地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

クスミティーは可愛くて人気の紅茶!美味しい入れ方や取扱店舗を紹介

最近人気が出ているクスミティーをご存知でしょうか。モデルも愛用している美容効果の高い美味しいクスミティー。2017年には日本にも店舗ができ、ますます話題の紅茶ブランドです。今回は、そんな人気のクスミティーの美味しい入れ方や値段、取扱店舗について紹介します。

最近人気のクスミティーを楽しもう!見出し

Photo by Gunnar Wrobel

じわじわ人気が出てきているクスミティーをご存知でしょうか。かわいいパッケージ、種類豊富なフレーバーのクスミティーは、見ているだけで癒されます。また、味が美味しいだけではなく、美容に嬉しい効果もたくさんあるんです。今回は、そんな話題のクスミティーの店舗、値段、美味しい入れ方など隈なく紹介していきます。

クスミティーって何?見出し

クスミティーは、フランスのパリに本部がある紅茶のブランドです。パリにいくつも実店舗を構え、その店舗の外観もとってもお洒落です。2017年に日本に店舗が本格上陸したことで、最近人気が出てきています。クスミティーは、もともと貴族御用達の紅茶であっただけあって、いつも飲む紅茶の値段よりは張りますが、香り豊かで美味しい紅茶が楽しめます。

フランスのお土産におすすめ!人気商品をランキング形式でご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
フランスのお土産におすすめ!人気商品をランキング形式でご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
フランスといえば、おしゃれな街並みとセンスの良いお店や人々が集まっているスポットです。そんなフランスでお土産を買うならやはりセンスのいいものを買いたいですよね。そこで今回は、フランスのおすすめお土産をランキングで紹介します。

クスミティーの歴史見出し

クスミティーは、150年の歴史を誇る老舗紅茶ブランドです。現在は、フランスのパリに本店があり、フランスのブランドというイメージが強いかと思いますが、実は、クスミティーの発祥はロシアなんです。1867年の帝国ロシア時代にクスミチョフ氏がクスミティーを創業したと言われています。

その後、1917年にロシア革命をきっかけにフランスに亡命し、ロシア・ティーとして世界に愛される紅茶ブランドとなりました。150年もの長い歴史の間には、厳しい状況に直面することもあったようですが、家族でクスミティーを作り続けたことで、現在も世界中で美味しいクスミティーが楽しめると思うとなんだか感慨深いです。

クスミティーのパッケージ見出し

クスミティーのパッケージは、とてもカラフルでかわいいデザインのパッケージです。個性的で、特徴的な配色のパッケージに心惹かれる人も多いはず。クスミティーのパッケージをよく見ると、実は、ロシアのモスクのシルエットなんです。また、缶に紅茶が入っているので、紅茶がなくなったら小物入れとして使うこともできます。

ただ置いてあるだけでもかわいいクスミティーのパッケージは、インテリアにも使えます。木のシェルフの上に置くだけとてもおしゃれな空間の完成です。また、ショップバッグもクスミティーのパッケージの絵柄がプリントされていてとってもかわいいんです。カラフルなので、パッケージを見ているだけでも楽しめます。

クスミティーのフレーバーの種類見出し

クスミティーのフレーバーの種類は70種類以上と、とても豊富で選びきれないぐらいたくさんあります。また、いくつかの商品ラインがあって、目的に合わせてフレーバーを選ぶことができます。他では売っていないような珍しいフレーバーティーや、美容効果のある紅茶があるので、あなたにあったお気に入りのティーが見つかるはずです。

フレーバーの種類も多いのですが、サイズも小さいものから大きいものまで様々なので、いろんな味を試すことができます。少し値段が張るイメージのクスミティーですが、小さいものだと気軽に試せる値段で販売されていますので、気になっていた方はこの際に挑戦してみてはいかがでしょうか。

クスミティーのフレーバーは、シリーズに分かれていて、クラシック、アロマ、ビヤンネトル、エクスクルーシブの4つのラインがあります。クラシックは、ベーシックな紅茶のフレーバーを揃えていて、アイリッシュ ブレンド、イングリッシュ ブレックファストなどがあり、日本茶も含まれています。

アロマのシリーズは、60種類以上の豊富なフレーバーがあって、ストロベリーやバラ、ジンジャーレモンなどのフレバーの緑茶や、チョコレートスパイス、シナモンなどの珍しいフレーバーの紅茶まで揃っていて、香りも美味しいティーばかり。様々なフレーバーがあるので、気分によって飲むティーを変えても良さそうです。

ビヤンネトルのシリーズは、健康維持が期待できるフレーバーが揃っています。アメリカのスーパーモデルのケンダル・ジェンナーが、体型維持のために毎日欠かさず飲んでいるのだそう。これを公開した途端、人気に火がついた「DETOX」というフレーバーは、世界中で売り切れ続出になった大人気商品です。

ビヤンネトルは、心身の幸福という意味があり、まさに名前の通り心も身体も満たされそうな効果がたくさんあります。ビヤンネトルは、「DETOX」のほかにも「BOOST」という身体を温める効果や、「BE COOL」という心を落ち着かせる効果が期待できるフレーバーが揃っています。

最後に紹介するシリーズは、エクスクルーシブというスペシャルブレンドのシリーズです。エクスクルーシブは、後ほど紹介するクスミティーの人気フレーバーの「アナスタシア」や、期間限定フレーバー、有名ブランドのデザイナーとのコラボレーションなどの多くのファンを楽しませてくれるフレーバーが揃っています。

他にも妊娠中や、授乳中にも飲むことのできるノンカフェインのものもあり、安心してティーを楽しむことができます。ビークルやアクアローザというハーブティーやカフェインレスのアールグレイもあるので、ストレス発散や、寝る前のリラックスタイムにも最適です。また、クスミティーのセカンドラインのオーガニック・ラブもあります。

フランスのお菓子でお土産に人気の品は?有名なスイーツの歴史も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
フランスのお菓子でお土産に人気の品は?有名なスイーツの歴史も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
美食&スイーツ大国フランスには魅力的なスイーツがたくさんあります。日本でもおなじみとなったマカロンやクレープといったお菓子からチョコレートとスイーツ好きにはたまらないお菓子ばかり!手土産やプレゼントにも最適なフランスのお菓子を歴史と共に紹介します。

クスミティーの人気フレーバー1:アナスタシア見出し

ここからは、クスミティーの人気フレーバーについて紹介していきます。まず、一つ目に紹介するクスミティーの人気フレーバーは、「アナスタシア」です。「アナスタシア」は、柑橘系の花の香りのするフレーバーです。この「アナスタシア」という名前は、ロマノフ王朝の皇女をしのんで付けられた名前なのだそう。

「アナスタシア」は、創業者のパヴェル・クスミチョフが考案し、それ以来ブランドを代表する人気フレーバーです。創業した時の「アナスタシア」のレシピをほとんど変えることなく受け継がれている味です。クスミティーに興味がある方は、まず「アナスタシア」を飲んでみることをおすすめします。

「アナスタシア」は、アールグレイや、レディグレイのようなフレーバーティーに似ています。ですが、「アナスタシア」は、天然香料が使われているので、香りの豊かさは格段に違い、とても美味しいティーです。また、リラックス効果も高いので、リフレッシュしたいときや、落ち着きたいときにおすすめのフレーバーです。

クスミティーの公式ホームページによると、「アナスタシア」はアイスティーで飲むのがおすすめのようです。「アナスタシア」は、中国茶をベースに、ベルガモット、レモン、ライム、オレンジの花の香りがする柑橘系をブレンドしているので、スッキリとした気分にしてくれます。

「アナスタシア」ができてから100年を記念して作られた「ホワイトアナスタシア」というフレーバーもあります。春先に採れる新芽の白い産毛の付いた希少な茶葉をベースにオレンジの花、ベルガモット、レモンをブレンドした繊細なティーです。「ホワイトアナスタシア」は蒸らし時間は3分と少し短めにするのが美味しい入れ方です。

クスミティーの人気フレーバー2:朝の紅茶見出し

二つ目に紹介するクスミティーの人気フレーバーは、「朝の紅茶」というフレーバーです。こちらのフレーバーは、フランスの料理人のロブション氏もお気に入りのフレーバーです。「朝の紅茶」は、中国紅茶とセーロンのブレンドティーで、ミルクとの相性も抜群です。名前の通り、朝食のパンにもぴったりなフレーバーです。

お湯を入れてから3〜4分蒸らすのが美味しいティーの入れ方です。香りはほとんどないので、香りものが苦手な方にもおすすめのティーです。赤いパッケージが目立つフレーバーで、眠たい朝も元気が出そうです。カフェインが結構入っているので朝の目覚めにおすすめです。

クスミティーの人気フレーバー3:カシミール・チャイ見出し

三つ目に紹介するクスミティーの人気フレーバーは、「カシミール・チャイ」です。こちらのフレーバーは、伝統的なネパールのレシピのスパイスと中国紅茶をブレンドしたフレーバーです。「カシミール・チャイ」の中にはカルダモンが丸ごと入っていたりと本格的なスパイスを楽しめるティーです。

「カシミール・チャイ」もお湯を入れてから3~4分蒸らすのが美味しい入れ方です。スパイシーの香りがするティーですが、意外とお食事に合うフレーバーで、ランチやお口直しにもおすすめです。「カシミール・チャイ」には、カフェインも豊富に含まれています。

「カシミール・チャイ」は、カルダモンの他にも、ジンジャーや、ローリエ、シナモン、アニス、クローヴなど6種類のスパイスが入っています。結構スパイシーで、はっきりした味です。「カシミール・チャイ」の種類豊富なスパイスによって身体が温まるので、特に冬におすすめのフレーバーです。

クスミティーの人気フレーバー4:プリンス・ウラジミールティー見出し

四つめに紹介するクスミティー の人気フレーバーは、「プリンス・ウラジミールティー」です。このフレーバーは、華やかな甘い香りの紅茶です。中国茶をベースに柑橘系のベルガモットやレモン、グレープフルーツ、シナモンやバニラ、クローブがブレンドされています。「プリンス・ウラジミールティー」も「カシミール・ティー」同様スパイシーです。

「プリンス・ウラジミールティー」のスパイスが強くて飲みにくいという方は、ミルクを入れてミルクティーにして飲むのもおすすめです。スパイスのみのブレンドティーではなく、柑橘系もブレンドしているのが珍しいです。そして、ほのかにバニラの香りがして、他では味わえないティーです。飲むときは3〜4分蒸らして飲むのが美味しい入れ方です。

クスミティーの人気フレーバー5:サンクト・ペテルブルグ見出し

五つ目に紹介するクスミティーの人気フレーバーティーは、「サンクト・ペテルブルグ」です。こちらのフレーバーは、紅茶をベースにグースベリー、ラズベリー、チェリー、シトロンなどのベリー系のフレーバーをブレンドし、さらにカラメルも入っている個性的なティーです。

このフレーバーの名前の由来は、ロシアの古都サンクトペテルブルクからきていて、ロシアの古都の建国300年を記念して作られたブレンドティーです。キャラメル、レッドフルーツ、バニラもブレンドされているので、甘い香りが特徴的で美味しいです。味もマイルドなので、とても飲みやすいので、クスミティー初心者の方にもおすすめです。

クスミティーの人気フレーバー6:トロイカ見出し

六つ目に紹介するクスミティーの人気フレーバーは、「トロイカ」です。こちらのフレーバーは、中国とセイロン、インドの紅茶にベルガモット、オレンジ、マンダリンをブレンドしたフレーバーです。「トロイカ」の名前の由来は革命前のロシアで使われていた3頭立ての馬車の名前からきています。蒸らし時間は3〜4分が美味しい入れ方です。

クスミティーの人気フレーバー7:デトックス見出し

最後に紹介するクスミティーの人気フレーバーは、「デトックス」です。こちらのフレーバーは、先ほども紹介したアメリカのスーパーモデルもお気に入りのフレーバーで、体型維持を目的として、毎日飲むことがおすすめのティーです。このフレーバーには、レモンとレモングラスが入っています。

また、こちらのフレーバーには、中国緑茶とマテ茶がブレンドされており、マテ茶には、カルシウムなどが豊富に含まれています。また中国緑茶には、カテキンが豊富に含まれており、抗酸化作用による健康維持が期待できます。美味しい入れ方は、3〜4分蒸らすことです。

クスミティーとのコラボフレーバー見出し

クスミティーは、フランスのスキンケアブランドのクラランスとのコラボフレーバーも発売しています。そのフレーバーの名前は、「テ クラランス」です。"refreshing & relaxing"をテーマにして作られたフレーバーです。コラボフレーバーは、緑茶をベースに、数種類の海藻をブレンドするといった個性的なティーです。

「テ クラランス」は、レッドカラントとパウダリーローズの華やかで上品な香りが特徴的。赤と白の目を引くパッケージもかわいいです。また、「テ クラランス」は、4月にクラランスのスキンケア商品との限定セットを数量限定で販売してます。植物の可能性を紅茶と化粧品から最大限に引き出したコラボセットは、まさに心も身体も満たしてくれるはず。

クスミティーのギフトボックス見出し

クスミティーは、缶に入っている茶葉の商品の他にもティーパックの商品も展開しています。特にティーパックのセットやアソートがギフトにおすすめです。様々な種類のフレーバーが入っているので、クスミティーを知らない人でも飲み比べができて楽しいはずです。また、マトリョシカのかわいいパッケージのボックスもあります。

クスミティーのアクセサリー見出し

クスミティーには紅茶の茶葉だけではなく、紅茶を楽しむためのマグカップやティーポットも販売しています。クスミティーのパッケージ同様、おしゃれで置いてあるだけでも気分が上がるものばかりです。美味しい紅茶をおしゃれなマグカップで飲むのはとても至福のひと時になるはずです。

また、ギフトとして茶葉とクスミティーのアクセサリーを一緒にプレゼントしても喜ばれそうです。パリでのお土産はもちろん、クスミティーのオンラインショップや日本にも店舗があるので、お友達の誕生日や自分へのご褒美に買うのもおすすめです。素敵な紅茶のアイテムが揃えば、紅茶好きになるきっかけになるかもしれません。

クスミティーが買える店舗見出し

クスミティーは、本店がパリにありますが、日本にも店舗があります。日本の店舗は、東京駅からほど近い、丸の内の丸ビルに「KUSMI TEA Marunouchi 丸の内コンセプトストア」があります。この店舗では30種類以上のフレーバーがあり、マグカップやティーポットなどのアクセサリーも揃っています。

また、2018年6月現在、期間限定の店舗として日本橋三越本店と渋谷ヒカリエに出店しています。東京以外では、紅茶の専門店や、セレクトショップに置かれていることもあるので、見つけた際には要チェックです。全国の「DEAN&DELUCA」や「BARNEYS NEWYORK」、「TOMORROWLAND」などの店舗で取り扱われていることもあるみたいです。

ボンマルシェはパリの老舗デパート!気になる営業時間やおすすめのお土産は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ボンマルシェはパリの老舗デパート!気になる営業時間やおすすめのお土産は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
パリの7区サンジェルマン・デプレにある有名百貨店ボンマルシェ、パリのオペラ座をモデルにしたここは規模こそ小さいですが世界中から厳選された商品・お土産が選びやすい場所でもあります。流行のものを上手に取り入れた最古のデパートボンマルシェを詳しく見ていきましょう!

クスミティーのオンラインショップ見出し

クスミティーにはオンラインショップもあるので、住んでいる場所が東京から離れていてクスミティーの店舗がないという方も安心してください。クスミティーの公式ホームページから注文することができます。また、新商品や、限定情報のメルマガも配信しているみたいなので、気になる方は登録してみてはいかがでしょうか。

クスミティーの値段見出し

クスミティーの値段は、25グラムで税込1,296〜1,458円、125グラムで値段が、税込3,240〜3,888円です。ちなみに25グラムで約10杯、125グラムで50杯楽しむことができます。小さいサイズのものだと意外と値段もお手頃です。また、ティーバッグもあって20個入り大体2,000円の値段で買えます。1杯100円ちょっとの値段なので案外お手頃です。

ギフトやアソートは、大体5,000円〜7,000円くらいの値段から揃っています。5種類ほどのフレーバーのセットや、インフューザーがセットになったものもあってプレゼントに喜ばれそうなギフトばかりです。マグカップの値段は、3,000円から、ティーポットの値段は5,000円位となっていて少々値段は張りますが、たまにのご褒美には是非おすすめです。

クスミティーの美味しい入れ方見出し

せっかく美味しいクスミティーを手に入れたなら美味しい入れ方でクスミティーを楽しみましょう。まず、お水は、汲みたての軟水を使いましょう。紅茶には、空気が十分含まれた水が最適です。そして、沸騰直後の100℃が最適で、ぬるくても熱すぎても紅茶の香りが薄くなっていまいます。この入れ方で、思う存分クスミティーの風味を楽しめます。

ポットは、鉄製のものは避けましょう。鉄分が含まれたポットは、紅茶に含まれているタンニンが鉄分と化合して、香りを損なってしまいます。そして、香りだけではなく、色も黒っぽくなってしまうので紅茶本来の良さを楽しむことができなくなってしまいます。なので、ポットは、陶器製のものか、ガラス製のものを使いましょう。

クスミティーを入れるマグカップは、内側が白いものを使いましょう。内側が白いマグカップを使うことによってティーの色が映えるので、目で楽しむこともできます。また、クスミティーの香りも楽しめるよう、浅い形のマグカップを使うのがおすすめです。こうした入れ方によって味だけではなく、見た目、香りも楽しむことでより充実したティータイムになります。

マグカップは、クスミティーを入れる前にあらかじめ温めておきましょう。この入れ方によって、クスミティーの鮮度や香りを損なわずに済みます。クスミティーの茶葉にお湯を入れたら、3〜4分蒸らしましょう。こうした入れ方によってお湯にクスミティーの茶葉の香りや味を浸透させ、より一層美味しいクスミティーを味わうことができます。

クスミティーでリラックスタイムを見出し

Photo by SphotoE

最近人気のクスミティーはいかがでしたか。近くに店舗がなくてもネットで買うことができ、小さいものは意外と値段もお手頃なので、美味しい入れ方でクスミティーを入れてリラックスタイムを過ごしてみるのも良さそうです。「アナスタシア」を始め人気のフレーバーがたくさんあるので、気になった方は是非参考に買ってみてはいかがでしょうか。

投稿日: 2018年6月30日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote