縄本島の与勝半島と「平安座島」の間に掛けられた綾橋海中道路はおすすめの観光スポットです。5.2キロに渡って真っすぐに伸びた道路は、まるで海の中を走っている様に感じる事の出来る素敵な場所です。途中には船の航行の為に橋が造られていて、潮の流れの為の水路も確保されています。産業道路として造られた道路も今では観光スポットです。

「綾橋海中道路」の途中には「ロードパーク」があって、美しいビーチや遠浅の海の絶景を眺める事が出来ます。駐車場もあり、飲食も出来て景色を眺めながら休憩する事が出来ます。「綾橋海中道路」にはゆったりとした歩道が整備されているので、ちょっとしたお散歩も楽しむ事が出来ます。「綾橋海中道路」からの景色は絶景なので、是非とも見て欲しいと思います。

特に「綾橋海中道路」からの夕陽は息を呑む程美しく、訪れた人々の心を魅了します。「綾橋海中道路」は橋では無くて低い位置に作られた道路なので、より海と一体化して景色を感じる事が出来るのです。5.2キロのほぼ直線道路を車で走る爽快さは、きっと訪れた人にしか分からないでしょう。沖縄の絶景を心ゆくまで「海中道路」から楽しんで下さいね。

沖縄「海中道路」をドライブ観光!車で行けるうるま市の4つの離島ご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
沖縄「海中道路」をドライブ観光!車で行けるうるま市の4つの離島ご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
沖縄中部のうるま市与勝半島から伸びている「海中道路」は、沖縄本島から4つの離島にアクセスしている道路で、沖縄中部の観光やドライブに最適の場所です。意外と知らない人も多い海中道路と道の駅、4つの離島の魅力と観光スポットご紹介します。

「海中道路」が出来たわけ見出し

「平安座島」に海中道路が造られたのは、元々「平安座島」にアメリカの石油会社ガルフオイルによって石油基地が造られたのがきっかけです。島民への見返りとして「海中道路」をガルフオイルの資金で建設したのです。1999年には4車線化が実現して、ロードパークが出来たり2003年には海の駅「あやはし館」もオープンしました。

「平安座島」の見どころ:港町風景見出し

「海中道路」を通って「平安座島」に入ると出迎えてくれるのが、美しい港風景です。港界隈には住居や店舗などが集まっていて、カフェやレストランで食事を楽しむ事が出来ます。ビーチや「平安座島」の風景をゆったりと楽しむには、レンタサイクルがおすすめです。車ですっと通り過ぎるのではなく、「平安座島」の穴場スポットをディープに観光出来ます。

「平安座島」伝統行事:「ハーリー」など見出し

沖縄に夏を告げる行事「ハーリー」は、6月上旬から7月下旬に行われます。サバニと呼ばれる琉球王国で昔から漁に使われていた漁船で、豊漁や航海の安全を祈願しての競漕です。この時期は、沖縄各地で次々にハーリーが行われ大いに盛り上がります。この行事が終わったら沖縄の梅雨が終わり、本格的な夏の到来となります。伝統行事を観光するのもおすすめです。

青い海に何曹もの漁船が浮かび競い合う光景は、勇ましく見応えがあります。ビーチに座って見物する地元の人や観光客で大いに盛り上がります。「平安座島」には、古くからの伝統を守る行事が沢山有ります。旧暦の3月3日の12日から3日間行われる「サングワチャー」もその一つ、豊漁や海の安全を願い大きな魚の神輿を担いで練り歩きます。

「平安座島」イベント:「あやはし海中ロード・レース」見出し

「綾橋海中道路」では、今年2017年第17回目を迎える行事、「あやはし海中ロードレース」が4月2日に行われました。ハーフマラソン、トリムマラソン(10kmと3.8kmの二種類)に参加する事が出来ます。両サイドに広がるビーチや海景色を眺め、潮風を切って走るマラソンは最高です。多くの人がエントリーして、爽快に走り抜けました。

「あやはし海中ロードレース」のコースは、与勝半島から全長4.7キロの「海中道路」を走り抜け平安座島や浜比嘉島を走ります。走り易いコースですし距離の短いトリムコース等もありますので、走りにあまり自信の無い方でも気軽に参加する事が出来ます。完走した暁には、写真の様な「完走記録証」が貰えます。観光のついでにマラソンに参加するのもおすすめです。

「平安座島」と隣接する島々の絶景ポイント見出し

平安座島の夕陽

「平安座島」からの夕陽は絶景で、時を止めたくなる位美しくため息ものです。まるで印象派の絵画の様な風景ですね。沈みゆく太陽が、最後の光を惜しみなく観ている人に投げかけているかの様な感動的な光景です。こう言った自然の美の恵みに感謝して、明日から又頑張ろうって気持ちになれそうな美しさです。ずっと沈んでしまう迄眺めていたい様な絶景です。

浜比嘉島

「綾橋海中道路」を渡り平安座島に着いて、浜比嘉島大橋を渡れば「浜比嘉島」です。この島は、島全体にパワーが満ち溢れていて、「神の島」とも呼ばれる神秘的な島なのです。是非「平安座島」を観光されるのであれば、立ち寄って頂きたい観光スポットです。「浜比嘉島」で神秘的なパワーを身体一杯に感じて帰って下さいね。

宮城島の「果報バンタ」

「平安座島」から北へ登って行くと、道路で繋がっている「宮城島」へと入る事が出来ます。「宮城島」の観光スポットは、「果報バンタ」と呼ばれる海の絶景です。バンタとは、沖縄の言葉で「崖」と言う意味です。高さ約120メートルの崖の上から、沖縄で一番綺麗な岬の風景とも言える絶景を観る事が出来ます。海の水の透明感は最高です。

伊計島のビーチ

「平安座島」「浜比嘉島」「宮城嶋」と続いて、その先に在るのが「伊計島」です。宮城嶋からは伊計大橋を渡って入って行きます。周囲の景色は最高に美しく、伊計島のビーチも眩い位に美しく絶景です。この様な絶景の離島に、沖縄本島から車でわずか25分程で訪れる事が出来るのですから、是非お勧めしたいと思います。コバルトブルーのビーチが待っています。

「平安座島」おすすめお食事処:味華(アジケー)見出し

海鮮食堂「味華」は、与那城漁港に隣接している獲れたての海鮮が頂ける海鮮グルメのお店です。海鮮丼や定食、海の幸がふんだんに使われたお料理が自慢です。新鮮な素材を使ったお料理なので、どれもこれも太鼓判が押せる位美味しいです。カニが丸ごと入ったお味噌汁や沖縄名物の海ぶどう等、沖縄ならではのお料理も楽しむ事が出来てお勧めです。

沖縄名物のソーキそばも、是非試して頂きたいと思います。店内からは青い海が眺められ、美味しいお料理と共に目の保養もしながらお食事が出来ます。「味華」の営業時間は11時30分から17時、定休日は毎週月曜日となっています。「平安座島」ドライブ観光やサイクリングでお腹が空いたら、是非飛び込んで頂きたいお勧めのお食事処です。

住所:沖縄県うるま市与那城平安座9396-6 電話番号:098-977-7783

「平安座島」おすすめカフェ:いっぷく屋見出し

「平安座島」の高台にあるカフェ、「いっぷく屋」さんのご紹介です。席からは港や海が見下ろせて、景色は抜群です。メインメニューは冷麺、おにぎりや甘味もあります。盛りだくさんの冷麺は美味しいと評判ですよ。店内は個性的で可愛い感じ、ほっと落ち着ける様なカフェです。メニューも『食いもんと甘いもん』と言う感じで、いい意味のゆるさがあります。

「いっぷく屋」の営業時間は『正午から夕暮れ時まで』、時計の時間じゃなくて太陽に閉店時間をお任せしている様です。定休日は『奉りの日』、日曜日も営業しています。店舗情報の書き方から店主の個性が伺えて面白いですね。海の見える一軒家カフェ「いっぷく屋」さん、おすすめなので是非お立ち寄り下さいね。

住所:沖縄県うるま市与那城平安座2553-1 電話番号:098-983-1600

「平安座島」へ行こう見出し

沖縄本島の与勝半島から「綾橋海中道路」を渡って行く、「平安座島」や「海中道路」からの絶景ビーチや魅力をご紹介して来ました。美しい海の絶景に、感動されたのではないでしょうか。本島よりもゆったりと時間が流れる、離島ならではの旅を満喫出来るドライブ観光がお勧めです。「平安座島」をのんびりとサイクリングするのもお勧めです。

投稿日: 2017年8月27日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote