地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

スシロー池袋店は他店とは違う!おすすめメニューや営業時間・値段は?

全国的に有名な回転寿司チェーンの「スシロー」が初めて都市型店舗として出したのが南池袋店。他支店とは違うメニューや値段設定で、開業から今日まで絶大な人気を誇ります。ここではそんな「スシロー南池袋店」にクローズアップして、おすすめや値段を調べていきます。

「スシロー南池袋店」がオープンからずっとアツいそのワケ見出し

Photo by Tokuriki

回転寿司の人気チェーン「スシロー」が2016年9月に池袋に進出して以来、池袋駅近辺は回転寿司の激戦区です。デートやショッピングで訪れた際、値段が安く、営業時間も昼休憩がないなどで利用しやすいのまたありがたいことです。特にスシローはネタも新鮮でおいしいと高評価です。そんな池袋で特におすすめの「スシロー南池袋店」の魅力を解剖していきます。

2016年9月にできた「スシロー南池袋店」は特殊な店?見出し

Photo by Dick Thomas Johnson

「スシロー」の池袋店といっても、正確には南池袋にあります。2016年9月以前は回転寿司のおすすめ店が少なかったこともあり、「スシロー南池袋店」の登場で池袋が大きく変化しました。メニューが豊富で値段が安い「スシロー」の登場で、池袋の既存回転寿司店が切磋琢磨して盛り上がり始めたのです。その中でも「スシロー南池袋店」は今も群を抜いて輝いています。

そんな「スシロー南池袋店」がどうして人気なのか。それはこの店舗が「スシロー」で初めての山手線沿線の店だったことがまず挙げられます。同時に、大都会への進出に賭けた意気込みもあってか、この南池袋店でしか楽しめないメニューもいくつか用意されました。「スシロー」の中でも厳選されたメニューがやや異なることから、特に「スシロー南池袋店」が注目されるのです。

「スシロー南池袋店」の1皿は100円じゃない!見出し

「スシロー南池袋店」がほかの「スシロー」と大きく違う点はメニューの種類のほかに値段があります。普通の「スシロー」は安いお皿で100円からですが、「スシロー南池袋店」では120円(税別)という設定になります。立地の関係など諸々の事情が「スシロー」側にあるにしても、お客さんの目から見るとややデメリットであることは否めません。

寿司のお皿は120円、200円、300円の設定で他支店よりも高いですが、結果的に「スシロー南池袋店」がオープンから月日が経った今でも人気です。ネット予約を入れなければ数十分の待ち時間は当たり前。それほど池袋でも人気のある回転寿司店になっています。場所もいいですので、池袋に遊びに来たついでに、あるいは夕方のちょっと小腹が空いたときに重宝する人気店です。

「スシロー南池袋店」の値段はちょっと高いけど人気の理由見出し

「スシロー南池袋店」は一般の支店と比較して値段設定が高めになります。それでも人気があるのは、すでに書いたようにほかの店舗とは違うメニューが豊富にあることがその理由になります。池袋店でしか食べられないメニューや、一般の支店とは違う品揃えが注目されるのです。つまり、ここでしか食べられない寿司もたくさんあるのです。

こういった南池袋店にしかないステータスが、値段の高さというハンデをも覆すことになり、オープン以来順調に営業が続くのです。立地やメニュー、そして元からある「スシロー」のネームバリューが池袋の回転寿司の激戦地で十分な戦力になっているというわけです。これからも「スシロー南池袋店」の人気は続いていくことでしょう。

南池袋店にしかないメニューはズバリこれ!見出し

Photo by inazakira

「スシロー南池袋店」は「スシロー」初の都市型店舗として出発しています。そのため、他支店にはない、池袋だけのオリジナルメニューも各種揃っていることはすでに書きました。例えば「サーモン&ローストビーフロール」(200円)や、1皿120円で「おまかせ3貫盛り」、「にぎり3貫」、「サラダ3貫」、「すしドッグ」、「大切り中とろ」が用意されています。特にマスコミにも注目されたのは以下の2種類です。

お得感満載ローストビーフ・マウンテン

写真は生ハムの握りですが、さらに分厚いローストビーフをたくさん載せた「ローストビーフ・マウンテン」が注目されました。1皿、池袋店でも最高額の300円という値段設定ですが、池袋でしか食べられないというステータスを考えると充分にお得感があると感じることでしょう。

話のネタにもなるサバーガー

寿司という概念をも取っ払ってしまった賛否両論の逸品がこの「鯖ーガー」です。サバとバーガーを掛け合わせたユーモアも持ち合わせた一皿で、200円になります。最近は都心で鯖のハンバーガーが注目されるので、都心進出への「スシロー」の意気込みを感じる味わいです。

スシロー通常メニューでおすすめは?見出し

Photo by naka_hide

南池袋店ならではの特別メニューのほか、通常のネタも120円から用意されています。この人気のレギュラーメニューなら、営業時間中でもネタが尽きるまで楽しむことができます。つまり、「スシロー南池袋店」は他支店と同じように、普通のネタでお寿司を食べられるのです。ここではそんな普通のネタやメニューから値段別にオススメのメニューを紹介しましょう。

定番の安いお皿

Photo by bryan...

一般の「スシロー」支店であれば100円のネタが、ここでは120円皿としてメニューにラインナップされています。新鮮でおいしいネタを大量に用意していますので、営業時間中に売り切れることがほとんどありません。そんな120円のネタのおすすめを見ていきましょう。

大人気のまぐろ

写真は盛り合わせになっていますが、やはり寿司といえば「まぐろ」ではないでしょうか。定番中の定番のネタが、やはり120円のメニューではもっとも人気のあるネタになります。お寿司は回転寿司であろうが、高級寿司店であろうが、まぐろで始まり、まぐろで終わります。

とろける美味しさ焼きとろサーモン

「スシロー南池袋店」の120円皿メニューで人気があるのは「サーモン」系です。値段が安いですし、脂の乗ったとろけるおいしさが老若男女問わず、人気があります。中でも「焼きとろサーモン」はよく脂の乗っているとろサーモンを炙ることで香ばしさと、適度に脂が落ちたさっぱり感がたまりません。

値段的に真ん中の握り

Photo by Koji Horaguchi

「スシロー南池袋店」において、中間層の値段設定は200円のネタです。ただ、ここでは200円設定のメニューは案外に少なく、「スシロー南池袋店」オリジナルメニューを合わせても6種類しかありません。その中で人気のネタは下記のものになります。

しっとりした食感の生サーモン

池袋であろうが、どこでも、「スシロー」のおすすめを語るに外せないのがサーモン。その中でも、南池袋店では200円のメニューになるのが、この「生サーモン」です。もっともサーモンそのものの味を楽しめるのがこの一皿ということで、絶対的におすすめしたいネタになります。

大切りうなぎ

寿司のネタとしてうなぎは議論の余地がありますが、「スシロー」では人気の逸品です。特に南池袋店の200円メニューに用意されたネタとしてはこの「大切りうなぎ」が人気です。ほかにも「煮あなご」(120円)もありますので、似て非なるこのネタたちを食べ比べをしてみるのもいかがでしょうか。

やや高めの寿司

Photo by PYONKO

南池袋店の寿司ネタとしてのメニューで最高額は300円です。サイドメニューや特別メニューにはこれ以上の料金設定もありますが、あくまでも寿司ネタとしてのおすすめを紹介すると、高い皿はすなわち300円の皿になります。南池袋店ではオリジナルメニューを合わせても5種類だけになります。

特ネタ本鮪大とろ

120円のネタではまぐろの赤身が人気ですが、300円ともなればやはり「大とろ」がおすすめです。南池袋店のメニューでは「特ネタ本鮪大とろ」で、とろけるように脂の乗った大とろが自慢のおすすめネタになります。回転寿司の激戦区池袋を生き抜く原動力がこの大とろといっても過言ではありません。

小川商店の北海生うに

好き嫌いはあるかもしれませんが、やはり多くの人に好まれるネタは「うに」です。この「小川商店の北海生うに」は軍艦巻きでもなく、寿司飯にうにがちょこんと乗っかった高級感あふれるメニューになっています。最近は海苔を巻かないうにの握りも増えていますが、生うにに海苔は欠かせません。この逸品なら、握りと軍艦巻きの要素を同時に楽しむことができるでしょう。

スシローおすすめメニューやネタの食べ方!人気のあるサイドメニューも厳選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
スシローおすすめメニューやネタの食べ方!人気のあるサイドメニューも厳選! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
100円の回転寿司の中でも最も人気のスシローは、庶民であれば誰もが一度は行ったことがあるのではないでしょうか。今回は、スシローでおすすめのメニューやネタの食べ方、人気のあるおすすめのサイドメニューなども厳選してご紹介をするので、参考にしてください。
スシローの持ち帰りメニュー一覧!予約や注文方法など利用情報をお届け! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
スシローの持ち帰りメニュー一覧!予約や注文方法など利用情報をお届け! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
スシローの持ち帰りメニューを単品からセットメニュー、サイドメニューまで詳しくご紹介します。予約の仕方から受け取り、注意点まで利用情報をまとめてみました。スシローの持ち帰りメニューを利用する際の参考にして頂ければと思います。

「スシロー南池袋店」もネタは他店に負けない!見出し

「スシロー南池袋店」は「スシロー」チェーンの都心型店舗の先駆けとして登場していることもあり、「スシロー」が都心に浸透していくための鍵を握っています。値段設定がやや高いのは否めませんが、激戦区池袋を制するためにも、寿司ネタの鮮度は非常にいいですし、立地と営業時間などの条件も相まって回転率がよく、常に新鮮な寿司ネタが入荷されるメリットがあります。

Photo by matsudon,giraffe

もちろん「スシロー」チェーンの他支店も優れた鮮度のネタを用意しているのは当然ですが、回転率が高い池袋なら、よりおいしい寿司が楽しめるというわけです。オリジナルメニューやサイドメニューも豊富にありますし、ビールも飲めます。また、持ち帰りも可能ですので、営業時間のどのタイミングでも「スシロー南池袋店」の魅力を存分に堪能できるはずです。

「スシロー南池袋店」の一般客の評判は悪い?見出し

Photo by Sig.

「スシロー南池袋店」は正直に申し上げれば、一部の人からは評価が高くありません。というのは、ほかの支店が100円を一番下の値段にしているものの、南池袋店は120円だからです。1皿20円の差しかありませんが、10皿で200円、成人男性が数人で行けば50皿になることもあるでしょうから、そうなれば1000円もの差異が出ます。これが低評価の原因になっています。

それでもスシローの池袋は人気がある!見出し

Photo by Joribab

それでも「スシロー南池袋店」が毎日混雑時になれば数十分待ちは当たり前になっているのは、値段設定を上回る魅力があるからです。ここでしか食べられないオリジナルメニューならここに来た甲斐があったと満足できますし、都心型店舗ということで郊外の一般支店とは違ったネタがあるというのも魅力になります。ですので、低評価の原因はあくまでも値段設定でしかありません。

「スシロー南池袋店」はセルフレジでも支払い可能見出し

Photo by akipponn

「スシロー南池袋店」は都心型店舗ということで、セルフレジも設置されています。各皿にはICタグがつけられ、容易に集計できる仕組みがあり、かつドリンクなどのオーダーに対しては注文端末と座席のバーコードを連動させることで、客が自分でレジにて精算することができるようになっています。

Photo by PYONKO

このセルフレジの場合は現金支払いのみの対応になっています。クレジットカードやクーポンなどを利用する場合は従来通り、従業員がレジ対応をして精算することになります。いずれにせよ、セルフレジは混雑時にはスムーズに正確に支払いができますので、便利です。

スシロークーポン内容紹介!アプリやポイントカードの入手方法や使い方解説! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
スシロークーポン内容紹介!アプリやポイントカードの入手方法や使い方解説! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
回転寿司店「スシロー」では、割引クーポンを提供。無料のスシロースマホアプリでポイントをためてクーポンをゲットしたり、SNSに投稿して抽選で食事券が当たったりと、色々な方法があります。今回はスシローの割引クーポンの種類や内容について紹介しましょう。

「スシロー南池袋店」の場所はズバリこちら見出し

Photo by _temaki_

「スシロー南池袋店」はJR池袋駅東口を出たら、明治通りを南下して行くだけです。駅から明治通りを渡らずに歩くといいでしょう。南池袋一丁目交差点の角にあり、斜向かいには大きな書店「ジュンク堂池袋本店」もあります。すぐにわかりますし、駅から徒歩圏内なので便利です。

Photo by hirotomo

住所:東京都豊島区南池袋1-16-18フェイス池袋B1
電話:03-5396-7148

「スシロー南池袋店」の営業時間とおすすめの時間帯見出し

Photo by mah_japan

「スシロー南池袋店」の営業時間は月曜日から金曜日の平日は11時から23時半、土日祝日は10時半から23時半です。ラストオーダーは23時ですので、それまでに入店しなければなりません。平日も土日も土地柄、ランチやディナータイムは混雑します。おすすめの入店時間は営業時間の中でも閑散とする夕方前後です。おやつ感覚の時間帯が望ましいというわけです。

駐車場の場所を知りたい人へ見出し

Photo by Dick Thomas Johnson

「スシロー南池袋店」は駐車場がありません。仮に停められたとしても位置的にあまり便利ではないので、車やバイクなどで来た場合は「西武デパート」や、「サンシャインシティ」などの大きな商業施設の駐車場に停めるべきです。あるいは書店「ジュンク堂」の裏などに穴場的なコインパーキングが点在しています。営業時間に注意して探してみてください。

池袋の駐車場はどこが安い?最大料金がお得なスポットまとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
池袋の駐車場はどこが安い?最大料金がお得なスポットまとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
池袋で駐車場をお探しですか。池袋という、人や車の多い大都会で安い駐車場や、最大料金がある駐車場を探すのは大変そうですが、意外とございます。今回は、安い駐車場や池袋駅に近い駐車場や24時間など、おすすめ駐車場をまとめました。参考にしていただければ幸いです。

「スシロー南池袋店」の予算はこれくらい見出し

Photo by macbsd

南池袋店はほかの「スシロー」支店と比べて単価が高いです。とはいっても、営業時間いっぱいで食べるわけではないですから、その差額はたかが知れています。予算はどれくらい食べるかによるかと思いますが、例えば10皿を一番安いネタに絞れば税抜きの値段ですが、合計で1200円で済んでしまいます。成人男性でもビールを合わせても2000円前後を見ればいいのではないでしょうか。

回転寿司の池袋戦線に「スシロー南池袋店」アリ見出し

Photo by Koji Horaguchi

「スシロー南池袋店」の寿司ネタやオリジナルメニュー、営業時間などがちゃんとわかったのではないでしょうか。駅から徒歩圏内ですので、デートやショッピングの途中に立ち寄ることもできますので、お寿司を食べたいと思ったときに、低予算で最上のネタを楽しめるのがここの特徴です。ぜひ、池袋を利用する際は食事場所の選択肢に忘れずに入れておいてください。

関連キーワード

投稿日: 2018年6月7日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote