地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

日光そば(蕎麦)屋ご紹介!名水だからこそ美味しい!そば祭りも見逃せない!

栃木県のもっとも北に位置している日光は、そびえる山々から湧き出た名水を使ったそばが名物で、日光そば街道と呼ばれるほど蕎麦屋が多くあります。日光を訪れたら、絶対味わうべき蕎麦店をご紹介いたします!毎年開催される人気のそば祭りもご紹介いたします!

日光名物!名水を使った蕎麦を堪能しよう見出し

Photo by takekazu

世界中から多くの観光客が集まる日光は、日光東照宮での平成の大修理が完了し、創建当時の目の覚めるような鮮やかな陽明門の姿がよみがえったことなどで、現在話題となっています。日光でぜひ味わいたい名物のひとつが、日光の名水を使って打ち上げた蕎麦です。日光で人気の蕎麦店をご紹介いたします。また、全国から蕎麦好きが集まってそばを味わう、蕎麦まつりの情報もご紹介いたします!

日光で名水が湧き出る理由とは見出し

日光は、国内でも有数の名水が湧き出る土地としても知られています。日光を連なる山々の伏流水が湖、川、滝、湖など、豊富な水資源にあふれています。水辺の風景も見どころのひとつです。日光の蕎麦の美味しい理由は、この名水をふんだんに使っているところにあると言えますね!

日光グルメの名物はコレ!おすすめ人気15選!ゆば料理からイタリアンまで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
日光グルメの名物はコレ!おすすめ人気15選!ゆば料理からイタリアンまで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
国内に限らず海外からも人気の観光地、栃木県日光市。歴史的由緒ある名所の多い日光で人気のグルメ15を厳選してご紹介します!日光の名物グルメの定番、ゆば料理・お蕎麦にはじまり、憧れの洋食やお洒落なイタリアンまでラインナップ!早速ご覧ください。

見どころ満載の日光エリア見出し

パワースポットとしても名高い日光二荒山神社、徳川家光が眠る日光輪王寺の二社一寺がユネスコの世界遺産に登録されている日光エリア、そして、明治時代に欧米の外交官が愛したという風景を今も楽しむことができる日光中禅寺湖を中心とした奥日光エリア、温泉が湧き出る鬼怒川エリア、例幣使街道沿いで知られる鹿沼エリアなど、見どころ、そして美味しい名物がたくさんです!

日光の名水を使った行列店:そば処水無湧水庵見出し

Photo by naotakem

日光には多くの蕎麦店がひしめきあっています。その中でも、行列ができるお店として知られているのが「そば処水無湧水庵」です。日光の美味しい湧き水と、地元で収穫されたそば粉を100%使用しているのが特徴です!

そば以外にも、ボリュームたっぷりのかき揚げやそばがきも美味しいと大人気です。お店の周辺は、日光の山々と田園風景が広がり、店の前で飼われているあひるに癒されます!ピーク時は行列ができますので、少しずらしていくのもおすすめです。

住所:日光市水無309 TEL:0288-26-3355

日光で人気の蕎麦店:三たてそば長畑庵見出し

店名の三たてとは「挽きたて・打ち立て・茹でたて」という意味です。メニューは蕎麦しかありませんが、毎日行列が絶えることがない、有名店のひとつです。打ちあがったばかりの麺を、美味しい冷たい水でさらした蕎麦は何度でも堪能したいと思えるものです!量が多いのも特徴ですが、ぺろりと味うことができるのが特徴です!

地元のそば加工組合が共同で運営しているお店ということもあって、そばの品質もお墨付きです。14時から予約も可能ですので、大人数で行かれる際には、予約をしておくのがおすすめです。

住所:日光市長畑635-1 TEL:0288-27-2488

日光エリアの名そば店:たくみ庵見出し

観光客にでにぎわっている日光の二社一寺から、少し奥日光エリアに向かった場所にあるのが、日光田母沢御用邸。この近くにある蕎麦店が、たくみ庵です!蕎麦だけでなく、日光の名産、湯葉を使ったメニュー、アツアツの天ぷらなど、根強い人気を誇ります!

現在の店主は3代目で、隣県の名店で修業をしたというお墨付き!風味豊かな蕎麦は、のど越しが良く、季節ごとに変わるメニューもあって、繰り返し訪れたくなるお店です。そばをつかったデザートも見逃せません!観光の際にはぜひ立ち寄りたいお店です!

住所:日光市匠町7-46 TEL:0288-53-6323

名水を感じられるそば店:そば処 報徳庵見出し

そば処 報徳庵(ほうとくあん)は、日光東照宮に続く杉並木のすぐそばにある古民家をリノベーションした蕎麦店です。夏場でも冷房がなく、開放的で懐かしい雰囲気の昔ながらの広々とした座敷で、ゆっくりと美味しい蕎麦を味わうことができます!

敷地内には水車があり、小川が流れており周囲には田園風景が広がっています。本格的で、素朴な風味の手打ちの美味しい蕎麦を味わうだけでなく、日本の原風景を満喫できます!シーズンには行列ができる人気店のひとつです。

住所:日光市瀬川383-1 TEL:0288-21-4973

日光鬼怒川温泉の人気そば店:大黒家見出し

日光エリアの東側、関東でも有数の温泉地、鬼怒川温泉にある、お蕎麦屋が大黒家です。麺は手打ちで、日光で獲れた蕎麦と、北海道で獲れた蕎麦をブレンドしています。定番ともいえる二八は、コシもあり、美味しい蕎麦の香りを存分に味わうことができます!

店内は落ち着いたたたずまいで、テーブル席と、囲炉裏を囲むような配置のカウンター席もあるので、家族でも、1人でもふらりと入れます!蕎麦を味わうだけでなく、天ぷらや炊き込みご飯も人気メニューです!

奥日光で一息:龍頭之茶屋見出し

Photo by klipsch_soundman

龍頭之茶屋(りゅうずのちゃや)は、奥日光の中でもさらに奥に位置している名瀑、竜頭の滝(りゅうずのたき)に続く遊歩道沿いに佇むお茶屋さんです。江戸時代の武士によって記された日光山志(にっこうさんし)に記述があるという、非常に歴史があるお店です。お店からも竜頭の滝を臨めます!

お蕎麦はメニューのひとつで、日光ならではの湯葉蕎麦、山菜蕎麦があります。奥日光のハイキングでつかれた身体に染み渡る温かさです。他にも、おでんや雑煮など、多彩なメニューを味わうことができます!奥日光での滝巡りの途中にぜひ立ち寄りたい名店です。

日光の山間に佇むそば店:小休止 のうか見出し

小休止(こやすど) のうかは、日光東照宮から山間に向かって車で15分ほどかかる、静かな森に囲まれた隠れ家的な蕎麦店です。一見すると農家を営んでいる民家のようなたたずまいですが、実は知る人ぞ知る名店なのです!

昭和を感じさせるインテリア、広々とした畳の部屋で食べられる手打ちの蕎麦を、名水でしめたもり蕎麦のど越しが抜群です。蕎麦以外にも、日光で獲れた山菜をはじめとする野菜の天ぷら、煮物なども絶品です!名水を使った夏季限定のかき氷も見逃せません。蕎麦はなくなり次第終了ですので、できれば予約をおすすめいたします。

名水をふんだんに使ったそば店:峠の味ところ 大越路 見出し

日光エリアの西側、鹿沼も蕎麦処として人気が高いエリアです。その中でも、交通の便が良くないながら、行列ができる人気店のひとつが、峠の味ところ 大越路(おおこしじ)です。鹿沼の大越路トンネルそばに佇む蕎麦店で、石うすで挽いた、美味しい蕎麦が絶品です!

白を基調としたモダンな店の中からは、山々を臨め、四季の自然を満喫できます。地元の名水を使って打ちあげた蕎麦の香りと、山菜の天ぷらや田楽を存分に味わうことができるます!雰囲気と味、どちらも蕎麦ファンにはたまらないお店です!

住所:鹿沼市下永野1541 TEL:0289-84-0951

秘境のそば店:たろっぺ茶屋見出し

たろっぺ茶屋は、鹿沼の山の中にある、秘境とも呼ばれている場所に位置する有名な蕎麦店です。"たろっぺ"とは、人の名前ではなく、山菜のひとつである、タラの芽を意味する方言とのことです。古民家風のたたずまいと、美味しい田舎蕎麦を味合うために多くの人が訪れる行列店のひとつです!

地元鹿沼のそばと、ボリューム満点のかき揚げ、そして、注文を受けてからお店の中にある池からすくいあげてた料理する川魚料理も目玉です!週末には数百人とも呼ばれる蕎麦ファンが来店します。待つ間もゆっくりと自然と楽しめる、そんなそば店です。

住所:鹿沼市上永野1331 TEL:0289-84-0315

そばファンなら見逃せない!日光そば祭り見出し

県内だけでなく、遠方からもファンが訪れるのが、毎年毎年新そばが出回る11月ごろに開催されている、日光そばまつりです。日光の中心部を流れる大谷川(だいやがわ)の川べりが会場で、例年多くの地元のそば店が出店しており、お店ごとの味を食べ比べをすることができます。

日光そばまつりには、例年10万人以上の来場者が訪れるほど人気があるお祭りです。会場には、そばを味合うだけでなく、そば打ちの体験ができる他にも、そばの道具であったり、地元日光の名産品の販売、郷土芸能のステージイベントも行われます!

日光の名水を使った蕎麦屋へ見出し

Photo by junyaogura

いかがでしたでしょうか!北関東の屋根、日光連山から湧き出る名水の地、日光。豊かな名水を惜しげもなく使ったそばを味わうだけでなく、日光ならではの素朴な山々が織りなす癒しの風景を堪能して、リフレッシュしてみてくださいね!

関連キーワード

投稿日: 2017年4月19日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote