地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ドイツ留学の費用やビザを徹底調査!非英語圏をおすすめする理由とは?

第2ヶ国語として広く英語が話されているドイツは、日本人の留学先としても人気がある国の1つです。そこでこのページでは、ドイツ留学を検討する際にも役立ちますように、ドイツ留学の費用やビザを大特集し、安い費用でドイツ留学をするおすすめの方法などもご案内します。

ドイツ留学の費用やビザを大特集!見出し

Photo by jarsyl

様々な魅力溢れるドイツへ留学してみませんか。ドイツ語のみならず英語も習得できるドイツは、学費が安いことからも語学留学先としてもおすすめです。そこで、このページでは、ドイツ留学の費用やビザを徹底調査し、ドイツ留学にかかる費用や必要なビザの知識をはじめとして、ドイツ留学に役立つ様々な選りすぐりの情報をこれからご紹介していきます。

ドイツってどんな国?見出し

Photo by hiroki_skywalker

ドイツへ行かれたことはありますか。ドイツは、世界のビジネスで共通語となっている英語も第2ヶ国語として広く話されている国ですが、英語以外にEU圏内で1番広く話されて利用されている言語が、実は、ドイツ語であるというのをご存知ですか。

このセクションでは、ドイツ留学の費用やビザのご案内を始める前に、ドイツについてあまりご存じない方のためにも、まずは、ドイツとは、どんな国なのかについてご案内していきます。

EU圏内をリードする国

Photo by bizmac

正式名称がドイツ連邦共和国であるドイツは、ヨーロッパ大陸の中西部のエリアにある16の州からなる国です。ドイツの総面積は、357,386平方キロメートルで、人口は8,060万人ほどもあり、EU圏内でも最も多い人口があります。

ドイツは、GDPが世界で第4位と世界的にも経済大国で、EU圏内でも経済をリードする国としての役割も果たしています。特に、産業や技術的な分野においては世界的なリーダーとしても大活躍している国です。

母国語はドイツ語・英語を話せる人も多い

Photo bylibellule789

ドイツは、母国語がドイツ語となっていますが、第2外国語として英語も広く使われていますので、ドイツ国民のほとんどが英語を話すことができます。世界的にも経済大国のドイツは、ビジネスの世界でも英語は、日常で多用されています。こうした背景からも、近年、ドイツ語を学びながら、英語も習得する語学留学をドイツで行う方も増えています。

また、ドイツ語は、EU圏内で英語に次いで2番目に多用され、話されている言語ですので、ヨーロッパでビジネスなどを予定されている方などは、ドイツ語と英語をドイツで一気に習得するのもおすすめです。

日本より物価は安い

Photo bynattanan23

ドイツは、日本に比べて物価が安いのも嬉しいポイントです。特に、野菜やフルーツといった農作物が日本よりも安い価格となっていますので、外食を控えて自炊を行うことによって、ドイツ留学滞在中の生活費を安い生活費に抑えることも可能ですし、ヘルシーな食生活を送ることもできます。

ドイツには、日本ではあまりお目にかからないような珍しい野菜やフルーツなどもありますので、食材にこだわるような料理好きのグルメな方にもおすすめです。

気候の変動が大きく寒い

Photo bypasja1000

ドイツは、日本の緯度と比較しますと、北海道がある緯度よりもさらに高い位置の北の方角に位置していることから、特に冬のシーズンは非常に極寒となります。夏のシーズンは、それなりに気温が上がって暑い日も少なくありませんが、雨が降り出すと一気に気温が下がって冷え込みますので、気温や気候の変動が大きいのもドイツの特徴の1つです。

そして、穏やかな気候の春のシーズンであっても、朝や夕方は気温が低く、冷え込むことも少なくありませんので、こうしたシーズンでもドイツでは防寒具が欠かせません。

ドイツの治安は大丈夫?最新情報や注意するべきポイントを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ドイツの治安は大丈夫?最新情報や注意するべきポイントを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ソーセージやビール、サッカーなどで有名なドイツ。日本人観光客も多く、美しい街並みが魅力的ですよね。そんなドイツの現在の治安は、大丈夫なのでしょうか。今回は、ドイツの治安の最新情報や、注意するべきポイントなどをご紹介いたします。

ドイツ留学のメリット見出し

Photo byBonnieHenderson

ドイツ留学を考えたことはありますか。ドイツ留学は、メリットも色々と多いので、海外留学を検討なさっている方は、ドイツ留学を検討するのもおすすめです。

そこで、このセクションでは、色々とあるドイツ留学のメリットの中から選りすぐり、4つのドイツ留学の大きなメリットをセレクトしました。この4つのドイツ留学の大きなメリットをこれからそれぞれご紹介していきます。

学費が安い

Photo bynattanan23

ドイツ留学のメリットその1は、何といっても学費の費用が安いというのが嬉しいポイントです。ドイツの国立大学であれば、例外となる一部の州を除き、正式に留学する学生は、授業料はなんと無料となっています。

ドイツの私立大学でも1年間の学費の費用は40万円位と安い費用で済みますので、安い学費の費用から検討しましてもドイツ留学はおすすめです。また、語学留学においても、月額2万から5万円位の安い費用で英語も習得できます。

ただし、これは、ドイツのビザのルールの関係上、英語習得のための語学留学という目的ではドイツ留学ができませんので、あくまでも、ドイツ語を勉強しながら、英語習得のための語学勉強をするというスタイルになることには、あらかじめ留意が必要です。

発音が簡単なので日本人に馴染みやすい

Photo byCapri23auto

ドイツ留学のメリットその2は、ドイツ語は発音が簡単なので日本人に馴染みやすいことで習得しやすいという点です。

また、ドイツ語は、EU圏内でも英語にに次いで2番目に多用して話されている言語ですので、すでに英語を習得されている方でも、ドイツ語も習得しておきますと、特にヨーロッパでのビジネスシーンでは高い需要がありますので、大きなメリットとなります。就職や転職を行う際にも、英語の他にドイツ語も習得しておきますと将来的にも有望です。

欧州旅行が安く行ける

Photo by Kentaro Ohno

ドイツ留学のメリットその3は、欧州旅行が安い価格で行けるというメリットです。ヨーロッパ大陸の中央辺りにあるドイツは、隣接国はもちろんのこと、近くに位置している人気観光地がたくさんあるポーランド、チェコ、ギリシャ、イタリアをはじめ、スペインやポルトガルなどへ安い価格で旅行を楽しむことができます。

ドイツから近くに位置していることもあり、交通手段によって交通費を安い価格に抑えることも可能ですので、ドイツ留学の際には、欧州周遊旅行も是非楽しんでみてください。

起業できるチャンスかも

Photo byFree-Photos

ドイツ留学のメリットその4は、ドイツは、若い人々やチャレンジャーをサポートする文化が根付いてる国ですので、ドイツでは、外国人であっても起業家やフリーランサーなどの方々のサポートやドイツへの移住も歓迎されています。

こうした側面は、現在の日本の一般的な社会とは異なる大きなメリットの1つでもありますので、将来起業したい方やフリーランサーとして活躍したい方などは、ドイツ留学を足がかりにするのもおすすめです。

ドイツ留学のデメリット見出し

Photo by Harshil.Shah

ドイツ留学には、前述でご紹介しました様にたくさんの大きなメリットがありますが、その反面、ドイツ留学にもデメリットはあります。

そこで、このセクションでは、ドイツ留学のデメリットを3つセレクトしましたので、これらのドイツ留学のデメリットをこれからそれぞれご案内していきます。ドイツ留学の検討をする際の参考に是非してみてください。

閉店法という法律があり日曜日はお店が閉まっている

Photo by hiroki_skywalker

ドイツ留学のデメリットその1は、留学そのものというよりは、ドイツ生活でのデメリットでもありますが、ドイツには、キリスト教信者が多い地域にありがちな閉店法という法律がありますので、日曜日は、飲食店などのお店の他は、ほとんどお店が閉まっているので、日本の便利な生活に慣れている方々からしますと生活の不便さを感じてしまうことでしょう。

ドイツ留学の費用を安い価格に抑えるために自炊を予定している方などは、生活必需品は土曜日までに買い物をしておくことをおすすめします。また、ドイツは、お店が開いている平日であっても、閉店時間が早いお店が多いので、この点にも注意が必要です。

喫煙者の多さ

Photo by Joel_Goldstein

ドイツ留学のデメリットその2は、ドイツは18歳から喫煙をすることができますので、若い喫煙者も多く、喫煙者人口も多いということです。また、日本とは異なり、歩きタバコの規制もされていませんので、街のいたるところでタバコを喫煙している人々がいます。

ドイツ留学におけるドイツ生活のいたるところで、受動喫煙をしてしまう可能性がありますので、こうした点にも予め十分な注意が必要です。また、嫌煙家の方やタバコの煙が苦手な方は、この問題をドイツへの留学を検討する際に真剣に検討する必要があります。

街中で物乞いや募金が多い

Photo byddalki3003

ドイツ留学のデメリットその3は、これも、留学そのものというよりドイツ生活でのデメリットでもありますが、ドイツは、街中に物乞いや募金を募った詐欺も多いということです。ドイツでは実際にホームレスではない人もホームレスのふりをして物乞いで日銭を稼いだり、慈善活動のふりをして、詐欺まがいの募金を募る人々も少なくありません。

こうした人々によるトラブルに事前に巻き込まれないようにするためにも、ドイツの街中では十分に注意をし、こうした人々に近寄らないようにすることも必要です。

ドイツ留学する場合の生活面での注意点見出し

Photo by hiroki_skywalker

ドイツ留学をする際に切っても切り離せないのがドイツでの生活です。そこで、このセクションでは、ドイツ留学する場合の生活面での注意点にスポットライトを当て、ドイツ留学における生活面で特に注意するべき点を4つセレクトしました。この4つのドイツ留学する場合の生活面での注意点をこれからそれぞれご紹介していきます。

チップが必要

Photo bystevepb

ドイツ留学する場合の生活面での注意点その1は、ドイツは日本とは異なり、サービスの対価としてチップを支払う文化があるということをあらかじめ知っておく必要があります。ドイツで主にチップを払う必要があるのは、タクシーに乗車してサービスを受けた場合や飲食店のウェイターなどからサービスを受けた場合です。

チップの額は、サービスにあった金額を支払うのが一般的には基本とされていますが、ドイツでのチップの相場は、飲食店のウェイターなどには、食事の支払い額の5パーセントから10パーセント、タクシーの運転手へはタクシー料金の10パーセントほどとされています。

トイレが有料

Photo byimage4you

ドイツ留学する場合の生活面での注意点その2は、ドイツにある公衆トイレは日本と異なり一般的には有料となっていることをあらかじめ知っておく必要があります。

ドイツの公衆トイレの一般的な料金は、大体20セント位ですので、日本円にして26円くらいの安い料金ですが、お釣りが出ない公衆トイレも少なくありませんので、ドイツの生活では、普段からある程度の小銭も持ち歩くことをおすすめします。

ナチスのように真っ直ぐ手をあげない

Photo by Gaku@STUDIO-Freesia

ドイツ留学する場合の生活面での注意点その3は、ドイツで挙手する時は、真っ直ぐ手をあげてはいけないということをあらかじめ肝に銘じておく必要があります。

これは、日本では意外と知られていないことなのですが、ドイツでは、日本で教育されたように正しくまっすぐ手を上げて挙手しますと、戦時中にユダヤ人を大量殺害したヒトラーが強要したナチス式敬礼を意味してしまいます。

ドイツで挙手する時は、1本人差し指を立てるドイツ式の挙手の仕方で行う様にしましょう。これは、飲食店などで手を上げてウェイターなどを呼ぶ際にも同様のことです。

飲食店の店員に挨拶をする

Photo byLuckyLife11

ドイツ留学する場合の生活面での注意点その4は、これも日本では意外と知られてないことなのですが、 ドイツでは、飲食店などの店員に対して、自分の方から先に挨拶をするのがドイツの社会ではマナーとなっていますので、この点についても予め知っておく必要があります。

このドイツのマナーは、日本では考えられないマナーの1つでしょうが、ドイツでは、飲食店などの店員に対して、自分の方から先に挨拶をしないと、店員に失礼なお客だとみなされますので、この点にも注意が必要です。

ドイツ留学の費用の目安見出し

Photo bymartaposemuckel

学費が安いことでもメリットがあるドイツ留学ですが、実際に、どのくらいの学費がかかるのかは、ドイツ留学を検討する上で真っ先に気になるポイントの1つです。そこで、このセクションでは、ドイツ留学の費用の目安を留学期間別、費用の種類別等の観点から学費を含めたドイツ留学の費用の目安をまとめてみました。

留学期間別の目安

Photo by yto

学費が安いことでもメリットがあるドイツ留学は、やはり、他のヨーロッパ諸国や北米諸国等と比較しましてもかなり安い費用で留学ができます。

ドイツ留学の費用を留学期間別に見てみますと、1か月の留学期間の留学費用の目安は25万円から50万円くらい、3か月の留学期間の留学費用の目安は60万円から100万円くらい、6か月の留学期間の留学費用の目安は120万円から150万円くらい、1年の留学期間の留学費用の目安は150万円から250万円くらいとなっております。

種類別の費用の目安と対策

Photo bynikolayhg

ドイツ留学にかかる費用の種類別に内訳を見てみますと、日本からドイツまでの往復の航空旅券の費用の目安は7万円から25万円くらい、ドイツ留学での1ヶ月の学費の費用の目安は5万円から15万円くらいとなっています。

また、1ヶ月のドイツ留学における滞在費の費用の目安は3万円から10万円くらい、1か月のドイツ留学における生活費の費用の目安は3万円から7万円くらいとなっています。

往復の航空券に関しましては、トランジット便を利用することで費用が1/3から半額まで安い費用に抑えられますし、学費に関しましては、国公立の大学や大学院では、かなり安い学費に抑えられます。また、滞在費は、ルームシェアをすることで滞在費を抑えられますし、生活費は自炊をすることで生活費用を抑えられます。

学費の目安

Photo bymoerschy

ドイツ留学における学費の目安は、1ヶ月の語学留学の学費の費用で2万円から15万円くらい、1年間の高校留学の食費や滞在費込みの学費の目安は120万円から160万円くらいとなっています。

また、ドイツの国公立の大学へ1年間留学した場合の学費の目安は、一部の州を除き、一般的には無料となっております。無料でない州は、1学期につき6万円くらいとなっています。ドイツの私立の大学へ1年間留学した場合の学費の目安は40万円から120万円ほどとなっております。

ドイツ留学をする場合に安くする方法見出し

Photo bysilviarita

学費が安いことでもメリットがあるドイツ留学ですが、ドイツでの生活なども含めたドイツ留学全体をさらに安い金額にするおすすめの方法を検討してみました。

そこで、このセクションでは、ドイツ留学全体をさらに安い金額にするおすすめの方法を選りすぐり5つのポイントに絞ってまとめてみました。この5つのポイントをこれからそれぞれご案内していきます。

飛行機は乗継便がおすすめ

Photo by Kentaro Ohno

ドイツ留学全体を安い金額にするおすすめの方法その1は、渡航費用を抑えるためにトランジット便を利用することです。前述でもご案内しました通り、トランジット便を利用することで渡航費用が1/3から半額までの安い費用に抑えることができます。

トランジット便を利用すれば、10万円以下の航空券を見つけることも可能となります。ただし、トランジット便を利用しますと直行便の2.5倍ほどもの移動時間がかかりますので、ドイツの滞在期間が短い場合は、直行便がおすすめです。

ルームシェア

Photo by Shane Global Language Centres

ドイツ留学全体を安い金額にするおすすめの方法その2は、安い滞在費用に抑えるためにルームシェアをすることです。ドイツの都市によっても滞在費用は違ってきます。ドイツの数ある都市の中でも比較的家賃や物価が安く生活しやすいのが、ベルリンです。

ベルリンの場合であれば、ドイツの他の都市と比べても滞在費が安く済みます。また、ベルリンでルームシェアをした場合の1ヶ月の滞在費の相場は、日本円に換算して、2万5千円から5万円ほどです。

自炊する

Photo by darastar

ドイツ留学全体を安い金額にするおすすめの方法その3は、安い生活費用に抑えるために自炊することです。ドイツは日本と物価がほとんど変わりませんが、外食の費用は日本よりも少々高いです。しかし、フルーツや野菜をはじめ、乳製品といった生鮮食品は日本よりも安い価格となっていますので、自炊をすることで生活費をかなり安く抑えることができます。

中でも野菜は非常に安いので、野菜中心の食生活にしますとヘルシーな食生活に加え、生活費の節約にもつながります。また、学食も安い価格で食事ができますので、こうした施設の利用もおすすめです。

セメスターチケットの活用

Photo bykschneider2991

ドイツ留学全体を安い金額にするおすすめの方法その4は、安い交通費用に抑えるためにセメスターチケットを活用することです。ドイツの大学に所属する時に登録料を払うことでもらえるセメスターチケットがありますが、このセメスターチケットがありますと、通う大学周辺の公共交通機関をなんと料金無料で使用することが可能となります。

また、語学留学の場合は、定期券を使用することで安い交通費用に抑えることが可能となります。さらに、自転車通学すれば、もっと安い交通費用に抑えることも可能となります。

奨学金制度の利用

Photo by SC Guard

ドイツ留学全体を安い金額にするおすすめの方法その5は、安い学費の費用に抑えるために奨学金制度を利用することです。ドイツの大学や大学院への留学を検討されているのであれば、日本人であっても利用することが可能な奨学金制度もあります。

ドイツはもともと学費が安いので、他の欧米諸国と比較しても留学しやすい国ですが、こうした奨学金制度のチャンスを獲得できれば、さらに安い学費の費用に抑えられます。代表的な奨学金制度は、ドイツ学術交流会 (DAAD)や文部科学省のトビタテ! 留学JAPAN日本代表プログラムなどです。

ドイツ留学のビザ申請見出し

Photo by rkelland

ドイツ留学をする上で、ビザは欠かせないものの1つです。ドイツ留学のメリットやドイツ留学の費用の目安などが分かってきましたところで、このセクションでは、最後に、ドイツ留学をする際のビザやビザ申請についてご案内していきます。ドイツ留学を準備する上での参考として、是非、お役立てください。

3ヶ月以上のドイツ留学にはビザが必要

Photo byJESHOOTS-com

ドイツでは、3ヶ月以上のドイツ留学を行う際には、学生ビザが必要となっております。この学生ビザは、ドイツの大学や専門学校だけではなく、語学学校へ3か月以上通う予定の方も必要とされているビザとなっています。日本国籍を持っている方は、ドイツ入国後でも、入国後から90日以内であればビザの申請を行えます。

ワーキングホリデービザ

Photo bynastya_gepp

ワーキングホリデービザは、3か月以上1年以内の期間が滞在可能となるビザです。また、条件内でアルバイトなどの就労をドイツ国内で行うことも可能となっています。ただし、ワーキングホリデービザを申請できるのは、18歳から30歳までと年齢制限がありますので、この点にはあらかじめ注意が必要です。

ビザ申請時の注意事項

Photo by EuroSlice

ドイツの現地でビザを申請する際には、外国人局へ行く必要がありますが、事前予約をしていないと受け付けてもらえませんので、この点には、あらかじめ注意が必要です。一般的には、電話やインターネットによる事前予約を行えますが、ドイツの地方などの田舎では、この予約を取るだけのために出向かなければならない場合もあります。

また、人によっても対応が異なりますので、評判の良い外国人局でビザを申請するのもおすすめです。

ドイツ留学に関する基礎知識をまとめました!見出し

Photo by Polybert49

ドイツ留学の費用やビザ等、ドイツ留学に役立つ様々な選りすぐりの情報のご案内はいかがでしたか。第2ヶ国語として広く英語が話されているドイツでは、ドイツ語の他にも英語も習得でき、しかも学費も安いので、ドイツはおすすめの留学先の国の1つです。このページのドイツ留学に関する基礎知識がドイツ留学の検討に役に立っていただければ幸いです。

関連キーワード

投稿日: 2019年5月4日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote