地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

ハワイのトロリーバスは観光に便利!乗り放題もあり!料金は?

ハワイのトロリーバスは観光に便利!乗り放題もあり!料金は?

ハワイでの移動はツアーは添乗員がいるので問題ありません。個人旅行の場合ツアー会社のトロリーバスなどはは利用できません。移動手段としてはハワイの現地のワイキキトロリーやレンタカー、バス、タクシーなどがあります。便利なハワイのトロリーバスについて案内します。

ハワイの移動手段はトロリーバスが一番見出し

ワイキキビーチ周辺は歩いていけますが、数日過ごして慣れてくるにつれ行動範囲が広がります。アラモアナセンターからカハラ地区などへ行く手段としてはレンタカー、バス、タクシーなどあります。開放的で風を受けながら街中を走るトロリーバスもその一つです。 

ハワイ・オアフ島の観光スポットを厳選!おすすめグルメもあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ハワイ・オアフ島の観光スポットを厳選!おすすめグルメもあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
最初のハワイ旅行はほとんどの人はオアフ島ホノルルに行くのではないでしょうか。観光、ショッピング、食事など楽しさが一杯です。オアフ島にはハワイを代表するものが色々あります。おすすめのショッピング、グルメ、観光スポットなど紹介します。

ハワイの移動には「トロリー」以外も?見出し

ハワイの「レンタカー」

自由に生きたいときに行けるのが車です。ハワイのレンタカーは手続きが簡単で非常に便利です。日本の免許証で借りられます。車種により料金は異なりますが小型車で100ドル前後/日、中型車で120ドル前後/日です。気持ちのいいオープンカーは140ドル前後/日です。

しかし気をつけなければいけないのは、環境が日本とは違うことです。車線は右側なので慣れるまで時間がかかります。怖いのは慣れて気を抜くと左車線を走ろうとすることです。交通ルールも違います。ガソリンの入れ方も日本と違います。いろいろ注意することが多いですね。

ハワイの「ザ・バス」

ハワイのザ・バスはシステムが優れていてサービスも充実しています。オアフ島の公共交通サービスです。最大の魅力は料金が1回につき2.5ドルという事。旅行者向けには4日間全路線乗り放題35ドル、1ヶ月乗り放題のマンスリー・パス60ドルは長期滞在するときはいいですね。

路線も細かく設定されており非常に便利です。アラモアナショッピングセンターには多くのバス路線の停留所があります。時刻表はありますが日本のように正確には運行されていません。風俗や習慣の違いですね。のんびりゆっくり過ごしましょう。

ハワイの「タクシー」

タクシーは荷物が多いときなど便利ですね。日本のタクシーとは少し異なります。自動ドアではないので自分で開け閉めします。初乗運賃はオアフ島は2.8ドル、ハワイ島は3ドル、マウイ島とカウアイ島は2.5ドルです。1マイル(1.6km)につき2から3ドル加算されます。

支払いの時はチップとして料金の15%から20%を払います。日本のように流しのタクシーはいないので手を上げても止まってはくれません。料金の目安は、ダニエル・K・イノウエ国際空港からワイキキまで30ドルから40ドル、コオリナまで65ドルから70ドルの料金です。

旅行会社から出ている人気「トロリーバス」見出し

ハワイ旅行を旅行会社で申し込んだ場合は、旅行会社から乗車パスカードを渡されるのでトロリーに乗るときはそれを見せるだけで利用できます。旅行会社のトロリーバスの前後に「JTB」や「H.I.S」などと表示されていますので安心です。オアフ島の有名な観光地に行けます。

ハワイ・アラモアナショッピングセンターで買い物!営業時間やおすすめは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ハワイ・アラモアナショッピングセンターで買い物!営業時間やおすすめは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
誰もが憧れる南国リゾートの地「ハワイ」には有名なショッピングセンター「アラモアナショッピングセンター」があります。そこでハワイ旅行で楽しめる、アラモアナショッピングの買い物方法や営業時間・おすすめ情報などをご紹介していきます。

おすすめトロリーバス「ワイキキトロリー」見出し

各路線の出発点は、チケット売り場のある免税店の「T Galleria By DFS」です。近くにはワイキキ・ショッピング・プラザやロイヤル・ハワイアン・センターがありショッピングや食事に便利です。時間帯によっては満席でゆっくり座れないのでの注意しましょう。

ワイキキトロリーはワイキキを出発点として観光スポットを回るトロリーバスです。5つある路線はほとんどの観光スポットに停留所があります。5つの路線でだいたいの観光スポットに行くことができおすすめ。オープンカーのように風を受けながらハワイを満喫できます。

アラモアナショッピングセンターのフードコート人気メニューBEST5! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
アラモアナショッピングセンターのフードコート人気メニューBEST5! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ハワイへの旅行者が、滞在中に一度は訪れるアラモアナショッピングセンター。お買い物を楽しむのはもちろん、フードコートでの食事も充実していて、観光客に人気なんです。今回は、アラモアナショッピングセンターのフードコートで食べたい人気メニューを厳選してご紹介します。

ハワイのワイキキトロリー①「パープルライン」見出し

パープルラインはパールハーバー観光コースになります。ハワイでも最大のローカルマーケットが開催されるアロハスタジアムはおすすめの人気スポットです。ファーマーズマーケットやローカルアーティストのギャラリー、アンティークショップなどあり回るだけでも楽しめます。

パープルラインは約70分毎で運行しています。1周約2時間かかります。ワイキキから西の方のローカルな街並みがもられます。ハワイ特有の海風と青い空と海は気持ちがいいです。ニコスピア38は「ポケ」が美味しいので有名です。乗り放題はチケット売り場で購入出来ます。

ハワイのワイキキトロリー②「ピンクライン」見出し

ピンクラインはワイキキ・アラモアナセンターのコースです。10分間隔で走っています。1周約1時間。ワイキキエリア内の有名ホテルやロイヤル・ハワイアン・ショッピングセンターなどのスポットを経由します。ショッピング好きの人におすすめのトロリーバスのコースです。

料金は片道大人・子供2ドルで乗車時に払います。小さな子供連れの方は保護者の間に座らせ注意しましょう。急ブレーキや揺れなど危険なので走行中の移動はしないようにしてください。止まってから手を挙げれば、降りるまで待ってくれます。乗り放題チケットはチケット売り場で。

ハワイのおすすめホテルランキング!ハネムーンや家族旅行にも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ハワイのおすすめホテルランキング!ハネムーンや家族旅行にも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ハワイ旅行でどこに泊まるのか、たくさんホテルがあるので選ぶのも迷ってしまいます。また、誰と行くのか、予算や目的によっても決め手は色々です。ハワイのおすすめホテルをランキング形式でまとめてみました。それではおすすめホテルランキングをご覧ください。
ハワイのおすすめスーパー9店紹介!お土産探しにもピッタリの店舗あり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ハワイのおすすめスーパー9店紹介!お土産探しにもピッタリの店舗あり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ハワイに行った際に、地元のスーパーに行ってローカル気分を味わうのは如何でしょうか。コンドミニアムに滞在する予定の人はスーパーで買った食材でハワイアンフードを作ってみたらいつもと一味違うハワイ旅行になると思います。またお土産のまとめ買いにもおすすめです。

ハワイのワイキキトロリー③「ブルーライン」見出し

ブルーラインは5つのコースの中で一番距離があります。1周2時間30分かかります。便は1日4便です。高級住宅地にあるカハラモールはハワイに来たら一度は訪れて欲しいおすすめのスポットです。オシャレで清潔感溢れるショップ、店内はは広くて開放感があります。 

東海岸の海を楽しめるコースです。ブルーラインは別名パノラマコーストツアーともいわれています。ハナウマ湾、サンディービーチなどパノラマオーシャンビューはまた訪れたいと思わせるきれいな場所です。2階建てトロリーバスのダブルデッカーなので目線が高くなります。

ハワイのビーチ15選!きれいな海はどこ?ワイキキビーチは外せない! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ハワイのビーチ15選!きれいな海はどこ?ワイキキビーチは外せない! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
皆さんはハワイできれいなビーチを知っていますか?ワイキキビーチも十分きれいですが、まだまだハワイの海を楽しめるきれいなビーチは存在します。今回はそんなワイキキビーチの楽しみ方から海でウミガメが見られるところなど様々なものをご紹介しているのでぜひご覧ください。

ハワイのワイキキトロリー④「グリーンライン」見出し

グリーンラインはダイアモンドヘッドコースです。ダイアモンドヘッド・クレーター(内側)まで行きます。35分ごとで1周1時間10分です。ダイアモンドヘッドから見られる雄大な風景は素晴らしいです。ホノルル動物園やワイキキ水族館、カハラモールの観光スポットも通ります。

是非おすすめしたいのはKCCファーマーズ・マーケットです。ハワイでも最大規模の朝市で野菜やフルーツ、お土産に最適なメイドインハワイの品々がたくさんあります。マーケットは土曜日AM7時から11時まで。グリーンラインは毎週土曜の午前中マーケットへ運行しています。

ハワイ・ダイヤモンドヘッド登山ガイド!日の出ツアーも人気! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ハワイ・ダイヤモンドヘッド登山ガイド!日の出ツアーも人気! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ハワイのオアフ島のシンボルであるダイヤモンドヘッド。ハワイのオアフ島に行くと、必ず目に止まりますよね。そんなダイヤモンドヘッド登山をしたいと考えている皆さんに、ダイヤモンドヘッドへの行き方、服装のことなど、詳しい登山ガイドをお伝えします。

ハワイのワイキキトロリー⑤「レッドライン」見出し

レッドラインは50分間隔で1周1時間40分ほど。急ピッチで開発が進んでいるダウンタウンコースです。歴史的建物や文化施設も多くハワイのルーツを感じられます。イオラニ宮殿やカメハメハ大王などの歴史的な面とチャイナタウンの活気溢れる現在のハワイの両面を体験できます。

ハワイ出雲大社は日系移民の心のよりどころとなったところです。移民として苦労を重ねた日本人が遠く故郷を思う気持ちで建てられました。正月やお盆には多くの日系日本人が集まります。先人達への感謝の気持ちをこめ参拝しています。多くの日本人観光客も訪れています。

ハワイ出雲大社を参拝!御朱印帳やお守りはお土産にもおすすめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ハワイ出雲大社を参拝!御朱印帳やお守りはお土産にもおすすめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
出雲大社といえば島根県ですね。実はハワイにも出雲大社があるんです。縁結びにご利益があり、日本全国に分社のある出雲大社ですがなぜハワイに? 最近はテレビでも取り上げられて人気のハワイ出雲大社。創建のいきさつや独特なお守りなどをご紹介します。
ハワイの治安と注意すべき場所やポイント!夜のチャイナタウンは危険? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
ハワイの治安と注意すべき場所やポイント!夜のチャイナタウンは危険? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
治安が良いとされるハワイ。ワイキキビーチやチャイナタウン等日本人にも人気の観光地がありますが、夜は治安の悪い場所もあり、外務省から注意喚起される事例や危険生物もいたりします。楽しくハワイ旅行を満喫するために必要な、ハワイで注意することをご紹介します。

ワイキキトロリーバスの「チケット売り場」見出し

トロリーチケットはTギャラリアハワイのトロリー乗り場で販売しています。ピンクラインは片道2ドルです。1日券の料金はピンクラインとほかの4ラインの組み合わせで25ドルです。5ラインすべての料金は1日券45ドル、4日券65ドル、7日券70ドルとなっています。

チケット売り場のあるTギャラリアハワイby DFSのチケットカウンターではインターネット予約のチケットが受け取れます。DFSは公認免税店で一流のトップブランドの製品が免税価格で購入出来ます。乗客数が少ない時間帯であれば荷物が多くてもゆったり座れます。

トロリーチケットはチケット売り場よりインターネットでの購入がお得です。waikikitrolley.com/jp。1日5ライン乗り放題が41ドル、4日5ライン乗り放題が59ドル、7日5ライン乗り放題が63ドルです。トロリー貸切はイベントとしても利用できます。

乗車料金に付いてはピンクラインだけ乗車時2ドルの支払いで利用できます。料金ボックスは運転席の横にあります。他のブルーライン、グリーンライン、レッドライン、パープルラインは1日券、4日券、7日券チケットをチケット売り場で購入して利用します。

ワイキキトロリー「貸切サービス」見出し

ワイキキトロリーにはオープントロリーエアー、2階建てバス、ミニバスやバンなどによる貸切サービスがあります。家族旅行や結婚式のイベント、誕生日や卒業記念に利用できます。チャーター料金は2時間でトロリーバスは560ドル、ミニバスは420ドル、バンは350ドルです。

風の中を走るワイキキトロリーは気分最高見出し

ワイキキトロリーバスはワイキキ周辺を知る上で非常に便利な移動手段です。多くの観光スポットが網羅されています。計画的に観光スポットを決め運行時間を確認して利用すると非常に便利です。チケット売り場で乗り放題を購入してワイキキトロリーを乗り尽くしましょう。

関連キーワード

投稿日: 2017年7月27日最終更新日: 2020年10月7日

アイコン

RELATED

関連記事

ライター

この記事を書いた人

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

国内・海外の旅行・観光スポット・グルメ・ホテルなどの情報発信メディア

©TravelNote