地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

笠間の『雪みるく』のかき氷はインスタ映え必須!予約方法や人気メニューを紹介

茨城県の笠間市には最近人気の「雪みるく」というかき氷が食べられるお店があります。暑い夏の日には長蛇の列ができて、予約なしでは食べることが出来ないほどの人気ぶりです。その人気の雪みるくは一体どんなかき氷なのか、一目見るのに笠間市に遊びに行ってみたくなりませんか?

笠間で人気の雪みるくとは?見出し

Photo by nachans

茨城県の笠間市にある雪みるくは、インパクト大のインスタ映え間違いなしなかき氷が食べられるかき氷屋さんです。初めて雪みるくへ訪れた方は、その外観に「ここで本当にかき氷が食べられるの?」と疑ってしまうかもしれません。今回はのどかな笠間にある雪みるくで、どんな美味しいかき氷が食べられるか、おすすめのメニューなどご紹介していきます!

笠間の「雪みるく」は人気のかき氷屋さん!見出し

最近人気の雪みるくは、茨城県の笠間市にあるかき氷屋さんです。インスタで写真映えするということもあり、多くの方が美味しさとインスタ映えを求めて笠間の雪みるくに訪れます。初めて訪れる方は、笠間ののどかな田園風景と、雪みるくの古民家を利用した雰囲気に「本当にここでかき氷が食べられるの?」と不安になってしまうようです。

Photo by sayo-tsu

しかしかき氷の本領を発揮する暑い夏の時期になると、たくさんの人が雪みるくのかき氷を求めて県外などからも多くの人が訪れます。炎天下の中かき氷を食べるために並ぶ沢山の人たちは、うちわや扇子を持参して、各自暑い中待ち時間を過ごすための工夫を凝らしているようです。暑い中我慢してやっとかき氷が食べられる幸せは何ものにも変えられません。

笠間のカフェでゆったりと!おすすめのスイーツや穴場をご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
笠間のカフェでゆったりと!おすすめのスイーツや穴場をご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
関東の北東部、茨城県笠間市のおすすめカフェがたくさんあります。女子に人気の穴場的カフェや、おいしいスイーツを食べながらゆったりと過ごせる隠れ家的カフェを紹介していきます。笠間のおしゃれなカフェで素敵な時間を過ごしましょう!

笠間の「雪みるく」と埼玉の「雪みるく」の関係は?見出し

かき氷好きの間で「雪みるく」といえば、まず頭に思い浮かぶのは笠間の雪みるくではなく、埼玉県にある雪みるくかもしれません。同じ雪みるくという名前で、同じかき氷のお店ですから、混乱してしまう方もいるでしょう。実は、笠間の雪みるくと埼玉の雪みるくのオーナーさん同士がお知り合いらしく、笠間の雪みるくを出す際に助言をもらったそうです。

笠間の雪みるくを出店する際に、古民家を利用した方が良いということや、メニューの内容なども相談して決めたそうです。そのため、雪みるくという店名も、かき氷のメニューも同じラインナップなのでしょう。フランチャイズやチェーン店ではありませんが、どちらの雪みるくでも美味しいインスタ映えする、ボリューム満点のかき氷が楽しめます。

雪みるくがある笠間は有名な焼き物の産地!見出し

Photo by taken_spc

雪みるくは茨城県の笠間市というのどかな場所にあります。雪みるくがある周りには民家や田んぼ、畑といった風景しか見ることができません。しかし、笠間はあまり知られていませんが、有名な焼き物の産地でもあるのです。笠間には工芸の丘という場所があり、その付近には笠間焼きを楽しむことができる焼き物屋さんが多く立ち並んでいます。

Photo by bryan...

雪みるくでは、待ち時間が長いことが多々あります。人気のお店なので仕方無のないことですが、待ち時間の間その場で待ち続けずにお出かけして、少し笠間の待ちを散策してみるのもおすすめです。焼き物の街を散策して、時間があれば陶芸体験などもできますし、稲荷通りという場所には有名な稲荷神社もありますので、お参りをすることもできます。

Photo by haru__q

笠間の雪みるくは人気のかき氷店の為、長い時で2時間待ちだったりする場合があります。そういった時、ただその場で待っていると退屈してしまうかもしれませんので、焼き物の街を歩いてみるのも楽しいかもしれません。陶芸に興味がない方でも様々な作品を見ることができるお店を巡っているうちに、もしかしたらお気に入りの作品に出会うかもしれません。

Photo by Kentaro Ohno

茨城県は、魅力度の低い県として毎年ワースト1位を獲得しています。しかし、実際に訪れた人たちは「食べ物は美味しいし、素敵な場所がたくさんある。」と、なぜ魅力度が低いのか疑問視する意見もよく聞きます。茨城県は笠間に限らず、観光スポットがたくさんありますので、もし雪みるくへ行く際は、観光もかねて出かけてみてはいかがでしょうか。

笠間焼ってなに?歴史ある笠間焼の陶炎祭や子供もできる体験をご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
笠間焼ってなに?歴史ある笠間焼の陶炎祭や子供もできる体験をご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
個性豊かな笠間焼作家が200人以上集まり直販する笠間焼の一大イベント。陶炎祭(ひまつり)は陶器好きの大人はもちろん、各種体験コーナーや会場の笠間芸術の森公園内で子供達も一日楽しめます。毎年ゴールデンウイークに開催されるこのイベントに家族で行ってみませんか?

笠間の雪みるくのかき氷はインスタでも人気!見出し

最近人気が出るスイーツといえばインスタ映えするものが多いですが、こちらの雪みるくのかき氷は間違いなくインスタ映えを狙えるおすすめのスイーツです。ボリューム感も抜群ですし、インパクトがすごいのでインスタをやっていない人でも写真を撮りたくなってしまうビジュアルです。そしてインスタで見るよりも実際見てみた方がインパクト大でしょう。

インスタで雪みるくと検索すると、たくさんの美味しそうなかき氷が出てきます。インスタを見ているだけでどれほど人気のあるかき氷屋さんなのかが伺えます。またインスタをやっている方で、検索をしなくてもインスタでつながっている人たちがこのかき氷をアップしているのを目にする方も多いのではないでしょうか。一度見たら忘れられないかき氷です。

笠間の雪みるくはのどかな場所にある古民家!見出し

笠間の雪みるくは、古民家を利用して営業しているかき氷屋さんです。その為周りにも古民家が多く、見渡す限りのどかな風景が広がっています。本当にこんな場所にかき氷屋さんがあるのかな?と不安になった頃に小さな「氷」という側がかかった古民家が見えてきます。よく見ていないと見過ごしてしまいそうな小さな旗ですが、それが目印となっています。

そして笠間の雪みるくには、かき氷メニュー以外にもおすすめのポイントがあります。それは、可愛い看板猫がいるということです。これは猫好きな方にはたまらないオプションでしょう。古民家でゆったりと美味しいかき氷を食べながら、目の前にくつろぐかわいい猫がいるという環境はとても落ち着きますし、こちらもインスタ映え間違いなしの可愛さです。

笠間の雪みるくには新鮮な果物がずらり!見出し

予約必須の人気のかき氷店「雪みるく」では、かき氷以外の新鮮なフルーツなども購入出来るコーナーがあります。古民家を利用している為か、初めて訪れた方でもまるで田舎のおばあちゃんのお家に遊びに来たような感覚を味わえます。昔懐かしい雰囲気と、田舎特有ののどかな空気感、そして新鮮なフルーツを味わえる、おすすめのかき氷店です。

Photo by munchtastic

玄関に並べられた美味しそうなフルーツを使用したかき氷は、まさに新鮮そのものと言っていいでしょう。天然氷を使用した美味しいかき氷と、採れたての新鮮なフルーツを利用したかき氷は、一度食べてみる価値のあるおすすめのかき氷です。見た目だけではなく、味と素材も間違いのないおすすめメニューの数々は、通いつめて全制覇したくなります。

笠間の雪みるくでかき氷を食べるなら予約がおすすめ!見出し

Photo byJESHOOTScom

笠間の雪みるくでかき氷を食べるなら、予約するのがおすすめです。何より確実ですし、わざわざ遠方から足を運んだのに混雑していて食べられなかったとなっては、無駄足になってしまいます。予約するのは電話かLINEになりますが、混雑する時期によってはLINEでの予約は受け付けていないようです。やはり確実に予約したい方は電話予約がおすすめです。

Photo by526663

雪みるくの1番忙しい季節は、やはり夏場の暑い季節です。少し涼しくなってくる秋にはだいぶ落ち着きますので、予約をしなくても入れる日が増えていきます。しかし土日などの忙しい日にはやはり予約をしていくのが安心でしょう。涼しくなった平日はふらっと立ち寄ってすぐに食べられることもあるようですが、こればかりは行ってみないとわかりません。

笠間の雪みるくでの注文の仕方は?見出し

Photo by yakimadesign

では、雪みるくに無事についた際のかき氷の注文の仕方をご紹介いたします。雪みるくでは、かき氷を注文する際に、まず番号札を受け取ります。そしてそのあとメニューから好きなかき氷を選び、注文表に書いて店員さんに渡します。その後、会計を済ませれば準備完了で、後はひたすら自分の順番がくるのを待つのみです。以上で注文の仕方は完了です。

Photo byAlexas_Fotos

初めて雪みるくに訪れた方でも注文の仕方はわかりやすいように、店頭の看板に記載されています。看板猫ちゃんのようなキャラクターが描かれた可愛い猫の説明文は、見ていてほっこりとした気分にもなれます。看板猫ちゃんは自由気ままにその辺を歩き回っているようなので出会える確率も多いでしょう。もし出会えたら一緒に記念撮影をしたくなるでしょう。

笠間の雪みるくおすすめメニュー1:スペシャルメロン見出し

では、笠間の雪みるくで人気のかき氷メニューをご紹介します。まずは何と言ってもこの「スペシャルメロン」が看板メニューと言えるでしょう。メロンを贅沢に半分使ったこのかき氷は、人気ナンバーワンのメニューです。その時によってメロンの種類は変わりますが、同じ茨城県内の鉾田市はメロンの産地としても有名なので茨城グルメが味わえます。

贅沢に半分にカットされたメロンにはたっぷりとメロンの果肉が詰まっています。そしてくりぬかれた真ん中の部分にはメロンジュースがたっぷりと入っていて、新鮮な美味しいメロンとかき氷を余すことなく堪能できます。季節によって赤い果肉のメロンだったり、緑色のメロンだったりと様々なメロンが楽しめます。なお、種類によって多少値段が変動します。

Photo by *嘟嘟嘟*

なお、こちらのスペシャルメロンは800円〜1000円ほどの金額で食べることができます。都内のフルーツパーラーなどに行ったら、この器になっているメロンだけでそれだけの金額を取られてしまうのではないでしょうか。田舎だからできる、リーズナブルな価格での提供かもしれません。しかし味は間違いのない美味しい味です。

笠間の雪みるくおすすめメニュー2:フレッシュいちご見出し

続いての人気メニューは、フレッシュいちごです。かき氷の王道といえば、やはりいちごは外せません。こちらはガラスの器にもりっと盛られたかき氷を堪能します。天然氷のふわふわかき氷に、練乳シロップといちごソースが贅沢にかけられています。1人で食べきれるか心配になる量に見えますが、食べだすと意外にぺろっと食べ切れてしまいます。

Photo by yuko_okuy

いちご味のかき氷メニューはこちらのフレッシュいちごの他に極旨いちごというメニューがあります。フレッシュいちごにはいちごがたっぷりと乗っていますが、極旨いちごは練乳といちごシロップがかけられています。フレッシュないちごも一緒に食べたい方はフレッシュいちごを注文するといいでしょう。でも人気のメニューなので売り切れの場合もあります。

笠間の雪みるくおすすめメニュー3:塩キャラメル見出し

続いては、塩キャラメルかき氷です。キャラメルの甘さと、塩の塩っぱさが絶妙なハーモニーで、そこにホイップクリームが乗せられています。一見とても甘そうに感じますが、食べてみると口の中であっという間に溶けてしまって、飽きることなく最後まで食べられます。冷たさと甘しょっぱさが、暑い日の食欲をそそることは間違いありません。

Photo by atalou

塩キャラメル味は、様々なスイーツで人気のある味です。パンケーキやドリンク、その他のスイーツでも最近はよく目にします。その人気の味がふわふわのかき氷にかかっているのですから、美味しくないわけはありません。しかもベースがかき氷なので、甘すぎて胸焼けすることもありませんし、さっぱりと食べきれます。一度試してみてください。

笠間の雪みるくおすすめメニュー4:抹茶ミルク見出し

そして、和風味で忘れてはいけない味と言えばやはり抹茶味です。こちらの抹茶ミルクかき氷は、抹茶味のシロップがたっぷりとかかったかき氷の上に、ほんわりと甘いホイップクリームがかけられています。抹茶のさっぱりとした美味しさにクリーミーなホイップクリームは間違いのない美味しさです。氷が溶けたあとも美味しく飲むことができます。

Photo by nimame

抹茶ミルクには、オプションであずきをつけることができます。抹茶ミルクにあずきの組み合わせは、和菓子好きにはたまりません。甘いものが苦手な方でも、こういった和風の甘さなら食べることができる方も多いでしょう。もしも抹茶ミルクだけでは甘さが足りない、と感じる方は、オプションであずきをつけてみるのもおすすめのオーダー方法です。

笠間の雪みるくはどこで食べられる?見出し

Photo by nidate

その茨城県の笠間市にある雪みるくの場所をご紹介いたします。雪みるくの周りには、特に目印になるものがありません。そのため、グーグルマップやナビを使っていくことをおすすめします。最寄りの駅は岩間駅という駅で、そこから約2.5kmほどの距離にあります。駅から歩いていけないことはありませんが、夏場だと暑くて少し辛いかもしれません。

Photo by tataquax

雪みるくがある地域では、あまり公共交通機関が発達していません。なのでアクセスする場合は車でのアクセスが便利でおすすめです。しかし車でのアクセスでも注意すべきことがあります。それは、道幅が狭く、すれ違うのが少し怖いかもしれないということです。田舎道に慣れている人なら問題ありませんが、ふだん車を運転しない方には怖いかもしれません。

住所 茨城県笠間市上郷1162
電話番号 0299-45-4886

笠間で雪みるくを味わおう!見出し

Photo by ma_shimaro

笠間の雪みるくは予約しないとなかなか食べることができない人気のかき氷屋さんです。今やかき氷は夏場だけに楽しむスイーツではありません。一年を通して美味しく食べることができる人気のスイーツとして多くの人に人気のあるスイーツです。冷たさを味わうためだけではなく、フルーツの美味しさや素材を味わうために、雪みるくのかき氷を食べましょう!

投稿日: 2018年9月22日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

記事はありません。

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote