地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

大手饅頭の販売店・賞味期限・値段は?岡山の人気銘菓の魅力をリサーチ!

中国地方の南東部にある岡山県。桃太郎伝説のきびだんごやフルーツが美味しい県になります。そんな岡山のお土産に最適な大手饅頭。岡山県民には当たり前の昔からある歴史ある和菓子「大手饅頭」があります。大手饅頭には美味しさの秘密が沢山つまっています。

180年もの歴史ある岡山銘菓「大手饅頭」見出し

Photo by bangdoll@flickr

岡山へ行った際にお土産に何を買いますか?岡山と言ったら桃太郎のきびだんご!かわいい桃太郎のパッケージで沢山販売されています。

きびだんごと共にもう一つおすすめの和菓子があります。それが岡山銘菓「大手饅頭 」です。地元の方には古くから親しまれ、ちょっとしたお土産や贈答用にも重宝されている岡山銘菓になります。

そんな岡山で親しまれている大手饅頭は創業100年以上もの歴史があります。では岡山銘菓「大手饅頭」について紹介いたします。お土産で買うには販売している店舗やお値段、賞味期限もとてもきになります。順番に見て行きましょう。

岡山銘菓「大手饅頭」とは見出し

Photo by kentamabuchi

創業天保8年の老舗お饅頭屋さん大手饅頭伊部屋は、岡山市にある和菓子屋さんです。県内のたくさんの大手饅頭の販売店を持ち、岡山では昔から馴染のあるお店になっています。

岡山県を離れるとあまり知名度がない和菓子。しかし一度食べたことがある方は、その美味しさの虜になるとも言われます。類似品がたくさん販売されていますが、一度はこの岡山の大手饅頭の味をみてください。あんこの美味しさに驚くことでしょう。

また岡山定番の大手饅頭は地元のスーパー等身近な店舗に置かれ、岡山県民には当たり前に目にする和菓子になっています。そんな岡山で知れ渡っている大手饅頭はお土産におすすめな商品になります。

「大手饅頭」は日本三大饅頭?見出し

Photo by Atsushi Boulder

岡山の大手饅頭は日本三大饅頭の一つと言われています。この岡山の地と、東京、福島のおまんじゅうが日本三代饅頭と言われます。

ぜひとも味わってみたい銘菓となっています。あと2つの日本三大饅頭を少しご紹介いたします。

Photo by vaboo.com

日本初の小豆入り饅頭を作った東京の塩瀬総本家「志ほせ饅頭」は、白い皮は大和芋と上新粉で作り上げられた真っ白な皮に刻印が押されたお饅頭。優しい甘さが広がるお饅頭です。

福島の柏屋の「薄皮饅頭」は奥州街道の宿場町として栄えた郡山の地で、旅人の休憩所で出された薄皮まんじゅうが始まりと言われています。薄い皮と黒糖が練り込まれた茶色い皮が特徴です。

大手饅頭のある岡山とは見出し

Photo by wongwt

そんな地元で親しまれている大手饅頭がある岡山県は、中国地方の南東部に位置する県で、瀬戸内海に面しています。

桃太郎のお話で有名な岡山県には、風情ある街並みが広がる岡山美観地区、国宝にも指定されている吉備津神社の400mにも及ぶ長い回廊は圧巻の景色を作り出します。

Photo by hiyang.on.flickr

また日本三名園の一つ「岡山後楽園」もおすすめです。約4万坪の庭園は、池泉回遊式の庭園を中心に東屋や茶室など様々な施設が建てられた見ごたえ十分の名園になります。

歴史的見どころ、景観の美しい自然景勝地もたくさんある岡山。また歴史ある和菓子として有名な大手饅頭もおすすめな岡山です。岡山で昔から親しまれているお菓子は素朴でおいしいと絶賛の和菓子になっています。お土産選びに悩んだら間違いのない大手饅頭がおすすめです。

倉敷の美観地区観光ガイド!おすすめの見どころやスポットなど紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
倉敷の美観地区観光ガイド!おすすめの見どころやスポットなど紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
江戸時代の古い町並みが残る倉敷の美観地区は、岡山でもいちばん人気の観光スポットです。歴史的建造物や史跡も見ごたえがありますが、美観地区で押さえておきたい観光の見どころや、おすすめの食べ歩きグルメやお土産の情報までご紹介します。
岡山後楽園おすすめスポット!アクセスは?ライトアップに浮かぶ幻想庭園 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
岡山後楽園おすすめスポット!アクセスは?ライトアップに浮かぶ幻想庭園 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
「岡山後楽園」は、岡山県岡山市に位置する日本三大庭園のひとつであり、世界に誇る文化財です。「岡山後楽園」開催のイベント、ライトアップされた幻想庭園をご紹介させていただくと同時に、周辺のおすすめスポットをご案内いたします。

大手饅頭の歴史見出し

Photo by Kanesue

そんなみどころたくさんの岡山にある大手饅頭の歴史は、天保8年までさかのぼります。初代伊部屋永吉がこの岡山の地で和菓子屋を創業しました。

その当時の備前藩主池田侯から特に寵愛を受け、お茶会の席には必ず伊部焼の茶器とともに和菓子が愛用されるほどでした。

そんな寵愛を受けていた和菓子屋が、岡山城大手門の近くにあった店舗と言う事もあり池田侯から、「大手饅頭」の名前を頂いたと言い伝えられています。

1837年(天保8年)から今まで変わらず作り続けられている大手饅頭。歴史を感じる銘菓で、その当時から愛され続けられているお饅頭にはとっても古い歴史があります。そんなお饅頭が今でも販売され、地元で愛され続けています。

大手饅頭のそのお味は?見出し

Photo by ftomiz

大手饅頭を手にして、まず感じるのは、そのずっしりとしたあんこの重みです。薄いまばらに白くなった皮の中には、ぎっしりと餡子が詰まっています。

この餡子の多さを見て、甘そうな感じを受けます。しかしそうではなく甘さ控えめな餡が、とっても口当たり滑らかで、程よい甘さを感じさせます。

またほんのり甘酒の味もし、薄皮に甘酒が練り込まれ、大手饅頭のアクセントになっています。さほど強くないお酒の感じですので、おいしく頂けるようになっています。

昔から岡山は米どころとして有名です。そのお米を使ってまず麹作りから始めます。甘酒になると大手饅頭の皮に配合し、薄皮へとなっていきます。

大手饅頭の気になるカロリーは?見出し

Photo by Kuruman

甘いものは砂糖が沢山使われてカロリーが気になります。この大手饅頭の1個当たりのカロリーは95kcalになっています。

たっぷりとあんこが詰まっている大手饅頭ですの、これぐらいではないでしょうか。しかしあんこに含まれるプリフェノールが基礎代謝を高めてくれるとも言われています。ポリフェノールに含まれる抗酸化作用で身体を若返らせて、代謝をアップしてくれます。

また食物繊維が豊富に含まれているので、腸内環境も整え、便秘に効果が期待されると言われます。甘いバターやクリームの沢山入った洋菓子より、体にやさしいお菓子ではないでしょうか。

大手饅頭の材料1:北海道産小豆見出し

Photo bywuzefe

販売されている大手饅頭の餡は、北海道産小豆を使用しています。北海道の小豆は寒い北海道の地で、時間をかけてゆっくりと栽培されることにより、粒のそろった口どけのいいあんこを作り出す小豆になります。

北海道産の大納言小豆は色つやがよく、風味がよく、大手饅頭の口どけのいい餡へと変わっていきます。

大手饅頭の材料2:砂糖・水見出し

Photo by jhc

大手饅頭製造に欠かせない砂糖は、大日本明治製糖の白双糖(しろざらめ)という砂糖が使用されています。

こちらは高級砂糖と言われ、糖度99.9%で、1つ1つの結晶が大きく、無色透明で光沢があると言われています。餡作りには欠かせない材料は厳選素材を集めて大手饅頭へと作り上げられています。

少ない材料で作られている大手饅頭は水も重要な役割を果たします。池田藩のお茶席でも使用されたと言う、雄町の水と同じ水脈の地下水をくみ上げて饅頭作りに使用されています。

この昔から変わらない材料と職人の技により作られた饅頭は、岡山の銘菓「大手饅頭」として人々に180年余り愛され続けています。

大手饅頭の気になる賞味期限見出し

Photo by is_kyoto_jp

では、厳選素材で作られた大手饅頭をお土産や贈答用で送る場合、気になるのがその賞味期限と料金です。かしこまった席のお土産にも最適な箱入りのものも多く販売されている大手饅頭。

たくさん送る時はその賞味期限がとても気になります。大手饅頭は不要な添加物は含まず製造されています。よって賞味期限は7日ほどとなっております。

大手饅頭の公式HPからも郵送が可能ですので、作りたてを送ることができます。販売店に足を運べない方でも気軽に購入が可能になっています。

大手饅頭販売価格

Photo by omoon

販売店として店舗に行けない方は、本店のオンラインで注文すると、15時30分までの注文で即日発送が可能です。お急ぎの贈り物にも重宝する大手饅頭です。

大手饅頭は10個入りから70個入りまで販売されています。お値段10個入り864円から70個入りのお値段は6048円となっています。70個入りでもこのお値段!企業間のお中元やお歳暮にも重宝しそうなお値段と数が入っています。

販売店では1個からも購入可能です。1つ2つと食べてしまうぐらいおいしい大手饅頭。賞味期限が7日ですので、たくさん購入してゆっくり味わうのもおすすめです。

また贈答用にうれしい個包装ですので、会社に送った場合でも皆さんで分けやすいようになっています。沢山購入してもお値段がさほど行かないのもうれしいポイントです。

大手饅頭のおすすめの食べ方見出し

Photo by Yakinik

また賞味期限が和菓子にしては長めの期間ですが、お手頃なお値段ですので、沢山購入して長期保存やアレンジして食べる方法も紹介されています。

1個が小さくぱくぱくと食べてしまう大手饅頭。しかし沢山いただいた時は、冷凍保存をして、賞味期限を延ばしてみましょう。

大手饅頭の春夏の食べ方

Photo by ototadana

大手饅頭を沢山いただいたら、賞味期限が切れる前に冷蔵庫に入れてみましょう。そうすると暑い夏にお饅頭を食べる時にまんぢゅうアイスとして楽しむことができます。

次は冷凍保存した時、その場合はあんこミルクとして楽しんでみましょう。冷凍まんぢゅうと氷と牛乳を用意します。

その凍っているまんぢゅうと氷を一緒に、かき氷器に入れて削ります。最後に牛乳を注ぎ入れれば、ひやっとしたこおりミルクの完成です。夏は賞味期限内でもまんぢゅうが痛みやすい時期です。その場合は冷蔵庫や冷凍庫で保存して冷たいデザートとして楽しんでみましょう。

大手饅頭の秋冬の食べ方

Photo by iyoupapa

では賞味期限が近くなったまんぢゅうを冷凍保存して長く楽しもうと考えている方は、必見です。まずまんぢゅうを解凍してみましょう。

その後、トースターで焦げ目がつく程度に焼いてまた違った食感の大手饅頭を楽しむ方法もあります。もっとさくっと香ばしくするには、油でカラッと揚げてみましょう。表面がサクサクとして、中のあんこがとろっと甘く、大手饅頭のあげまんじゅうとして楽しむことができます。

多くの個数で販売されている大手饅頭は常温で、賞味期限位内に食べきる方法もありますが、いろんなアレンジメニューで楽しむこともできます。ぜひ一度、ワンランク上の楽しみ方でも食べてみてください。

ちょっと変わった大手饅頭アレンジ

Photo by orangeobject

大手饅頭の中の口どけのいいあんこを利用したアレンジメニューも紹介されています。おすすめのアレンジが、「お汁粉」になります。

大手饅頭3個分のあんこを使って、塩少々を入れてお汁粉にします。中にお餅をいれてもおいしく頂くことができます。即席お汁粉をいつでも頂くことができます。

また大手饅頭のまわりの皮はとても薄いので、そのままパンの中に入れて、餡パンにしたり、まわりに胡麻を付けたりして揚げれば胡麻団子に早変わりです。

いろんなお菓子に変わる大手饅頭は1個のお値段以上の楽しみ方があります。ぜひ沢山購入して長く楽しんでみましょう。

岡山銘菓「大手饅頭」販売店舗1:大手饅頭伊部屋 京橋本店見出し

Photo by Yasuo Kida

昔ながらの店構えの趣ある本店は、岡山電軌東山線「西大寺町駅」から徒歩2分の場所にあります。店先ののれんをくぐると、そこには昔から変わらないであろうショーケースに、大手饅頭がずらりと並んでします。他のおすすめ和菓子もたくさんあるので目移りしそうなくらいです。

1つのお値段がさほど高くないので、いろんな和菓子を詰め合わせて購入するのもおすすめです。

本店には屋根付きの駐車場も完備ですので、遠方からでもアクセスがしやすいお店になっています。お店にはひっきりなしにお客さんが来て、大きな箱詰めの大手饅頭を購入されていきます。

営業時間は9時から18時です。店舗の定休日は火曜日になっていますので、平日伺う方はご注意ください。

住所 岡山県岡山市北区京橋町8-2
電話番号 086-225-3836

岡山銘菓「大手饅頭」販売店舗2:大手饅頭伊部屋 雄町工場見出し

Photo by sabamiso

こちらは高島駅から1,228mと少し距離のある工場の直営店になります。売店用の駐車場も用意されているので、ぜひ近くに立ち寄った時にアクセスしてみましょう。

またこちらは工場直営のお店になりますので、出来立ての大手饅頭を購入することができます。本店では食べられないホクホクのあんこのおまんぢゅうを堪能してみてください。

営業時間は早く8時半から18時までとなっています。また店舗の定休日が火曜日になっていますので、平日に居られる方はお気を付け下さい。

住所 岡山県岡山市中区雄町201-1
電話番号 086-279-3688

岡山銘菓「大手饅頭」販売店舗3:岡山県内で見出し

Photo by cotaro70s

また岡山でとっても有名な大手饅頭は、直営の販売店舗以外でも近くのスーパーや駅で購入可能です。お土産物屋さんでも沢山取り扱っているので、手軽に購入が可能です。

例えば岡山空港や吉備SAの上り、岡山駅の各キヨスクでも販売しております。他にも大手スーパーのイオンや天満屋ハピータウンでも沢山販売している店舗があります。

沢山入ったものは扱っていませんが、お値段お手頃な中サイズの箱で販売されています。お土産に最適な大手饅頭になります。身近なスーパーも販売店舗になっていますので、お土産を買い忘れた方はぜひ大きなショッピングセンターに立ち寄ってみてください。

大手まんじゅうは岡山が誇る伝統和菓子!賞味期限・値段・購入できる場所は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
大手まんじゅうは岡山が誇る伝統和菓子!賞味期限・値段・購入できる場所は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
岡山県の和菓子としてかれこれ180年以上も愛され続けているのが大手まんじゅうです。現在この大手まんじゅうは岡山市内のお店だけでなく全国の販売店で買えるようになっており、お土産としてだけでなく自分用に買って帰る人も少なくありません。
岡山駅のお土産ランキング!エキナカで買える人気おすすめを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
岡山駅のお土産ランキング!エキナカで買える人気おすすめを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
瀬戸内海地域の交通の要衝である岡山駅には、おすすめの人気のお土産がたくさんあります。岡山駅のエキナカで買うことができるお土産はたくさんあります。定番の「あれ」の他に岡山県の特産を使ったスイーツからグルメまでランキング形式でお伝えします。

岡山のお土産は「大手饅頭」で決まり!見出し

Photo by dreamcat115

いかがでしたでしょか。岡山に観光に来られた際のお土産選びの参考になりましたか?大手饅頭は岡山県民にとって当たり前にある昔から馴染のある和菓子になります。

お値段もお手頃で1つからでも購入が可能です。またいろんな場所で販売されているので、まず味を見てから沢山購入してみましょう。きっと他にはない餡子の美味しさと、薄皮の甘酒の風味に驚くことでしょう。

投稿日: 2019年2月9日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote