「星カフェSPICA」大阪でプラネタリウムや天体観測!様々なイベントもあり

2018年5月17日 (2018年5月18日最終更新)

星カフェSPICAは大阪で人気の星空だらけのバーです。店内ではプラネタリウム解説や天体観望会などが開催され、星空好きにはたまりません。他にも、星空に関するイベントがたくさんあります。この記事では、そんな大阪星カフェSPICAについてご紹介します。

目次

  1. 大阪星カフェSPICAは人気のバー
  2. 大阪星カフェSPICAへのアクセス
  3. 大阪星カフェSPICAの営業時間
  4. 大阪星カフェSPICAは星まみれ!
  5. 大阪星カフェSPICAのプラネタリウム解説
  6. 大阪星カフェSPICAの天体観望会
  7. 大阪星カフェSPICAで月が見える時間
  8. 大阪星カフェSPICAのメニュー:オリジナルカクテル
  9. 大阪星カフェSPICAのメニュー:アルコール
  10. 大阪星カフェSPICAのメニュー:ノンアルコールカクテル
  11. 大阪星カフェSPICAのメニュー:ソフトドリンク
  12. 大阪星カフェSPICAのメニュー:フードメニュー
  13. 大阪星カフェSPICAはテーブル会計
  14. 大阪星カフェSPICAのイベント
  15. 大阪星カフェSPICAを予約しよう
  16. 大阪星カフェSPICAに行ってみよう

大阪星カフェSPICAは人気のバー

大阪星カフェSPICAは都会にいながらにして星空を楽しめるバーです。プラネタリウム解説や天体観望会が毎日のように開催されるので、星空ファンにはたまりません。他にも星空にまつわる様々なイベントが開催されます。この記事ではそんな大阪星カフェSPICAについてご紹介します。

大阪星カフェSPICAへのアクセス

大阪星カフェSPICAの最寄り駅は、大阪メトロ長堀鶴見緑地線「松屋町駅」です。松屋町駅の3番出口を出たら、南へ歩きます。すると、コインパーキングがありますので、そこを左に曲がってください。コインパーキングのすぐ隣のビルの5階に大阪星カフェSPICAが入っています。駅からは徒歩2分ほどです。

ビルにはエレベーターがありませんので、予めご了承ください。また、最寄駅の「松屋町駅」以外の駅からも徒歩でアクセスすることが可能です。御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋駅」からは徒歩15分、長堀鶴見緑地線・堺筋線「長堀橋駅」からは徒歩8分、 長堀鶴見緑地線・谷町線「谷町6丁目駅」からは徒歩7分でアクセスできます。

住所:大阪市中央区松屋町4-18 JitsuwaBLDG 5F 
電話番号:06-6777-4066

Original大阪の爬虫類カフェ特集!人気店のアクセス情報や料金などまとめて紹介!| 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
Original味園ビルは大阪のディープスポット!怪しいバーが集う超カオスな魅力は?| 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]

大阪星カフェSPICAの営業時間

大阪星カフェSPICAの営業時間は18:00から24:30までです。ラストオーダーは24:00ですが、最終入店はラストオーダーよりも30分早く23:30なのでご注意ください。定休日は不定期なので、事前のご確認が必要です。また、大阪星カフェSPICAはイベントも多く開催されており、イベントの際は営業時間が異なる場合もあります。

大阪星カフェSPICAは星まみれ!

大阪星カフェSPICAは「星空をエンターテイメントに」というコンセプトのバーです。都会だからこその星空の楽しみ方を教えてくれます。大阪星カフェSPICAの店内はとにかく星まみれで、星空好きにはたまりません。店内の壁は一面の星空、天井や足元にも星空という不思議な空間です。

大阪星カフェSPICAのプラネタリウム解説

大阪星カフェSPICAのマスターは「星のソムリエ」の資格を持つ星空のスペシャリストです。星のソムリエとは、星空や宇宙の楽しみ方を教えてくれる星空案内人のことです。さらにマスターはR-1ぐらんぷり1回戦突破の実績もある話のスペシャリストでもあります。そんな星空に詳しく、おもしろいマスターがなんとプラネタリウム解説をしてくれます。

プラネタリウム解説は毎日2回ほど開催されます。1回目は19:30頃からで、1回目は22:20頃からです。プラネタリウム解説の時間はそれぞれ10分と5分です。プラネタリウム解説の前後はオーダーがストップになりますので、その前にオーダーをしておきましょう。また、プラネタリウム解説は毎日必ずあるわけではありませんのでご了承ください。

大阪星カフェSPICAの天体観望会

大阪星カフェSPICAで、プラネタリウム解説の後に行われるのが「天体観望会」です。1回目と2回目のプラネタリウム解説のあとに、それぞれ20分から25分程度行われます。天体観望会は大阪星カフェSPICAの屋上にて行われます。雨天や曇天の際は天体観望会は中止となり、プラネタリウム解説のみ開催になる場合もあります。

大阪星カフェSPICAで月が見える時間

月が見える時間は毎日同じではありません。もちろん、大阪星カフェSPICAで月を見られる時間も毎日異なります。月が出る時間は毎日約50分ずつ遅くなるそうです。そして1ヵ月で1周します、月の出、月没時間は国立天文台天文情報センター歴計算室のホームページからご確認いただけます。

大阪星カフェSPICAで月が見える時間は、月の出60分から90分後からです。そして、月没の60分から90分前には見えなくなります。なぜなら大阪星カフェSPICAの東西には建物があり、それらが月を遮ってしまうからです。月の出時間ぴったりに行っても残念ながら月を見ることはできません。

大阪星カフェSPICAのメニュー:オリジナルカクテル

大阪星カフェSPICAで最もおすすめメニューはオリジナルカクテルです。大阪星カフェSPICAのオリジナルカクテルは、星好きにはうれしい、星の名前がついた個性豊かなカクテルです。「アンドロメダ」、「はやぶさ」、「ミルキーウェイ」、「アンタレス」、「ジュピター」があります。お値段は全て800円です。

大阪星カフェSPICAのメニュー:アルコール

大阪星カフェSPICAのアルコールメニューは、リキュール、ビール、ジン、ウォッカ、ラム、テキーラ、ウィスキー、ワイン、ブランデー、ベルモット、焼酎が数多くそろえられており、非常に充実しています。また、これらのアルコール類はカクテルにしてもらうこともできるので、さらにメニューの選択肢は増えます。

例えば、リキュールだけでも、アマレット、イェーガ-・マイスター、カシス、カルア、カンパリ、グリーンティー、コアントロー、ゴディバ、サザンカンフォート、ストーンズ、ストロベリー、ディタ、ティフィン、ドランブイ、ピーチ、フランボワーズ、マリブ、ラズール、梅酒、桂花陳酒、杏露酒が取りそろえられています。

また、リキュールベースのカクテルには、イタリアンスクリュードライバー、イェーガ-・トニック、イェーガーオレンジ、カシスオレンジ、カシスソーダ、コアントロートニニック、照葉樹林、グリーンティーミルク、ソコ・トニック、ストロベリーミルク、ディタトニック、ディタグレープフルーツなどここではご紹介できない程メニューが豊富です。

リキュールやリキュールベースカクテルは基本的には750円です。他のアルコール類も500円から800円程度のメニューが中心などで気にせず注文できます。ワインなどボトルで注文できるものは少しお値段の張るものもありますが、一緒に行った方とシェアすればそれほど高くはありません。

大阪星カフェSPICAのメニュー:ノンアルコールカクテル

アルコールが苦手な方にはオリジナルノンアルコールカクテルのメニューがおすすめです。ノンアルコールカクテルも星の名前がついています。大阪星カフェSPICAのノンアルコールカクテルには「リトルプリンス」、「アンドロメダ・ハロー」、「スピキュール」、「バージンミルキーウェイ」、「コメット」があります。お値段は全て700円です。

大阪星カフェSPICAのメニュー:ソフトドリンク

大阪星カフェSPICAにはノンアルコールカクテルのほかにも、アルコールが苦手な方のためにソフトドリンクのご用意があります。このようなバーにしては珍しく、コーヒーもありますので、コーヒー好きにもうれしいと思います。アルコールを注文するお客さんが多いのですが、苦手な方は無理をせずソフトドリンク等のメニューを注文しましょう。

大阪星カフェSPICAのメニュー:フードメニュー

大阪星カフェSPICAのフードメニューには、お食事やおつまみ、デザートがあります。お一人用のお食事メニューとしては、「タコライス銀河(990円)」、「スピカバーガー(1080円)」、「衝突銀河ライス(1120円)」があります。いずれも大阪星カフェSPICAにぴったりの名前が付けられたかわいらしいメニューです。

チーズでくり抜いた星が散らしてあり、星空感もばっちりなお食事たちはインスタグラマーにもおすすめです。アルコールを飲まない方は、こちらのお食事メニューとソフトドリンクを注文すると、夜ごはんにもちょうど良いのではないかと思います。お食事メニューはほかにも、グループにぴったりなシェアしやすいメニューもあります。

グループにおすすめのお食事メニューは、「フライドポテト(600円)」、「チキンナゲット(600円)」、「シーザーサラダ(600円)」、「オイルサーディンのガーリック焼き(800円)」、「チーズ&クラッカー(600円)」、「チーズ盛り合わせ(1200円)」、「ソーセージ盛り合わせ(1000円)」、「ぺペロンチーの(1000円)」です。

おつまみメニューには、「柿の種(200円)」、「ミックスナッツ(300円)」、「ポテトリップス(300円)、「ラスク(300円)」、「ピスタチオ(500円)」、「チョコレート(500円)」、「ビーフジャーキー(600円)」、「スナック盛り合せ(800円)」があります。

スナック盛り合せには、ミックスナッツ、ピスタチオ、アポロチョコ、ポテトチップスといった王道のスナック類が入っており、仲間同士でシェアするのにぴったりなメニューです。夜ごはんを済ませてから星空を見に来る方は、アルコールとおつまみだけでも十分だと思います。

大阪星カフェSPICAのデザートメニューには、「星の欠片のガトーショコラ(700円)」と「アイスクリーム(700円)」があります。アイスクリームはお好みのリキュールかシロップをかけてもらうことができます。リキュールは、カシス、ストロベリー、ピーチ、ゴディバ、カルア、ティフィン、フランボワーズからお選びいただけます。

シロップは、ストロベリー、チョコレート、キャラメルの3種類です。アイスクリームには、星の形のクッキーがそえられており、ここでも星空を感じることができます。デザートは小ぶりなので、女性にもおすすめのメニューです。お食事の後でもペロリといただくことができます。

大阪星カフェSPICAはテーブル会計

大阪星カフェSPICAはテーブル会計となっています。お会計の際に、どこでお会計をするのか迷わないように事前にご了承ください。テーブルに店員さんを呼んで、そこでお会計をしてもらうことができます。このとき、おひとり様900円のチャージ料のお忘れのないようにご注意ください。

大阪星カフェSPICAのイベント

大阪星カフェSPICAはただのバーではありません。星空エンターテインメントカフェバーです。大阪星カフェSPICAでは、1年を通して星空にまつわる様々なイベントが開催されています。例えば、流星群の時期には、流星群観望会が開催されます。屋上にシートを敷いて、寝っ転がって星空を鑑賞できる大人気のイベントです。

流星群観望会は8月12日前後に開催される「ペルセウス座流星群」の観望会と、12月15日前後に開催される「ふたご座流星群」の観望会といったイベントがあります。毎年流星群が見られる日程は異なります。これらのイベントに興味のある方は事前に日程をご確認ください。

大阪星カフェSPICAで開催されるのは星空のイベントだけではありません。月を見ることもできます。それは「中秋の名月観望会」です。毎年旧暦御8月15日、中秋の名月の日に開催されるイベントです。すすきを飾って、月見団子を食べながらお月見をする風流なイベントです。

その他のイベントしては、6月と11月頃に開催される「12星座ワインパーティー」や、「手作り望遠鏡教室」、「天文セミナー」、「トークライブ」などがあります。チークライブのテーマは「ちょっと宇宙(そら)まで」、毎回様々なゲストが星空に関するトークを繰り広げてくれます。

大阪星カフェSPICAを予約しよう

大阪星カフェSPICAは来店30日前から予約することができます。小さなお店なので、できるだけ早めに予約をして行きましょう。大阪星カフェSPICAを利用できる時間は3時間です。ここで注意していただきたいことがあります。7名以上の予約の場合は、チャージ料が先払いになります。チャージ料は予約の場合も一人900円です。

また、1名でのご予約の場合はカウンター席になります。予約時間を過ぎると、キャンセルになることがあるので、予約時間に遅れないようにしてください。遅れそうな場合は、事前にお店の方に連絡を入れましょう。無断キャンセルをすると次回以降予約を受け付けてもらえなくなります。行けなくなってしまった場合も、連絡を忘れずにお願いします。

予約は公式ホームページから受け付けています。公式ホームページに「星カフェSPICAご予約はこちらから」という大きなボタンがありますので、そちらをクリックすると注意事項の書いてあるページにアクセスできます。注意事項を読み、「上記の内容を確認しました」にチェックを入れると予約をすることができます。

大阪星カフェSPICAに行ってみよう

大阪星カフェSPICAはプラネタリウム解説や天体観望会などが楽しめるバーです。フードやドリンクのメニューも星空をテーマにしたものが多く、店内は星空一色と言っても過言ではありません。星空隙はもちろん、星空に詳しくない方でも十分に楽しめますので、是非一度足を運んでみてください。

関連記事

関連するキーワード

大阪市の人気ランキング

大阪市の新着のまとめ