鳩ノ巣渓谷は奥多摩の絶景スポット!ハイキングコースの見どころも紹介!

2019年2月18日 (2019年9月1日最終更新)

東京都の北西部、県境に位置する奥多摩には自然豊かな人気の観光スポットが数多くあります。その中でも、比較的歩きやすいハイキングにコースがあり、自然散策が楽しめるおすすめなのが鳩ノ巣渓谷です。鳩ノ巣渓谷の絶景スポットやハイキングコースの見どころなどご案内します。

目次

  1. 奥多摩を歩くなら鳩ノ巣渓谷!
  2. 鳩ノ巣渓谷ってどこにある?
  3. 鳩ノ巣渓谷へのアクセス
  4. 鳩ノ巣渓谷の由来
  5. 奥多摩を楽しむハイキングコース
  6. 鳩ノ巣渓谷周辺のハイキングコース1【奥多摩むかし道】
  7. 鳩ノ巣渓谷周辺のハイキングコース2【ふれあい森林浴コース】
  8. 鳩ノ巣渓谷周辺のハイキングコース3【大多摩ウォーキング・トレイル】
  9. 鳩ノ巣渓谷おすすめの見どころ1【水神社】
  10. 鳩ノ巣渓谷おすすめの見どころ2【鳩ノ巣小橋】
  11. 鳩ノ巣渓谷おすすめの見どころ3【巨岩・奇岩】
  12. 鳩ノ巣渓谷おすすめの見どころ4【絶景の渓谷美】
  13. 鳩ノ巣渓谷おすすめの見どころ5【渓谷沿いの小道】
  14. 鳩ノ巣渓谷おすすめの見どころ6【白丸ダム】
  15. 鳩ノ巣渓谷おすすめの見どころ7【白丸ダムの魚道】
  16. 鳩ノ巣渓谷周辺のおすすめ宿泊施設
  17. 奥多摩の人気観光スポット
  18. 鳩ノ巣渓谷を歩いてみたくなってきた!

奥多摩を歩くなら鳩ノ巣渓谷!

東京都内の西の端、奥多摩町には大自然の絶景を見られるハイキングコースがいくつもあります。その中でも、比較的歩きやすく、コース整備もされているおすすめの人気スポットが、鳩ノ巣渓谷です。都心部から電車を乗り継いで約2時間というアクセスの良さ。たったそれだけの時間でマイナスイオンに満ちた自然豊かな景色へ飛び込めるのです!

鳩ノ巣渓谷ってどこにある?

鳩ノ巣渓谷は東京都にある、と言われても、関東以外にお住まいの方々にとってはいまいちピンと来ないかもしれません。東京都っていうんだからビルいっぱいの都会だろう、というのは、ここまでの画像や動画を見て頂いても分かるかもしれませんが、そもそも鳩ノ巣渓谷がある「奥多摩」の説明としてはそぐわない感じです。

奥多摩とは

まず、鳩ノ巣渓谷の所在地としては、東京都の北西部県境、奥多摩町にあります。多摩川の上流域となる地域で、北側は埼玉県、西側は山梨県。自然豊かな山林地域で、標高も高いため、特に冬の最低気温は都心部とは10℃以上差がある日もあります。住所は東京都なのに、清流ではヤマメやイワナが獲れ、冬には豪雪地帯となるのです。

奥多摩地域の魅力

奥多摩の魅力は何といってもその自然の豊かさです。環境省の調査で「日本一巨樹の多いまち」と認定され、日本水源の森百選にも選ばれています。東京の水資源を支える多摩川の水源地帯となっている奥多摩町の中でも、一番のおすすめと言われる鳩ノ巣渓谷について、これから順にご紹介してまいりましょう。

Original奥多摩の観光スポット17選!ここが東京?自然豊かな秘境を探訪しよう | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京の秘境と呼ばれている奥多摩には、大自然の美しい観光地が数多く点在しています。東京からわず...

鳩ノ巣渓谷へのアクセス

鳩ノ巣渓谷がある奥多摩地域へのアクセスは、公共交通機関ではJR青梅線のみとなります。都心部から順にアクセスルートを追うと、新宿からJR中央本線で立川。立川市でJR青梅線にそのままアクセスしており、JR青梅線の終点が奥多摩駅となります。

鳩ノ巣渓谷への最寄り駅は、JR青梅線の「鳩ノ巣駅」となっています。が、後に詳しくご紹介しておりますハイキングコースによっては乗車・降車駅は異なってくる場合があります。鳩ノ巣駅を降りると、そこからは徒歩で鳩ノ巣渓谷へアクセスすることができます。

自家用車で鳩ノ巣渓谷へアクセスする際には八王子方面からのアクセスなら滝山街道を、関越自動車道を経由してのアクセスなら青梅街道を利用することになります。道に迷ったら、多摩川沿いにJR青梅線が走っており、川の両サイドに道路はつながっていますから、地図を見ながら向かえば大丈夫です。

鳩ノ巣渓谷の由来

「鳩ノ巣渓谷」の地名ですが、あらためて聞くとちょっと変わっています。鳩ノ巣、と名前が付く由来は江戸時代のある逸話から来ています。

江戸時代、多摩川上流域のこの地に丸太の貯木場があり、そこで働く人々のための小屋がありました。近くに水神様を祀る社殿を建てたところ、その屋根に二羽のつがいの鳩が巣を作り、仲睦まじい様子を見た村人が霊鳥として愛護したことから、この地も「鳩ノ巣」と呼ばれるようになりました。

奥多摩を楽しむハイキングコース

自然豊かな奥多摩には、登山コースやハイキングコースがいくつも整備されています。登山は、文字通りガッツリ登山。ハイキングコースは、もちろん靴や服装などには注意が必要ですが、登山ほどの万全の重装備ではなくても楽しめるコースになっています。案内表示やトイレなども整備されており、初心者でも安心して楽しむことができます。

Original山歩きの服装やアイテムを初心者向けに解説!おすすめの関東・関西の山も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
楽しく山歩きをするには、安全面や健康管理が何よりも大事な要素です。そのためには、山歩きのため...
Original登山・初心者向け完全ガイド!装備や服装&おすすめの山を徹底解説! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
初心者向けの登山について詳しくご紹介します。初心者だけど登山にチャレンジしてみたいという方必...

鳩ノ巣渓谷周辺のハイキングコース1【奥多摩むかし道】

JR奥多摩駅から出発して、多摩川のさらに上流域、奥多摩湖方面へ向かうハイキングコースです。比較的舗装された道も多く、変化に富んだ景色とともに川のせせらぎを聞きながらゆったりと歩いていける人気のコースです。

ただし、奥多摩むかし道では今回ご紹介する鳩ノ巣渓谷は通りません。また、片道で10kmという長めの距離ですので、帰りはバスを利用する必要があります。スケジュールなどは十分ご注意ください。

Original奥多摩の登山&ハイキング人気コースを紹介!初心者も日帰りで自然を満喫! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
奥多摩は東京都西部にあり、都心から車で2時間ほどで行ける行楽地です。奥多摩は東京都の一部であ...

鳩ノ巣渓谷周辺のハイキングコース2【ふれあい森林浴コース】

奥多摩のふれあい森林浴コースは、JR奥多摩駅からコースを周回して再び奥多摩駅まで戻ってくるルートを取ります。帰りのバスの時間などを気にしなくても良いため、より気軽にハイキングを楽しめます。奥多摩駅近くの奥多摩町役場方面から日原川を下り氷川渓谷の登計橋を通って駅前へ戻るコースです。所要時間は約2時間ほどとなっています。

鳩ノ巣渓谷周辺のハイキングコース3【大多摩ウォーキング・トレイル】

今回ご紹介している鳩ノ巣渓谷をメインの見どころとしているのが、大多摩ウォーキング・トレイルです。JR古里駅~鳩ノ巣駅~白丸駅~奥多摩駅の沿線、多摩川沿いを散策して歩くコースで古里駅から奥多摩駅まで全て歩くと全長8.3km、所要時間は約3時間半となっています。

特にファミリー層にもおすすめの人気区間が、このうちの鳩ノ巣駅~白丸駅の区間です。約2.1kmという距離の中に多少のアップダウンもあり、山道あり、見どころあり、とイイトコどりできるおすすめです。

所要時間は45分となっていますが、中には足場の悪い道もあります。ゆっくりあちこち見ながらの散策をしていれば、ハイキングしたなと実感できる程度には時間がかかります。

鳩ノ巣渓谷おすすめの見どころ1【水神社】

鳩ノ巣渓谷の地名の由来となった水神社にも、ぜひお参りしてみてはいかがでしょうか。ただし、切り立った崖の上にあるため、石段を登らなければなりません。また、上がった先にお社はありますが、崖側に柵などもないため、注意が必要です。特にお子様連れの際には厳重にご注意ください。

鳩ノ巣渓谷おすすめの見どころ2【鳩ノ巣小橋】

水神様にお参りをすませたら、いよいよ奥多摩随一のおすすめ人気ハイキングスポット、鳩ノ巣渓谷の散策スタートです。鳩ノ巣駅を鳩ノ巣渓谷遊歩道入口方面へ看板のとおりに進んでいくと、まず最初に通るのがおすすめの見どころ2つめ、鳩ノ巣小橋です。吊り橋になっているところがまた、なんとも冒険心をくすぐります。

最高のスタートを切ったところで、鳩ノ巣小橋の上からいきなり素晴らしい絶景が迎えてくれるのが鳩ノ巣渓谷おすすめの理由と言っても良いかもしれません。

鳩ノ巣渓谷おすすめの見どころ3【巨岩・奇岩】

鳩ノ巣小橋の上から見える絶景の中でお気づきになられる方も多いのが、この鳩ノ巣渓谷3つめのおすすめの見どころポイントです。上流域なだけあって、とにかく巨岩がゴロゴロ。その岩のゴツゴツした感じとキレイな水、川の流れる音。このままこの風景を待ち受け画面にしたい!と思われる方も多いでしょう。癒され度全開です。

鳩ノ巣渓谷おすすめの見どころ4【絶景の渓谷美】

新緑の季節、紅葉の季節。まるで絵葉書のような景色を実際に見られる鳩ノ巣渓谷は、まさに絶景の宝庫です。ここまで何度もご紹介しておりますが、ここは東京都。都心部からわずか2時間のアクセスで、絶景の渓谷美に出会える鳩ノ巣渓谷は、GWのお出かけにも、夏休みの家族旅行にもぴったりです。人気があるのもうなずけます。

鳩ノ巣渓谷おすすめの見どころ5【渓谷沿いの小道】

鳩ノ巣渓谷が人気の理由として、ご家族連れでのハイキングを楽しめることも挙げられます。岩場や山道も歩きますので、さすがにベビーカーでは無理ですが、小学生くらいのお子様でしたら、十分に一緒に歩けます。その歩く道のりが、川の流れや絶景を間近に感じながらの小道なんて、思い出に残るハイキングになりそうです。

鳩ノ巣渓谷おすすめの見どころ6【白丸ダム】

大多摩ウォーキング・トレイルの鳩ノ巣~白丸区間には、人気の見どころ、白丸ダムがあります。白丸ダムは主に東京都交通局の発電用ダムとして利用されています。東京都内にある数少ないダム、白丸ダムのためにせき止められたためにできた白丸調整池もまた、もうひとつの人気の秘密です。

この白丸調整池の水の色がとても美しいのです。天気が良ければ、エメラルドグリーンに輝く湖面を見られます。また、白丸ダムでは、今密かに人気が出てきている「ダムカード」ももらえます。

鳩ノ巣渓谷おすすめの見どころ7【白丸ダムの魚道】

白丸ダム人気の秘密はダムカードやダム湖だけではありません。高低差30mというダムとしては小規模な白丸ダムですが、多摩川を遡上する魚たちのために、長さ331.8m、高さ27mという大規模な魚道を作ってあるのです。上の写真に見える階段のようなところが、全て魚道です。これだけの高低差のあるところに魚道を備えられていることは稀なケースです。

階段を上るように遡上してきた魚たちは、それぞれの階段部分で休憩しながら遡り続けます。白丸ダムの管理棟からは、その魚道を見学できる地下道へ降りていくことができるようになっています。

ただし、冬季は閉館しています。冬季以外に関しては、奥多摩町公式ホームページにある「白丸魚道開館予定表」をご確認のうえお出かけください。

鳩ノ巣渓谷周辺のおすすめ宿泊施設

せっかく奥多摩まで大自然を堪能しに来たのですから、お泊りで一日のハイキングのお疲れを癒していきませんか。鳩ノ巣渓谷を楽しめる人気の宿泊施設をご紹介してまいります。

お好みのご宿泊スタイルで選んでも良いですし、お部屋からの眺めで選んでも良いでしょう。今回ご紹介しているのは旅行サイトから予約できる施設ですが、これらのお宿以外にも、民宿やコテージなど様々なタイプの宿泊施設がいくつかあります。

はとのす荘(ホテル)

鳩ノ巣渓谷へのアクセス抜群、「はとのす荘」は、鳩ノ巣渓谷をじっくり楽しむのにぴったりです。駅からのアクセスも良い鳩ノ巣渓谷ですが、せせらぎの音とともに温泉に浸かり、のんびり過ごしていきませんか。

2015年にリニューアルオープンした「はとのす荘」ですが、元は1960年国民宿舎として開業していた老舗のホテルでした。老朽化のため1年以上の改築期間を経て、設備も客室も一新です。洋室、和洋室、バリアフリールームまで備え、奥多摩のヤマメや青梅豚などの地産地消料理に舌鼓を!

奥多摩の風 はとのす荘

9065.original
住所:
東京都西多摩郡奥多摩町棚澤662
アクセス:
車/圏央道~青梅IC~青梅街道を奥多摩方面へ 車以外/JR青梅線鳩ノ巣駅下車、徒歩5分。
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 15:00 (IN) 〜 11:00 (OUT)
提供: Jws 88 50 blue

雲仙屋(民宿)

昔ながらの民宿、田舎のおばあちゃん家、という風情をお好みでしたら、鳩ノ巣渓谷近くの民宿「雲仙屋」はいかがでしょうか。鳩ノ巣駅から徒歩3分、車も渡れる雲仙橋すぐ横にあります。全9室というこじんまりした宿ですので、静かな環境で過ごすことができます。窓からは奥多摩の自然の風景を独り占めです。

民宿 雲仙屋

9063.original
住所:
東京都西多摩郡奥多摩町棚澤369-1
アクセス:
車/圏央道、青梅IC降車。~青梅IC~奥多摩方面に30分。
料金の目安:
サイトでご確認ください
宿泊時間:
宿泊時間: 14:00 (IN) 〜 10:00 (OUT)
提供: Jws 88 50 blue

奥多摩の人気観光スポット

鳩ノ巣渓谷を満喫して、じっくり一晩、疲れを癒した後には、翌日は少し違う方面へも足を延ばしてみたくなるものです。

奥多摩には、まだまだ見どころいっぱいです。ちがうハイキングコースを歩いて見るのも良し。本格的な登山にチャレンジするも良し。のんびりと風景を楽しむのも良し。都会ではできないリフレッシュの仕方がたくさんあります。

奥多摩湖

鳩ノ巣渓谷で見られる絶景の渓谷も美しいです。では、少し開けた山と湖の絶景はいかがでしょうか。奥多摩には「奥多摩湖」という人口の湖があります。多摩川のさらに上流にある小河内ダムの貯水池となっていて、東京都民の上水道に利用されています。

湖畔には様々な観光施設や宿泊施設があり、きれいな水をたたえた美しい奥多摩湖と、奥多摩の山の絶景を堪能できます。

麦山浮橋

奥多摩湖には、密かに人気の「浮橋」があります。文字通り、湖に浮かぶ橋で、橋の上はけっこう揺れます。これが観光客に人気。浮橋に立つと、湖面の高さで景色を眺めることができます。静かな湖面に映る景色と空の色、水の色。どれをとっても、素敵な思い出になること間違いなしです。

奥多摩 水と緑のふれあい館

奥多摩湖ができる元になった小河内ダムについて分かりやすく展示などもされているのが、水と緑のふれあい館です。奥多摩の歴史や伝統文化の紹介、ダムの仕組みや、水が生まれる水源林についてなど、幅広く奥多摩地域について触れることができます。

開館時間は9:30~17:00で、毎週水曜日と年末年始(12月28日~1月4日)が休館日となっています。駐車場も完備されていて、入館料、駐車料も無料です。

住所 東京都西多摩郡奥多摩町原5番地
電話番号 0428-86-2731

Original奥多摩湖の観光!周辺のおすすめスポットやアクセス情報などまとめ | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京・奥多摩湖は、東京都の最西端の奥多摩町にあり、1年を通して登山やウォーキング、釣りなどが...

鳩ノ巣渓谷を歩いてみたくなってきた!

奥多摩の絶景スポット、鳩ノ巣渓谷を中心に様々な情報をご紹介してまいりましたが、いかがでしたか?観光シーズンはもう間もなく。スニーカーとリュックを新調したら、鳩ノ巣渓谷へのハイキング計画してみませんか。おひとりさまでも、カップルでも、ご家族連れでも、みんな奥多摩のトリコになること間違いなしです!

関連記事

Original
この記事のライター
Maria

奥多摩・青梅・あきる野・福生の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

奥多摩・青梅・あきる野・福生の新着のまとめ