地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

神魂神社は島根屈指のパワースポット!ご利益やお守りをまとめて紹介!

神話の国島根には、日本最古の神社と言われる「神魂神社」(かもすじんじゃ)があります。島根屈指のパワースポットとの呼び声も高い「神魂神社」では、どんな御朱印やお守りをゲットできるのか?洞窟情報やアクセスも含めて詳しくご紹介いたします!

島根の神魂神社は大人気のパワースポット!見出し

Photo by jmettraux

島根県松山市にある「神魂神社」(かもすじんじゃ)は、国宝にも指定された日本最古の木造社殿のある神社です。境内にはパワースポットという噂の洞窟や清々しい空気の漂う参道など、御朱印ガールのハートを鷲掴みにする素敵な空間が広がっています。今回は入手困難という噂のお守りやちょっと難しいアクセス方法についても詳しくお伝えします。

島根の神魂神社ってどんなところ?見出し

日本最古の大社作りの神社として、国宝にも指定されている「神魂神社」は、島根を代表するパワースポット出雲大社の原型とも言われる由緒正しい神社です。長い石段を登りきった先には、1300年代に建築されたという木造の社殿が構えられており、境内には厳かな雰囲気が漂っています。神魂神社は、少しアクセスが不便な所にあるパワースポットです。

神魂神社は、出雲国造の大祖といわれる天穂日命(アメノホヒノミコト)が、天からこの地に降臨し、出雲の国の守護神としてこの神社を創建したことにより始まると言われています。出雲国造として、第25代まで天穂日命の子孫が神社を守り、国造大社が移転した後も、「神火相続式」や「古伝新嘗祭」などの神事のために、この神社に参向したと伝えられています。

史実によれば、島根の神魂神社に天穂日命が降臨された際には、鉄でできたお釜を使ったと言われており、神社の社殿には、その時に使われたと伝承のあるお釜が奉納されています。参拝者も比較的少なく、静かに佇む神社は地元島根の方に親しまれている神社で、緑豊かな境内は心が洗われるヒーリングスポットとして、若い女性たちにも人気を集めているようです。

島根県松江市を観光!人気のスポットランキング11選をご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
島根県松江市を観光!人気のスポットランキング11選をご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
島根県松江市は、江戸初期から現存する天守を持つ松江城とその城下町で有名な名所ですが、島根県松江市には他にも日本神話にちなむ数々のスポットで人気の観光地です。縁結びの神様や夕日の名所など、ロマンチックな観光スポットもあり、女性にも人気があります。

島根の神魂神社には洞窟のパワースポットが?見出し

神魂神社について調べていくと「洞窟」というキーワードにぶつかる方が多いと思います。神魂神社には、本殿の横に小さな洞穴のような洞窟があります。パワースポットではないかと言われている洞窟だそうですが、本当にご利益がある場所なのでしょうか?実は、この洞窟は、かつて防空壕として使われていた穴だそうで、現在は、進入禁止となっているそうです。

苔むした岩と、奥が見えない暗い洞窟は、いかにも何かが秘められていそうなパワースポットのように見えるそうですが、神社の神職さんのお話では、洞窟には特別な力もなく、神社で何か神事などに使われているというわけでもなさそうです。洞窟のパワースポット説は、噂に過ぎなかったようですが、興味のある方は、神魂神社へ行かれた際に探してみて下さい。

島根の神社パワースポット巡り!縁結びや御朱印も一挙ご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
島根の神社パワースポット巡り!縁結びや御朱印も一挙ご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
今回は島根のパワースポット神社をご紹介します。島根は縁結びの神社として有名な出雲大社がありますが、その他にもパワースポット巡りとして最適な神社がいくつもあります。また観光巡りもおすすめなので島根を訪れた際はぜひ一度立ち寄ってみて下さい。

神魂神社参拝前に知っておきたい日本神話見出し

Photo by peachykeen103

島根には、日本神話の舞台となった神々が登場する観光スポットがたくさんありますが、神魂神社に祀られているのは、創造神「伊邪那美命」(イザナミノミコト)です。日本の国土と様々な神を生んだと言われるイザナミノミコトは、最後に火の神を生んで亡くなったと言われています。古事記をひも解くと、日本創世の物語がよく分かるのでおすすめです。

神魂神社は、今でも神在月には、八百神の神々がこの地に集まると言われている大変格式の高い神社で、出雲大社の25代目までの宮司は、神魂神社の宮司も務めておられたそうで、島根出雲大社の前身とも言われています。ついでながら、お守りにも刺繍されている神魂神社のご神紋は亀甲紋の中に漢字の「有」が書かれています。これは神有月を表す紋のようです。

島根の神魂神社へのアクセス方法1:松山市まで見出し

ここからは、神威神社へのアクセス方法をご紹介致します。まずは、島根県松江市までのアクセスについてです。関東近県から島根県松江市へアクセスする場合は、島根県出雲市の出雲縁結び空港か、鳥取県米子市の米子鬼太郎空港のどちらかの空港を経由して行くことができます。東京から島根の出雲縁結び空港までの所要時間は90分で、米子空港までは約80分です。

続いて島根県の出雲縁結び空港から松江市までのアクセスですが、R松江駅までの所要時間は、鉄道で約30分、運賃は大人片道1030円となっています。松江市内の最寄り駅は、この他にも松江しんじ湖温泉駅があります。米子鬼太郎空港から松江市へのアクセスは、同じくJR松山駅までの所要時間が45分、運賃は大人片道990円となっています。

関西方面から車でアクセスする場合は、京都・大阪方面から中国自動車道に乗って、落合ジャンクションを経由、そこから米子自動車道と山陰道を経由して島根県松江市へアクセスすることができます。九州方面からアクセスする場合は、福岡から中国自動車道の三次東インターチェンジを経由し、松江自動車道から山陰道に入って松江に到着です。

島根の神魂神社へのアクセス方法2:神魂神社まで見出し

続いては、島根県松江市内から神魂神社までのアクセスについてご紹介します。まず、公共交通機関でのアクセス方法からです。JR松江駅から神魂神社までは、松江市営バスが運行しており「かんべの里行」路線に乗車して、終点にて下車します。神魂神社までは、バス停から徒歩3分となっています。神魂神社の一の鳥居からかなり歩きますのでご注意下さい。

島根県で運行している民間バス「一畑バス」をご利用の場合は、「八雲行」路線に乗車して約18分ほどとなります。最寄りバス停は「風土記の丘入口」で、ここから神魂神社までは徒歩10分ほどでアクセス可能です。この他、JR松江駅からタクシーを利用してアクセスする場合は、所要時間が約15分となっています。駐車場無料ですので、車でのアクセスもOKです。

住所:島根県松江市大庭町563
電話番号:0852-21-6379

島根の神魂神社ではどんなご利益を得られる?見出し

神社を参拝したときに、一番気になるのはどんなご利益を得られるかということだと思いますが、神魂神社は、縁結び、安産、子宝にご利益があると言われています。イザナミの神が浮橋に乗ったという伝説から海運にもご利益があると言われています。また、イザナミは火の神を生んで亡くなりましたが、鍛冶、製鉄にもご利益がある神と言われています。

様々なご利益が期待できる神魂神社ですが、参拝される方は、主に縁結びや子宝祈願をされている方(妊活されている方)などが多いようで、夫婦円満のご利益に授かりたい方におすすめのパワースポットとして密かに人気を集めているようです。また、神魂神社は、熊野大社や八重垣神社などともゆかりが深い神社ですので、合わせて参拝すると良いでしょう。

島根の神魂神社は小泉八雲ゆかりの地見出し

Photo by Kainoki Kaede

島根県松江市で暮らした偉人と言えば日本民俗学の研究者として知られる「小泉八雲」が有名ですが、神魂神社にも、小泉八雲が参拝した記録が残されています。島根県松江市には、本名ラフカディオハーンが暮らした旧邸宅の他、小泉八雲記念館など、彼の研究と功績を讃える観光スポットがたくさんあります。神魂神社と合わせて回ってみるのもおすすめです。

島根の神魂神社の御朱印はどんな感じ?見出し

神社に参拝した証として江戸時代頃から集める人が出てきたと言われる御朱印。最近では、パワースポットを巡りながら御朱印を集める御朱印ガールの登場でメジャーな開運アイテムとしてすっかりお馴染みとなっています。島根の神魂神社でも、写真のような御朱印を授与していただくことができます。シンプルですっきりとした文字の御朱印です。

御朱印は、本来参拝された方のみに授与されるもので、亡くなった時に、棺の中に一緒に入れるのが習わしとされています。最近では、御朱印帳を家族に預けて、参拝していないのに御朱印をもらう方などもいらっしゃるようで、神社の神職の方から、あまり良い待遇を受けない場合もあるようです。マナーを守って、気持ちよく御朱印をいただきたいものです。

島根の神魂神社ではお守りを授与できる?見出し

続いては、島根神魂神社のお守りについてご紹介致します。ご利益のあるパワーアイテムとして人気のお守りですが、神魂神社のお守りは、入手困難という噂があります!と申しますのも、島根神魂神社の社務所は、営業時間が決まっておらず、窓口が開いていないこともしばしば。先ほどの御朱印もそうですが、お守りも、社務所が開いてなければ授与できません。

幻のお守りとまで言われている島根神魂神社のお守りは、亀甲紋に「有」の神紋が記されており、色は、薄いブルーや赤など、何色かパターンがあるようです。お守り一体の初穂料は500円前後からとなっており、家内安全や交通安全などのお守りなどもあるようです。お守りがいただけるかどうかは、まさに神頼み!ゲットできればかなりご利益がありそうです!

島根の神魂神社を参拝するのはいつがおすすめ?見出し

洞窟伝説や入手困難なお守りなど、様々な噂のある神魂神社。参拝するのに、おすすめの季節は、ズバリ秋です!特に神有月と言われる旧暦10月は、島根のあちこちで様々な神事が開催されます。2018年の神有月は11月17日から11月24日までです。緑に囲まれた神魂神社は、紅葉が素晴らしいので、秋に参拝すれば紅葉も合わせてお楽しみいただけます。

神威神社ゆかりのパワースポット1:熊野大社見出し

ここからは、神魂神社とゆかりの深い島根のパワースポットをご紹介致します。まず、最初にご紹介するのは、同じく島根県松江市にある「出雲熊野大社」。ヤマタノオロチ退治で有名な須佐之男命(スサノヲノミコト)を祀った神社で、神魂神社と合わせて参拝する方の多いパワースポットの1つです。熊野大社は「日本火出初之社」と言う別名もあります。

出雲熊野大社では、スサノヲノミコトが、この地で初めて「火」を生み出したという伝説に基づいて、「火」の文字が書かれた御朱印をいただくことができるようです。御朱印やお守りの授与は、社務所にて受け付けています。熊野大社では、10月に火をおこす神事「鑽火祭」も執り行われるそうで、ご利益を得られる行事として地元の方々の信仰を集めています。

熊野神社では、殖産興業、招福縁結、厄除にご利益があるとされており、一年を通して様々な方が参拝に訪れる神社です。熊野神社へのアクセス方法は、島根の一畑バスをご利用の場合は、八雲線に乗車して「八雲車庫」にて下車、その後、八雲コミュニティバスの熊野線に乗り換えて、「熊野大社」バス停にて下車してください。バス停からはすぐそこです。

神威神社ゆかりのパワースポット2:八重垣神社見出し

続いてご紹介する神魂神社周辺のパワースポットは「八重垣神社」。こちらも島根県松江市にある神社で、素盞鳴尊(すさのおのみこと)とヤマタノオロチを退治したあとに、スサノオノミコトが結婚した稲田姫命(いなたひめのみこと)を祀っています。夫婦が祀られているこちらの神社は、縁結び、夫婦和合、授児安産にご利益のある神社として人気を集めています。

恋愛成就のパワースポットとしても人気を集めている「八重垣神社」では、境内にある「鏡の池」で占いをすることもできます。境内で配布されている薄い紙に、お金を載せて鏡の池に浮かべ、15分以内に沈めば「良縁近し」、30分以上かかると「縁遅し」と言われています。近くで沈めば近くの方と、遠くで沈めば遠くの方っご縁があると言われています。

八重垣神社では、夫婦円満にご利益のあるお守りが人気で、こちらの神社で神前式を挙げる方も多いようです。また、境内には、日本の椿が合わさってできた「夫婦椿」という御神木もあり、パワースポットとして参拝する方も多いようです。八重垣神社へのアクセスは、JR松江駅よりバスのご利用が便利です。最寄りバス停は、「八重垣神社」でバス停からすぐそこです。

島根・八重垣神社は鏡の池の占いで有名!縁結びの人気パワースポットへ行こう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
島根・八重垣神社は鏡の池の占いで有名!縁結びの人気パワースポットへ行こう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
島根県にある「八重垣神社」は、縁結びのパワースポットとして今もっとも注目を集めている神社です。人気の理由は「鏡の池」で行うユニークな占いにあります。日本神話の神様が結婚生活を始めた場所と言われる「八重垣神社」の伝説と占いの秘密に迫ります。

神威神社ゆかりのパワースポット3:出雲大社見出し

最後にご紹介する神魂神社ゆかりのパワースポットは、島根県最強のパワースポット「出雲大社」です。出雲大社の社殿は、神魂神社の社殿を倍率して作られたという言い伝えもあり、また、第25代目まで、同じ宮司さんが務められていたということもあって、非常に縁の深い神社の一つです。出雲縁結び空港を経由する方が必ず参拝する人気の神社です。

キング・オブ・縁結びとも言われる出雲大社で人気のお守りと言えば、やっぱり恋愛成就のお守りです!また、出雲大社本殿の裏にある「素鵞社」(そがのやしろ)には、島根で大人気の神様スサノオノミコトが祀られており、隠れたパワースポットとして話題になっています。JR出雲駅からはバスでのアクセスが便利です。正門前で下車して参拝してください。

出雲大社の参拝方法まとめ!神社での服装や所要時間などを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
出雲大社の参拝方法まとめ!神社での服装や所要時間などを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
縁結びの神様として全国から参拝者が訪れる出雲大社。しかしながら、参拝方法・作法が間違っていると十分に縁結びの御利益を授かることはできません。そこで、服装・参拝の順番など含め、出雲大社をお参りする際に最低限守るべき参拝方法について、所要時間含めまとめてみました!

島根の神魂神社でご利益を得よう!見出し

Photo by Kentaro Ohno

島根県松江市にある「神魂神社」をご紹介しました。パワースポットと噂のある洞窟や、入手困難なお守りなど、気になる情報満載の神魂神社。出雲大社の前身とも言われる由緒正しい社殿には、かつて彩色されていた痕跡なども残されており、国宝として大変貴重な建物となっています。涼やかな風の香るパワースポットを訪れる癒しの旅に出かけてみませんか?

投稿日: 2018年7月4日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote