クリームポットのふわふわパンケーキが絶品!ハワイの人気カフェを紹介!

2019年3月20日 (2019年9月1日最終更新)

ハワイにある人気パンケーキ店「クリームポット」。日本未上陸のクリームポットは、ハワイに行った方だけが味わえる、ふわふわのスフレパンケーキが大人気です。今回はSNS映え間違いなしのクリームポットの人気メニューや行き方なども合わせてご紹介します。

目次

  1. ハワイの人気カフェ「クリームポット」についてご紹介
  2. 必見!ハワイの人気カフェ「クリームポット」ってどんなところ?
  3. アクセスをチェック!ハワイの人気カフェ「クリームポット」へ行くには?
  4. メニュー紹介!ハワイの人気カフェ「クリームポット」のおすすめはコレ
  5. ハワイの人気カフェ「クリームポット」の得する情報
  6. クリームポットでの注意点は?
  7. ハワイの人気カフェ「クリームポット」はふわふわパンケーキが充実していた!

ハワイの人気カフェ「クリームポット」についてご紹介

ハワイにある人気パンケーキ店「クリームポット」をご存知ですか?クリームポットは、日本未上陸のパンケーキ店ですが雑誌などで紹介されたことがきっかけに、日本人観光客もたくさん訪れる人気店です。今回は、ハワイの人気店「クリームポット」の人気メニューやお店までの行き方をはじめ、得する情報や注意点なども合わせてご紹介します。

Sen po 285658ハワイのパンケーキが美味しいおすすめの人気店を紹介!日本未上陸店も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ハワイといえばパンケーキを思い浮かべる人は多いですよね。日本でもパンケーキは未だ根強いブーム...

必見!ハワイの人気カフェ「クリームポット」ってどんなところ?

ハワイ発祥の人気パンケーキ店の「エッグスンシングス」や「カフェカイラ」などは、日本にも上陸しており、ハワイまで行かなくてもハワイの味を味わうことができます。今回ご紹介する「クリームポット」は、まだ日本には上陸していないので、ハワイでしか味わうことができません。ここではそんなクリームポットのお店の情報をご紹介します。

かわいい店内

ハワイにある「クリームポット」は、その名にふさわしくとても可愛らしいカントリー風の入口や店内が特徴的で、可愛らしい雰囲気が好きな女性にはおすすめのお店です。

店内は日差しが入る大きな窓と白い壁、ウッド調のインテリアはフレンチカントリー風で、ワイキキの賑やかな雰囲気とは一変して落ち着きのある可愛らしい店内が特徴です。

また、テラス席には植物がたくさんありガーデンテラスのような雰囲気でパンケーキなどを味わうことができます。

日本人に対してのサービス

日本未上陸の「クリームポット」ですが、雑誌などに掲載されたことをきっかけに日本人観光客の利用もとても増えています。

そのため、スタッフさんの気配りをはじめ、店内もとても清潔に保たれているので観光でハワイを訪れた際も安心です。また、家族連れでハワイ旅行を楽しみたい方でもクリームポットにはキッズメニューもあるので、家族みんなで食事を楽しめます。

そして、海外旅行の際の食事のオーダーを心配している方も多いと思いますが「クリームポット」には、日本人スタッフさんが常駐していたり、日本語メニューもあるので英語に不安がある方でも安心してハワイでの外食を楽しめます。

アクセスをチェック!ハワイの人気カフェ「クリームポット」へ行くには?

クリームポットはワイキキにあるので、徒歩やトロリーでも気軽に行くことができます。ここからは、ハワイにある「クリームポット」への行き方をご紹介します。徒歩とトロリー別に詳しく行き方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

徒歩での行き方

多くの方が宿泊するワイキキからクリームポットまでは、徒歩で15分ほどで行くことができます。行き方は、ロイヤル・ハワイアン・センターからカラカウア・アベニューをアラモアナ方面へ向かいます。

そのあとニウ・ストリートを右折して、アラ・ワイ運河が見えてきたら左側にハワイアン・モナーク・ホテルがあるのでその1階にクリームポットが入っています。行き方は比較的簡単で徒歩でも行くことができるので、朝のお散歩やショッピング中にも寄ることができます。

トロリーでの行き方

クリームポットへはトロリーを使っていくことができます。トロリーは、ワイキキトロリーはピンクライン、HISのレアレアトロリーはアラモアナ・ドンキライン、JTBのオリオリトロリーではアラモアナルートに乗ると行くことができます。トロリーによって下車する場所が違うので注意してください。

ワイキキやアラモアナからの行き方

基本的にトロリーは循環しているので、乗るラインだけ間違えなければ目的地に行くことができます。ワイキキトロリーはピンクライン、HISのレアレアトロリーはアラモアナ・ドンキライン、JTBのオリオリトロリーではアラモアナルートこれだけ間違えなければ行くことができます。

また乗車する場所も、宿泊しているホテルの近くやアラモアナ・センターをはじめ、ワイキキトロリーはTギャラリア・ハワイ、HISはロイヤル・ハワイアン・センター、JTBはTギャラリアbyDFSからもトロリーが出発しています。

上記でご紹介したトロリーのラインはアラモアナ・センターとワイキキを循環しているので、どちらから乗車しても同じラインに乗れば、クリームポット近くまで行くことができます。

トロリーを下車する場所は?

下車する場所は乗るトロリーによって異なります。ワイキキトロリーとHISのレアレアトロリーは「ホテル・ラ・クロア」、JTBのオリオリトロリーは「ラグジュアリー・ロウ/リッツカールトン・ワイキキ」で下車すると一番近くで下車できます。

トロリー下車後は、カラカウア・アベニューからニウ・ストリートを経由するとクリームポットまで行くことができます。クリームポットまでの行き方は大きく分けて徒歩かトロリーの2パターンになるので、お好みの行き方でクリームポットのパンケーキを味わってみてください。

住所 444 Niu St., Honolulu, HI 96815
電話番号 +1 808-429-0945

E4d03e9b289ff89157955b4cbce970ae mハワイのトロリーバスは観光に便利!乗り放題もあり!料金は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ハワイでの移動はツアーは添乗員がいるので問題ありません。個人旅行の場合ツアー会社のトロリーバ...

メニュー紹介!ハワイの人気カフェ「クリームポット」のおすすめはコレ

ここからは、ハワイにあるパンケーキ人気店「クリームポット」のおすすめメニューをご紹介します。クリームポットの営業時間は早朝から昼過ぎまでなので、モーニングやランチにぴったりなメニューが揃っていて、尚且つ分かりやすいメニューばかりなので、海外慣れしていない日本人観光客の方もオーダーしやすいのが特徴です。

ぜひ、ハワイでのモーニングやランチは、お好みのパンケーキやお食事メニューをおしゃれな店内のクリームポットで味わってみてはいかがですか?

一押しのおすすめ定番!【スフレパンケーキ】

クリームポットでは、本場のフランスで料理修行の経験を持つシェフが作るフレンチスタイルのメニューがメインになっています。その中でも一番の人気は「スフレパンケーキ」です。

とてもふわふわとしたスフレパンケーキは「ストロベリーソース」、「塩キャラメルソース」、「ラズベリーソース」、「ブラックベリーソース」、「メイプルソース」、「ミックスベリー」の6種類があります。どのスフレパンケーキにも新鮮なフルーツと生クリームがトッピングされているので、朝食にもぴったりです。

値段は、「ストロベリーソース」、「塩キャラメルソース」が14.5ドル、「ラズベリーソース」、「ブラックベリーソース」、「メイプルソース」が16.5ドル、「ミックスベリー」が20.5ドルで、プラス2ドルでフルーツの追加も可能です。

スフレパンケーキと並んで人気のおすすめメニュー【フレンチトースト】

クリームポットではスフレパンケーキが一番人気ですが、「フレンチトースト」も外すことができません。モチモチでふわふわのフレンチトーストは、メープルシロップがかかった「プレーン」、塩キャラメルソースがかかった「バナナ」、フレッシュのいちごとソースがかかった「ストロベリー」、焼きリンゴがのった「アップル」などがあります。

中でも一番人気は、自家製のベイクドチーズケーキといちごソースがかかった「ホームメイド ベイクド チーズケーキ」です。

値段は、「プレーン」が10.5ドル、「バナナ」と「ストロベリー」が11.5ドル、「アップル」が12.5ドル、「ホームメイド ベイクド チーズケーキ」が14.5ドルになっています。

お食事メニューも人気【エッグベネディクト】

朝食やブランチにおすすめの「エッグベネディクト」。クリームポットのエッグベネディクトは、他とは違い、イングリッシュマフィンの代わりにバゲットやライスケーキ、ポテトケーキなどが使われています。

ちょっと変わったエッグベネディクトのメニューは、ポテトケーキの上にサーモンがのった「サーモン」、バゲットの上にベーコンやアボカドがのった「ハワイアン」、ライスケーキの上にマグロのカルパッチョやアボカドがのった「マグロ」、フレンチトーストの上にベーコンと塩キャラメルがのった「フレンチトーストのベネディクト」があります。

中でも特におすすめが、塩が効いたサーモンとポテトの相性が抜群の「サーモン」です。エッグベネディクトといっても他のエッグベネディクトとはちょっと違うので、ぜひクリームポットに行った際には味わってみてください。エッグベネディクトは各18.5ドルです。

一度食べたら忘れられない【フランス風オムレツ】

次におすすめなのが、こちらも朝食にぴったりの「フランス風オムレツ」。クリームポットのオムレツのメニューには、ライスとミックスグリーンサラダが付いているので朝食にもおすすめです。

オムレツメニューは、自家製のベーコンやマッシュルーム、オニオンなどが入った「クラシック」、3種類のチーズとトマトが入った「三種チーズ」、自家製のウォッカに漬けたサーモンやサワークリームが入った「サーモン」、タイガーシュリンプやほうれん草が入った「シュリンプ」があります。

値段は、「クラシック」と「三種チーズ」が11.5ドル、「サーモン」が16.5ドル、「シュリンプ」が14.5ドルになっています。

ハワイの人気カフェ「クリームポット」の得する情報

ここからはハワイのパンケーキ人気店「クリームポット」で食事をする際のお得な情報をご紹介します。クリームポットは人気店なのでおすすめの時間帯やおすすめの席、海外に行ったときに気になるチップの情報などもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

狙い目の時間帯は?

営業時間が朝6時半から14時半までのクリームポットでは、朝食からランチの時間帯まで食事を楽しめます。

パンケーキの人気店なので混雑していることが多いですが、朝食の時間帯のオープンから9時ごろまで、もしくはランチ後の13時から14時までは比較的混雑を避けられ、並ばずに入店できる可能性があるので、混雑を避けたい方はその時間帯に行ってみることをおすすめします。

9時以降からランチの時間帯までは混雑することが多く、待ち時間が出ることもあるので旅行で予定が詰まっている方は、その時間を避けるか時間に余裕を持っていくようにしてください。ただし、火曜日は定休日となりますのでご注意ください。

テラス席を狙え!

アラ・ワイ運河が目の前にある「クリームポット」の外にあるテラス席はハーブガーデンになっています。そのテラス席では、アラ・ワイ運河からのハワイの風を感じながら食事を楽しむことができるので、可愛らしいフレンチカントリー風の店内もおすすめですが、天気のいい日はテラスでの食事もおすすめです。

また、ハワイのレストランでは冷房が効きすぎて寒い場合もあるので、冷房が気になる方にもテラス席はおすすめです。

チップはいるの?

日本での外食と海外での外食の違いの一つでもある「チップ」。日本で外食を楽しむ際にはチップの習慣がないので、困ってしまう方も多いと思います。

そんな時でもクリームポットでの食事は安心です。それは、お会計の際にすでにチップが含まれた金額で出してくれるからです。そのため、お会計ごとにチップの計算をしなくていいのは、日本人にとってとても有り難いことです。

クリームポットでは、すでに20パーセントのチップが加算されていますが、チップの金額の変更もできるので、その際はスタッフさんに伝えて変更してもらってください。

クリームポットでの注意点は?

ここからは「クリームポット」で食事を楽しむ際の注意点をご紹介します。注意点の中には店内でのルールや、オーダー時の注意点なども合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてクリームポットでの朝食やランチを楽しんでみてください。

写真撮影はNG?

可愛い店内や可愛らしい料理は写真におさめておきたいという方も多いと思いますが、残念ながらクリームポットでは写真撮影をすることができません。

それは、店内を歩き回って撮ったり、他の方が映り込んだ状態でも撮影したりという方が多かったことをきっかけに店内での写真撮影がNGになってしまいました。どうしても撮影したい方は、混雑している時間を避けたり、スタッフの方に撮影をしていいか確認してから撮影するようにしてください。

ハワイの割には量は少なめ

ハワイのレストランはボリューム満点でなかなか一人では食べきれず観光客の方は少なめにオーダーする方が多いですが、クリームポットの料理はハワイにしては量は少なめなので1人1品のオーダーで丁度いいぐらいです。日本語ができるスタッフさんもいるので、心配な方はスタッフさんに相談してみてください。

ハワイの人気カフェ「クリームポット」はふわふわパンケーキが充実していた!

今回はハワイにあるパンケーキ店「クリームポット」の人気メニューをはじめ、クリームポットへの行き方やお店の情報などをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?クリームポットは、海外旅行が初めての方や海外旅行に不安がある方でも安心して食事が楽しめる人気店なので、ぜひハワイに行った際には訪れてみてはいかがですか?

関連記事

関連するキーワード

1323.thumb
この記事のライター
Ayano Naito
旅行大好きなハワイアンロミロミセラピスト。国内・海外問わずいろいろな所に旅行しています。スキューバダイビングライセンス・ハワイ州観光局公式スペシャリスト検定取得など取得。

ハワイの人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

ハワイの新着のまとめ