地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

志賀草津道路は雪の回廊が人気!ツーリングやドライブにもおすすめ!

志賀草津道路は、最高地点の標高は2172メートルで、雪が無い状態で走ると北アルプスや富士山も見える人気のドライブコースです。その道路が春になると雪の回廊が現れ、ツーリングやドライブをする人たちが心待ちにしています。そんな志賀草津道路について特集します。

志賀草津道路に現れる雪の回廊が人気!見出し

長野県と群馬県の県境を通る志賀草津道路。「志賀草津高原ルート」とも言われます。素晴らしい自然の風景を見る事が出来る道路で、ドライブやツーリングをする人が多くいます。季節によっては、大人気となり、わざわざ観光に訪れる道路と変化します。それは、雪の回廊です! 雪の回廊の中をツーリングしたりドライブしたり、歩いて通る人もいるほどです。そんな志賀草津道路をご紹介します。

志賀草津道路はどんな道路?見出し

志賀草津道路は、約41キロメートルに及ぶ、国道292号線の事です。長野県の北東側にある「湯田中渋温泉郷」と群馬県の北西側にある「草津温泉」を結んでいます。道沿いには渋峠や志賀高原が広がり、自然あふれるダイナミックな風景を見ながら通る事が出来るルートです。また、国道の中で日本一標高の高い場所を通るルートとしても知られています。

1964年に一般有料道路「草津道路」として開通した西側の道路があり、もうひとつ、1980年、六合村経由で開通したのが「志賀草津道路」です。始めは有料道路として開通しましたが、1992年に志賀草津道路、1993年に草津道路は、無料開放されました。素晴らしい景色の中を走る事が出来るので、ツーリングやドライブに人気で、よく利用されているルートです。

志賀草津道路1「眺め」見出し

この志賀草津道路は、雄大な景色を見る事が出来るので、ドライブやツーリングが気持ちいいと人気です。約41キロメートルの間で絶景を見る事が出来る地点があります。また木々が多い茂った風景を見る事が出来る地点もあれば、あまり木が生えていない森林限界の景色を見る事も出来ます。また条件が揃えば雲海を見る事も出来、素晴らしい眺めを見られるでしょう。

秋も人気です。秋は、紅葉が素晴らしく、ダケカンバの黄色やナナカマドやモミジの赤色、千島笹の緑などのコントラストを見る事が出来ます。この志賀草津道路を通りながら紅葉を楽しむ場合、見る場所によって紅葉の時期が違い、しっかり彩った紅葉を見る事が出来る場所もあれば、まだ紅葉が薄い場所もあり、変化を楽しめるので紅葉狩りドライブや紅葉狩りツーリングはおすすめです。

草津の白根山レストハウスの駐車場に車を止めて、徒歩20分ほど歩くと、とても綺麗な湯釜を見る事が出来ます。強酸性カルデラ湖で、その色は、絵の具で作ったようなエメラルドグリーンの色です。もちろん、絵の具ではなく自然が生んだ色ですが、不思議な異様な雰囲気が漂っている湯釜です。この湯釜へは、遊歩道が設置されている為、行きやすいですが、女性の場合パンプスなどは不向きです。

志賀草津道路2「国道最高地点」見出し

志賀草津道路は、国道で最高地点が日本一です。道路標識、石碑も設置されていて、近くの県境にあるホテル「渋峠ホテル」では、日本国道最高地点到達証明書も発行されています。この一帯は、森林限界を超えた高い木がない世界です。全く木が無いゴツゴツした岩の場所もありますし、一応木は生えているものの、低くて寂しい木が生えています。

標高2172メートルと高いので、雲と同じ高さの目線になることもありますし、雲が下になって、雲海を見る事が出来る時もあります。ここは、国道では一番空に近い場所です。晴れていて澄んでいれば、真っ青な空が近く、今にも手が届きそうなくらいです。しかし、景色で言えば、渋峠からリフトに乗っての横手山山頂と志賀高原よりの「のぞき」からの眺めの方がおすすめです。

志賀草津道路3「県境」見出し

志賀草津道路は、長野県と群馬県を結んでいるルートの為、県境を通ります。国葬最高地点の近くです。その県境には「渋峠ホテル」があります。外観に県境が書いてある面白いホテルです。ホテル内も群馬側と長野側があり、群馬県側には喫茶があり、長野県側には食堂があります。ここは、標高2152メートルあり、景色も良く、自然を満喫出来るホテルでおすすめです。このホテルで、到達証明書を発行してもらえます。

志賀草津道路4「冬季閉鎖」見出し

この志賀草津道路、雪の回廊が現れると聞いて、その季節は冬だろうと思う人もいますが、じつは、冬季の間、草津町天狗山ゲートから長野県山ノ内町の間、約23キロメートルあるルートは閉鎖しています。なので、閉鎖された時から解除されるまで、志賀草津道路は、通り抜ける事は出来ません。閉鎖期間はその年の雪の降り方にもよります。

目安として11月下旬から4月中旬まで閉鎖していますが、初雪が早く、道路に雪が降り積もり始めたら、11月中旬に閉鎖する時もあります。ほとんど毎年11月末に閉鎖されるので、閉鎖前にドライブやツーリングを楽しもうと思う人たちも多く訪れますが、思いがけずに早く閉鎖してしまったら残念がる人もいる程、ドライブやツーリング好き人に愛されているルートです。

志賀草津道路5「雪の回廊をドライブ」見出し

冬が明けて春がやってくると、冬の間、閉鎖されていた志賀草津道路は、ようやく解除され、全線ルート開通となります。その時に現れるのが、雪の回廊です。この春の開通を祝い、開通ゲートが作られ、長野県側からの先着10台には、限定プレゼントがあります。プレゼントあってもなくても、この雪の回廊を待ちわびていた人達が、早く通りたい!とゲート前に並んでいます。

一番有名な雪の回廊は、富山県と長野県を結ぶ立山黒部アルペンルート。この雪の回廊は、高いところで20メートル、区間は500メートルです。そんな立山には及びませんが、この志賀草津道路に、一番深くて15メートル、区間は1キロメートルと、立派な雪の回廊が登場します。2017年は4月21日10時に全線開通でしたし、2018年は4月19日9時から予定となっています。

雪の回廊は、自然に出来るものではありません。志賀草津道路をそのまま雪が溶けるのを待っていたら、志賀草津道路の開通はいつになるか分からないくらい積雪しますので、除雪作業が始まります。4月に入ると、ブルトーザーでの作業が始まり、どんどん雪の回廊が作られていきます。雪の回廊の見ごたえがある場所は、県境から群馬県側へ8分ほどの場所、山田峠周辺です。

雪の回廊を楽しむ方法に「車でのドライブ」があります。雪の回廊が現れるのは、春ですし、道も雪が積もっていない為、ノーマルなタイヤでドライブ出来るのが魅力です。雪に囲まれながらドライブするのは爽快です。雪の回廊の途中、車を止める事が出来る場所があるので、外に出る事も可能です。車でのドライブは温かく、ちょっとだけ外に出るという事が出来るので、車でのドライブは人気でおすすめです。

志賀草津道路6「雪の回廊をツーリング」見出し

雪の回廊の高さは、その年の雪の降り方によって違います。雪の回廊を楽しむ方法に「バイクでのツーリング」があります。雪の回廊があってもなくても、この志賀草津道路は、バイクでのツーリングで人気のルートですが、やはり雪の回廊が現れる春になると、雪に囲まれたルートを走りたくて、多くの人達がバイクでツーリングを楽しみに訪れます。

バイクでツーリングと言えば、少人数の人達もいますが、大勢のバイク仲間と走る人達も多くいます。この雪の回廊も例外ではなく、この雪の間を最高の気分で走る為に多くの人が訪れます。バイクは、ちょっと道沿いに止める事が出来るので、よくバイクを道の端に寄せて、写真を撮っている人たちがいます。またバイクから降りずに雪の回廊を触る事も出来ますので、雪の回廊のツーリングはおすすめです。車には十分ご注意を。

志賀草津道路7「雪の回廊を歩く」見出し

雪の回廊を楽しむ方法に「徒歩」があります。通行止めが解除になった日以降通る事が出来ますが、歩道は無く、ちょっと危ない道になります。その為に企画されているのが、春になって通行止めが解除される1日前に、歩行者天国としてルートが解放されます。1日限定ですが、ぜひおすすめの日です。歩きで、雪の回廊を間近で満喫する事が出来ます。

ツアーがあり、ガイドが付きますし、車は通らないので、安心して歩く事が出来ます。ガイドが案内するコースが3種類あり、温泉の入浴が付いているコースや、リフトで楽に横手山頂に登る事が出来るコースなどがあります。山ノ内町の公式サイトで、閉鎖中にルート全線開通のお知らせなどがあり、チェックするのはおすすめです。

志賀草津道路が結ぶ1-1「渋温泉」見出し

志賀草津道路が結ぶ、長野県側にある渋温泉。大正から昭和にかけて温泉宿が建てられ、増設したり改築したりで、いびつな形をした宿が多くあります。その複雑な形の木造建築が魅せるレトロな不思議な景観が人気で、非日常な世界を感じることが出来る場所です。温泉県である長野県でも珍しい、地面を掘るとすぐに温泉が出てくるほどの湯量で、源泉も沢山ある温泉です。

志賀草津道路が結ぶ1-2「渋温泉」を楽しむ見出し

渋温泉の楽しみ方は、湯巡りです。ほとんどは宿泊客のみとなっていますが、場所によって宿泊客以外でも可の所もあり、日帰りで温泉を楽しむ事が出来ます。宿泊すると出来る湯めぐりは、源泉から出るお湯の成分が違うので、白く濁ったお湯、緑色のお湯と、効能が違う色々な成分の色々な色のお湯を楽しむことが出来ます。また他の渋温泉の楽しみ方は、散策です。渋温泉街があり、お土産店や、遊べるお店もあります。

また、お湯を利用した温泉卵は欠かせません。また、近くには、サルが温泉に入っている姿を見る事が出来る「地獄谷野猿公苑(じごくだにやえんこうえん)」もあります。ここは、ニホンザルの保護と観察を目的とした場所です。冬場には、温泉猿を見る事が出来ると観光スポットとして人気を集めています。ぜひ雪の回廊と共におすすめです。

長野県渋温泉!千と千尋の世界観を満喫できる人気の湯処をご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
長野県渋温泉!千と千尋の世界観を満喫できる人気の湯処をご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
長野の志賀高原西麓にひろがる夜間瀬川支流沿いに、千と千尋の世界を彷彿させる温泉宿を有し、湯けむりが情緒たっぷりの渋温泉があります。今回は千と千尋の神隠しのような世界観を持つ渋温泉の魅力的な街並みと金具屋を詳しくご紹介します。

志賀草津道路が結ぶ2-1「志賀高原」見出し

志賀草津道路の中心付近にある志賀高原。ここ一帯は、上信越国立公園に指定されています。春は雪が残り、夏は新緑がとても綺麗で、トレッキングやハイキングが出来、秋は紅葉狩り、冬はスキー場として有名な場所です。自然が溢れていて、マイナスイオンたっぷりの空気に包まれて、日頃のストレスを解消できる高原です。

志賀高原には、12の山が広がっています。その中には、白根火山ロープウェイがあり、その向かう場所には、ソラテラスがあります。このソラテラスからの夕日が綺麗で、気候が良い時期には、多くの人が一目見ようと訪れます。標高が高い横手山には、ヒュッテというパン屋があり、日本一標高が高いパン屋として人気があります。

また、志賀高原には、湖沼がいくつかあり、中にはpH4.4という強酸性の大沼池があります。水中には、生物がほとんどいない珍しい湖沼です。神秘的な湖とも言われていて、見る場所によって色が違い、深い青に見える時もあれば、深い緑色に見える時もあり、絵の具を混ぜたようにエメラルドグリーンに見える時もある、不思議な湖です。ぜひ雪の回廊と共におすすめです。

志賀草津道路が結ぶ2-2「志賀高原」を楽しむ見出し

志賀高原の日本一大きなリフトに乗り、綺麗な夕日を見に行くのも楽しいですし、日本一標高が高いパン屋のパンの味を楽しむのも志賀高原しか出来ません。夏は、標高が高いので涼しく、湖沼鑑賞しながらハイキングやトレッキングがおすすめです。秋は紅葉狩りを楽しむ事が出来ます。また、雪が降り続くと標高が高いので、スキー場は長く利用でき、スキーを楽しむ事が出来ます。

志賀高原スキー場のおすすめゲレンデ15を解説!リフトや初心者コースなど | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
志賀高原スキー場のおすすめゲレンデ15を解説!リフトや初心者コースなど | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
志賀高原スキー場は長野県上信越高原国立公園にあり、大小19のスキー場からなる日本でもトップクラスのスキーリゾートエリアです。これらのスキー場はゲレンデでつながっており、上級者から初心者まで堪能できるコースがたくさん!志賀高原の代表的な15スキー場を紹介します。

志賀草津道路が結ぶ3-1「草津温泉」見出し

志賀草津道路が結ぶ、群馬県側にある草津温泉です。日本一の湯量を誇り、日本三名泉の人一つとなっています。1日の湯量が、なんと30000リットル以上!想像出来ない湯量です。2.2pHという酸性湯で、湯治としても有名です。湯もみがあったり、湯畑があったりと、見どころ盛り沢山の温泉で、観光スポットとしても人気の温泉です。

志賀草津道路が結ぶ3-2「草津温泉」を楽しむ見出し

見どころ盛り沢山の温泉なので、見るところはたくさんあります。中でも湯畑は、温泉を目で楽しむ事が出来ます。湯畑は、温泉街の中心の源泉で、箱型の木枠の中を流れ、滝のように下流に流れています。夜にはライトアップされ、素敵な異空間が広がります。また、湯畑のすぐそばにある「湯けむり亭」は、足湯で、24時間無料開放されています。

ツーリングで草津温泉を訪れ、足湯で疲れを取ったり、温まったりする人達は大勢います。レトロ感満載の草津観光案内所に最初によって、案内してもらってから観光するのはおすすめです。大きな大浴場がある「西の川原露天風呂」、伝統湯もみ体験が出来る熱乃湯と色々な温泉があります。昼でも夜でも見どころある温泉街なので、ぜひ、雪の回廊と共におすすめの温泉です。

草津温泉で湯もみ体験・ショーが鑑賞出来る!場所や料金を調査! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
草津温泉で湯もみ体験・ショーが鑑賞出来る!場所や料金を調査! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
群馬県草津温泉で行われる湯もみ。「草津湯もみ唄」や、「草津節」と合わせて行われる湯もみと踊りは、草津温泉の名物イベントの一つとしても知られています。今回は、そんな湯もみ体験・ショーに関する情報や、湯もみが行われる場所・料金などを調査いたしました!

志賀草津道路の雪の回廊はおすすめ見出し

志賀草津道路の雪の回廊はいかがだったでしょうか?雪の回廊は、春に除雪作業によって現れる雪壁のルートです。左右が、雪の壁に覆われたルートを走るのは、貴重な経験で、そして爽快です。日本一最高地点の国道もあり、近くには、温泉もあり、雪の回廊が現れる春は多くの人で賑わいます。車でのドライブ、バイクでのツーリング、徒歩で雪の回廊を満喫するのはおすすめです。

投稿日: 2017年12月17日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote