日光の紅葉スポット2017!見ごろは?混雑回避術も!おすすめはライトアップ!

2017年5月27日 (2020年9月6日最終更新)

日光といったら東照宮を中心とした北関東のパワースポットとして、知名度抜群の観光地です。特に秋に見る紅葉は、誰もが一度は見たくなる絶景です。でも観光に行くには、あの渋滞にはうんざり、そこで混雑回避法をまじえて、日光紅葉絶景ポイント紹介したいと思います。

目次

  1. 日光の紅葉を一番きれいなときに見る方法
  2. 日光紅葉スポット2017その1
  3. 日光紅葉スポット2017その2
  4. 日光紅葉スポット2017その3
  5. 日光紅葉スポット2017その4
  6. 日光紅葉スポット2017その5
  7. 日光紅葉スポット2017その6
  8. 日光紅葉スポット2017その7
  9. 日光紅葉スポット2017その8
  10. 日光紅葉スポット2017その9
  11. 日光紅葉スポット2017その10
  12. 日光紅葉スポット2017その11
  13. 日光の紅葉を楽しむには遠景がお勧め

日光の紅葉を一番きれいなときに見る方法

18645743 309151356190270 497191654772441088 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
b_b.nyc

日光の自然美あふれる紅葉ですが、それを見るには、混雑という、心に重いものを感じながら行かないといけません。そこで、車で行く場合の混雑を避けながらも、美しい紅葉の名所が彩り見ごろに見られる方法を、日光のお勧め絶景紅葉ポイントを紹介しながら、ご教授したいと思います。

日光紅葉スポット2017その1

半月山展望台

15034518 1176664885758568 888111842818260992 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
krrietty12

中禅寺湖に突き出ている八丁出島は、紅葉がとてもきれいに彩り色づく名所です。半月山展望台はそれを高い位置で見ることができます。紅葉は見る距離によって美しさが違いますが、八丁出島が男体山をバックにした、美しい彩の紅葉を、遠景から見られる名所です。

14553192 889436797859306 6108482013709205504 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
hiromk335

日光の渋滞の原因なんといっても「いろは坂」ここを避けるには、ここを早く通過して、奥日光の紅葉スポットに行くのが一番良い方法だと思います。半月山展望台はその代表的な場所です。ただ、紅葉が彩る時期は混雑します。朝5時ぐらいに来る覚悟は必要ではないでしょうか。

日光紅葉スポット2017その2

霧降ノ滝

18299918 1765465120431750 6400189496599511040 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
naganonozomi

霧降ノ滝は華厳ノ滝、裏見ノ滝に並ぶ日光三名瀑の一つです。江戸時代を代表する浮世絵師、葛飾北斎も描いている名所です。滝は上下二段になっており、下段の滝が途中にある岩にあたって飛散して、あたりに霧がかることが名前の由来だそうです。カエデなどの赤や黄色を彩る紅葉がみごとです。

14733194 1478428045508260 6505053871910420480 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
jinsunsun

霧降ノ滝に行くのは日光ICを降りて、日光市内を抜け県道169号線(霧降高原道路)に入って道なりに行けば、着くことができます。混雑の原因となる「いろは坂」は通らないので、通行はとてもスムーズです。駐車場や観瀑台があるので、紅葉を見るのに気を使わないで行ける名所です。

日光紅葉スポット2017その3

竜頭ノ滝

14716519 1111063862276149 2759822340891082752 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
yamanaka_takac

竜頭ノ滝は、男体山の噴火によってできた、中禅寺湖に注ぐ湯川の溶岩の上を勢いよく流れ落ちる滝で、滝つぼ付近に大岩があり滝が二分されて流れ落ちます。正面から見た龍の頭にのひげのように見えるところから名づけられたと言われています。ここの紅葉の彩りは緑・黄・橙・赤と豊かです。

竜頭ノ滝に行くのは日光の渋滞の名所「いろは坂」を通らないと行けません。ここをできるだけ早く通過して、目的のところに行くのが一番です。紅葉が彩りを増す見ごろの時期は混雑しますので、とにかく早く着くことです。この近くの戦場ヶ原などや湯川の上流を観光できるので、早朝についても退屈しません。

日光紅葉スポット2017その4

湯滝

14733214 183382775445722 6048782827288264704 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
hidezo_sakura

湯滝は、奥日光の湯ノ湖から流れ落ちる滝です。華厳の滝、竜頭の滝と並んで奥日光三名瀑の一つです。滝壺の観瀑台は滝を目の前に見ることができるので、かなりの迫力を感じます。実際には他の滝とくらべると落差も低く、おとなしい印象ですが、ライブで滝を見れる名所です。

15276508 344224412600928 5164117300588052480 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
pasutap3

湯滝の周囲には紅葉する広葉樹が多く、シーズンでは水と紅葉の優美な景色を楽しむことができます。ここも「いろは坂」を通らないと行けないので、紅葉を見ごろに楽しむには、とにかく早く着くことです。奥日光でも奥まった場所なので、ここに先に来てから下って行きながら、観光するという方法もありです。

日光紅葉スポット2017その5

湯ノ湖

15877427 1253664431346508 1896548547348660224 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
shadowmoses_123

湯ノ湖は火山の噴火で湯川が堰きとめられてできた湖です。三方を山に囲まれちょっと神秘的な雰囲気がある、美しい湖です。紅葉の見ごろの秋には湖畔や周囲の山がカエデやナナカマドで黄や赤に彩られ、湖面に映とてもきれいです。その北岸には湯元温泉の静かな温泉街が開けています。

15046845 1807225876210941 3664721295313993728 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
k_a_works

湯ノ湖に行くのは、「いろは坂」を通らないと行けません。群馬県側から金精峠を越えて来るという手は無いわけではありませんが、かなりの遠回りなので、それは別のドライブコースだと思います。ここまで来たら湯元温泉に一泊して、ゆっくり奥日光の観光を楽しんだらいかがでしょう。

日光紅葉スポット2017その6

小田代原

43109860 1011282905700352 1649974393280921600 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
tsai_cr

小田代原はラムサール条約にも登録され、環境が保護されている湿地です。四季おりおり見ごろの旬の風景や、自然を楽しむことができる場所です、春や夏の花のある時期も美しいですが、花が散った秋にも様々な彩を見せてくれる、美しい情景をみることができるビュースポットです。

14565125 319703288406308 6666186416197730304 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
tamurakazuhiko

特に湿原の中ほどに凛として1本だけ生えている「小田代原の貴婦人」と呼ばれるシラカンバの木が美しく、写真をとる人の後が絶えません。草が赤く染まる草紅葉もきれいです。車で行く場合、いろは坂を通るので早めに赤沼の駐車場まで来て、ハイブリットバスで小田代原に向かってください。

日光紅葉スポット2017その7

憾満ガ淵

12144105 791932244251613 1866603965 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
cilchimera

慈雲寺は化け地蔵と呼ばれる並び地蔵で有名な場所ですが、境内は大谷川にそって造られていて、慈雲寺周辺は憾満ガ淵とよばれています。小さい滝が多数あって、紅葉の見ごろには、絵になる美しいビュースポットになります。水と紅葉は合いますね。松尾芭蕉もこの地に立ち寄っています。

12144333 1627500564171476 2085567309 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
pemaruu

憾満ガ淵は日光市内にあります。日光田母沢御用邸記念公園の近くにある、浄光寺の参道手前に左に下る石畳を下って右へ向かうと大谷川を渡る橋から慈雲寺の駐車場に出ます。そこから大谷川にそって憾満ガ淵はあります。紅葉シーズンは、日光市内も混雑するので早朝に行くことをお勧めします。

日光紅葉スポット2017その8

裏見の滝

裏見の滝は古くから知られている日光の三名瀑の一つです。松尾芭蕉も奥の細道行脚で訪れて句を詠んだり、幕末の英雄の一人、高杉晋作もこの滝におとずれ、滝を裏側から見たといわれています。現在は裏から滝を見ることはできません。滝そのものはひっそりと宗教的な佇まいを見せています。

紅葉シーズンは周囲の広葉樹が彩りあざやかに色づき、さらに神秘的な雰囲気を裏見の滝はかもし出します。この滝に行くには、日光市内に入ったら県道195号線を使えば、裏見の滝駐車場に行けますので、そこから案内に沿って歩けば10分ぐらいで着きます。日光市内の渋滞を避けて行く方が賢明です。

日光紅葉スポット2017その9

華厳の滝

言わずと知れた華厳の滝です。紅葉スポットというよりは日光観光のメインデッシュですね。男体山の噴火でにより堰き止められた中禅寺湖から大谷川に流れる滝で、落差97m、日本三名瀑のひとつにも数えられている日光の名所です。紅葉のシーズンだけでなく、いつでも観光客が多くいます。

華厳の滝に行くには、「いろは坂」は必ず通ります。道の混雑渋滞もありますが、華厳の滝の駐車場に止めようとする車で、さらに大渋滞になってしまうのです。中禅寺湖まで行き、県営立木駐車場、湖畔駐車場まで行って車を止めてから歩けば、多少の混雑回避ができます。

日光紅葉スポット2017その10

明智平

華厳の滝同様に、日光を代表する観光スポットです。紅葉が彩りを鮮やかにする10月中旬から下旬は、ここの景色ををみたい観光客が押しかけて、「いろは坂」の渋滞を引き起こす原因の一つになっています。それほど人気なのは、華厳の滝や中禅寺湖、男体山などを一望できる絶景にあります。

ここも華厳同様に、「いろは坂」は必ず通りますので、紅葉が彩りを濃くする時期には、大渋滞します。。中禅寺湖まで行き駐車場に止めて「いろは坂」を歩くという手はありますが、華厳の滝よりは遠いの少し覚悟がいります。ハイキングコースや登山道もあるようですが良く調べて行ってください。

日光紅葉スポット2017その11

金精峠

紅葉が秋に紅葉が彩り美しい10箇所のスポットを案内しましたが、他にも当然見ごろのきれいな紅葉スポットはあります。その中で、特にここが良いと思うのは、群馬県境にある金精峠ですね。遠回りですが、群馬県側から入ることもできるので、渋滞が嫌な人には特におすすめです。

日光紅葉ライトスポット(2017年はあるかな?)

15035794 1808842462688398 5269084063624331264 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
tatemeg39

昨年は日光東照宮、日光山輪王寺、日光二荒山神社で紅葉シーズンにライトアップのイベントがありました。夜の紅葉ライトアップは昼とは違う美しさですね。今年はまだ発表されていませんが、平成の大修復を終えた日光東照宮が注目されているので、あるかもしれまんね。期待しましょう。

日光の紅葉を楽しむには遠景がお勧め

18723454 239686843183825 1297392818485985280 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
obp_aju

日光の紅葉はとても魅力的ですよね、改めてみると滝とか湖と紅葉が組み合わさると絶景になることが良くわかりました。それと自然の紅葉は遠景のほうがきれいですね。人間が手を入れた庭は近いほうが美しい、日光の紅葉の楽しみは遠景にあります。皆さんもそれを意識して見所で満喫してくださいね。

もっと日光の情報を知りたいアナタヘ

E999bde6988ee9968040e697a5e58589e69db1e785a7e5aeae日光でランチおすすめ穴場店9選!子連れでゆっくり!人気の美味しい食事はここ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本でも屈指の観光地日光。日光の社寺は世界遺産にも登録されています。そんな日光には、おいしい...
Hdr20110607 730x451日光のお土産ランキング!ご利益いっぱいストラップ!絶対買いたい! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
栃木県の定番の観光地といえば、日光東照宮ではないでしょうか。小・中学生の修学旅行などで行くこ...

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
yasawa
よろしくお願いします

日光・鬼怒川・湯西川・足尾の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日光・鬼怒川・湯西川・足尾の新着のまとめ