地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

笠間でランチ!おしゃれで子連れOKのおすすめ店をご紹介!

茨城県笠間市はおしゃれな陶器を探しながら、ランチを楽しめますよ。笠間は「陶器の里」。普段からたくさんの陶房が日用品から芸術品を展示しています。高速道路が整備されドライブも便利になりました。子連れでも安心して入れるランチカフェがたくさんありますよ。

アートの街「笠間」には素敵なランチもたくさんあります!見出し

笠間市は笠間焼の著名な陶工を多く輩出しており、名作が各地で楽しめます。若い陶工による作品も手頃な価格で手に入るので、ブラブラ散策が楽しい街。笠間稲荷参拝などの合間に本格的な蕎麦やおしゃれな洋食が楽しめます。子連れでもOKの店もあり、丸一日のんびり過ごせますよ。

笠間の子連れランチ「cafe柚の木」にはキッズメニューも見出し

笠間芸術の森公園の裏手の案内板から細い道を進むと、畑の中に綺麗な古民家カフェがあります。まるで田舎のおばあちゃんの家を訪ねてきた雰囲気ですよ。ハンバーグや魚、鶏肉のランチプレートはおしゃれな盛り付け。お子様ランチもあるので親子連れにピッタリ。

店内は笠間の民家そのものなので、テーブル席も靴を脱いで上がります。落ち着いた木の調度品がおしゃれです。料理は全体的に優しい味で素材のうまみが生きています。味噌汁は野菜から出た甘味が感じられる薄味ですが、逆にはまってしまう味わいです。

笠間のカフェでゆったりと!おすすめのスイーツや穴場をご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
笠間のカフェでゆったりと!おすすめのスイーツや穴場をご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
関東の北東部、茨城県笠間市のおすすめカフェがたくさんあります。女子に人気の穴場的カフェや、おいしいスイーツを食べながらゆったりと過ごせる隠れ家的カフェを紹介していきます。笠間のおしゃれなカフェで素敵な時間を過ごしましょう!

笠間でのゆったりランチは「Cafe wasugazen カフェワスガゼン」見出し

芸術の街、笠間にピッタリな雰囲気のカフェです。笠間芸術の丘、公園北ゲートを出てすぐの場所。緑に囲まれたおしゃれな外観、ゆったりした店内は子連れでもくつろげます。おすすめはボルシチやローストビーフなどのランチセット。芸術を楽しみながらのランチに合うお店です。

お店のコンセプトは「空間を大事に」。緑に囲まれたおしゃれなテラス席は眺めも良く、そよ風に吹かれるといい気持ちになります。食材も野菜は可能な限り笠間産を使っており、お皿やコーヒーカップも笠間焼の素朴な味わいがほっこりします。コーヒーもこだわりの豆を使います。

洋食が中心のランチはカフェながら、凝った料理も味わえます。キーマカレーとビーフカレーのダブルや、ハヤシライス、ピザのセットもあります。また、店内には大型のスクリーンがあり、最新の映画の予告編が上映されるので、映画ファンにはたまりません。

蕎麦屋も多い笠間で古民家ランチ「和味(なごみ)」見出し

美味しいお蕎麦屋さんが多いのも笠間の特徴です。常陸蕎麦が人気なんですね。古民家をそのまま蕎麦屋にした和味は、広い畳の部屋でくつろげます。子連れでも安心ですね。ランチも本格的なお蕎麦でのどごしがすっきり。国道50号線から少し山側に入った場所にあります。

料理はマクロビオティックと言って、玄米などを使った自然食中心です。笠間の旬の野菜、全粒穀類、豆、海草を使い、根から皮までを無駄にしないで調理します。動物性食材や白砂糖、添加物、化学調味料を一切使っていないので、お子様にも安心しておすすめできます。

おすすめメニューは「おぼろそばがき」。ふんわりとした口どけで、含むうちに溶けてしまうほど。そばの香りも豊かな一品です。人気があるので、午後にいくと売り切れになることも。野菜を中心にした天ぷらもカラッと上がっていて、上品な味です。

笠間の名店「手打百藝 泰然」はランチタイム前が狙い目見出し

人気の三種そばは更科そば、田舎そば、発芽そばを味わえます。発芽させたそばの実を引いて作るのが発芽そばで、味わいは独特の甘味があります。細めのそばが綺麗で、十割でこの細さを実現するには、高いそば打ちの技術ですね。そば湯からは上品な香りが立っています。

2011年に築50年の笠間の古民家を改装してお店がオープン。店内では月替わりで、笠間や益子の陶芸家の作品を展示、古民具なども置かれ落ち着いた雰囲気です。店主の加藤泰時さんは、長野の有名蕎麦店の千日修行を努めてきました。朝5時から夜8時まで約3年間の厳しい修行です。

笠間で一番の人気の蕎麦屋なので、ランチタイムは行列も。ちょっと時間を外して行くのがおすすめです。店内は座敷席やテーブル席があり、子連れでもゆったりできます。天ぷらもキスやまいたけ、野菜などがあり、キスはふわふわ、野菜の衣もカリッとしています。

笠間稲荷にお参りした後に寄りたいランチ「鍛冶屋」見出し

狭い入口をくぐると、店内はおしゃれで落ち着いた空間が広がります。ランチは肉、魚料理から選べます。メイン料理に小鉢が付いて、味もしっかり。子供が好きな洋食メニューもあって子連れでも落ち着いていただけます。追加でメイン料理を増やすこともできますよ。

洋食メニューといっても、シェフは和食が本職でその道30年。ハンバーグなどの洋食も和テイストの優しい味わいが印象的です。もちろん、魚料理はさすがの包丁さばき、きめ細かい盛り付け、天ぷらの仕上がりなど、隠れたおすすめカフェです。

笠間焼の素敵な空間が楽しい「陶之助+(とうのすけプラス)」見出し

入口を入ると高い吹き抜けにライトの照明がおしゃれ。もともと陶房をカフェに改装しています。店内では人気の笠間焼も販売しており、料理の食器ももちろん笠間焼です。ランチは野菜がたっぷり入ってヘルシー、子連れでもお子様に安心して食べさせることができる優しいメニューです。

丼ものや、スープが中心のランチなど、和洋取り混ぜたメニューですが、どれもオリジナリティ溢れた料理となっています。ドレッシングも自家製、さらに自家製デザートもお店の特徴です。おすすめのチーズケーキやシフォンケーキなどが、丁寧に作られているのが甘党にはたまりません。

国道50号を笠間から水戸に向かう途中にあり、外観はちょっと地味ですが、中に入ると天井から太陽が降り注ぐ演出が印象的なカフェです。テーブルの間も広々としており、ゆっくりお話するのに十分な空間です。照明が至るところで工夫され、幻想的な雰囲気がおすすめです。

笠間駅の近くの中華・台湾料理「四季紅」はランチがお得見出し

料理はどれもボリューミー、子連れに人気の中華です。ベビーカーでも店に入れるし、座敷席も。家族連れのお客さんは皆お子さんと料理をシェアしていただいてます。ランチメニューも豊富なので、ママ友同士で違う料理をオーダーして、分け合うと豪華なランチになりますよ。

日替わりランチは3種類ほど用意され、サラダ、ライス、スープにデザートがついてコストパフォーマンスが抜群です。100円プラスすると大手飲料メーカーのドリンクバーも付きます。さらにランチタイムはキムチ食べ放題のサービスもあり、子供用食器も用意されています。

笠間で親子で楽しめるランチは「シュペール」で *閉店見出し

ランチの花籠御膳は、花籠に入った料理が彩り豊かでまずは目で楽しませてくれます。フルーツやデザートも入っています。女の子ならきっと喜ぶ華やかさで、子連れにも人気です。味噌汁に食前、食後のコーヒーがサービスされます。子供にはオレンジジュースが用意されています。

ランチでも女性に人気なので予約必須です。料理を見ても、サラダ、フルーツなども含め、食材がかなり吟味されているのが分かります。駐車場がわかりにくいのですが、国道50号からホテル井筒の有料駐車場の中に、右奥にシュペールの契約駐車場があります。

笠間でうなぎは「量深(りょうしん)」がおすすめ見出し

店内に入ると鰻の焼ける香ばしい匂いが食欲をそそります。「うなぎ麦とろ量深」は東京武蔵野で160年続いた「田川」の秘伝のタレを受け継いでいます。紀州備長炭で焼き上げるうなぎはふんわりと口の中に広がります。うなぎ以外にも、ランチメニューに麦とろ定食、天ぷら定食も。

地元茨城の国井町の契約農家から仕入れる山芋を使った麦とろ定食も人気です。3年山芋と呼ばれ、春植えて秋に掘り返し、その翌春にまた植えて秋に掘るとの作業を3年繰り返すます。とろろめし、麦とろ御膳など、ふわふわのとろろは絶品です。店内は子連れもOKです。

静岡・三河一色町から仕入れるうなぎ、国井町の米、山芋、まぐろは天然物を神奈川三浦、野菜は笠間の農家から、と食材にこだわりがあります。さらに豆腐は茨城・大子町の名水を使い茨城産大豆に伊豆大島の天然海水にがりを使い手造りです。こだわりの味が楽しめます。

友部サービスエリアで楽しむ丼に蕎麦見出し

常盤自動車道の友部SAにある「炙り焼き・丼(どん)」は、全国丼グランプリで金賞を獲得したお店。中でも人気のとん丼がおすすめです。厚い豚肉が香ばしく、食べ応えもあります。サービスエリアにあるので、もちろん子連れでもゆったりのスペースです。

名物の新メニューが筑波山丼。なんと、米、肉、キャベツ全部で1キロも。丼にそそりたつ肉は迫力満点。お子さんも喜びますよ。もちろん親子でシェアしていただきましょう。甘めのタレは、友部SA限定の秘伝だそうです。ソースカツ丼やブラックメンチ丼も人気です。

同じ友部SA下り線には、「手打ち蕎麦処常陸庵」があり、ここの「奥久慈しゃもせいろ」もランチに人気です。茨城の三大地鶏の奥久慈しゃもの出汁が効いた温かい汁で、せいろに盛った常陸秋そばを頂きます。本格二八そばで、丼に劣らず人気のメニューです。

笠間のランチ情報はいかがでしたか?見出し

Photo by yoppy

洋食に和食、そば、中華にうなぎなど、笠間のランチは豊富です。笠間焼きの陶房や美術館がある笠間はアートの街。ランチの豊富さもまるでアートですね。高速道路の便も良く、子連れで行っても移動が便利です。陶器市など多くのイベントもあり、ランチと一緒に楽しめますよ。

投稿日: 2017年4月2日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote