地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ドイツビールランキングTOP11!おすすめの種類や有名・人気な商品は?

ビールの本場ドイツが丹精込めて造り上げたドイツビールは、ドイツ国内だけでなく、我が国日本でも高い人気を集めています。そこで今回は、おすすめのドイツビールをランキング形式で紹介していきます。ドイツビールは種類豊富で味わいも様々。

アイコンこの記事の目次

      1美味しいドイツビールを一挙紹介
      2ドイツは世界的なビール大国
      3ドイツビールおすすめランキング11位「フレンスブルガー・ヴァイツェン」
      4ドイツビールおすすめランキング10位「フランツィスカーナー・ヴァイスビア・クリスタル」
      5ドイツビールおすすめランキング9位「エルディンガー・デュンケル」
      6ドイツビールおすすめランキング8位「シュパーテン・ミュンヘナーヘル」
      7ドイツビールおすすめランキング7位「フリュー・ラドラー」
      8ドイツビールおすすめランキング6位「ケストリッツァー・シュヴァルツビア」
      9ドイツビールおすすめランキング5位「ビットブルガー・プレミアムピルス」
      10ドイツビールおすすめランキング4位「ガッフェル・ケルシュ」
      11ドイツビールおすすめランキング3位「イェヴァー・ピルスナー」
      12ドイツビールおすすめランキング2位「パウラーナー・ヘフェ・ヴァイスビア」
      13ドイツビールおすすめランキング1位「ベックス」
      14(番外編)一度は飲んでみたいドイツビール1「フェルティンス・ピルスナー」
      15(番外編)一度は飲んでみたいドイツビール2「ノイツェラー・キルシュビア」
      16(番外編)一度は飲んでみたいドイツビール3「シュパーテン・オプティメーター」
      17(番外編)日本のおすすめクラフトビール1「ノースアイランドビール」
      18(番外編)日本のおすすめクラフトビール2「THE軽井沢ビール」
      19(番外編)日本のおすすめクラフトビール3「京都丹後クラフトビール」
      20最高に美味しいドイツビールを堪能

美味しいドイツビールを一挙紹介見出し

Photo by sarae

ビール好きの皆さん、日本のビールはよく飲むけど、ドイツビールはまだ飲んだことないという方はどれだけいるでしょう。ドイツビールといったら、ビール大国であるドイツが造る最高に美味しいビールたちのことであります。ドイツビールの種類は非常に豊富で、ビール1本1本に醸造所のこだわりが詰まっています。

そこで本記事では、数あるドイツビールの中から、おすすめの人気ドイツビールをランキング形式で発表していきます。キレと爽快感がバツグンのドイツビールや、まるやかでコクのあるドイツビールなど、注目のビールたちが登場。

オクトーバーフェスト!本場ドイツでビール三昧!楽しみ方を伝授! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
オクトーバーフェスト!本場ドイツでビール三昧!楽しみ方を伝授! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
南ドイツミュンヘンで毎年秋の間2週間開催される、世界最大規模の収穫祭オクトーバーフェスト。巨大テントと移動遊園地が広大な緑地に出現、ドイツが誇るオクトーバーフェストでは伝統料理や演奏、お土産、限定ビールの他ワインやノンアルコールビールも堪能できます!

ドイツは世界的なビール大国見出し

Photo by Ryan Tir

ドイツといえばビールの本場と知られており、まさにビールといえばドイツといった印象が幅広く浸透しています。ドイツのビール造りの歴史は非常に古く、現在までの長きにわたってドイツではビール造りが続けられています。

Photo by Poiseon Bild & Text

ドイツビールが世界を代表する一流のビールへのきっかけとなったのが、1516年4月23日にバイエルン公ヴィルヘルム4世によって制定された「ビール純粋令」です。当時作られていたビールの中には、とてもビールとは呼びがたい粗悪なものまで横行していたので、ビールの品質向上を目的としてこの法令が制定されました。

Photo by Bernt Rostad

法令の内容は、「ビール製造の原料には、麦芽・ホップ・水・酵母のみを使用」と記されています。このビール純粋令は、食品に関する法令としては世界最古とされており、500年以上経った現在もドイツの醸造所はこの法令に則り高品質なビール造りを今日まで続けています。

ドイツビールおすすめランキング11位「フレンスブルガー・ヴァイツェン」見出し

非常にフルーティーな味わい感じるヴァイツェンがコチラの「フレンスブルガー・ヴァイツェン」。ヴァイツェンの中でもひときわ個性あふれる特徴を持った人気の銘柄であり、ドイツ国内でもたくさんの愛飲家がいらっしゃいます。日本のビールとは明らかに違うビールとなっているので、日本人には新鮮な感じがしてとてもオススメ。

ビールといえば、味わいだけでなくボトルのラベルを見るのも楽しみの一つであり、味はわからなくても自分が気に入ったラベルのビールはついつい飲んでみたくなります。こちらのドイツビールも個性的なラベルhが魅力的で、ゴールドの背景に船が描かれています。また、アンカートップボトルになっており、そこも特徴の一つです。

そして肝心のビールの味わいはというと、りんごのようなフルーティーさが強く感じられます。フルーティーといっても甘さはなく、ビール特有の爽快感がしっかりと感じられます。さらに、ヴァイツェンの特徴である豊かな小麦感もあり、全体的にバランスのとれたビールとなっています。

ドイツビールおすすめランキング10位「フランツィスカーナー・ヴァイスビア・クリスタル」見出し

本場ドイツのヴァイツェンを語るなら欠かせないドイツの有名ビールブランドである「フランツィスカーナー」。こちらの醸造所が製造するビールの中でも注目して紹介したいのが、クリアでスッキリとした味わいが特徴的な「フランツィスカーナー・ヴァイスビア・クリスタル」。

通常のヴァイスビアよりもさらに透き通った見た目が特徴的なビールであり、一見するとアルコールが低そうに見えます。しかし、アルコール度数は5%と一般的なビールと同じくらいあります。

そのクリアな見た目にふさわしく、泡もとてもきめ細やかでクリーミーとなっています。また、このビールは炭酸が強めになっており、喉越し最高でドライな飲み口となっています。フルーティーな味わいで苦味も少なく、飲みやすくなっているので女性の方などにおすすめ。お肉料理との相性も非常に良く、ビールがさらに美味しく楽しめます。

ドイツビールおすすめランキング9位「エルディンガー・デュンケル」見出し

「エルディンガー・デュンケル」は、1935年創立の醸造所エルディンガーヴァイスブロイが製造しているビールの銘柄であり、ドイツでは有名なビールです。

エルディンガー・ヴァイスブロイは、バイエルン地方を代表する醸造所であり、ここで造られているビールは非常に人気が高いです。その中の1種類であるエルディンガー・デュンケルは、かなり特徴的なビールであり、小麦を使ったドイツの代表的な的なビールスタイルであるヴァイツェンの黒ビールバージョンです。

ヴァイツェンとデュンケルの良さがバランス良く現れているイチ押しのビールであり、その味わいは奥深く甘美な余韻を誘います。泡立ちは結構あり、きめ細やかな泡が特徴的です。ヴァイツェン特有のエステル香が鼻をふわっと抜ける感じが非常に心地よく、ほんのりチョコレートの味わいが感じ取れます。

ドイツビールおすすめランキング8位「シュパーテン・ミュンヘナーヘル」見出し

これぞミュンヘンが誇る長い伝統を持つ有名ドイツビール、それがミュンヘン最初の醸造所が手がけるこだわりの銘柄「シュパーテン・ミュンヘナーヘル」。

こちらのビールを製造しているシュパーテン社は、ミュンヘン最初の醸造所として広く知られており、その歴史はなんと600年というとんでもない歴史を誇っています。そんなシュパーテン社の代表的な銘柄であるシュパーテン・ミュンヘナーヘルはラガービールの元祖と言われており、現在ではドイツ指折りの有名ビールとしての地位を確立しています。

醸造所の代表銘柄にふさわしく原料にはもの凄くこだわっており、ババリア地方で採れる大麦麦芽にハラトー産のホップ、酵母をビール造りにチョイスしております。まさに、原料に一切の妥協も感じさせない高級ビールとなっており、ドイツビールに興味のある方は一度は飲んでおきたいビールです。

しっかりとしたラガーらしさが前面に出ており、スムースな飲み口が特徴で喉越しも凄く良いです。日本のビールが好きな方は馴染みやすい種類となっています。また、ラガービールの中でも苦味が少なく、アロマの爽やかな香りが鼻をくすぐります。ビンのままで飲んだり、グラスやジョッキに注いで飲んだりと楽しめます。

ドイツビールおすすめランキング7位「フリュー・ラドラー」見出し

フリューケルシュとレモネードを1:1で割ったドイツで人気のビアカクテル「フリュー・ラドラー」。一般的なラドラーは、ピルスナービールとレモネードを割ったビールが定番ですが、こちらはケルン地方の伝統ビールであるケルシュビールで割って造っています。

ケルシュビール単体でも非常に美味しいのですが、中にはビール自体がまだそんなに飲めない方も多くいる中で、こちらのフリュー・ラドラーはレモネードが加わているので、ビールがまだそこまで好きではないという方の入門編ということで試してみるのもおすすすめです。

また、ビール好きの日本人にも非常におすすめであり、レモネードが備えている爽やかな風味とケルシュビールの相性がバツグンで、飲み口も爽快感がありさっぱりとしています。ケルシュビールの持つホップの独特な苦味とレモネードの爽やかさが非常にマッチしており、最高に美味しいビアカクテルとなっています。

ドイツビールおすすめランキング6位「ケストリッツァー・シュヴァルツビア」見出し

「ケストリッツァー・シュヴァルツビア」は、ドイツが誇る有名な黒ビールであり、非常に高い人気があります。最近では、日本の大手メーカーも黒ビールを発売しており、日本でも黒ビールの人気が高まってきています。

ドイツの黒ビールを代表する銘柄であるケストリッツァー・シュヴァルツビアですが、その味わいは黒ビールの中でも一級品であり、黒ビール好きの方は一度は飲んでみたい銘柄です。日本人にとって外国の黒ビールの中では、アイルランドのギネスビールが最も有名かと思いますが、こちらも是非押さえておきたいです。

アイルランドのギネスビールは、甘くて濃厚な味わいが特徴的ですが、ドイツのケストリッツァー・シュヴァルツビアは、甘さが抑えられておりスッキリとした味わいで非常に飲みやすいです。ギネスビールのようなタイプの黒ビールはあまり好まないという方に凄くおすすめです。

ドイツビールおすすめランキング5位「ビットブルガー・プレミアムピルス」見出し

「ビットブルガー・プレミアムピルス」は、ドイツで有名なビットブルガー社が製造しているピルスナービールです。こちらはドイツ国内だけでなく、世界各国で飲まれている有名なビールであり、非常に幅広いシェアを誇っています。ドイツのレストランなどでは頻繁に見かける銘柄であり、それだけ多くの人々から親しまれています。

さすが、たくさんの人々に飲まれている有名ビールということで、原料に対してのこだわりは非常に強く、厳選した大麦麦芽とホップを使用しています。そして、じっくり時間をかけて丁寧に造り上げることによって、雑味の無い高品質なビールへと仕上がっています。

きめ細やかでクリーミーな泡とクリアな黄金色が美しく、あっさりとしたクセのない味わいで非常にハイクオリティなピルスナーとなっています。こ軽快な飲み口が心地よく、程よい甘みと苦味のバランスもよく取れています。

ドイツビールおすすめランキング4位「ガッフェル・ケルシュ」見出し

ビールの本場ドイツのケルン地方で造られている伝統的なビールの種類といえばケルシュビールが挙げられます。ケルシュビールは上面発酵ビールなのですが、熟成時に下面発酵に近い温度で熟成させているのが特徴的です。飲み口は万人受けしそうな飲みやすさがあり、暑い夏場などにはピッタリのビールです。

そんなケルシュビールの中でも、引き締まったドライな口当たりが特徴的な有名な銘柄が「ガッフェル・ケルシュ」。正統派ケルシュビールであり、歴史ある醸造所が手がけるイチ押しビールです。ドライな飲み口のビールを飲むことが多い日本人が気に入りやすい味わいとなっており、キレと喉越しを楽しむのがおすすめ。

麦芽の芳醇な香りが鼻をくすぐり、飲み干した瞬間にスッキリした後味が余韻としてやってきます。アルコール度数も4.8%と日本の一般的なビールと同じくらいなので、非常に飲みやすいです。

ドイツビールおすすめランキング3位「イェヴァー・ピルスナー」見出し

ホップの絶妙な苦味が特徴的なドイツのビール好きから高い評価を集めている人気の有名ドイツビール「イェヴァー・ピルスナー」。ドイツ北部を代表するピルスナービールとして広く知られており、その味わいには人々も舌を巻きます。

イエヴァー・ピルスナーは、ドイツ北部沿岸のフリースランド地方に属する街イェヴァーで造られております。またビールのラベルには、街のシンボルである城が描かれており、街を代表する銘柄であることが伺えます。

このビールはなんといっても原料のホップに強くこだわっており、ホップの種類の中でもバイエルン産ハラタウ種の最上級アロマホップを主にチョイスしています。また、ビール造りに欠かせない水には、非常に柔らかい軟水を使用しており、ホップとの相性が良く、独特な味わいを生み出しています。

一口飲んだ瞬間に心地よい爽快感が押し寄せてきて、喉越しも最高です。また、ホップが織り成す力強い苦味もしっかり感じられ、ピルスナービールが好きな方には非常におすすめです。単体で飲んでも美味しいですが、食事などのシーンで料理と合わせていただくのも最高です。

ドイツビールおすすめランキング2位「パウラーナー・ヘフェ・ヴァイスビア」見出し

ドイツの本物の絶品ヴァイスビールを飲んでみたい方におすすめなのが、コチラの「パウラーナー・ヘフェ・ヴァイスビア」です。

ヴァイスビアとはドイツビールの種類の一つのことであり、ドイツ伝統の代表的なビールの種類です。ヴァイスビアの特徴としては、ビールの原料に小麦麦芽を50%以上使用しています。そのヴァイスビアの中でも、ドイツでナンバーワンの人気を誇っているのが、ランキング第2位に紹介する「パウラーナー・ヘフェ・ヴァイスビア」です。

こちらのビールは、なんとドイツブンデスリーガを代表するサッカーチームであるバイエルン・ミュンヘンのオフィシャルビールにもなっており、ドイツ国内では定番のビールです。きめ細かいクリーミーな泡と黄金色のビジュアルが美しいです。まるやかな口当たりと爽やかでフルーティーな味わいが心地よく、一度飲んだらクセになります。

ドイツビールおすすめランキング1位「ベックス」見出し

たくさんの種類のドイツビールの中から選ばれた、ドイツビールおすすめランキング第1位が「ベックス」。

ベックスは、ドイツビールの中でも世界で一番たくさんの人々に飲まれている正真正銘のナンバーワンドイツビールであります。ビールの種類の中でも苦味とキレが特徴的なピルスナービールであり、料理との相性もピッタリです。醸造所は、アンハイザー・ブッシュ・インベブ株式会社となっています。

アルコール度数も5%と日本のビールと変わらないので、日本人の方でも非常に飲みやすいです。原料である麦芽とホップのバランスがよくとれており、心地よい爽快感とキレ味を併せ持っています。苦味もちょうど良くて軽やかな後味となっています。さすが、世界100ヵ国以上の国で飲まれているドイツビールということで間違いない美味さです。

(番外編)一度は飲んでみたいドイツビール1「フェルティンス・ピルスナー」見出し

ドイツビール最大の醸造地として有名なノルトライン=ヴェストファーレン州に醸造所を構える、ドイツでも指折りの醸造所といえばコチラの「フェルティンス」です。

現在では名門ブルワリーとして広く知られており、ここのビールをたくさんの人々が愛しています。さらに、フェルティンスは、かつてサッカー選手の内田篤人選手が所属していたブンデスリーガのチーム「FCシャルケ」のメインスポンサーとしても有名であり、その規模の大きさを伺えます。

そして、そんな名門ブルワリーであるフェルティンスが誇る自慢のビールといったら、麦の豊かな味わいを表現した「フェルティンス・ピルスナー」。ドイツ国内だけでなく、世界中で飲まれている有名なピルスナーであり、原料である麦芽とホップが絶妙なバランスで美味しすぎて何倍でも飲みたくなります。

綺麗な黄金色をしており見た目から美味しさが伝わってくるようなボディです。香りと味わいともに麦芽の良さがしっかりと出ており、まさに一流のピルスナーにふさわしいです。キンキンに冷えた状態でグラスに注いで飲むと最高です。

(番外編)一度は飲んでみたいドイツビール2「ノイツェラー・キルシュビア」見出し

ドイツの数ある醸造所の中でもひときわ異彩を放っている有名なブルワリーがある、それがポーランドとの国境近くのノイツェレ村に構える修道院醸造所「ノイツェラークロスターブロイ」。

ここの醸造所のどこが異彩を放っていいるのかというと、作っているビールのラインナップがかなり面白くて、アンチエイジング効果のあるビールや、いろいろなビタミンが含まれたお風呂に入れるビールなど、他に類を見ないような商品が並んでいます。もちろんビール造りには強いこだわりを持っており、手作業で丁寧にビールを造っています。

そんな中、ノイツェラークロスターブロイのビールで紹介したいのが、甘美な香りがビール好きを誘う人気ビール「ノイツェラー・キルシュビア」。アルコール分が高くコク深い味わいが特徴的なボックビールと化学物質無添加のさくらんぼジュースを組み合わせたフルーツビールで、心地よい酸味とフルーティーな甘みがあって最高に美味しいです。

(番外編)一度は飲んでみたいドイツビール3「シュパーテン・オプティメーター」見出し

アルコール分の高いボックビールの中でも、さらに濃く強くなったものドッペルボックと呼んでいます。そのドッペルボックの中でもおすすめしたいドイツビールが、シュパーテンブルワリーが造り上げている「シュパーテン・オプティメーター」です。

ドッペルボックビールはその昔、修道士が断食週間の際に栄養を取るための栄養源として飲まれておりました。そのため、こちらのシュパーテン・オプティメーターも重厚感のある濃厚な味わいとなっており、1杯飲むだけでかなりガツンとアルコールを感じます。

グラスに注いでみると、赤みがかった濃いチョコレート色をしており、注いだそばからローストしたモルトの芳醇な香りがふわっと広がります。飲み進めていくと、はちみつやレーズンのような上品な甘さが感じられ、非常に特徴的で濃厚な味わいが飲むものを虜にします。色んな種類があるドイツビールの中でも、かなりおすすめの1杯です。

(番外編)日本のおすすめクラフトビール1「ノースアイランドビール」見出し

北海道の札幌で造られている人気のクラフトビールがコチラの「ノースアイランドビール」。カナダにて修行を積んだブルーマスターによって造られており、心を込めて丁寧にビール造りを行っています。北海道の人気クラフトビールであるこちらのノースアイランドビールには、いろいろな種類がラインナップしております。

日本の人気の定番ビールスタイルであるピルスナーや、ローストしたモルトの香ばしさを楽しめるスタウト、強めの苦味がクセになるインディアペールエールなど、どの種類もそれぞれに確かな個性を感じます。これらの美味しい人気ビールたちを飲み比べてみるのも非常におすすめです。

札幌でクラフトビールを楽しもう!飲み放題がある店やバーなど人気店まとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
札幌でクラフトビールを楽しもう!飲み放題がある店やバーなど人気店まとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
さまざまなグルメが勢ぞろいしている札幌は、北海道を代表するグルメスポット。今回はそんな札幌でおすすめのクラフトビールが飲めるお店をご紹介いたします。札幌には、美味しいクラフトビールが揃っているバーや、クラフトビールの飲み放題を楽しめるお店がいっぱい。

(番外編)日本のおすすめクラフトビール2「THE軽井沢ビール」見出し

軽井沢ブルワリーがこだわりを持って造り上げた人気ビール「THE軽井沢ビール」。人気リゾート地である軽井沢を代表するのがこのTHE軽井沢ビールであり、商品のラインナップも種類豊富となっています。どのビールも非常に高品質であり、ビール好きは要チェックです。

その中でも、麦芽100%使用のプレミアムシリーズから「プレミアム・ダーク」がおすすめ。原料には非常にこだわっており、ドイツから輸入した上質な麦芽、ヨーロッパアロマホップ、そしてビール造りにとても重要な原料の一つである水には、軽井沢浅間山の冷涼名水を使用しています。芳醇な香りと深いコクが特徴的でまさにプレミアムです。

(番外編)日本のおすすめクラフトビール3「京都丹後クラフトビール」見出し

「京都丹後クラフトビール」は、京丹後市に位置する西日本最大級の道の駅である丹後王国「食のみやこ」で製造されている人気のクラフトビール。インターナショナル・ビア・コンペティションで金賞を受賞した実績のある職人が醸造しているので、味わいは一級品です。

こちらのビールのラインナップは、丹後七姫にちなんだ、7種類のビールを揃えています。5種類の麦芽をブレンドして造り上げた、スモーキーな香りと絶妙な苦味を兼ね備えた「スモーク」や、ホップの魅惑的な香りと爽快感のある「ピルスナー」など、どのビールも個性がありおすすめです。

最高に美味しいドイツビールを堪能見出し

Photo by Last Hero

ここまで、ビールの本場ドイツが誇る一級品のドイツビールたちを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ビールの本場というだけあって、ここではとても紹介しきれないほどドイツはビールの種類が豊富です。皆さんも是非、自分に合った最高のドイツビールを探してみてはいかがでしょうか。

関連キーワード

投稿日: 2018年6月29日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote