地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ニューヨーク堂(長崎)はソフトクリームも人気!カステラアイスだけじゃない

長崎のニューヨーク堂は老舗の洋菓子屋さん。ニューヨーク堂といえばカステラアイスが有名ですが、ソフトクリームも長崎市民に長く愛されている人気メニューです。また、ソフトクリームとカステラのコラボメニューもあるのだとか。ニューヨーク堂のスイーツメニューを一挙ご紹介!

長崎ニューヨーク堂のおすすめスイーツガイド!見出し

Photo by toshifukuoka

長崎を代表するスイーツと言えばやっぱりカステラ。長崎の老舗洋菓子店「ニューヨーク堂」は、カステラをアレンジしたスイーツ「カステラアイス」で有名です。そんなニューヨーク堂には、カステラアイスの他にも人気のスイーツがたくさんあるのをご存知でしょうか。今回は、食べ歩きメニューからお土産まで長崎ニューヨーク堂のおすすめスイーツをたっぷりとご紹介します。

長崎のニューヨーク堂ってどんなお店?見出し

ニューヨーク堂は長崎にある洋菓子店です。ニューヨーク堂の創業者である松本兼松氏は、ニューヨークでアメリカの大手自動車メーカー「ゼネラルモーターズ」会長の専属シェフを務めていたという経歴の持ち主。

39歳で日本に帰国してから、ニューヨーク堂の前身となる洋食レストランを開業しました。開業したのは昭和12年のこと。当時はまだ洋食は珍しく、長崎で評判のレストランになったそうです。

戦後の食糧統制の時代に入ると、様々な食材の手配が難しくなります。そこでニューヨーク堂は、手に入る食材を使用してあらかじめ作ることのできるスイーツを販売する洋菓子店へと舵を切りました。

ニューヨーク堂で販売されているスイーツメニューは、長崎名物のカステラを始めとしてケーキやアイスクリームなど様々です。兼松氏がニューヨークで培ったアメリカンスタイルのレシピは現在でもしっかりと受け継がれており、地元長崎で世代を超えて親しまれています。

かつてはレストランだったニューヨーク堂は、現在はスタンディングのイートインスペースを備える洋菓子店となっています。メディアで取り上げられるようになってからは行列ができるほどの人気店となり、持ち帰りだけでなくイートインスペースや食べ歩きの利用も多くなったそうです。

スイーツは全て店舗の裏手にある自社工場で作られていて、時間帯によって作るメニューが変わります。

ニューヨーク堂の定番メニュー【カステラアイス】見出し

ニューヨーク堂の看板メニューとも言えるのが「カステラアイス」です。しっとりふわふわに焼き上げたカステラにアイスクリームをサンドしたスイーツ。もちろん、カステラもアイスクリームもニューヨーク堂の工場で手作りされています。

カステラにはザラメが加えてあり、ザラメの粒々感がアイスクリームの滑らかさと相まって食感の違いが楽しめます。2枚のカステラは、ザラメがたっぷりついた底の部分と、香ばしいの上の部分が互い違いになるようにサンドしてあるのもポイントです。

カスドースは長崎の郷土銘菓!おすすめスイーツを東京でも買える販売店も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
カスドースは長崎の郷土銘菓!おすすめスイーツを東京でも買える販売店も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
長崎県平戸市の郷土銘菓である「カスドース」。桃山時代にポルトガルから長崎に伝わったとされるスイーツです。長崎銘菓のカステラのようで、カステラではないカスドース。そんなカスドースとはどんなスイーツなのか、また買う事が出来るお店を含めながらご紹介します。

ニューヨーク堂のカステラアイスは種類豊富!見出し

ニューヨーク堂のカステラアイスは豊富なフレーバーが揃っていて、お土産に人気です。ベーシックなメニューはバニラ。ニューヨーク堂創業当時から80年以上も受け継がれてきたレシピで作られた懐かしい味です。初めてカステラアイスを食べる人におすすめ。

そして抹茶味は、バニラアイスにニューヨーク堂独自の配合で宇治抹茶を混ぜたものです。抹茶はアイスクリームのみに入っており、カステラはプレーンです。

カステラアイスのチョコレート味は、プレーンのカステラにチョコレートアイスを挟んだものです。チョコレートアイスは、バニラアイスにクーベルチュールチョコレートを配合し、さらにチョコレートダイスをゴロゴロと混ぜて食感をプラス。

アメリカのチョコレートといえば甘みの強いものが多いですが、ニューヨーク堂のスイーツは日本人の口に合うように兼松氏が独自にアレンジを加えてあるのがおすすめポイント。チョコレートアイスのクーベルチュールチョコはカカオ分62パーセント、チョコレートダイスのカカオ分は58パーセントだそうです。

甘酸っぱくさっぱりした味が人気のストロベリー。カステラのハチミツの風味と相性の良いメニューです。

ちなみに、長崎は九州でも有数のいちごの産地です。長崎で主に栽培されているいちごは「さちのか」で、最近では大粒の「ゆめのか」も人気なのだとか。「とよのか」は、栽培がしやすいことやクリスマスシーズンに実をつけることから、ケーキ屋さんなどの業務用に人気の品種だそうです。

長崎名産の茂木びわを使ったカステラアイスもあります。大きめにカットした茂木びわの果肉をバニラアイスに乗せて、カステラでサンドしたものです。繊細なびわの実を工場で一つ一つ丁寧に皮をむきカットして、アイスに手で乗せていくという手間暇のかかったスイーツ。茂木びわの旬の時期に長崎を訪れたらぜひ味わいたいおすすめのメニューです。

新メニューの白玉小倉カステラアイスは、小倉アイスに白玉を乗せてカステラでサンドしたメニューです。小倉アイスは、ほんのり小豆色をした小倉アイスとバニラ多めの小倉アイスの2種類を使っているのだとか。

北海道産の小豆を工場でコトコトと炊き上げて仕上げた餡は皮の食感を残してあり、小豆の甘く懐かしい風味がほっとするフレーバーです。食べる時は白玉が柔らかくなってからがおすすめ。

ニューヨーク堂カステラアイスはその場で食べてOK見出し

ニューヨーク堂のカステラアイスは個包装で販売されていますが、イートインコーナーや食べ歩きなどですぐに食べることをお店に伝えると、紙に包んで食べやすい状態で渡してくれます。

冷凍庫から出したばかりのカステラアイスは、カステラもアイスも固まっている状態。もちろんすぐに食べることもできますが、カステラとアイスが柔らかくなるまで時間を置いてから食べるのがおすすめ。カステラのふんわりした食感やアイスのクリーミーさがより引き立ちます。

老舗の味!ニューヨーク堂の絶品ソフトクリーム見出し

ニューヨーク堂でカステラアイスと並んで人気のメニューはソフトクリームです。長崎の指定農場で採れた色鮮やかな黄身の卵を使用しているので、バニラソフトクリームの色もほんのりと黄色がかっています。

小ぶりなコーンの上にたっぷりと盛られたソフトクリームは、滑らかな口当たりで昔ながらの懐かしい味わい。長崎で長い間愛され続けてきたのも納得のおいしさです。

ソフトクリームのフレーバーはバニラ以外にもチョコレートやストロベリー、抹茶やびわなど様々。杏仁ソフトやヨーグルトなどの珍しいフレーバーが登場することもあるそうです。

ニューヨーク堂の工場では日替わりや時間帯によってランダムにソフトクリームが製造されているので、全てのフレーバーがいつでも食べられるわけではありません。どのフレーバーが食べられるかはお店に行ってみてのお楽しみ。なお、火曜日はソフトクリームの製造はお休みになるそうです。

ニューヨーク堂おすすめメニュー【長崎カステラ生ソフト】見出し

ニューヨーク堂で人気のソフトクリームとカステラがコラボしたメニューが「長崎カステラ生ソフト」です。コーンの代わりに2枚のカステラでソフトクリームを包み込んだ、パフェのようなスイーツ。トッピングに手焼きのクッキーが添えられています。

卵の風味たっぷりのソフトクリームと、これもまた卵たっぷりで作ったカステラを一緒に食べると濃厚な甘みが口いっぱいに広がります。ソフトクリームの柔らかな食感もカステラアイスとは一味違い、ふんわり滑らかな口当たりがおいしいと評判です。カステラのザラメが良いアクセント!

長崎カステラ生ソフトは元々、2017年秋のお祭り「長崎くんち」に合わせて作られた特別メニューでしたが、好評のためレギュラーメニューとなったそうです。なお、ソフトクリームの製造が休みの火曜日には、長崎カステラ生ソフトもお休みとなります。

ニューヨーク堂の長崎カステラ生ソフトのフレーバーは?見出し

気になる長崎カステラ生ソフトのフレーバーは、その日のソフトクリームの製造状況によって毎日変わります。また、午前と午後でメニューが変わることもあるので、来店して初めてフレーバーが分かることになります。

ソフトクリームに添えられているクッキーは、バニラ、バニラチョコ、黒ごまチョコの3種類。ソフトクリームのフレーバーによってどのクッキーがトッピングされるか決まるそうです。

2018年春に行われたアイスクリームイベント「あいぱく」では、会場限定メニューとして抹茶カステラバージョンの長崎カステラ生ソフトが登場し、話題となりました。

伝統を守りつつも新しいフレーバーやメニューにチャレンジしているニューヨーク堂なら、長崎カステラ生ソフトの新フレーバーや進化バージョンの登場にも期待が持てそうです。

これもおすすめ!ニューヨーク堂【ながさきアイス】見出し

ニューヨーク堂のアイスクリームは、カステラアイスだけでなく様々なメニューで販売されています。アイスクリームのおすすめメニューの一つが、アイスクリームをもなかでサンドした「ながさきアイス」。定番のバニラを始め、チョコレート、ヨーグルト、小倉、抹茶、ストロベリーなどのフレーバーがあります。

ソフトクリーム型に成形されたながさきアイスもあります。フレーバーはバニラのみですが、遠くまで持ち帰りができないソフトクリームを食べたい人にとっては気分だけでも楽しめるメニュー。子どもへのお土産におすすめです。

手作りのおいしさ!ニューヨーク堂【パイアイス】見出し

もなかの蓋の部分がパイになっているながさきアイスは「パイアイス」です。パイアイスは、カステラアイスが登場する40年以上も前からのロングセラーメニューなのだとか。リーフパイのような薄いパイがザクザクと軽い食感で人気です。なお、アイスクリームのフレーバーはバニラのみです。

メニュー豊富!ニューヨーク堂のスイーツいろいろ見出し

ニューヨーク堂にはアイスだけでなくケーキも豊富に揃っています。中でも職人さんが焼き上げるパイはおすすめ。半月型の形がかわいらしい「アップルパイ」は、ジューシーなりんごのコンポートをサクサクのパイが包み込んでいます。シナモンの香りも良いアクセントに。小ぶりなので何個でも食べたくなる人気のスイーツです。

シュークリームのような丸い形の「クリームパイ」も昔からの人気メニューです。パイの中にシュークリームと同じカスタードクリームを入れ、その上にメレンゲを渦巻き状に乗せて焼き上げたスイーツ。

また、輪切りのパイナップルを乗せた「パインパイ」も甘酸っぱさがおいしいとファンの多いメニューです。

「カステラの端切れ」は、カステラの街長崎ならではの隠れた人気メニューです。大きなオーブンで焼き上げる1枚のカステラから出る端切れは、大きさや厚みは不揃いながら味は確か。

1パック150円という手に取りやすい価格で、長崎では昔から普段のおやつとして親しまれてきたそうです。アイスクリームも一緒に購入して、自宅でカステラアイスを作るのもおすすめ。

長崎の名物をグルメやお土産で堪能!おすすめの食事や人気の商品を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
長崎の名物をグルメやお土産で堪能!おすすめの食事や人気の商品を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
温暖な気候も手伝い食の豊かな長崎は海産物も豊富で、異国との交流も盛んな歴史を持ち、名物が多くあります。また近年は新たなB級グルメなどの開発が行われました。そんな長崎名物のグルメの料理や食べ物においしいお土産にピッタリなものをご紹介します。

ニューヨーク堂の基本情報見出し

ニューヨーク堂の営業時間は、月曜から土曜は10時から18時30分まで。日曜は10時から17時までの営業です。定休日は年末年始のみだそうです。

ソフトクリームの販売は、月曜から土曜は11時から17時頃まで、日曜は11時から16時30分頃までとなっています。なくなり次第終了となるので、ソフトクリーム目当ての人はご注意下さい。

住所:長崎県長崎市古川町3-17
電話番号:095-822-4875

ニューヨーク堂へのアクセス方法見出し

Photo by toshifukuoka

ニューヨーク堂は長崎市の中心地にあるので、長崎観光で立ち寄りやすい立地です。最寄り駅は長崎電鉄「賑橋」電停で、有名な眼鏡橋の1つ手前の袋橋を渡って1ブロック過ぎたところにあるタイル張りの路地を左へ入ると見つかります。

長崎の路面電車は観光に必須!乗り方や料金は?1日乗車券の利用もおすすめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
長崎の路面電車は観光に必須!乗り方や料金は?1日乗車券の利用もおすすめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
長崎に旅行に行った際、たくさんある観光地のどれも魅力的で、どう回ればいいか交通手段を悩んだことはないでしょうか。バスやタクシーも便利ですが、長崎の移動におすすめなのは安くて便利な路面電車です。効率よく観光地を回ることができる長崎の路面電車についてご紹介します。

ニューヨーク堂周辺は見どころたくさん見出し

Photo by hkflc

ニューヨーク堂のすぐ近くには、長崎の名所「眼鏡橋」があります。1634年に架けられた眼鏡橋は日本初のアーチ式石橋で、国の重要文化財に指定されている他、「日本橋」「錦帯橋」と並ぶ日本三名橋の一つにも数えられています。

また、眼鏡橋護岸の石垣にはハート型の石が1つ埋め込まれており、女性たちの間で人気の写真撮影スポットになっているそうです。

Photo by inunami

ニューヨーク堂から中島川を下って行くと「出島和蘭商館跡」が見えてきます。江戸の鎖国時代に平戸から出島に移転してきたオランダ商館を復元したエリアで、当時の街並みや出島での生活の様子が見学できます。

見学料金は大人510円、高校生200円、小中学生100円です。開館時間は8時から18時までとなっています。

Photo by gtknj

ニューヨーク堂から高台の方へ歩くと「龍馬のぶーつ像」があります。坂本龍馬が結成した亀山社中の跡地近くに建つ銅像で、亀山社中創設130周年を記念して市民団体が建立しました。

ブーツは大きく出来ているので実際に足を入れることができ、人気の記念撮影スポットとなっています。また、高台にあるため長崎市街から長崎港までが一望できるのもおすすめのポイントです。

ニューヨーク堂で長崎名物アイスを食べよう!見出し

Photo by toshifukuoka

長崎にある「ニューヨーク堂」をご紹介しました。ニューヨーク堂には、長崎名物のカステラやお店自慢のアイスクリーム、そしてロングセラーのソフトクリームなどおすすめメニューがたくさんあります。長崎観光の休憩に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

投稿日: 2018年5月18日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote