高雄の美濃はおすすめの穴場観光スポット!見どころや行き方もご紹介!

2019年3月29日 (2019年9月1日最終更新)

台湾は魅力的な観光先です。治安や値段の安さからリピーターも多いですが、台北に多くの日本人が訪れているのが現状です。台南の高雄にある、美濃という場所は南国の雰囲気が感じられるおすすめの穴場です。客家文化の残る、高雄の美濃への行き方や情報をまとめました。

目次

  1. 【台湾・高尾】穴場的な観光地「美濃」
  2. 高雄の美濃の魅力をご紹介!
  3. 高雄の美濃の特徴は?
  4. 高雄から美濃へ行き方
  5. 台湾のどこでもいつでも便利な悠遊卡(ゆうゆうカード)
  6. おすすめ観光スポット
  7. 高雄の美濃を観光する場合のポイント
  8. 高雄の美濃旅行の前に知っておきたい情報を整理!

【台湾・高尾】穴場的な観光地「美濃」

台湾には見るべき場所やもの、そして食べるべきグルメがたくさんあります。その中でも台湾の高雄にある美濃は、日本人にとっておすすめの観光地であること間違いなしの場所です。

特に台北など都市圏への観光に飽きてしまった人、客家など台湾独自の文化が見たい人にとって高雄にある美濃はおすすめの穴場と言えるでしょう。このページでは美濃への行き方やおすすめ観光先をまとめています。

高雄の美濃の魅力をご紹介!

台湾観光に来る人の中でも台北でのアクティビティに疲れてしまったという人は見られます。台北は便利で治安も良くおすすめの観光先ではあるのですが、都市化が進むことで台湾独自の文化が薄まってしまっていると感じる人もいるようです。

また宿泊料金や観光客向けのお土産の値段など、「作られた観光地」であるイメージを台北に対して抱く人もいるようです。そうした観光とは全く違う視点で台南の高雄にある、美濃を考えてみてはいかがでしょうか。

高雄市内とは少し違うローカルな文化と自然豊かな土地

美濃は台湾の高雄市に位置する場所で客家自分家の色濃く残る土地です。台北や高雄の中心地ほど、観光地化が進んではいないため不便に感じる人もいるかもしれません。

ですが同じ高雄市内でも美濃には同じく客家人の伝統文化や、ローカルな生活習慣が今でも息づいており穴場の観光地といえます。台北からの行き方を覚えてしまえば、都市圏での生活スタイルと、美濃での現地の文化両方を楽しむことができるでしょう。

台湾新幹線で台北から美濃まで1時間30分

美濃は高雄市内と比べても、さらにローカルな雰囲気溢れる場所と言えます。特徴の一つとして自然豊かな土地柄が挙げられると共に、高雄にあるような日本でいう新幹線のような整った交通手段がありません。

そのため美濃へ行くにはバスを利用することになります。台湾では交通手段としてバスが非常に発達しており、アクセスに困ることはないでしょう。

台湾第二の都市と呼ばれる高雄から近いこともあり、 台南への観光をメインで考えている人には穴場の美濃もぜひ考えてみてほしい、素敵な場所です。

自然豊かな高雄の美濃は台北からの観光におすすめ

詳しい行き方は後述しますが、日本で言う台湾の新幹線を使って台北から美濃まではおよそ1時間半で着きます。自然豊かな高雄の美濃まで往復でも3時間ということを考えると、充分プランとしてはありなのではないでしょうか。

一方で高雄に全く用事がない人が台北から美濃まで来るというのはあまりおすすめしません。高雄市内に寄りたい店があったり食べてみたい料理があったり、台南の高雄観光のお供として美濃を添える行き方がベストと言えるでしょう。

 e5 85 ad e5 90 88 e5 a4 9c e5 b8 82高雄夜市の時間は?おすすめの夜市でB級グルメの食べ歩きを満喫! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
台湾旅行での楽しみの1つが夜市です。人気の観光スポット「蓮池潭」で有名な高雄にもたくさんの夜...

高雄の美濃の特徴は?

高雄の美濃の特徴として、未だ残っている客家文化が注目すべき点です。客家文化は食事や油紙傘、風土を生かしたバナナの畑など多岐にわたります。

台湾と聞けば台湾人しか住んでいないように思います。確かにすべての民族を全部ひっくるめて考えた場合客家人も台湾人なのですが、元々のルーツはそれぞれの民族で独立しており、台湾の中でも特に台南は民族色が色濃く残っています。

貴重な「客家文化」が根付いている街

客家人とは本来客家語を話す漢民族の人たちを指します。元々は中国の東北に住んでいた人たちで、そこから台南に移ってきたとされています。

客家は「ハッカ」と読み、現在でも台湾では新竹地区や高雄の美濃などで客家文化を垣間見ることができます。パソコンや携帯でも「はっか」と打てば変換できることからも、知名度は高いと言えるでしょう。

高雄から地下鉄が通っていない穴場エリア

また高雄の中でも美濃は地下鉄が通っていないエリアとして知られています。台湾は日本と同じようにアジアの中では公共交通機関が発達している国です。そのため観光地としての土壌は未だ整備されているとは言い難いです。

特に日本生活に慣れた人にとっては、自然豊かな土地は「魅力的だけど行き方も現地のアクティビティも不便」という印象を持っている人も多いのではないでしょうか。

高雄の美濃はコンパクトに楽しめる

確かに日本では都市部から少し離れると行き方がとても限られたり、おすすめの観光地間の移動も結局レンタカーなどを別口で用意しなければいけないことも多いです。

しかし高雄の美濃は、少し事情が異なります。現地のマーケットや露店が出ているエリアなどは一つの場所に集中する傾向があります。メインとなる生活圏や見どころも集中しているため、美濃での移動に大きく時間を取られるということはありません。

レトロな街並みや風景

高雄の美濃のもう一つの特徴として、レトロな街並みや雄大な風景があります。台南の中心部である高雄を訪れる観光客にとっても、現地に住んでいる台湾在住者にとっても 美濃は心地よい穴場の観光地となるでしょう。

高雄の美濃は台南に位置していることから、南国の雰囲気を漂わせるゆるい景観が魅力です。しかしその中にも、フィリピンやインドネシアなどの東南アジアにはない 、日本に似た雰囲気を持っています。

高雄の美濃には日本の懐かしさに通じる魅力がある

台南の雰囲気は人によっては「昭和の日本を思い出させる」という人もいます。台北が日本の都市部と共通点があり似たような見た目であるとしたら、高雄の美濃はそこから少し離れたのどかな田園風景を持つ田舎の感覚に近いでしょう。

日本の田舎との大きな違いがあるとしたら、客家文化が息づいていることと熱帯地域に属していることでしょう。高雄から台東の一部にかけては一年中安定して暑く、12月や1月でも18度など気温が下がりにくいです。

現地のフルーツや野菜もおすすめ

こういった事情が美濃の独特でレトロな風景に貢献しています。同時に高雄の美濃でとれるバナナなどのフルーツや、ミニトマトなどの野菜の美味しさにも影響しています。台南地方でとれる農作物は台南のみならず台北でも評判です。

観光途中で地元の市場や露店に出向いた際には、是非一度地元の新鮮野菜のおいしさや果物の瑞々しさを味わってみてはいかがでしょうか。現地のマーケットで直接野菜を購入して料理することが難しいでしょうが、露店でもその美味しさを味わうことはできます。

1f298ae7高雄空港のアクセスは?ラウンジは使えるか?お土産や食事・WiFiなどを解説! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
台湾は高雄空港を徹底解説!空港から市内までのアクセス方法、ラウンジの紹介、お土産を帰るショッ...

高雄から美濃へ行き方

客家人の文化も知れる、おすすめの穴場観光地と言える高雄の美濃ですが台北からの行き方も気になります。台北からの行き方が難しい場合訪れる観光地として候補に入りにくくなります。

新幹線などの交通機関が発達していないことを踏まえると、美濃への観光を渋ってしまう人もいるでしょう。得てして台湾のみに限らず、穴場の観光スポットというのは行き方が難しいことも多いです。

しかし台北から高雄までが1時間半、高雄から美濃までが約1時間で行けるため日帰りは難しいかもしれませんが高雄観光のよいアクセントとなること間違いなしです。

台北から行くにはまず左營駅へ行こう

台北から向かうにはまずは左營駅に向かう必要があります。左營駅までは、台湾高速鉄道を使って台北から、一時間半ほどで着きます。

この左營駅から、バスを使って高雄市内の美濃まで使うのが一般的な行き方となっています。 美濃に行くときに限らず、台湾ではバスは人気の交通手段で日本と比べて競争が激しいため車内の設備も発展しているケースが多いです。

おすすめの行き方はバスを利用する方法

左營駅についたら、駅前のバスターミナルの4番から美濃行きのバスが運行しています。バスの間隔は20分から30分おきに一本ずつ出ているため困ることはないでしょう。

反対に気をつけなければいけないのは美濃から帰る時です。美濃からのバスは40分に一本程度と行く時に比べていくぶん少なくなっていることに注意点しておきましょう。バスの便がなくなった後では電車やタクシーなど他の移動手段を使うことは難しいです。

バスの乗り方を学ぶ

続いては台湾のバスの乗り方についてです。基本的には台湾でのバスを利用した行き方でも日本と同じくあらかじめ料金は支払い乗って目的地まで行くということに違いはありません。

タクシーと比べて安く電車と比べて市街の細かい場所まで網羅しているバスは、使いこなせれば強力な味方となること間違いありません。

台湾ではバスの料金でぼったくられるということはないため、後述の料金さえ知っておけば支払いに問題はないでしょう。気をつけるべきは「上車収費」とバスのドアに書いていた場合、乗るときに支払い、「下車収費」と書いてある場合は下車時に支払うということです。

支払い回数に注意

下車する時に支払うケースではあまり問題がありませんが、乗車する時に支払うタイプのバスはバスを降りるタイミングでも支払う必要があるケースもあります。

目的地によって同じ場所から乗っても料金は変わってくるため結局下車する時にも支払わなければならないのは複雑な上面倒です。Googleマップのルート検索機能を使うことでバスの支払い回数が分かるようになっています。

高雄の美濃に行く場合だけに限らず、台北市内や台南観光をする時バスを利用したいという人はあらかじめ支払い回数を含めた行き方をチェックしておいても損はないでしょう。

チケットカウンターで買える場所も多い

空港から台北駅に向かう時など利用客が多い便は事前にチケットが売られていることもあるため、チケットカウンターで購入してバスの運転手に渡すだけで良いことも多いです。

特に観光客である我々としては現地でのトラブルは避けたいですし、最終的には解決しても時間を取られてしまうことも大きな問題でしょう。チケットカウンターでバスのチケットを購入しても料金は全く変わりません。行き先を伝えてこちらで購入しても良いでしょう。

バスの運賃はいくら?

台湾でのバスの乗り方が分かったところで次に気になるのはバスの料金です。支払いの際は現金のほかにも、悠遊卡という交通系の電子マネーを利用することができます。台湾では移動の際に現金が必要となることは予想よりも少ないでしょう。

料金は片道88元です。およそ320円くらいとなります。行き帰りを考えると合計で左營駅から美濃までは640円の出費となります。

台湾のどこでもいつでも便利な悠遊卡(ゆうゆうカード)

台湾では悠遊卡という交通系の電子マネーが多く使われています。日本で言うSuicaのようなもので、これ一枚でバスや電車などに利用することができるため台湾によく観光に行く人や穴場スポットをもっと探してみたいという人は持っておくことをおすすめします。

日本と同じく発行に手数料はかかりませんが最初に数百円デポジットとして預ける必要があります。直後の移動で中身を使うことができるため問題はないでしょう。バスに乗るときにワンタッチで支払いを済ませられるため高雄の美濃へ行くときも重宝するカードです。

悠遊卡の読み方はゆうゆうカードで、中国語の発音ではヨウヨウカーと聞こえることが多いです。同じカードを指す言葉としてEasy cardもあります。名前を忘れてしまったらEasy cardと言っても伝わります。

おすすめ観光スポット

客家の文化を感じられる、おすすめの穴場観光地である高雄の美濃ですが、その中でも訪れたい場所がいくつかあります。これらの観光スポットは、台北の便利で都市的なライフスタイルとは違い非常にローカルで自然の中に生きている人々と触れ合うことができます。

高雄の美濃でもそうですが、台湾では穴場と表される観光地でも外国人の我々にとって刺激的なアクティビティやお土産が置いてあることが多くあります。以下に挙げる村のどちらでもそうしたエキゾチックな体験が出来ることが保証できます。

1:美濃民俗村

まず初めに訪れたい高雄の美濃を代表するおすすめの観光スポットは美濃民俗村です。高雄からも程近い美濃ですが、中でもこちらの美濃民俗村は客家のグルメやかき氷などのスイーツ、そして何より美濃の特産品である美濃唐傘を見学することができます。

高雄のみならず、ここで作られて唐傘は台湾中で有名です。唐傘の職人さんが傘を作っているところを見学することができたり、自分で傘の絵付けに挑戦することもできます。傘は模様や色、形によって値段が異なりますがおよそ600~1300NTドルで購入できます。

大ぶりの傘は日本に持って帰るのも大変です。高雄に行った記念として一つ小さめの傘を買ってみるのはいかがでしょうか。模様も日本とはもちろん違い客家の民族性あふれる、エスニックな柄が多種多様に用意されています。 絵付け体験は1人あたり100NTドルです。

2:原鄉緣紙傘文化村

高雄の美濃民俗村を訪れたなら車でほど近い、こちらの原鄉緣紙傘文化村もおすすめです。こちらは美濃民俗村から車で10分弱の距離となっており油紙傘や客家をテーマとした雑貨が多く売られています。

美濃民俗村と比べてみると幾分コンパクトな印象を受けますが、高雄にきた際に美濃民俗村とセットで観光したいという人にはおすすめの場所です。両方を含めても1日で回れるため、満足な高雄滞在ができるでしょう。

高雄の美濃の特徴でもある雄大な自然を楽しみたいなら、すぐ近くにある美濃湖もおすすめです。穴場の観光地と呼ぶにふさわしく観光客がそれほど多くない上現地の人々の生活を身近に感じることが可能です。

Jqjosycrcmmwbzyssltwmtsldy高雄の夜景おすすめスポットを紹介!高雄85ビルからの眺めも最高! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
高雄は台湾で人気の観光地。台北とは真逆の南部に位置していますが、台湾第2の都市としても有名で...

高雄の美濃を観光する場合のポイント

高雄の美濃を観光する時に気になるポイントはどんな点でしょうか。観光客の少ない穴場であるということは、言い換えると交通網が発達していなかったり観光客向けの事業がそこまで多いとは限らないこともあります。

高雄の美濃では台北観光のようなアクセスの便利さや長期滞在者に適した小回りの良さなどはありません。しかし以下のポイントをおさえておくことでバッチリ楽しく美濃の観光をすることができるでしょう。

レンタサイクルを利用

高雄の中心とは異なり、美濃で観光客のメインの足となるのは自転車です。中でもレンタサイクルが便利で、ちょっとした距離であればタクシーを使ったり徒歩で向かうよりも自転車の方が融通が利くことが多々あります。

レンタサイクル自体は台湾全土で広く普及しており、高雄以外の場所に観光したいと思っている人にも有用な情報となるでしょう。少なくとも自転車で持ち運べないほどの大量の荷物を持って観光する人はいないはずです。

・効果的に観光できるのでおすすめ!

台湾の中でも高雄の美濃のように、郊外に位置した場所では特に自転車が効果的に利用されます。観光客は本来ホテルに大きな荷物を預けた後は身軽な格好で移動することが多いのではないでしょうか。

台北や高雄の中心地のようなアーバンな雰囲気ではなく、畑や水田をはじめとし外で放し飼いにされている動物などは台北しか訪れたことのない日本人観光客の目には新鮮に映るはずです。

特に社会人の人にとっては普段自転車に乗る機会があまりないという人もいるでしょう。日頃の運動不足を実感している人や高雄の美濃で、大いに自然に触れてみたいと思っている人にとってレンタサイクルは欠かせない同士だとなります。

・時間制限なしで1台100元

ついては気になるレンタサイクルの料金についてです。レンタサイクルと聞くと値段が気になるところですが高雄の美濃では時間制限なしで1台あたり100元となっています。日本円にするなら360円で1日レンタサイクルを乗り回すことができるため非常にコスパの良い移動手段と言えます。

友達や家族と出かけるとしても3人で借りても1日1000円ほどです。特に先ほどの民族村に行ったり、グルメで有名な美興街に立ち寄りたいと思う時に毎回タクシーに乗るのは不便です。お金もかかりますしすぐに毎回タクシーが見つかるとは限りません。

・身分証明書を預ける必要あり

高雄の美濃ではレンタサイクルを利用する際に身分証明書が必要となります。掲示するだけでよいわけではなく、コピーもダメでその原本が必要です。ここで通用する身分証明書は台湾で公的に認められているものに限られるため、日本人にはパスポート一択となります。

旅先のレンタサイクルにパスポートを預けるとなると少し不安に思う人もいるかもしれませんが、これは台湾のみならず他のアジア各国のレンタサイクルでも同様の処置がとられています。レンタサイクルを返却する際にパスポートは返還されるので不安はないでしょう。

逆に気を付けなければいけないのは台湾での観光中にパスポートをなくしてしまう事態を恐れホテルの金庫屋スーツケースの中にパスポートを置いてきてしまうことです。年齢確認が必要な商品を購入するときにも身分証明書が必要となるため気をつけておきましょう。

・サイクリングコースが整備されている

無事にレンタサイクルで自転車をレンタルすることができたら楽しいサイクリングが高雄の美濃では待っています。穴場と言われるだけはありサイクリングコースも人でごった返しているというようなことはありません。サイクリングコースはきっちりと整備されています。

また高雄の美濃はサイクリングコースごとに色分けされた道標があるのも特徴です。宗教関係の建造物自然をテーマとしたサイクリングロード、歴史的に価値のある遺跡を主軸としたサイクリングロードなど自分の好みに合わせたサイクリングロードを選ぶことができます。

グルメなら「美興街」もチェック

高雄でグルメを楽しみたいのであればこちらの美興街がおすすめです。グルメ料理が豊富な台湾に来たら、美濃の特徴とも言える客家料理を是非食べてみたいものです。客家料理は他の台湾料理に比べ味が濃いと言われています。

台湾人にすると日本の料理も味が濃いと感じる人が多くいるため、客家料理は日本人の舌に合うと感じる観光客もいるようです。お茶と一緒に飲んだりご飯が進むようにおかずの味が濃くなったと言われています。

美興街で有名なお店に林家粄條店があります。美興街は粄條と呼ばれる、米粉から作られるうどんのようなものが有名な通りです。多くの粄條店がある中でも、林家粄條店は一際人気があります。

高雄の美濃旅行の前に知っておきたい情報を整理!

高雄の美濃には現在の日本にはないような素朴で懐かしい田園風景が広がっています。どこかノスタルジックな雰囲気に浸れると共に美味しい台湾のご飯や、客家の文化や歴史に触れることができる刺激的な旅行となるでしょう。

サイクリングもただ自転車に乗るだけではなくそういった客家の人々の育んだ風土や文化にどっぷりと浸かる良いきっかけになるでしょう。台北とは違った台湾旅行がしたいと考えている人には是非おすすめしたい穴場の観光スポットです。

関連記事

関連するキーワード

2268.thumb
この記事のライター
Daisuke.U
関東に生まれた後、10代後半から20代半ばまで海外に7年ほど住んでいました。これまでに旅行した国は9ヶ国ほどで、新鮮な体験を多くしました。旅先で感じた視点をもとに分かりやすい記事を書きたいと思っています。日本や海外の素敵な情報を届けられるようにがんばります。

台南の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

台南の新着のまとめ