地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

池袋で噂の天狼院書店を調査!秘本や部活などその実態とはいかに?

最近の書店は、カフェスペースやゆっくり本を読むスペースがあったりと様々。個性的な書店をお探しの方に、池袋を中心に展開している「天狼院書店」をご紹介します。人生を変える書店と言われている天狼院書店の実態や秘本、実態や評判、アクセス方法などをチェック!

そもそも天狼院書店とは?見出し

Photo byNoName_13

本がお好きな方に書店は欠かせない大切なスポット。新しい書籍との出会いを求めて、お出かけになる方も多いのではないでしょうか。カフェスペースがあるなど、最近の書店は、従来の書店とは違う印象を持ちます。

そこで、池袋を中心に店舗を構える「天狼院書店」をご紹介しましょう。書籍を扱っているのはもちろんですが、カフェスペースでは、作業や勉強なども自由にできる、おすすめのスポット。時にはイベントもあるので楽しそうです。

池袋を中心に全国に展開する次世代型書店

天狼院書店は、東京・池袋を中心として展開しており、池袋のほか関西や福岡にも店舗があり、全国展開されています。

様々なカテゴリー企画に合わせるように並ぶ書籍は、気になるようなタイトルが付けられ、スッと引き寄せられるようです。スタッフによる様々な工夫がされているのが魅力。

従来の本屋のイメージを覆す内装やイベントが特徴

天狼院書店は、書籍が並んでいるだけの書店とは違い、来店者の目を引く内装にこだわっていたり、イベントが行われていたりと、様々あります。

本の世界のその先にある様々な世界を、イベントやセミナーとして行い、幅広い世界を感じ取ってもらうために工夫をしているのです。

セミナーや活動などは、3人以上のお客様から要望があれば、叶えなければならないという、裏ルールがあるそうです。サークルのような活動等は、こういったニーズから生まれたのだとか。

購入者のおすすめ本が置ける棚もあり

ワークスペースやカフェとなっているスペースの後ろには、本棚があります。その本棚は、ボックスごとに仕切られており、本の購入者がそのボックスを使って、おすすめの書籍を紹介することができるのです。

自分が面白いと思った書籍を、ほかの来店者に紹介できる専用スペース。一般の書店にはないスペースで、自分流の本への情熱を発信してはいかがでしょうか。

中には掘りこたつがあるお店も

カフェ気分を楽しみながら本を読めるのですが、店舗によっては掘りごたつがある店舗もあります。ゆっくりと読書を楽しみたい方におすすめです。

1人ワンドリンクをオーダーすることで、席・wi-fi・電源を使うことができるので、時間がたっぷりとある方に評判がよいです。創業当時は、来店者が無かったこともあり、ゆっくりしていってほしいという狙いがあって、こたつを置いたそう。

しかも、何時間でも利用できるので、集中して本を読みたい、何かクリエイティブな作業をしたい方に人気の席となっています。

店内でビールも飲めちゃう?!

ソフトドリンクなどを飲んだり、温かい飲み物でほっとしたりと、本を読みながら、ドリンクも楽しめます。しかし、天狼院書店は、ゆっくりとビールを飲みながら読書ができるようです。

ドリンクを飲みながら本を読むことが多いですが、アルコールを飲みながら本を読むのを楽しむ方もいるはず。そういった方のためにあるスポットなのではないでしょうか。

2023年1月現在、池袋店は休業中

池袋店は、現在休業中ではありますが、イベント開催時のみ営業しております。これから、段階を踏みながら復活をしていくということですので、アクセスの前にHPやSNS等で確認をおすすめします。

池袋にある「シアターカフェ天狼院」(Wacca池袋4F)は、2023年1月9日をもって閉店となりました。こちらで行っていたイベント等は、東京天狼院を中心に上演する予定だそうです。

ブックカフェは東京に沢山!池袋・渋谷・銀座・吉祥寺周辺の人気店をご紹介のイメージ
ブックカフェは東京に沢山!池袋・渋谷・銀座・吉祥寺周辺の人気店をご紹介
ここ数年、老若男女問わず人気を集めている「ブックカフェ」。そんな今流行りのブックカフェが、東京にたくさんあるのを知っていましたか。東京でも人気スポットの集まるエリア、池袋や渋谷、銀座、吉祥寺周辺にある、特におすすめのブックカフェをまとめてご紹介します。

天狼院書店は怪しい?秘本やゼミを徹底解剖見出し

本を読むだけではなく、本の先にある世界観も大切にしたい天狼院書店は、様々なセミナー等を実施しています。「部活」という形で、サークル活動を行っており、一般的な書店とは違うので、怪しいとお思いになる方もいるようです。

天狼院書店の本の先にある「活動」にスポットを当ててみましょう。きっと、本の世界から何かがグッと広がっていくのを感じられるのではないでしょうか。さて、どのような活動をしているのか、実態を早速チェック!

「秘本」の正体

天狼院書店の名物ともいえる「秘本」の正体は、どのようなものなのでしょうか。黒いカバーで覆われており、本のタイトルが見られない状態です。

秘本は、天狼院書店の創業者でもある三浦崇典さんが考案されたそう。あまりにも惚れ込みすぎて、本当は教えたくないという本を、ベールに包んで販売するというもの。それが秘本ということです。

秘本ですが、「タイトルは秘密です」「返品できません」「他の人には教えないでください」という、変わった条件が付いた本。この条件を承諾した方が、秘本を購入することができます。

そして、販売されてから数年が経った頃に秘本の中身が公開されます。様々なジャンルの本が秘本として販売されているのです。秘本は、中身がわからない状態で購入するので、ドキドキ感を味わうことができるのも魅力。

しかも、秘本は、短期間の間にかなりの量の本が売れていくそうで、来店者の多くが手に取っているといい、評判は上々です。

「ゼミ」の実態

一般の書店では、行われることが無いゼミ。そのゼミの実態をチェックしてみましょう。天狼院書店で行われるゼミの実態は、どのようなものなのでしょうか。本の向こう側の世界が広がっていくゼミの実態、評判が良いゼミなどがあります。

一番人気は「ライティング・ゼミ」

マーケティング講座や小説家養成ゼミなど、様々なゼミがある中で、一番人気のある講座は「ライティング・ゼミ」という、文章の書き方を習う講座です。ブログや注目を集めるための文章の書き方を教えてくれます

ライティング・ゼミは、比較的リーズナブルな価格で短期間で習えることから評判がよく、おすすめの講座と言えます。ライティング・ゼミの受講者の中には、ベストセラー著者の方もいるそうです。

脚本を書いたり、本の出版が決まった方もいるそう。人生を変える書店といわれている天狼院書店は、本当に人生を変えてしまうこともあるようです。

「部活」の実態

天狼院書店の「部活」の実態とは、どのようなものでしょうか。ファナティック読書会やフォト部、ヨガ部やメイク部など、様々な部活があります。

本を読んだだけでは上達が難しいジャンルは、著者を講師として招くことで、部活を開催。講師がいることで部活が活性化しているので、注目のポイントにもなっています。

講座だけでなく、部活も人生を変えることになるのかもしれません。本の中の世界を、もっと先につなげることができるのが、部活なのはないでしょうか。

「秘めフォト」の実態

「秘めフォト部」という部活は、女性限定の人気イベントとなっており、幅広い年齢の方が参加している部活です。コンセプトは「自分史上最高に魅力的な1枚」ということで、毎月開催されている部活です。

参加されている方の多くは、モデル経験の無い方で、気軽に参加できるというのも人気の秘密なのでしょう。中にはリピーターもいるとのことで、2回目の参加をされる方もおり、評判が良い部活です。

秘めフォト部は、女性の魅力を引き出す部活と言えます。部活は個人だけでなく、グループでの参加も可能ということです。参加費がかかりますが、1時間から参加可能となっています。

池袋のブックカフェおすすめ7選!おしゃれな店舗や宿泊できる人気店もあり!のイメージ
池袋のブックカフェおすすめ7選!おしゃれな店舗や宿泊できる人気店もあり!
いつも多くの人が行き交う池袋にはおしゃれなブックカフェや宿泊ができるブックカフェなどがあり、本が好きな人にもおすすめの場所です。今回はその中から特に人気があるブックカフェを紹介しましょう。池袋で読書を楽しみたいときに利用してください。

天狼院書店ならではのこだわりをご紹介見出し

一般的な書店とはひと味違う天狼院書店。本に興味を持ってもらうために、様々な工夫とこだわりを持って売り場を作っているので、足を止めて見てしまうことも多いようです。

そこで、天狼院書店のこだわりをチェックしていきましょう。自分の興味のあるジャンルの本を読むだけではなく、違う視点から本を選ぶことができることも楽しめるのではないでしょうか。

「読み薬」などの興味を持たせる工夫

本に興味を持ってもらうために、様々な工夫をしている書棚。「女子の生き様」と書かれ、ファッションや美容のジャンルの書籍があります。

書棚と書籍のイメージが重なるようにキャチコピーされているので、自然と興味が湧くように工夫されています。ちなみに、時代小説や歴史本などが並ぶ書棚には「歴史と武将」というタイトルが付けられています。

書籍は、様々な知識をくれるだけではなく、時には処方箋となるような内容のものもあります。「読み薬・本の処方箋」というタイトルが付けられた書棚には、その人の症状にあった本を提案しています。

例えば、心がさみしいと感じる時には、心があったかくなるコーナーがあったり、青春を思い出したい方には、青春に浸るコーナーなど。ジャンルは様々ありますが、自分の心の中に、今、必要になるような本が並んでいます。

本の並び方を変えてみたり、ポップを書いてみることはもちろんですが、時には、本の内容に合わせたミニチュアを作って置いてみたり、症状に合わせて選んだ本が処方箋の袋に入っていたり

本の前で足を止めてもらう工夫がいくつもあるので、面白さを感じさせるという印象を受けます。本の販売方法が楽しいと選ぶのも楽しくなるのではないでしょうか。

お客の創作物を全国の書店に並べるイベントも!

自分の制作したものを書店に並べることがイベントがあるのです。一般の書店では考えられない、クリエーターズマーケットは、実際に販売することができる面白い企画です。

写真がお好きな方でしたら、写真集を作ってみる。デザインをされている方なら、創作物を作ってみたり。書き物をされているなら、短編集を作ってみる。自分の作品が、誰かの目に留まり、手に渡るという、いい機会なのです。

池袋の電源カフェ19選!Wi-Fiやコンセントのある便利なお店もチェックのイメージ
池袋の電源カフェ19選!Wi-Fiやコンセントのある便利なお店もチェック
池袋には、コンセントがあって充電ができたり、Wi-Fiが使える便利なお店も沢山ります。そこでこのページでは、池袋駅の東口や西口周辺の電源カフェから19か所のカフェを厳選し、池袋でおすすめの電源カフェ19選をご案内していきます。ノマドワーカーも必見です。

天狼院書店の評判や口コミをピックアップ見出し

パッと見た感じから、一般的な書店とは何か違うと、足を踏み入れるのに躊躇される方もいるかもしれません。入ってみると、自分が思っていたよりも面白いことに気づくことでしょう。そこで、天狼院書店の評判や口コミをピックアップします。

時間を忘れて長居してしまう空間

カフェランチを楽しんだり、ドリンクを口にしながら、ゆっくりとこたつに入って本を読む。自宅にいるような感じで、リラックスしながら本と向き合うことができるのです。そのため、時間を忘れてつい長居をしてしまう、不思議な空間となっています。

ゆっくりできると評判が良く、他にも様々な声が聞かれているようです。書店の印象やゼミの参加者の口コミをピックアップしてみます。

Aさんの声

書店でありながら、カフェスペースもあり、ゆったりとくつろぐことができるのが特徴です。気が付いたら何時間も読書をしている方もいるのだとか。

スタッフが厳選した書籍から好みの本を選び、お好みの飲み物を口にしつつ、心にエネルギーをあげてみてはいかがでしょうか。

女性

女性

本屋さんですがカフェでもあり、のんびりできる空間が特徴です。飲み物を飲みながら本を読むことができるので、一気に読破したい方におすすめのスポット。

Fさんの声

店舗によりますが、こたつがあるのが特徴で、冬になるとこたつが準備されます。夏には冷やしこたつを用意してくれるところもあるので、年中、快適に過ごせるのが魅力です。

ワンドリンクオーダーをすることで、電源やwi-fiも使えることから、クリエイティブな作業をするのにも向いています。パソコンを持ち込んでも安心です。

女性

女性

冬になるとこたつが用意され、夏になると冷やしこたつを用意してくれる店舗も。どの季節も快適に過ごせます。安心して長居ができるのが魅力の書店です。

ゼミ参加者の声

実際にゼミに参加された方の声も届いているので、チェックしてみましょう。ゼミの内容も評判が良いとの声が聞かれます。ゼミの受講も大切ですが、課題を提出する自分の努力も必要になるのもお忘れなく。

Mさん

天狼院書店の「フォト部」は、カメラと写真の基礎知識を学ぶことができるとあって、人気のある講座です。撮影技術の他にも、レタッチのテクニックも学べて実践的なのが魅力。

この講座から、プロになって活躍している方もいるそう。本の先にある体験で、まさに人生を変えることができたということです。

女性

女性

カメラと写真の基礎知識を学べる講座です。プロから習えるので、自身の写真テクニックを上げたい方におすすめ。テクニックを身につけると、写真を撮るのが楽しくなります。

Tさん

デザインのプロから習うことができる講座で、デザインの知識や鉄則、コツなどを学ぶことができます。レイアウトや色、コラージュの鉄則など、様々なデザインのことを学べる、3ヶ月講座となっています。

男性

男性

デザイン講座を受講しました。デザインについて学んだことが無かったので、目からうろこのことばかり。学ぶことが多く、大変有意義な講座でした。

Kさん

天狼院書店のゼミは、英語ゼミや小説家ゼミなどがあるのですが、ライティングゼミが人気があるようです。こちらのゼミは、定期的に開催されており、プロによるライティングテクニックを学べるというものです。

良い記事や書籍を書くためのノウハウを教えてくれて、実践に移せると評判の講座となっています。課題もありますので、課題の提出もお忘れなく。

男性

男性

ライティングゼミを受講したことで、自分の文章力の自信につながったと感じ取ることができました。ゼミを受講し、課題を提出して経験を積むことも大事なのは言うまでもありません。

池袋で人気の本屋まとめ!大きい書店や泊まれる施設も話題!のイメージ
池袋で人気の本屋まとめ!大きい書店や泊まれる施設も話題!
東京は多くの本屋がありますが、中でも池袋は大きな書店があることで有名です。アニメイトのようにコミックスなどの漫画が多い本屋から宿泊もできる本屋まで、本好きにはたまらない地区、池袋。人気の本屋や今話題の宿泊できる施設までご紹介します。

天狼院書店 湘南店へのアクセス・店舗情報見出し

池袋を中心としている書店ですが、こちらは海が見える場所にある湘南天狼院。屋上行きのエレベーターに乗って外に出ると、きれいな海岸線と太陽を眺めることができ、そこで本を読むのも素敵です。そんな湘南天狼院へのアクセスと店舗情報などをご紹介します。

アクセス

湘南天狼院へのアクセスですが、最寄り駅は「片瀬江の島駅」となっております。公共機関をお使いの方は、この駅に向かってアクセスするとよいでしょう。

車でのアクセスは、葉山方面から国道134号線を江の島方向に進み、海岸沿いを移動していきます。片瀬橋を渡り、藤沢市2丁目まで進んでいくと、右手に見える「ENOTOKIショッピングモール内」にありますので、そこに入っていきます。

平塚方面からのアクセスですと、国道134号線を走り進め、鵠沼橋を渡り、そのまま走っていきます。ENOTOKIショッピングモールが左手に見えてきたら、ショッピングモールに向かって左折します。

葉山方面、平塚方面のどちらからもアクセスがしやすいです。近くには江の島水族館がありますので、ここを目指してアクセスするとよいです。

営業時間

湘南天狼院の営業時間ですが、10時から19時までとなっており、営業時間が変更されているのでお気を付けください。カフェのオーダーストップは、18時30分までとなっているので、カフェをご利用される際は早めの入店をおすすめします。

住所 神奈川県藤沢市片瀬海岸2丁目18-17 ENOTOKI 2F
電話番号 04-6652-7387

天狼院書店で、読書の一歩先へ!見出し

Photo byDariuszSankowski

池袋を中心に展開している天狼院書店は、読書の向こうにある世界を広げていくために、様々なゼミや部活などがあり、評判も良いようです。部活の実態も分かると楽しいと印象を受けます。

カフェを併設しており、こたつでゆっくりと過ごせると、こちらも評判が良いです。読書をするのにピッタリなスポットでした。

どの店舗も比較的アクセスのよい場所にあります。天狼院書店で、読書から始まる自分の世界を広げてみませんか?

投稿日: 2023年1月18日最終更新日: 2023年1月18日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote