地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

長谷寺(鎌倉)ランチなら海光庵!見晴らしも絶景でおしゃれな人気スポット!

長谷寺(鎌倉)ランチなら海光庵!見晴らしも絶景でおしゃれな人気スポット!

鎌倉の長谷寺の下境内には周りを散策できる二つの池があり、上境内には十一面観音が坐す観音堂があります。そして二つの境内はあじさいの道と呼ばれる散策路でつながっています。また長谷寺にはランチの美味しい海光庵があり、散策の後、ゆっくりランチを楽しむことができます。

鎌倉・長谷寺見学とランチ特集見出し

Photo by Kentaro Ohno

神奈川県鎌倉市の長谷寺は736年に開基されたと云われる長い歴史を持つ寺院です。この寺院は、鎌倉の西方極楽浄土と称えられ、境内の紫陽花の道と呼ばれる眺望の良い散策路には、四季を通じて種々の花が咲き乱れ、花の寺とも言われています。ここではそんな人気の長谷寺について、寺院内の食事処、海光庵のランチやおすすめメニューなどの情報も交えて紹介します。

長谷寺のあじさいの見頃や開花情報まとめ!見どころもご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
長谷寺のあじさいの見頃や開花情報まとめ!見どころもご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
鎌倉市「長谷寺」は、奈良の長谷寺と区別する為に「長谷観音」とも呼ばれています。四季の花や風景の美しいお寺として人気の観光地となっています。特に斜面に植えられたあじさいが美しい事で有名、あじさいの名所ともなっています。見どころも沢山有る「長谷寺」はおすすめです。
鎌倉の長谷寺を訪れよう!御朱印や見どころもまとめてご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
鎌倉の長谷寺を訪れよう!御朱印や見どころもまとめてご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
鎌倉の名所といえば「大仏」ですが、それと並ぶほどの名所が「長谷寺」です。そんな鎌倉の長谷寺の見どころや、写経・写仏体験、御朱印の頂き方、授かれるお守りの種類、そして気になる料金など、鎌倉の長谷寺について知っておきたい情報をまとめてご紹介します。

鎌倉・長谷寺へのアクセス見出し

Photo by *Yaco*

長谷寺へのアクセスは、バスの場合は、JR鎌倉駅から京浜急行バス江の島行き、大仏前行き、深沢経由大船行きなどのバスに乗り、4つ目の長谷観音前で下車したところとなります。徒歩だと22分程度かかります。最寄り駅の江ノ電長谷駅からは徒歩5分程度で行けます。長谷駅から県道32号を北ヘ向かい、最初の信号のある長谷観音前交差点を左折し、直進すれば長谷寺に着きます。

Photo by mdid

車でのアクセスは、横浜横須賀道路、朝比奈インターから一般道を通り、長谷寺周辺の駐車場に向かう方法ですが、ハイシーズンの土曜、日曜、祝日は、道路のみでなく駐車場も大変混み合い、空いている駐車場を探すのが大変なため、早めに出発するか、電車やバスを利用して出かける方法をおすすめします。

鎌倉・長谷寺の歴史見出し

Photo by *Yaco*

鎌倉・長谷寺の創建は奈良時代とされていますが、正確な時期は定かではありません。寺伝によれば、736年に大和長谷寺の開基である徳道を藤原房前が呼び、開山したとされています。徳道は楠の大木から2体の十一面観音を造り、1体は奈良の長谷寺に置き、もう一体は祈りをささげた上で海に流したところ、15年後に三浦半島に流れ着き、それを鎌倉に納め開かれたのが鎌倉の長谷寺とされています。

Photo by Kentaro Ohno

鎌倉の長谷寺は足利尊氏が伽藍や諸像の修復を行い、足利義満が観音像の修復を行うなど、時の権力者によって修造、修理が行われており、北条氏康からも寄進を受けています。また、長谷寺は1607年に、徳川家康による伽藍修復を期に、家康から朱印状を受け、浄土宗に改宗しました。この寺院は坂東観音霊場の第四番札所として古くから崇敬を集めています。

鎌倉・長谷寺の境内見出し

Photo by *Yaco*

鎌倉・長谷寺は観音山の裾野に広がる下境内と、その中腹に位置する上境内の二つに分かれており、この二つの境内は、約2500株の紫陽花が美しく咲き乱れるあじさいの径と呼ばれる眺望の良い散策路でつながっています。下境内には妙智池、放生池、2つの池があり、その周りを散策できるようになっています。

Photo by Kentaro Ohno

放生池の前には大黒堂があり、中には鎌倉江の島七福神の1つである大黒様が坐しています。大国道の左隣りには枯山水庭園のある書院があり、写経、写仏ができます。そして庭園にはシュウメイギクなど四季に応じて美しい花が咲きます。弁天堂には八臂弁財天が祀られており、その奥には弘法大師が参籠したと云われる洞窟があります。

Photo bykamakura881

下境内からあじさいの径をを散策しながら登っていくと上境内が見えてきます。上境内には本尊の十一面観音菩薩像が安置されている観音堂や種々の堂宇があります。十一面観音は奈良時代に楠の霊木から削り出されたと伝えられる一木造りの像で、高さ9メートル強を誇る、立ち姿が美しい日本最大級の木造観音像です。また、見晴らし台からは鎌倉の海や美しい街並みの景色が眺められます。

鎌倉・長谷寺海光庵のランチ見出し

Photo by ys*

鎌倉・長谷寺の海光庵は見晴らし台の隣に位置する、心安らげる木目を基調としたレストランです。由比ガ浜の景色を存分に楽しめる店内では、精進料理を元に造られた「お寺のカレー」や「お寺のパスタ」などの美味しいメニューがあり、デザートや甘味類のメニューも充実しています。由比ガ浜を望みながらこの店でランチを食べれば、見学の疲れを忘れ、心身ともにリフレッシュできます。

鎌倉・長谷寺海光庵のランチ1:お寺のカレー

このお店で最も人気のあるランチメニューは、「お寺のカレー」です。ご飯には雑穀米を使用し、ルーには肉類を一切使わないというこだわりがあります。長い年月をかけて作り出した味の決め手となるのは、煎った大豆を一晩水に浸して採るだし汁です。このだし汁を10種類のスパイスを使い、生姜や野菜などをことこと煮込むことで、旨味とコクのあるスパイシーなルーが作られます。

鎌倉・長谷寺海光庵のランチ2:お寺のパスタ

海光庵の店内には大きな窓があり、開放敵なテラス席もあります。この店内で食べる人気のランチメニューの一つ、「お寺のパスタ」も肉や魚を使用しない精進料理系のメニューで、カレー同様1000円前後の値段です。このおすすめのパスタの具材にはトマトや玉ねぎなどの野菜が豊富に使われており、チーズをかけなくても十分おいしさの感じられる、ほど良いテーストに仕上がっています。

鎌倉・長谷寺海光庵のランチ3:長谷寺うどん

長谷寺海光庵には他にも人気のランチメニューがあります。おすすめの「長谷寺うどん」は、毎朝丁寧に炊きあげられた澄み切った出汁が京風のテーストと旨味を引き出しており、細い冷やしうどんと麩や豆類、野菜などが絶妙にミックスされ、美味しい味に仕上がります。付け合わせの煮物も美味しく頂けます。

鎌倉・長谷寺海光庵のランチ4:大吉だんご

長谷寺海光庵には、「大吉だんご」と名付けられた縁起のよさそうなだんごがあります。この人気の団子は一串に4個丸い団子がついており、味はみたらし団子に似ていますが、お寺の中で食べるとまた違った美味しさが感じられます。2本で300円ですが、結構お腹が満たされます。それで足りない人は、他に味噌田楽などと一緒に頼めばランチとしても十分な量となります。

鎌倉・長谷寺海光庵のランチ5:ぱんてら焼き

長谷寺海光庵の人気メニュー、ぱんでら焼きは一見パンケーキのように見えますが、どら焼きの皮のような甘さがほんのり漂い、ちょっと不思議な食感のケーキです。小豆が添えられたバニラアイスが上に乗り、冷たさと温かさが同居した美味しいテーストに仕上がっています。コーヒー、紅茶などのドリンクが付いて800円で、これにくずきりなどを付ければ、ランチとしても十分満足が得られます。

鎌倉・長谷寺海光庵のランチ6:長谷ぜんざいと甘味メニュー

長谷寺海光庵の「長谷ぜんざい」は、小豆の上に大きい白玉が3個乗っており、それに少し塩味の利いた小皿が付いて500円となっています。海光庵は甘味類やデザートも得意で、抹茶と和菓子が800円、バニラアイス付きのテラポテトが500円、あじわい寺まんじゅうが200円と、種々なデザートメニューが揃っています。また飲み物も鎌倉梅酒や甘酒、ビール、日本酒なども用意されています。

鎌倉・長谷寺のてらやカフェ見出し

Photo by *Yaco*

鎌倉・長谷寺のてらやカフェは、門前カフェとして平成28年4月にオープンしたばかりのカフェで、入口の受付の横にてらやショップと併設されています。このカフェには厳選されたコーヒー豆を使った本格コーヒーや、テーストにこだわったおすすめのソフトクリームや軽食などのメニューがあります。木目基調の開放的な店内は、休憩やランチをするのに最適な空間です。

鎌倉・長谷寺付近のレストランとランチ1:ビオテッカ見出し

Photo by macbsd

ビオテッカは江ノ電長谷駅から北へ徒歩7分ほど行ったところにある一軒家のイタリアンステーキレストランです。お洒落で落ち着いた店内にはカウンター席やテーブル席があり、オープンテラスも備わっています。お店には2台分の駐車場があり、近くにはコインパーキングもあります。このお店では熟成肉のステーキが人気を呼んでいます。

Photo by yukop

ビステッカという名称はフィレンツェ名物の炭火で焼いたビフテキ、ビステッカと、自然派ワインのビオの合成語だそうです。このお店の一番のおすすめはドライエイジングビーフサーロインで、シンプルな味付けですが、締まった肉質は、噛むほどに肉の美味しさが伝わってくる熟成肉です。ビステッカは、カジュアルな雰囲気の中で気軽にランチを楽しめるイタリア肉食堂です。

鎌倉・長谷寺付近のレストランとランチ2:空花見出し

空花は江ノ電長谷駅から徒歩4分ほどのところにある日本料理店で、ミシュラン三ツ星店、「元麻布かんだ」で修業し、銀座の「アコメヤ厨房」で料理長を務めた女性料理長が天然素材を使用して造る和食店です。築90年の雰囲気のある古民家を改築したこのお店の人気の土鍋ご飯は、コメの銘柄にもこだわり、オーダーを聞いてから炊き上げる名物料理です。

おすすめのランチメニューは、季節の八寸5品と、メインの土鍋白ご飯に漬物とみそ汁が付いたメニューで、2300円とリーズナブルです。更に500円を足せば、デザート盛り合わせを堪能することができます。このお店には、2名から6名まで利用できる半個室が備わっており、落ち着いた趣のある店内で、心行くまでランチが楽しめます。

鎌倉・長谷寺付近のレストランとランチ3:カフェルセット鎌倉見出し

カフェルセット鎌倉は江ノ電長谷駅から徒歩約4分のところにあるお洒落なカフェで、長谷駅から坂の下に向かう路地にあります。このお店は、高級パンで知られるルセットが古民家を改築して営業しているお店で、木の家具や調度が落ち着いた雰囲気を醸し出しており、天井が高く開放感があります。

このお店のおすすめランチメニューはプレーンなフレンチトーストです。でき上がるまで少々待ちますが、お洒落な器にスライスアーモンドがたっぷり載った小さなフレンチトーストが入っており、メイプルシロップやはちみつをかけて頂きます。外はこんがり、中はしっとりのフレンチトーストは絶品です。また、バターたっぷりで風味のあるハムとチーズのトーストサンドも人気があります。

鎌倉・長谷寺の見学とランチを楽しもう見出し

Photo byPublicDomainPictures

鎌倉・長谷寺は736年に開創された長い歴史を持つ寺院です。このお寺は上境内と下境内を持つ鎌倉でも大変人気のある寺院です。上境内には十一面観音菩薩像が安置され、下境内と上境内をつなぐ散策路に沿って、梅雨時には紫陽花の花が咲き乱れます。ここでは、そんな長谷寺について、寺院内にあるレストラン、海光庵のおすすめランチや人気メニューなども織り交ぜて説明してみました。

投稿日: 2018年2月23日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote