フランスの家庭料理の定番13選!簡単に作れる美味しいメニューのレシピも!

2019年6月28日 (2019年7月1日最終更新)

国内からもたくさんの旅行客が訪れるフランスには、美味しい家庭料理がたくさんあります。今回はそんなフランスでおすすめの家庭料理についてたっぷりご紹介いたします。フランスの家庭料理の美味しい定番メニュー、簡単にできるフランス家庭料理のレシピをチェック。

目次

  1. フランス家庭料理とは
  2. フランスのおすすめスポット
  3. フランスのプロヴァンス地方の家庭料理3選
  4. フランスのロレーヌ地方の家庭料理2選
  5. フランスのラングドック地方の家庭料理2選
  6. フランスのブルターニュ地方の家庭料理2選
  7. フランスのオートサヴォワ地方の家庭料理2選
  8. イル・ド・フランスの家庭料理2選
  9. フランスの絶品家庭料理を味わおう!

フランス家庭料理とは

今回紹介する「フランス家庭料理」は、その名の通り、フランスの家庭で一般的に食べられている料理のことをいいます。フランスの人々によってかかすことができるフランス家庭料理は、フランス人のみならず、日本人の口にもとてもあう料理だと人気をあつめています。そんなフランス家庭料理は、日本の家庭でも以外と簡単につくることができます。

高級フレンチとの違い

今回紹介する「フランス家庭料理」は、日本でもレストランが多い「高級フレンチ」とは、また違ったジャンルの料理になっています。国内の高級レストランでいただくことができるフレンチ料理といえば、高級感溢れる、特別な日のランチやディナーにいただくイメージがあるかもしれません。

高級レストランのフレンチは、前菜、メイン、デザートなどのコース構成でいただくことが多いです。それに比べて、フランス家庭料理は、簡単につくれるにもかかわらず、豪華に見えるのが特徴になっています。

地方によって大きく異なる食文化

今回紹介する「フランス家庭料理」は、日本でいただくことができる家庭料理と同じように、地方によって定番のフランス家庭料理のメニューが全然違うのが特徴になっています。とても広い国土であるフランスは、本土だけでも日本の約1.5倍の面積があります。

そのため、土地ごとに地方料理や特産物があり、「自分の町の味」があるのも特徴です。フランスのプロヴァンス地方は、オリーブオイルとトマトを使用したヘルシーな家庭料理、フランスのロレーヌ地方は、ドイツ料理の雰囲気が漂うなど、フランスのいろいろな地方の美味しい家庭料理をチェックしましょう。

フランスのおすすめスポット

ヨーロッパの中でもとても人気があるスポットといえば「フランス」です。フランスは、花の都パリを中心に、旅行にかかすことができないおすすめのスポットが勢ぞろいしています。

定番のフランスの人気スポットから、まだまだ知られていないフランスの穴場のスポットまで、フランスのおすすめスポットをチェックしてみるのがおすすめです。フランスの定番スポットでとくにおすすめなのが「ルーヴル美術館」です。ルーヴル美術館は、世界的な絵画や美術品をあつめた世界屈指の美術館です。

フランスのプロヴァンス地方の家庭料理3選

フランスの「プロヴァンス地方」には、さまざまな美味しい家庭料理が勢ぞろいしています。プロヴァンス地方は、フランスの南東にある地域で、プロヴァンス地方は、イタリア国境と地中海に接しているのが特徴です。

フランスのプロヴァンス地方の家庭料理は、オリーブオイルとトマトを使用しているのが特徴で、ヘルシーな味わいになっています。フランスのプロヴァンス地方は、海から近いので、新鮮な魚介類を使用した家庭料理が多いのも特徴です。

地中海沿岸の海鮮料理【ブイヤベース】

フランスの定番家庭料理である「ブイヤベース」は、地元の新鮮な魚介類をたっぷり使用した、魚介類を香味野菜で煮込んだ寄せ鍋料理になります。

プロヴァンス地方のマルセイユの定番家庭料理であるブイヤベースは、数種の白身の魚、海老、貝などの食材を使用しています。本格派のブイヤベースには、カサゴ、足長ガ二、アンコウ、西洋アナゴなどを使用していることが多く、家庭によっていれる食材がかわります。

ブイヤベースの簡単美味しいレシピ

フランス家庭料理である「ブイヤベース」の簡単レシピは、まず、鍋にオリーブ油を引いて、セロリ、たまねぎ、フェンネルなど香味野菜を炒めるところからレシピがはじまります。その後、鍋に、数種の白身の魚、海老、貝などをいれます。

更に、トマト、じゃがいも、にんにく、塩、白ワインなどをいれ煮込みはじめます。サフラン、フェンネル、ローズマリー、パセリなどのハーブ類で風味をつけると、ブイヤベースが完成します。

野菜がたっぷり味わえる【ラタトゥイユ】

フランス家庭料理である「ラタトゥイユ」は、フランスのニースの定番の家庭料理で、たっぷりの夏野菜を煮込んだ家庭料理になります。ラタトゥイユには、たまねぎ、なす、ズッキーニ、ピーマンなどといった夏野菜をたっぷり使用しています。

ラタトゥイユは、そのままスープ感覚でいただくのはモチロン、パンを浸して食べたり、パスタソースとしていただくのもおすすめです。煮ている料理には「カポナータ」があります。

ラタトゥイユの簡単美味しいレシピ

フランス家庭料理である「ラタトゥイユ」の簡単レシピは、たまねぎ、なす、パプリカ、ズッキーニなどの夏野菜を、すべて1センチほどの角切りにするところからはじまります。野菜のほかに、ベーコンも1センチ幅にカットします。

その後、弱火で熱したオリーブオイルをひいた鍋で、香りが出るまでにんにくを炒めます。ニンニクの香りが出たら、たまねぎ、ベーコンを炒め、火が通ったところで、そのほかの野菜もくわえます。20分ほど煮込んで、塩コショウで味を調えたら完成です。

付け合わせの定番【グラタン・ドフィノワ】

フランス家庭料理である「グラタン・ドフィノワ」は、ドーフィネ地方の郷土料理である、じゃがいもを使用したグラタンになります。

グラタン・ドフィノワは、それだけでいただくのはモチロンですが、フランスでは、付け合わせとしていただくのが一般的になります。フランスでは、羊料理の付け合わせとして食べられることが多いです。生地は牛乳だけを使用するのが特徴の、美味しいグラタンになります。

グラタン・ドフィノワの簡単美味しいレシピ

フランス家庭料理である「グラタン・ドフィノワ」の簡単レシピは、じゃがいもを5ミリほどの薄切りにカットし、にんにくをすりおろすところからはじまります。その後、鍋にじゃがいもを並べ、牛乳を注ぎ、にんにく、塩の半量を加えて蓋をして火にかけます。

沸騰したら、じゃがいもに火が通るまで、10分ほど煮て、塩、コショウ、ナツメグをくわえます。それを耐熱容器にいれ、チーズをちらし、オーブンで15分焼いたらできあがりです。

フランスのロレーヌ地方の家庭料理2選

フランスの「ロレーヌ地方」には、さまざまな美味しい家庭料理が勢ぞろいしています。フランスのロレーヌ地方は、パリの東の端のほうにある地方で、ドイツに近いのが特徴になっています。そのため、フランスのロレーヌ地方の家庭料理には、ドイツ料理の雰囲気が漂っているのが特徴です。

日本でもとても人気がある定番スイーツの「マカロン」は、ここフランスのロレーヌ地方のお菓子になります。そのほかにも、定番の美味しい家庭料理がたくさんあります。

シンプルな定番キッシュ【キッシュ・ロレーヌ】

フランス家庭料理である「キッシュ・ロレーヌ」は、カリッとした食感と、クリーミーな味わいを楽しむことができる美味しいタルトです。

オーブンでこんがりと焼いたアツアツを楽しむのがおすすめの「キッシュ・ロレーヌ」は、サラダの付け合わせといただくのが一般的です。さわやかで清々しい口当たりの「ピノ・ブラン」や、果実の風味を楽しめる「赤ワイン」によくあう家庭料理になります。

キッシュ・ロレーヌの簡単美味しいレシピ

フランス家庭料理である「キッシュ・ロレーヌ」は、日本では、冷凍パイシートを利用した簡単なレシピでつくることができます。冷凍パイシートをタルト皿に合うように伸ばして広げます。

そのうえに、フライパンでしんなりするまで炒めたたまねぎ、ほうれんそう、たまご、生クリーム、コーンスターチ、コショウなどを混ぜたものを注ぎます。200度のオーブンで、約20分焼き上げたら、出来上がりです。

お肉たっぷりの惣菜パン【パテ・ロラン】

フランス家庭料理である「パテ・ロラン」は、フランスのロレーヌ風の美味しいパテになります。ロレーヌ地方の有名料理キッシュ・ロレーヌと似ている家庭料理のパテ・ロランは、フランスの菓子店で販売されていることが多いです。

素材も外観もシンプルなパテ・ロランは、前菜としていただいたり、おやつ感覚でいただくのもおすすめです。お肉を使用したパイのような家庭料理になります。

パテ・ロランの簡単美味しいレシピ

フランス家庭料理である「パテ・ロラン」を簡単につくるためのレシピは、まず、賽の目切りにカットした牛肉と豚肉をワインとハーブで一晩マリネするところからはじまります。

ハーブには、パセリ、シャロット、タイム・ベイリーフなどを使用します。そのマリネした具材を、パイ生地で包み、葉脈の切り込みを入れて焼きあげたら、パテ・ロランが完成します。チーズをプラスしたレシピもあります。

フランスのラングドック地方の家庭料理2選

フランスの「ラングドック地方」には、さまざまな美味しい家庭料理が勢ぞろいしています。フランスのラングドック地方は、中世から続く由緒正しい学園都市の「モンペリエ」があるエリアになります。フランスのラングドック地方は、地中海に面しているのが特徴で、比較的穏やかな気候なのが特徴です。

フランスのラングドック地方の家庭料理は、白いんげん豆をたっぷり使用している家庭料理が多いです。煮込み料理など、定番の家庭料理がたくさんあります。

白インゲン豆と肉の煮込み【カスレ】

フランス家庭料理である「カスレ」は、フランス南西部の美味しい豆料理で、深い土鍋を使用した美味しい鍋料理になります。

白いんげん豆のほかに、豚肉のソーセージ、羊肉、がちょう肉、アヒル肉などを使用しており、カソールとよばれる、深い土鍋を使用します。シチューのような感覚でいただくことができる、美味しい家庭料理になります。カスレは、地方により様々なバリエーションがあります。

カスレの簡単美味しいレシピ

フランス家庭料理である「カスレ」の簡単レシピは、鍋にオリーブオイルを熱し、にんにくを炒め、香りがでたら、白いんげんやたまねぎ、セロリなどの野菜類を入れて炒めます。

その後、鶏もも肉と豚ばら肉も加えて炒めます。白ワインを入れて中火でアルコールを飛ばします。その後、水、コンソメ、トマトピューレ、パン粉を加え、30分ほど煮ます。塩、コショウで味を整え、180度のオーブンで15分ほど焦げ目をつけたら完成です。

フランス人が大好きな料理の1つ【タラのブランダード】

フランス家庭料理である「タラのブランダード」は、タラを使用したフランスの美味しい魚の家庭料理になります。タラのブランダードは、たらをペースト状にした家庭料理で、じゃがいもと一緒に牛乳で煮込んでいただく料理です。

牛乳と一緒に煮込んでいるので、魚のにおいもなくなめらかな仕上がりを楽しむことができます。そのまま食べるのはモチロン、バケットなどに塗っていただくのもおすすめです。

鱈のブランダードの簡単美味しいレシピ

フランス家庭料理である「タラのブランダード」の簡単レシピは、鍋に一口大にカットしたじゃがいも、牛乳をいれて、中火でやわらかく煮込むところからはじまります。

塩たらは、骨や皮をとったものを使用し、中火で3分ほど煮ます。これをフードプロセッサーにかけ、塩、コショウ、オリーブオイルで味をととのえます。これを器に盛りつけて、バケットを添えたら、タラのブランダードが完成します。

フランスのブルターニュ地方の家庭料理2選

フランスの「ブルターニュ地方」には、さまざまな美味しい家庭料理が勢ぞろいしています。フランスのブルターニュ地方は、フランスの北西の端にあるエリアになります。そんなフランスのブルターニュ地方は、牡蠣の養殖がとても盛んに行われているエリアになります。

また、微発泡の低アルコールリンゴ酒である定番の「シードル」も、フランスのブルターニュ地方の名物になります。また、シードルと一緒にいただくのが定番のそば粉を使用した「ガレット」も、フランスのブルターニュ地方の家庭料理です。

定番の漁師料理【ムール・マリニエール】

フランス家庭料理である「ムール・マリニエール」は、漁師風という意味をもつ、ブルターニュ地方の漁師料理として愛されている家庭料理になります。

ムール・マリニエールは、フランスでは、鍋に山盛りのムール・マリニエール、フライドポテトが添えられ出てくるのが定番になっています。フランスでは、ひとり1ポットで注文するのが普通で、ワイン片手にゆっくりいただくのが一般的になっています。

ムール・マリニエールの簡単美味しいレシピ

フランス家庭料理である「ムール・マリニエール」の簡単レシピは、まずは、みじんぎりにカットした、タマネギとニンニクをオリーブオイルで炒めます。

そこに、ムール貝とワインを入れて、蓋をして3分くらい蒸し焼きにします。貝の口が開いたら、バターをいれてざっくりと混ぜ、パセリを散したら、「ムール・マリニエール」が出来上がります。旨味がぎゅっと詰まった出汁とバケットを一緒にいただくのがおすすめ。

そば粉から生まれた【ガレット】

フランス家庭料理である「ガレット」は、フランス北西部のブルターニュ地方発祥のそば粉そ使用してつくられるクレープのような料理になります。

薄い円形に伸ばして正方形に折りたたんだ独特な生地に、さまざまな具材をトッピングしていただきます。チーズ、野菜、生ハム、たまごなどがよく使用されます。中央にエメンタールチーズ、生ハム、卵をトッピングしたガレットを「ガレット・コンプレット」といいます。

ガレットの簡単美味しいレシピ

フランス家庭料理である「ガレット」は、そば粉、水、たまご、塩でガレットの生地をつくります。熱したフライパンで生地を焼き、中央に卵を割りいれ、まわりに具材をのせます。

皮の縁が固くなってきたら、皮を内側におりたたみます。仕上げには、塩、コショウ、オリーブオイル、ハーブなどを使用して盛りつけたら、ガレットが完成します。いろいろな具材をトッピングして美味しいガレットをつくることができます。

フランスのオートサヴォワ地方の家庭料理2選

フランスの「オートサヴォワ地方」には、美味しい家庭料理が勢ぞろいしています。フランスのオートサヴォワ地方は、アルプス山脈がある特徴ある地形になっているのが特徴です。

アルブ、タランテーズとモリエンヌ渓谷という3つの大きな渓谷にわかれており、カワカマス、イワナ、パーチなど豊富な魚をとれことができます。フランスのオートサヴォワ地方の家庭料理の定番には、さまざまな「チーズ」を使用していることが多く、塩漬け料理も多いです。

冬の定番家庭料理【タルティフレット】

フランス家庭料理である「タルティフレット」は、じゃがいもやチーズをたっぷりと使用したグラタンのようなフランス家庭料理になります。

アルプスの山で放牧された牛の良質なミルクを使用したタルティフレットを、フランスではいただくことができます。たっぷりのチーズを使用したタルティフレットは、チーズ好きにはたまりません。タルティフレットは、冬に食べたくなる、フランスの家庭料理です。

タルティフレッの簡単美味しいレシピ

フランス家庭料理である「タルティフレット」の簡単レシピは、じゃがいもを厚めのスライス、たまねぎを薄めのスライス、ベーコンを短冊切り、チーズを薄めにスライスするところからはじまります。

オリーブオイルでたまねぎとベーコンをいため、ジャガイモは電子レンジで加熱します。じゃがいもを2分加熱したら、そこに、たまねぎ、ベーコン、生クリームをいれ、最後にチーズを並べて、200度のオーブンで20分焼いたら完成になります。

フランスのパーティー料理【ラクレット】

フランス家庭料理である「ラクレット」は、こだわりの美味しいチーズを使用した、チーズ好きにはたまらない美味しい料理になります。

ラクレットは、チーズの断面を直火で温めて、とけたところを、ナイフなどで削いで、食材にかけていただきます。じゃがいもや、パンなどにチーズをかけていただくのが定番になっています。

ラクレットの簡単美味しいレシピ

フランス家庭料理である「ラクレット」の簡単レシピは、じゃがいもやにんじんなどお好みの野菜を、焼いたりゆでたりして調理しておくところからはじまります。

ラクレットを耐熱皿に入れて、オーブントースターまたは電子レンジでしっかりと過熱し、とろとろに溶かしておきます。とろけたチーズを、野菜にかけ、黒コショウで味付けして美味しくいただきます。

イル・ド・フランスの家庭料理2選

フランスの「イル・ド・フランス」は、フランス中北部にあるエリアになります。フランスの「イル・ド・フランス」は、パリを中心とした、その周囲をとりまく7県からなる地方になります。フランス全人口の19パーセントをしめているフランスの「イル・ド・フランス」は、フランス発展の中心になっています。

フランスの「イル・ド・フランス」には、さまざまな美味しい家庭料理が勢ぞろいしており、フランスパリの定番メニューである「オニオングラタンスープ」などがあります。

パリの定番メニュー【オニオングラタンスープ】

フランス家庭料理である「オニオングラタンスープ」は、たまねぎを主な食材としたスープになります。

フランスの家庭料理のオニオングラタンスープは、かりっとトーストしたフランスパンの輪切りをスープにいれて、おろしたチーズをふりかけるのが特徴になっています。フランスでは二日酔いに効くと言われている美味しいスープです。

オニオングラタンスープの簡単美味しいレシピ

フランス家庭料理である「オニオングラタンスープ」の簡単レシピは、まず、たまねぎやバターを、きつね色になるまでじっくりと炒めます。

かりっとトーストしたフランスパンの輪切りをスープ皿にいれており、そこにブイヨンで煮込んだスープを注ぎます。最後に、おろしたエメンタールチーズや、パルメザンチーズをふりかけたら出来上がりです。

グリーンピースのスープ【ポタージュ・サンジェルマン】

フランス家庭料理である「ポタージュ・サンジェルマン」は、グリンピースを使用した彩豊かなスープになります。

美しいエメラルドグリーンをしたスープは、飲んでしまうのがもったいないくらいの美しさです。グリンピース本来の味わいが口いっぱいに広がるポタージュスープ。温かくても、冷たくても美味しくいただくことができます。

ポタージュ・サンジェルマンの簡単美味しいレシピ

フランス家庭料理である「ポタージュ・サンジェルマン」の簡単レシピは、うすいえんどう豆をお湯でゆがき、冷水で冷やしざるにあげます。

鍋にバターを溶かし、しんなりするまでたまねぎをいため、細く切ったベーコンとエマンセしたサラダ菜を炒めます。ここに先ほどの豆を加え、ミキサーにかけます。鍋に戻しブイヨンをプラスし、塩こしょう生クリームで味を整えたら出来上がり。

Originalフランスの食べ物を現地で堪能しよう!有名な本格派の代表料理を一挙紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
フランスといえば美食の国と言われているほど、美味しい食べ物や名物料理がたくさんあります。フラ...

フランスの絶品家庭料理を味わおう!

フランスには、こんなにたくさんのおすすめの美味しい家庭料理が勢ぞろいしています。フランスの美味しい家庭料理には、日本でも当たり前に食べられている定番のフランス家庭料理から、日本ではあまり知られていないフランスの家庭料理まで、いろいろな美味しい家庭料理があります。是非、フランスの美味しい家庭料理を楽しんでみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
erierieri1

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

フランスの新着のまとめ