地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

オクトーバーフェスト!本場ドイツでビール三昧!楽しみ方を伝授!

南ドイツミュンヘンで毎年秋の間2週間開催される、世界最大規模の収穫祭オクトーバーフェスト。巨大テントと移動遊園地が広大な緑地に出現、ドイツが誇るオクトーバーフェストでは伝統料理や演奏、お土産、限定ビールの他ワインやノンアルコールビールも堪能できます!

本場ドイツ最大の祭り!オクトーバーフェストを楽しむ見出し

Photo byAlexas_Fotos

多くのビール醸造所の集まるビールの都ミュンヘンが最も活気づくのは16日間にわたって開催されるオクトーバーフェストの時期。1810年にバイエルン王ルートヴィヒ1世の結婚の祝宴として始まったお祭りで、2年も前から予約が入るほどのスケールです。パレードや料理、遊園地は幅広い世代で楽しめるのでご紹介していきます!

本場ドイツ最大の祭り!オクトーバーフェストの歴史見出し

Photo by curran.kelleher

ビールの祭典オクトーバーフェストの起源は、王の結婚式にあわせて開かれたのが始まり。結婚を祝う記念として催された競馬会でビールが振舞われたのがきっかけで農業祭として庶民に定着していきました。当時の開催日は9月ではなく10月で、海外からの観光客の他、来場者はほとんどがバイエルン州出身の人達です。

ミュンヘンとビール

開催地であるテレジエンヴィーゼTheresienwiese「テレーゼの緑地」の語の末尾にはWiesnがありますが、ドイツ語で緑地や野原を表していて地元の人達には「ヴィーズン」と、この地方の方言でよばれ親しまれています。ドイツにはビール純粋令という法律もあるほどで、ビールは国民にとっては特別なお酒でもあるのでしょう。

ドイツ最古のビール醸造所は、ミュンヘンの北東フライジングという街にある1040年創立のヴァイエンシュテファン修道院で、現在は州立醸造所としてビールの製造を続けています。ビール純粋法に従って作られたビールは長期保存には適さず新鮮なビールが直営のビアホールなどでも飲めるようになっています。

本場ドイツ最大の祭り!オクトーバーフェストのきまり見出し

オクトーバーフェストには基本的に何を着て行っても大丈夫です。しかし雑踏の中でビールなどがかかるケースを予想すると高価な洋服やシミが落ちにくい素材のものは避けると良いでしょう。女性はディアンドルと呼ばれるエプロン付きワンピースを着用。エプロンの結び目の位置には恋愛ステータスが表現されています。

衣装はデパートやネットで購入可能

男性は白シャツ又はチェック柄にレーダホーゼンという、綺麗な刺繍が施された革ズボンを合わせます。最近では若い女性も男性の格好をするそうです。お祭りを退場をする前に荷物チェックがあるので、ジョッキを持ち帰ったり自分のリミットを超えるまで飲むのはやめ、マナーに十分気をつけましょう。

テーブルは知らない人同士で分け合います。会場では1リットルのMassとよばれるジョッキがだされ、祭りで出されるビールのアルコール度数はやや高めです。ビールの味はメーカーによって異なるので様々なテントも回って味比べをする事もできます!クレジットカードは使用できないので現金を用意しておくと良いでしょう。

ドイツのお土産おすすめはコレ!人気雑貨や定番のチョコも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ドイツのお土産おすすめはコレ!人気雑貨や定番のチョコも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
今回は、人気の観光スポットの一つドイツのお土産についてご紹介していきます。ドイツでは、ビールなどとの相性も抜群なソーセージや、チョコを初めとするおすすめのお土産が多数あります。ドイツならではの定番雑貨も人気なのでお土産にぜひ。

本場ドイツ最大の祭り!オクトーバーフェストのテントで楽しむ見出し

テレジエンヴィーゼ広場42ヘクタールの会場に、地元醸造所設営の1万人あまりを収容できる巨大テントの中ではバンドの演奏が。お馴染みの曲に皆ビールを片手に大合唱!できたてのバイエルン料理とビールで18時以降はかなり賑やかになります!週末や夕方から夜はとても混雑し、予約なしでは巨大テントには入れません。

迫力のビール大国の底力

比較的すいているのが朝もしくは平日。トラディッションという昔のオクトーバーフェストを再現している一角では別途入場料がかかりますがその分すいているようです。午後には全て満席になる可能性があるので、楽しむには平日の午前中であれば席がとれるかもしれません。公式サイトで確認してみるのも良いでしょう。

本場ドイツ最大の祭り!オクトーバーフェストのパレードを楽しむ見出し

開催初日の土曜日と日曜日にはパレードがあり、特に日曜のパレードはドイツ各地から様々な民族衣装のグループや射撃隊などが旧市街を練り歩き、とても華やかになります。パレードを良い場所で見たい場合は観客席のチケットを買う事をおすすめします。楽しむために道沿いには早くから最前列を確保している家族の様子が伺えます。

華麗なパレードも必見

お祭りはこのパレードによって開始します。馬車に乗ったお祭りの従業員がSchwanthaler通りを通過、テントのある会場に入場します。伝統では、ショッテンハンメルテントでミュンヘン市長が最初のビール樽を開栓し銃声が鳴り響くとテントの営業がスタートです。パレードの開始日は9月16日土曜日午前11時。樽の開栓は12時です。

テントは早くから開いていますが銃声が聞こえるまでビールや食べ物をだしてはいけないルールがあります。熱狂的な人はテントで良い席を取るために朝6時からテント前で待機していることもあります。中に入れなかった場合、テント横のテーブル席で空きを見つけるか場所取りの待ち時間に耐えましょう。

本場ドイツ最大の祭り!オクトーバーフェストで楽しむグルメドリンク見出し

ノンアルコールビールもコクがありますが、ビールが飲めない方へのおすすめドリンクはアプフェルザフトショーレというノンアルコールの炭酸入りりんごジュース。果汁60%で1.5リットル39セントと安く人気の飲み物です。それとシュペーツィというコーラとオレンジジュース、ドイツ特有の炭酸飲料です。

本場ドイツ最大の祭り!オクトーバーフェストで楽しむグルメ料理見出し

お祭りの途中でお腹が空いたら名物のプレッツェルを食べる事もできます。オクトーバーフェストではビールに合わせプレッツェルも特大で顔よりも大きいので通常の料理でなく少し珍しいグルメに挑戦されたい方におすすめです。独自の風味と粒塩がビールのおつまみとして人気があり、もちっとした食感もたまらないおいしさです!

南ドイツおすすめ伝統グルメ

もう1つのおすすめ人気グルメ料理は、バックヘンドルとよばれるドイツの伝統的料理、鶏の丸焼きです。それからソフトな口当たりが人気のグルメ料理、仔牛肉の白ソーセージでしょう。ゼンフという白ソーセージ専用の甘いマスタードがあるのでそれを付けて食べます。やはり肉料理が中心ですが菜食主義者用料理もあります!

ドイツ料理!現地で絶対に食べたいメニュー!定番から名物まで一挙紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ドイツ料理!現地で絶対に食べたいメニュー!定番から名物まで一挙紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ドイツの料理と言えばソーセージが有名ですが、ドイツには他にもたくさん美味しい料理があります。数あるドイツ料理の中から現地で絶対に食べておきたい定番の肉料理、スープ、ちょっと意外なドイツ料理、野菜料理など、10選をご紹介します!

本場ドイツ最大の祭り!オクトーバーフェストで楽しむグルメビール見出し

テントに出店するビールメーカーは全てミュンヘンのビールメーカーになりAugustiner、Hacker-Festzelt、Hofbräu、Löwenbräu、Paulaner、Spatenと6種類あり、Augustinerはミュンヘンで最も古く有名な醸造所です。1328年から存在し歴史が1番長く、ミュンヘンっ子の定番となっているメーカーです。

グルメにはたまらない新鮮ビール

ビールの料金は毎年変動するため大体ビール1マス9.40から9.85ユーロあたりに設定されています。ほとんどの人は購入する際に、チップ代も含め10ユーロ札を渡すそうです。また、オクトーバーフェストのビールのアルコール度数は約6度に定められています。最高のおつまみと一緒に堪能するできたてビールは最高ですね。

本場ドイツ最大の祭り!オクトーバーフェストで楽しむ遊園地見出し

遊園地と聞くと家族ずれと子供のみが遊ぶ場所のイメージがありますが、ここでは皆童心に帰り大人からお年寄りまでが一緒に様々なゲームや乗り物を楽しんでいます。日本にはない変わったゲームや少々激しい乗り物も、昔懐かしの原始的なゲームなども多数見かけます。

野外にも見どころが満載

回数券などはあるものの入場料はどこの施設も無料なので、ライブ専用テントやダンスフロア、お土産を見に行ったり、外を歩いてみたりするのも良いでしょう。観覧車に乗るとわかりますが、高い位置からでもオクトーバーフェスト会場の端まではなかなか見る事ができません。そのくらいこの会場は広いんです。

本場ドイツ最大の祭り!オクトーバーフェスト会場の予約見出し

毎年650万人以上が訪れるオクトバーフェスト。ここのホテルは1年前から予約が入り通常の2倍以上の値段になります。電車でミュンヘンから1時間圏内のアウクスブルク、ザルツブルクなど近郊のホテルを予約すると良いそうです。テントの予約は3月位に申し込みがあり抽選のためミュンヘン在住者以外の方にはきつい面も。

その場合は予約なしの席に朝から並ぶか、座っている人数の少ないテーブルであれば他のお客さんのテーブルの隙間に混ぜてもらう事も可能です。一緒に楽しめるだけでなく現地の人と会話する事で知らなかった地元の習慣や、オクトーバーフェストについての発見があるかもしれませんね。

ミュンヘンの観光スポット28選!美術館などおすすめが満載! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ミュンヘンの観光スポット28選!美術館などおすすめが満載! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
南ドイツバイエルン地方最大の都市ミュンヘンは芸術と音楽の街、また名門校ルートヴィヒマクシミリアンのある学園都市としても世界的に有名です。ミュンヘンは経済的にも繁栄し失業率も低く治安の良い観光地のためドイツ国民に最も美しい都市として選ばれ続けている観光地です。

本場ドイツ最大の祭り!オクトーバーフェストに行こう!見出し

ビールの祭典、本場のオクトーバーフェストとはどのように楽しむかご紹介してきました。日本でも開催されるようになったオクトーバーフェストの影響でバイエルン州の文化やビールなどがお馴染みとなってきました。ミュンヘンにはこのお祭りの他にもビールや料理が味わえる有名な大通りがあります。ぜひチェックして見て下さい!

投稿日: 2017年8月20日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote