地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

江ノ島エスカーで頂上部まで楽々!料金や乗り場は?割引はある?

江ノ島エスカーで頂上部まで楽々!料金や乗り場は?割引はある?

江ノ島エスカーは江ノ島の頂上を結ぶ有料のエレベーターです。それまで長い階段を歩かなければいけなかったのが、江ノ島エスカーを使えば楽に頂上まで登ることができます。観光で時間を節約したかったり、階段を上るのが大変だという方は江ノ島エスカーをぜひ使ってみてください。

江ノ島エスカーで江の島の頂上まで楽々観光見出し

江ノ島の頂上まで石段を使うと20分近く歩かなければいけません。階段を20分も登るというのは、なかなか大変です。そこでおすすめなのが江ノ島エスカーがおすすめです。江ノ島エスカーを使えば、頂上までわずか5分で上ることができます。そこで今回は江ノ島観光の強い味方江ノ島エスカーの料金や割引情報などをご紹介します。

江ノ島エスカーってなに?見出し

江ノ島エスカーは1956年に建設された日本初の屋外エレベーターです。江ノ島神社から江ノ島の頂上までを結んでいます。それまでは階段で上るしかなかった江ノ島が、簡単に登ることができるようになりました。全長は106メートルもあり、高低差46メートルを4つのエレベーターで昇っていきます。

江ノ島エスカーを使えば楽に頂上まで昇ることができるので、高齢の方や小さなお子様を連れた家族連れ、カップルなど、幅広い人が使っています。ただ、注意点は江ノ島エスカーは上り専用で、降りるときは階段になります。江ノ島エスカーがあるからと言って、歩きにくい靴での江ノ島観光はお勧めしません。

江ノ島エスカーの終点は江ノ島のおすすめ観光スポット見出し

江ノ島エスカーの終点には、江ノ島シーキャンドルという展望灯台や四季折々の花や植物を楽しめる江ノ島サムエル・コッキング苑といった江ノ島観光にぴったりのスポットがあります。江ノ島の景色を一望できる江ノ島観光には外せないスポットなので、ぜひ行ってみてください。

江ノ島シーキャンドル

江ノ島シーキャンドルは湘南のシンボルとして2002年に建設され、2003年にリニューアルオープンした展望灯台です。江ノ島シーキャンドルからは江ノ島の景色が一望できる絶景スポットになっています。夕方には海に落ちる夕日を見ることができます。また、夜にはライトアップされますが、季節によってライトアップの色が変わります。

江ノ島サムエル・コッキング苑

江ノ島サムエル・コッキング苑は、和洋折衷で南国ムードが溢れる植物園です。アイルランド人の貿易商が明治15年から数年かけて造築した庭園で、世界各国から珍しい植物が集められました。現在でも貴重な植物が栽培されています。また、四季折々で様々な花を見ることができ、江ノ島観光のおすすめのスポットとなっています。

江ノ島シーキャンドル(展望灯台)特集!料金は?冬のイルミネーションも人気! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
江ノ島シーキャンドル(展望灯台)特集!料金は?冬のイルミネーションも人気! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
イルミネーションが美しい江ノ島のシンボル、シーキャンドルの展望台からは湘南一帯だけでなく、遠く富士山まで遠望することができます。ふもとには美しい庭園もあり、多くのイベントが開催されています。江ノ島シーキャンドル展望台と、四季折々の楽しみ方についてお伝えします。

江ノ島エスカーに途中から乗ることはできる?見出し

実は江ノ島エスカーは、最初から乗らなくてはいけないわけではありません。江ノ島エスカーは3つの区間に分かれています。江ノ島エスカーではそれぞれの区間にも乗り場があり、そこから乗ることができます。もちろん、料金も最初から乗るよりも安くなります。

最初は階段を使っていたけれど、途中で疲れてきてしまったり、思ったよりも時間がかかってしまってい時短をしたいという場合は、途中から江ノ島エスカーを使って頂上へ向かうこともできるので、「私は歩いて上るぞ!」という方も途中から乗れることを覚えておくと気楽に階段に挑戦できます。

江ノ島エスカーの乗り場はどこ?見出し

江ノ島エスカーは、先ほど紹介した通り、3つの区間に区切られています。そのそれぞれに乗り場があります。また、最初から乗っていた場合でも、それぞれの乗り場で一度降りて、その乗り場の周りを散策することができます。それぞれの乗り場はぜひ観光したいスポットになっていて楽しむことができます。

1区の乗り場に行きたい場合、まず江島神社に向かいます。お土産屋さんなどが並んだ江島神社の参道を登り切ると、江島神社の赤い鳥居が見えます。1区の乗り場はその赤い鳥居の左側にあります。1区の乗り場では、頂上付近にある江ノ島サムエル・コッキング苑のイベント情報などもチェックできます。

2区の乗り場は、江野島神社辺津宮付近です。江島神社辺津宮には、社殿のほかにも罪や穢れを払ってくれるという茅の輪が常設されていたり、お金を洗って金運アップする「銭洗白龍王」があり、ぜひ足を運びたいところです。また、きんちゃく型のさい銭箱もかわいいと人気です。

3区の乗り場は、江島神社中津宮までになります。中津宮の朱塗りの美しい社殿は絶対に見ておきたいポイントです。中津宮付近には水琴窟という少し変わったスポットがあります。地中に瓶が埋めれれていて、そこに水を鳴らすことで琴のような音を出すことができます。

江ノ島エスカーの料金は?見出し

全区間を利用した場合の江ノ島エスカーの料金は、大人が360円で子供は大人の半額の180円になります。また、1区のみを利用した場合の料金は、大人が200円で子供は100円です。2区と3区を利用した場合の料金は、大人が180円で子供は90円です。3区のみを利用した場合の料金は、大人が100円で子供は50円です。

江ノ島エスカーの営業時間は?見出し

江ノ島エスカーの営業時間は、午前8時50分から午後9時5分までとなっています。また、頂上付近にあるシーキャンドルとサムエル・コッキング園の営業時間は午前9時から午後8時までとなっています。また、シーキャンドルとサムエル・コッキング園の最終入場時間は営業時間の終わる30分前の午後7時半までです。

江ノ島シーキャンドルから夜景を見る予定の場合、シーキャンドルの最終入場よりも前に江ノ島エスカーの営業時間が終わってしまうので注意が必要です。江ノ島エスカーの営業時間が過ぎてしまい、歩いて上ろうにもシーキャンドルの営業時間に間に合わないということがないように気を付けてください。

江ノ島を満喫したいならセット券がおすすめ見出し

江ノ島観光の強い味方の江ノ島エスカーですが、頂上付近にあるサムエル・コッキング苑やシーキャンドルに入場する予定があるなら、江ノ島シーキャンドル展望灯台セット券がおすすめです。展望灯台セット券は、江ノ島エスカーとサムエル・コッキング園、シーキャンドルの利用料がすべてセットになっています。

展望灯台セット券は、それぞれ別々にチケットを購入するよりも料金が割引になっていて、大人が750円で小学生が370円となっています。展望灯台セット券は江ノ島エスカー1区の乗り場でのみ販売となっています。また、発売時間は営業時間よりも短く、午前9時から午後6時45分までです。

さらに、新江ノ島水族館へ行く予定の方は、「新江ノ島水族館+江ノ島シーキャンドル展望灯台セット券」がおすすめです。江ノ島シーキャンドル展望灯台セット券に新江ノ島水族館の入場券がセットになっていて、割引金額も大人で250円と大きくなっています。全国のローソンとミニストップで購入することができます。

江ノ島エスカーはフリーパスやフリー切符で割引も見出し

江ノ島エスカーの料金が割引になるのはセット券だけではありません。「eno=poass」という江ノ島1dayパスポートは、展望灯台セット券で利用できる施設と江ノ島岩屋の各施設を一日に何度でも利用できるようになるパスポートです。また、飲食店や新江ノ島水族館などでも割引サービスを受けることができる江ノ島観光の強い味方です。

「eno=poass」は江ノ島エスカーの1区発売所のほか、 片瀬江ノ島観光案内所と藤沢市観光センターで購入することができます。また、発売時間は3月から10月は午前9時から午後3時、11月から2月のは午前9時から午後2時までです。料金は大人は1000円で、小学生が500円です。

午後から江ノ島を含めた江ノ電沿線に出かけるという方におすすめなのが「鎌倉・江の島アフタヌーンパス」です。午後1時以降限定で、なんと大人が1000円、子供が500円という割引料金で江ノ島全線が乗り降り自由なフリー切符と、江ノ島エスカー、サムエル・コッキング苑、シーキャンドルの利用ができますパスです。

これらのチケットをバラバラに買うと、1460円もかかるので、その割引料金はかなりのものです。鎌倉・江の島アフタヌーンパスの取り扱いは、午後1時から午後5時までで、購入した当日のみ有効です。購入できるのは、江ノ電藤沢駅、江ノ島駅、鎌倉駅の窓口です。午後からゆっくり江ノ島を楽しむという場合は、かなりお得なフリーパスです。

江ノ島岩屋洞窟を観光!行き方は?パワースポットとしても有名! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
江ノ島岩屋洞窟を観光!行き方は?パワースポットとしても有名! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
今回は江ノ島の岩屋洞窟を観光!ということで、江ノ島観光には欠かせない岩屋洞窟の全貌をご紹介していきます。数々の伝説のある洞窟として知られる江ノ島岩屋洞窟で、パワースポットとしても有名です。行き方などもご紹介しているのでぜひ旅行計画にお役立てください!
江ノ島のおしゃれなカフェTOP10!海沿いが人気でおすすめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
江ノ島のおしゃれなカフェTOP10!海沿いが人気でおすすめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京都心から約1時間程で行ける江ノ島がとてもおすすめスポットで人気急上昇。少しバカンス気分を味わいたいのであれば江ノ島で海を見ながらカフェタイムなんていかがでしょうか。江ノ島の最もいい所は景色が絶景に見渡せれるカフェがとてもおすすめです。

江ノ島エスカーで江の島観光を快適に楽しもう!見出し

江ノ島の頂上からの眺めは最高に気持ちがいいものです。その眺めを簡単に見せてくれる江ノ島エスカーはまさに江ノ島観光の強い味方ですね。また、江ノ島エスカーの周辺の施設も楽しめます。江ノ島観光に行ったら、江ノ島エスカーで快適に楽しんでみてください。

江ノ島(鎌倉)で観光するなら?日帰りでも楽しめるスポットを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
江ノ島(鎌倉)で観光するなら?日帰りでも楽しめるスポットを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
これからの夏の時期に人気の観光スポット「江ノ島」、そしてすぐ近くの歴史感じる観光スポット「鎌倉」にはおすすめの観光スポットが数多く点在しています。今回は日帰りで楽しめる湘南江ノ島、鎌倉の観光スポットをどんどん紹介していきます。
江ノ島デートにおすすめのスポット20選!定番から穴場もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
江ノ島デートにおすすめのスポット20選!定番から穴場もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
江ノ島は海の街として知られていますが、恋愛の名所としても有名で多くのカップルがデートに訪れる街でもあります。恋愛にまつわるジンクスも多いスポットなので、夜までデートを楽しめます。今回はそんな江ノ島、鎌倉のおすすめデートプランやコース、スポットを紹介します。

関連キーワード

投稿日: 2017年9月14日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote