ハワイのガーリックシュリンプが絶品なお店TOP9!ソースが決め手!

ハワイのガーリックシュリンプが絶品なお店TOP9!ソースが決め手!

ハワイのB級グルメといえば「ガーリックシュリンプ」。食欲をそそるガーリックの香りとエビの旨味がクセになり、ハワイに行ったら絶対に食べたい一品です。行列ができる人気店や絶対に外せない「ガーリックシュリンプ」の人気TOP9をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.ハワイのB級グルメ「ガーリックシュリンプ」
  2. 2.ハワイの人気ガーリックシュリンプ第9位:ケンズキッチン
  3. 3.ハワイの人気ガーリックシュリンプ第8位:ティタズグリル
  4. 4.ハワイの人気ガーリックシュリンプ第7位:ニコスピア38
  5. 5.ハワイの人気ガーリックシュリンプ第6位:ファイブスターシュリンプ
  6. 6.ハワイの人気ガーリックシュリンプ第5位:ビッグウェーブシュリンプ
  7. 7.ハワイの人気ガーリックシュリンプ第4位:フミズカフクシュリンプ
  8. 8.ハワイの人気ガーリックシュリンプ第3位:ブルーウォーターシュリンプ
  9. 9.ハワイの人気ガーリックシュリンプ第2位:ロミーズ
  10. 10.ハワイの人気ガーリックシュリンプ第1位:ジョバンニーズ
  11. 11.ハワイのガーリックシュリンプを食べ比べ!

ハワイのB級グルメ「ガーリックシュリンプ」

ハワイのB級グルメ「ガーリックシュリンプ」は、オアフ島のノースショアが発祥です。屋台がたくさん並ぶノースショアのカフクはエビの養殖場があり、新鮮なエビを食べることができます。ガーリックとプリプリなエビがクセになる「ガーリックシュリンプ」はハワイで絶対食べたい一品。ノースショアやワイキキ周辺の人気のお店TOP9をご紹介します。

ハワイの人気ガーリックシュリンプ第9位:ケンズキッチン

Ken's・Kitchen(ケンズ・キッチン)は、ワイキキショッピングプラザ裏にある「アロハテーブル」前のパーキングエリアに駐車している屋台です。ハワイの鉄板焼きレストランで長年料理長を務めたシェフが作るガーリックシュリンプは、毎日通う観光客もいるほど。日本語メニューあり、日本語OK、立地的にもとても行きやすいお店です。

スパイシーガーリックシュリンプがおすすめ

ガーリックシュリンプは全4種類、各15ドル。おすすめはスパイシーガーリックシュリンプです。まろやかな甘みがあり、上品な辛さが特徴。エビのサイズも文句なしの大ぶりです!ケンズキッチンでは甲殻アレルギーの方も安心して一緒に食べられる、シーフード以外の唐揚げやステーキなどのプレートもあります。

ハワイの人気ガーリックシュリンプ第8位:ティタズグリル

Tita’s・Grill&Catering(ティタズ・グリル&ケータリング)は、ノースショアのカフクハイスクールの目の前にあります。近くには人気店の「ロミーズ」や「フミズ」がありますが、ほかの店に比べて観光客が少ないので、とっても穴場です。駐車場もあり、イートインスペースも広いです。ガーリックシュリンプ店には珍しい朝7時半から営業しています。

ハワイで一番おいしいと噂の店は濃い目の味が特徴

エビの大きさは他のお店より大きめで、濃い目の味付けが特徴です。「毎年必ず行く」や「ハワイで一番おいしいガーリックシュリンプ」などのクチコミも多いのでお土産話にも最適。エビへの火の通し加減も絶妙で、エビのプリプリ感が楽しめます。プレートにはマカロニサラダやサービスでチョコレートケーキもついています。

ハワイの人気ガーリックシュリンプ第7位:ニコスピア38

Nico's・Pier38(ニコス・ピア38)はホノルル港のそばにあり、魚市場で競り落としたばかりの新鮮なシーフードをリーズナブルに食べられる人気店です。ガーリックシュリンプだけではなく、新鮮なシーフード料理を楽しめます。バーカウンターやフィッシュマーケットもあり、ハワイのローカルや芸能人にも大人気のおしゃれなレストランです。

ペストソースの味付けで大人のガーリックシュリンプ

ガーリックシュリンプは、ペストソースで味付けされた大人の味です。ガーリックは控え目なので女性にもおすすめです。ランチまではオーダーした後にカウンターに取りに行くセルフ式ですが、ディナーはテーブルでオーダーする形式です。メニューも豊富で、日本語メニューもあるので安心しておいしい食事が楽しめます。

ハワイの人気ガーリックシュリンプ第6位:ファイブスターシュリンプ

Five・Star・Shrimp(ファイブ・スター・シュリンプ)は、ワイキキのビーチウォーク沿いにある、パウハナマーケットというフードトラックが常時7台ほど屋台が集まる話題のスポットにあります。日本語メニューや日本語OKのお店も多数あるので安心して利用できます。夜22時まで営業しているので、屋台感覚でディナーを楽しめます。

シンプルな味付けで日本人にもちょうどいいサイズ

シンプルだけど濃厚ソースとガーリックがしっかり効いたガーリックシュリンプや、スパイシー味などもおすすめです。ワイキキにあるのでホテルでビール片手に味わいながら食べることもできます。ライスは2スクープのところが多いですが、ファイブスターシュリンプは1スクープ。日本人や他にもいろいろ楽しみたい方にはちょうどいい量です。

ハワイの人気ガーリックシュリンプ第5位:ビッグウェーブシュリンプ

Big・Wave・Shrimp(ビッグ・ウェーブ・シュリンプ)は、ハレイワタウンの入口からすぐのところにあります。夫婦で営んでいるガーリックシュリンプの屋台は、世界的なクチコミサイトでは2014年・2015年に受賞するほどの人気。芸能人や映画のクルーも絶賛するガーリックシュリンプです。日本語メニューはありますが、注文は英語のみです。

日本人好みの味付け

隠し味は和風だしで、あっさりした味は日本人好みの味付けです。さっぱりとしたレモンペッパーシュリンプのソースは奥様が手作りする自慢のメニュー。醤油とチリソースがテーブルに置いてあるので、味をアレンジすることもできます。1ドルプラスするとシュリンプが殻なしにできるので、小さな子供でもパクパク食べられるのも人気の秘密。

ハワイの人気ガーリックシュリンプ第4位:フミズカフクシュリンプ

Fumi's・Kahuku・Shrimp(フミズ・カフク・シュリンプ)は、ノースショアのカフクに屋台とお店の2店舗あります。店の裏にある自家養殖場のエビを使用しているので、いつでも新鮮なシーフード楽しめます。このエビは島内の業者も買いに来るほどの新鮮さです。過去には雑誌で「全米で食べたいランチ・ベスト5」にも選ばれました。

濃厚過ぎず、あっさり過ぎずのソースが決め手

レモンペッパーやホット&スパイシー、スパイシーガーリック、ソルト&ペッパー、ジンジャーなどメニューは全11種類あり、辛さも調節できるのも魅力。中でもおすすめはバターガーリック。丸一日かけて作られているソースも絶品です。甘味あふれるカフクコーンもおすすめです。写真付きの日本語メニューがあるのもポイントが高いです。

ハワイの人気ガーリックシュリンプ第3位:ブルーウォーターシュリンプ

Blue・Water・Shrimp・Seafood(ブルー・ウォーター・シュリンプ・シーフード)は、日本でもお馴染みで大人気のガーリックシュリンプ店。ハワイではアラモアナセンターやロイヤルハワイアンセンター、ヒルトンハワイアンビレッジの3店舗があります。ノースショアまで行かなくても本格的な味で期待を裏切りません。シーフードのほかにもメニューがあります。

ブルーウォーターシュリンプシーフードの屋台は、ワイキキのクヒオアベニューのVIPレンタカーの駐車場内にあります。カラカウア通りから少し入ったところにあり、周辺にはホテルがあるので宿泊されている方は、大通りまで出なくても本場のガーリックシュリンプを気軽に楽しめます。

少し濃い目のクリーミーガーリックソースが魅力

少し濃い目のクリーミーガーリックソースは、シュリンプだけでなくライスやパンにもよく合います。よくある皮付きのものではなく、食べやすいむき身のシュリンプを使用しているので食べやすく人気です。味は、マイルド・ミディアム・スパイシーからお好みのソースを選べます。プレートは色どりもよく盛り付けも綺麗なのが人気の秘密です。

ハワイの人気ガーリックシュリンプ第2位:ロミーズ

Romy's・Kahuku・Prawns&Shrimp・Hut(ロミーズ・カフク・プローンズ&シュリンプ・ハット)は、真っ赤な看板と外観が目を引く、行列の絶えない人気のお店です。待ち時間30分から1時間は当たり前なので時間に余裕をもって行くのがおすすめです。ノースショアのガーリックシュリンプといえば一位、二位を争うほどの人気店です。

ロミーズの裏の養殖場ではエビ釣りを体験できるので、思い出作りや、お土産話にぜひ!釣ったエビは塩焼きにして食べたり、ロミーズのランチもついて55ドル。送迎や観光、ハレイワタウンのショッピングが付いたツアーもあります(大人99ドル・子供59ドル)。ツアー以外で行ってエビ釣りをする場合は、必ず予約をしておくことをおすすめします。

バター&ガーリックが一番人気

頭まで付いた大エビがガーリックソースに絡められボリュームもたっぷり。注文を受けてから生きているエビを獲って調理するので時間はかかりますが新鮮でプリプリです。普通のシュリンプだけでなく、少し大きめの手長エビ「プラウン」を選べるお店は屋台も含めロミーズだけ。サイドメニューをカスタマイズできたり、日本語メニューもあります。

ハワイの人気ガーリックシュリンプ第1位:ジョバンニーズ

GIOVANNI'S(ジョバンニーズ)は、ハワイでは2店舗、日本では4店舗あるお馴染みのお店です。日本のメディアでもよく登場するので、落書きの屋台と言えば、ガーリックシュリンプを食べたことがある人なら誰もが分かるはず!ハレイワ店も人気になってきていますが、カフク店が本店です。白い屋台を埋めるような落書きもチェックしてみてください。

ハワイのお土産にジョバンニーズのスキャンピソース

ジョバンニーズのガーリックシュリンプソースをお土産に!これをお土産に買って帰れば家でもジョバンニーズの味が楽しめます。ビンタイプなので少し重いお土産になってしまいますが、ガーリックシュリンプファンの方には喜ばれるお土産です。ウォールマートやドン・キホーテで格安で購入できます。家用・お友達用のお土産にいかがですか?

定番のシュリンプ・スキャンピがおすすめ

ガーリックのパンチが効いた定番の「シュリンプ・スキャンピ」がおすすめです。11尾の大ぶりのエビはそのまま揚げてありますが、殻をむいてもちゃんとガーリックの味がしみ込んでいます。ホット&スパイシーやレモンバターの3種類があります。シュリンプの他には2スクープのライスのみですが、11尾もエビが入っているので食べ応えはあります。

ハワイのガーリックシュリンプを食べ比べ!

いかがでしたでしょうか?屋台はいろいろな種類を買って食べ比べできるので、いろいろ食べたい方にはおすすめです。お店ではシーフード以外のメニューがあるころも多いので、どんな世代の方でも一緒に楽しめます。ぜひあなた好みのガーリックシュリンプ店を見つけてみてください。

ハワイ限定のおすすめ商品13選!お土産にも人気で喜ばれる! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ハワイ限定のおすすめ商品13選!お土産にも人気で喜ばれる! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本人に大人気の海外旅行と言えば「ハワイ」。せっかくだからハワイでしか買えない限定アイテムをお土産にして、みんなと一味違うものを選んでみませんか?お土産選びも旅行の楽しみの一つ!ここではハワイ限定のおすすめアイテムをご紹介します。
ハワイでサーフィンをする時の注意事項!初心者はレッスンがおすすめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ハワイでサーフィンをする時の注意事項!初心者はレッスンがおすすめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ハワイと言えば海!海と言えばサーフィン!と言う方も多いのではないでしょうか?毎年夏になるとサーフィンを初めてみたいなと思う方も多いですよね!今回はハワイでサーフィンをする際の注意点や、サーフィンを始めたいという方にオススメのレッスンなどを詳しく教えます!
Ayano Naito
ライター

Ayano Naito

旅行が大好きなハワイアンロミロミセラピストです。国内・海外問わずいろいろな所に旅行しています。スキューバダイビングのライセンス・ハワイ州観光局公式スペシャリスト検定など取得。

関連記事

人気記事ランキング