地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

山の水族館はユニークな展示方法で人気!料金やアクセスは?

山の水族館はユニークな展示方法が話題の人気の水族館です。北海道の北見市にある山の水族館は周辺の施設も魅力いっぱい。料金やアクセスなど詳しい情報をたっぷりとご紹介します。ぜひ夏休みや冬休みの家族での思い出に出かけてみてはいかがでしょう。

なんか気になる山の水族館見出し

Photo by harum.koh

北海道北見市にある山の水族館はその名前の通り海に面していない山の中にある水族館。施設にお金をかけずに展示に工夫を凝らしてお金をかけたユニークな施設は随所に思わず立ち止まってしまうポイントがいっぱい。決して派手さはないけれど子供たちの心に深く刻まれる料金もお手頃な山の水族館についてたっぷりとご紹介していきます。

山の水族館って?見出し

2012年にリニューアルオープンされた北見のちょっとアクセス不便な山の水族館。北見盆地の山の中にある小さな水族館が、リニューアルに伴い様々な工夫を施し、日本一と世界一のある北の大地の水族館へと生まれ変わりました。幻のイトウをはじめ極寒の地で生きる魚の様子やここでしか見られない展示方法は日本全国のマニアの心を捉えています。

山の水族館のプロデュースは中村元見出し

アクセス不便な北見の山の水族館のプロデュースをしたのは池袋のサンシャイン水族館や新榎島水族館などを手掛けた水族館業界では有名な中村元さん。ほとんどボランティアのような状態で引き受けたというプロデュースの仕事は中村さんの思いがぎっしり詰まっているのかもしれません。

山の水族館の魅力1「日本一と世界一」見出し

北見の山の水族館には幻の淡水魚といわれるイトウが40匹も飼育展示されています。その大きさも1m級。この大きさと数は日本では最多。更に冬になると凍った川の中を泳ぐ魚たちの様子を間近で見ることができる展示も!これはなんと世界には類を見ない展示なのだとか。これは魚好きなら一度は見てみたくなります。

山の水族館の魅力2「自然を生かした展示」見出し

北見の山の水族館の魅力の2つ目は自然を生かした環境での展示。本来魚たちが普段どんなにたくましく生きているかが手に取ってわかるような展示はとにかく大迫力。魚たちが生き生きと生活しているのでそれを見る子供たちの目は自然と輝きます。想像以上の魚たちの動きは最高に魅力的なのです。

山の水族館の魅力3「大きくダイナミックな魚たち」見出し

北見の山の水族館では近くに沸いている温泉と冷泉をミックスさせた水を飼育用の水槽に利用しています。この水は魚たちがストレスなく成長するためにとても最適で、飼育している魚たちは見ごたえ十分に大きく成長していきます。まるで魔法の用とも言われるこの水のおかげで自然界よりも更にダイナミックな魚たちに会うことができるのです。

山の水族館の魅力4「時代にのったポップ」見出し

北見の山の水族館での魚たちの水槽の前には子供たちの心をつかんで離さない時代にのったポップの存在が。ずらずらと羅列しているポップとは違い思わず食いついて見てしまうポップは魚たちの特長や生態を面白く伝えてくれています。肴の重さや大きさ、出身地や魚の持つ特徴などをまるでポケモンに出てくるキャラクターのように表示しています。

それだけではありません。その魚になり切ったラインのやり取りも面白いポップとして展示されています。マリモとニホンザリガニとウチダザリガニの会話を見ているだけで現在の自然界での彼らの様子がわかるポップは楽しみながら読めるので子供だけでなく大人にもとても人気です。しっかりとオチもついている辺りがまるで4コマ漫画のよう。

山の水族館の魅力5「人間とのかかわり」見出し

北見の山の水族館に展示されている魚たちと人間とのかかわりも担当直入です。きれいでカッコよく展示されている魚たちですが、実際私たちと魚との関係は食べる側と食べられる側。そんな基本的なところもしっかりと抑えているところが夢物語では終わらないところに北海道という大地に暮らす人間の力強さも感じます。

展示されている魚が食べられるかどうか。そしてどんな風に調理したら美味しく食べられるのかということもしっかりと記してあるところが子どもたちの心にもすとんと入っていく要因かもしれません。一見水族館ではタブーになりがちな現実をしっかり表に出しているところが逆に面白く、おすすめのポイントです。

山の水族館の魅力6「周辺施設の充実」見出し

北見の山の水族館は「道の駅おんねゆ」にあり、この道の駅には水族館以外にも木製の遊園地、果夢林の館やハト時計塔、更に農産物の直売所などが充実しています。子供と一緒に訪れても飽きることなく次々と楽しめる人気のスポットが併設されているのも山の水族館の魅力になっています。

山の水族館の話題の展示!見出し

北見の山の水族館では全国的にも有名になるような独自の展示方法を行っています。魚たちが生き生きと動き回る様子を独特の視点で見せてくれると評判で、その魅力はお墨付きです。山の水族館に訪れた時にはぜひ見逃さずに見てほしい話題でおすすめ・人気の展示を一挙ご紹介していきます。

山の水族館で見逃し注意の展示1「イトウの大水槽」見出し

イトウの大水槽は1m級のイトウが群れを成して泳ぐ姿が壮観です。更にいただきますライブでは生きたニジマスが給餌されるなど大迫力のシーンを見ることができるのも醍醐味。北海道では鹿を飲みこむといわれるほどのイトウが、すごいスピードでニジマスを追う姿などは必見です。人気のイトウの大水槽は山の水族館の目玉展示のひとつ。

山の水族館で見逃し注意の展示2「滝つぼ水槽」見出し

自然界の滝つぼを再現した水槽は上からすごい勢いで落ちてくる滝つぼを下から眺めることができるという展示で、日本初。餌を求めてやってくるオショロコマが滝の激流に負けずと必死に泳ぐ逞しい姿を見ることができます。どこか幻想的でもある下からの眺めは大人も子供も思わず引き込まれてしまいます。ぜひおすすめです。

山の水族館で見逃し注意の展示3「四季の水槽」見出し

四季の水槽はガラス張りの窓から外で泳ぐ魚たちを見ることができる水槽で世界初の展示といわれています。夏は日差しが照り付ける川を、そして冬には雪が積もり表面が氷で覆われた川の中を泳ぐ魚たち。季節の移り変わりとともに変化している魚たちの様子をじっくりと観察できるのはとても面白いものです。北の大地の逞しさを実感できるスポット。

この水槽では数種類の魚を季節ごとに入れ替えるというユニークな展示方法をとっていて、1年の中で魚たちが最も美しい色になるタイミングで魚を見ることができます。例えば普段は地味なグレイをしたウグイも春の産卵時期にはアカハラと呼ばれオレンジ色の線が入ったり、夏には渓流の王様、ヤマメにもピンク色の線が入ります。

更に産卵直前のサケのオスも鼻が曲がり独特の顔つきになってブナ色という婚姻色に染まります。北海道ではおなじみのそんな魚たちの四季折々の様子を間近で見ることができるのが四季の水槽です。一度だけでなく、何度行っても楽しめるような工夫がされているのはとても魅力的です。

山の水族館で見逃し注意の展示4「川魚のジャンプ水槽」見出し

北見の山の水族館では川魚のジャンプも楽しめます。川の水位が低くなると上流にジャンプする魚の習性を利用してわずかな川の変化を感じて移動する魚たちの様子も観ることができます。タイミングが良ければ次々とジャンプして上流へ向かおうとする健気な魚たちの様子を目撃することができます。

山の水族館で見逃し注意の展示5「ドクターフィッシュコーナー」見出し

北見の山の水族館のふれあいタッチコーナーでは古い角質を食べるドクターフィッシュの水槽の中に手を入れることができます。ドクターフィッシュにパクパクとされる独特の感覚を体感することができるので子供たちにも大人気。ちょっとくすぐったい感覚が癖になるおすすめのスポットです。もちろん大人も手を入れることができます。

山の水族館で見逃し注意の展示6「万華鏡の金魚」見出し

北見の山の水族館の金魚は万華鏡型の水槽の中で飼育されています。上から見ると美しくなるように品種改良された金魚たちは万華鏡を通してみると更にきれい。その独自の発想に心がワクワクするのは子供だけではないようです。ぜひ大人も一緒に楽しんで水槽を除いてみてください。

山の水族館で見逃し注意の展示7「世界の熱帯淡水魚」見出し

北見の山の水族館にはアマゾンで育った魚や東南アジアの淡水で育った魚、更にはアフリカナイル川やヴィクトリア湖の魚たちが展示されています。日本の魚たちとの違いやその地域での役割など普段は馴染みの少ない世界の淡水魚たちのことを知れる貴重な展示は大人も必見です。

山の水族館の詳細見出し

山の水族館の営業時間は4月から10月までが8時半から17時まで。11月から3月は9時から16時半までで休館日は4月8日から4月14日までと12月26日から1月1日までです。入館料金は一般が670円、中学生が440円、小学生が300円で年間パスポートは一般料金が1000円、中学生660円、小学生450円とかなりお得。一年に2回以上行く人にはぜひおすすめ。

更に20名以上から利用できる団体割引などもあります。交通アクセスはJR留辺蘂駅から未知の駅おんねゆ行きのバスで20分、終点下車後徒歩2分ほど。車でのアクセスは旭川市街から国道39号線で約2時間半ほど。無料の駐車場があるので車でのアクセスもおすすめです。ブログやTwitterなどで山の水族館の近況を知ることができるのでこちらもぜひおすすめ。

住所:北海道北見市留辺蘂町松山1-4
電話番号:0157-45-3373

木のぬくもりあふれる果夢林の館見出し

山の水族館に隣接する果夢林の館は木の砂場や木製釣り堀など子供たちが夢中になって遊ぶ木のおもちゃがいっぱい展示されています。子供たちにとっては安全で大人にとってはほっとする安心な遊具の中で親子で楽しめる空間になっていて大人も思わず童心にかえって木と戯れることができ人気です。

隣接している果夢林ショップでは木工製品の販売も行っており、更にクラフト体験工房では専任の指導員が常駐する中、初心者でも安心して木工製品を作ることができます。子供たちや孫へのプレゼントへ手作りの木のおもちゃを作ってみてはいかがでしょう。旅の思い出にもなります。

世界に誇るハト時計見出し

道の駅おんねゆにはシンボルタワーにもなっているからくり人形と世界最大級のハト時計が展示されています。高さ20mにも及ぶハト時計の先端には平和を象徴する鐘が設置されていて時を刻むごとにタワー内からからくり人形が飛び出してきます。メルヘンなメロディーとともに出てくる人形に子供たちは大喜びです。

時計の大きさは2.2m、時計塔は19.8m程あります。飛び出すハトも2mと大きく、時間になると見ごたえ十分です。青空の中のハト時計は夜になると外の日いありや街灯が明るく塔を照らし、また一味違った雰囲気を醸し出します。冬はイルミネーションで素敵にライトアップされ、マイナス20度という極寒の澄んだ空気の中でロマンティックな夜を体験できます。

道の駅おんねゆの農産物も!見出し

道の駅おんねゆでは地元の農産物を破格の値段で販売しています。特に北見名産の玉ねぎは大きなネット販売されていて車で来た人にはぜひとも買って帰ってほしいお得な商品!北見地方の玉ねぎは水分量が少なく貯蔵性が良いことで知られています。じっくりと炒めて作るあめ色玉ねぎなどには最適で、カレーにはぜひともおすすめ。

Photo by yto

他にも無農薬の野菜や市場にでは扱われないちょっと形の崩れたはねもの野菜などもリーズナブルに販売されているので主婦としては一度は覗いておきたいスポット。思いがけない農産物に出会える楽しみもあるので子供たちが木のぬくもりに触れている間にぜひ足をのばしてみてはいかがでしょう。

おんねゆ温泉で芯まで温まろう見出し

山の水族館のあるおんねゆ温泉地区にはたくさんの温泉施設があります。宿泊はもちろんですが日帰り入浴ができる温泉もあるのでぜひ山の水族館を楽しんだ後には温かい温泉でゆっくりと温まってみてください。日帰り入浴ができるおすすめの温泉をいくつかご紹介します。山の水族館からのアクセスも便利で料金もお手頃です。

豊富な湯量が魅力の大江本家

ホテル大江本家は充実の日帰り温泉プランのあるおすすめの温泉。部屋には8時間滞在することが出来、入浴と夕食がセットの料金は大人5940円、子供は2980円。ゆっくりできるプランでとても人気です。入浴とバイキング料理を楽しめるリーズナブルな料金で楽しめるプランや昼食とセットになったプランもおすすめです。

温泉は自然石を使った湯量たっぷりの露天風呂が魅力です。四季折々の北海道の大自然を眺めながらのお風呂は最高。広々とした大浴場はとてもきれいで泉質の良さは日本屈指と言われています。湧き出たばかりの温泉はアンチエイジングの効果も期待できるといわれています。

利用時間は13時から20時まででタオルの貸し出しも200円という料金で行っています。日帰りの入浴料金は大人800円、小人400円で3歳未満は無料です。アクセスは札幌からJR石北線留辺蘂駅からバスで20分ほど。東京からは女満別空港から車で75kmほどで1時間半かかります。

美白の湯宿 大江本家

住所:
北海道北見市留辺蘂町温根湯温泉466-1
アクセス:
車/道央自動車道と直結~上川層雲峡IC~国道39号線で北見方面へ約80km、1時間30分 車以外/JR石北線留辺蘂(るべしべ)駅よりバスで20分
料金の目安:
4,950円〜
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

多彩な浴槽が魅力の「四季平安の館」

美人の湯としても知られる温人気の根湯温泉。幻のキノコといわれるカバノアナタケを入れた琥珀色の珍しいお湯や地下1000mから湧出した源泉100%のお湯、更に64万年前にできたという石英岩を使用したミネラル一杯のお風呂などが魅力です。露天風呂は満天の星空を仰ぎながらの解放感たっぷりの入浴を楽しめると評判。男女は時間制で入れ替えになります。

アクセスは札幌から JR石北線留辺蘂(るべしべ)駅よりバスで20分東京から 女満別空港より車で75km、時間にすると90分程です。日帰り入浴の時間は15時から20時までで料金は大人が650円、小人は450円です。タオルの貸し出しは300円という料金で行っており、未就学児は330円で入浴することができます。山の水族館からのアクセスはすぐ。

温根湯ホテル四季平安の館

住所:
北海道北見市留辺蘂町温根湯温泉-492
アクセス:
車以外/JR石北線留辺蘂駅よりバスで約20分  北見駅よりバスで約50分
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供:

リーズナブルな「天然温泉ホテルつつじ荘」

Photo by yto

500円というお手頃な料金で入れるお風呂ならつつじ荘がおすすめです。日帰り入浴の時間は15時から20時までで大人は500円、小人は250円で入ることができます。3歳未満は無料です。山の水族館からのアクセスもすぐなので気軽に立ち寄れます。電車でアクセスする場合はJR石北線留辺蘂駅からはバスで20分ほど。

住所:北海道北見市留辺蘂町温根湯温泉1-2
電話番号:0157-45-3355

山の水族館周辺のおすすめグルメ見出し

Photo by __U___

北見の山の水族館周辺には北海道の美味しい食材を使ったおすすめのグルメスポットが沢山。せっかく北見まで来たらここでしか食べられないグルメを堪能して帰りたいもの。山の水族館をたっぷりと楽しんだ後に気軽にアクセスできるおすすめのグルメスポットをご紹介します。

蕎麦一本で勝負の「手打そばすゞき 」

手打ちそばすゞきはおんねゆ温泉の道の駅からすぐの国道沿いにある本格そばが食べられる人気のお店。地元の人はもちろん、近郊からもこのそばを食べに訪れる人がいるほどの有名なお店です。そば屋さんでありながら店内にはいかしたジャズがかかり、モダンな雰囲気が漂います。石臼で挽いた十割蕎麦がとても評判です。

お店のメニューはそばのみですがボリュームがあるのでせいろだけでも十分お腹いっぱいになります。鴨なんばんなども人気で夏は冷たいそばもおすすめです。鴨せいろの料金は1300円。営業時間は11時半から売り切れまでで定休日は火曜日と第3水曜日。駐車場があるので車でのアクセスがおすすめです。山の水族館からは車で2分ほどの時間で到着です。

住所:北海道北見市留辺蘂町温根湯温泉47
電話番号:0157-45-2338

北見の名物グルメランキングBEST11!お土産にも人気!口コミは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
北見の名物グルメランキングBEST11!お土産にも人気!口コミは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
北海道の北見市は、グルメの中でも特に名物である焼肉のお店が多数存在している街でもあります。そのため北見市は焼き肉の街と称されることも。そんな北海道の北見市の名物グルメを勝手にランキング形式で11位までご紹介します。北見のグルメランキングをぜひお楽しみください。

道の駅おんねゆ温泉にも美味しものが沢山!

道の駅おんねゆ温泉でも軽い軽食をとることができます。ラーメンや天ぷらそば、親子丼やカツ丼などおなじみのメニューがずらりと並び値段もお手頃。生ビールなどのアルコールも置いているので昼間から一杯やりたいお父さんにもおすすめの食堂です。北海道の新鮮な牛乳を使ったソフトクリームは種類も豊富で人気です。白花豆はぜひおすすめ。

住所:北海道北見市留辺蘂町松山1-4
電話番号:0157-45-3373

山の水族館周辺のおすすめ観光スポット見出し

山の水族館のあるおんねゆ温泉道の駅の周辺には北海道ならでは観光スポットがちらほら。時間があればそちらも足をのばしてみるのもおすすめです。子供たちと一緒に楽しめるおすすめの観光スポットをご紹介します。時間をかけてゆっくりと温根湯を楽しむときにはぜひ参考にしてください。

北海道らしい「北きつね牧場」

北海道の野生動物、人気のキタキツネの可愛い姿をたっぷりと楽しめる北きつね牧場は山の水族館から300m程の距離のところにあり、アクセスもとても便利。比較的人間慣れしているキタキツネを周辺をぐるりと回ってみるという施設です。1周は2分ほどで回ることができるのでぜひおすすめ。四季折々の狐の姿を見ることができるのも魅力です。

北海道の人にとってはおなじみのキタキツネも本州から訪れる人にとってはとても癒されると評判。放し飼いの狐たちは思い思いの姿で自由に過ごしています。予防接種をしてペットフードを食べて過ごしているため、野生では危険といわれているエキノコックスの心配もありません。子供たちも安心して遊ぶことができます。

営業は通年で行っていて料金は大人が500円、中学生は400円、小学生が300円です。タイミングが合えばふわふわの毛皮の子ぎつねにも出会うことができます。山の水族館で水の生き物を楽しんだ後は北海道の大地で生きるキタキツネを楽しむのもぜひぜひおすすめです。料金もお手頃が嬉しいポイントで北海道旅行の記念になること間違いありません。

住所:北海道北見市留辺蘂町花岡52-1
電話番号:0157-45-2249

北海道・北見の観光おすすめスポット13選!子供にも人気の場所あり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
北海道・北見の観光おすすめスポット13選!子供にも人気の場所あり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
自然を体験したいという観光地としておすすめなのが北見です。春を迎え咲き誇る花も冬の流氷も、キタキツネなどの野生の動物も、他の土地ではなかなか見る体験ができません。そんな北見を観光するときにおすすめの場所についてまとめてみました。

山の水族館で楽しい時間を!見出し

Photo by jodowakayama

いかがでしたでしょうか。山の水族館は水族館自体はもちろん、その周辺施設も素晴らしい北海道を満喫できるおすすめスポット。木のぬくもりに触れ、美味しいものを食べ、そして魚たちの生態を目の当たりにできる大人も子供も大満足のスポットです。夏休みや冬休みの思い出にぜひ山の水族館に出かけて思い出に残る時間を過ごしてみてください。

投稿日: 2018年8月16日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote