パオン昭月の生クリームあんぱんが絶品!芸能人ご用達のお店の予約方法・値段は?

2019年4月22日 (2019年4月23日最終更新)

世田谷区にある駒沢の町で地元の人からも長く愛される老舗パン屋パオン昭月。実はこのパオン昭月の生クリームあんぱんは芸能人の方も差し入れで買っていくほどの人気のメニュー。知る人ぞ知る隠れた名店パオン昭月の魅力や予約方法、基本的な情報などまとめてご紹介致します。

目次

  1. パオン昭月の生クリームあんぱんは芸能人もご用達
  2. パオン昭月がある駒沢ってどんな街?
  3. パオン昭月の特徴
  4. パオン昭月おすすめメニュー&お値段
  5. パオン昭月食レポ
  6. パオン昭月の基本情報
  7. 生クリームあんぱんを食べにパオン昭月へ行こう!

パオン昭月の生クリームあんぱんは芸能人もご用達

世田谷区の駒沢にある、知る人ぞ知る老舗のパン屋さんが、パオン昭月。1946年に創業して以来、70年以上もの間、駒沢の町で多くの人々に愛されてきた名店です。パオン昭月の作るパンはとても美味しいと評判で、名の知れた芸能人の方も現場への差し入れに、指名買いしていく程。今回はそんな隠れた名店パオン昭月の魅力についてご紹介いたします。

パオン昭月がある駒沢ってどんな街?

老舗の隠れた名店、パオン昭月。パオン昭月のある世田谷区の駒沢はどんな町かご存知でしょうか。駒沢の町の最寄駅は、東急田園都市線の駒沢大学駅。駒沢といえば、駅名にもなっている駒澤大学や駒沢公園が有名です。親しみを感じる街中には隠れた名店と言われるお店も数多く、カフェブームの火付け役となったお店も存在しています。

カルチャー発信地

駒沢の町には、東京のカフェブームの火付け役となった、駒沢のランドマーク的存在であるカフェ、「ぱわりーキッチン」があります。このカフェをプロデュースした山本宇一氏は、カフェをプロデュースする達人と呼ばれ、パワリーキッチンは地元の人や観光に訪れた人々から今もなお愛され続ける名店となっています。

犬を飼う環境が整っている

駒沢といえば犬と言われるほど、駒沢の町は犬と深い関係のある町です。町の中心部にある駒沢公園には大きなドックランがあり、町の通りにはペットショップやペットサロン、そして犬と一緒に入れるドックカフェなどが揃っています。犬を大切に思う愛犬家からも駒沢の町は愛され、多くの愛犬家が住む犬好きにはたまらない町となっています。

ジョギングの名所

町の中心にある駒沢公園はジョギングの名所としてもしられる場所です。駒沢公園の中にあるジョギングコースは1周2,1kmで、コースの道沿いには様々な街路樹が植えられ、走っていてとても気持ちのいい環境が整っています。また、同じく駒沢公園内には、鍛えるために使えるトレーニングルームなども完備されており、だれでも利用できるのも魅力的です。

美味しい店が多い

生クリームあんぱんで有名なパオン昭月のある町、駒沢には他にも美味しいお店がたくさんあります。駒沢の町を通る環状7号線沿いには、人気ラーメン店がずらりと並び、路地裏にはパオン昭月をはじめとする老舗の名店が点在しています。長年この駒沢の町に住む人ですら、飽きることがないと言われるほどの種類と数の多さが魅力です。

Original駒沢公園周辺でランチにおすすめのお店をご紹介!子連れOKな人気イタリアンも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
駒沢公園は東京都世田谷区にある運動公園で、駒沢公園周辺には公園を利用する人や地元の人が通うラ...

パオン昭月の特徴

冒頭でも少し紹介しましたパオン昭月。1946年に創業以来かれこれ70年以上もの間、多くの人に愛され続けてきた地域密着型のパン屋さんです。創業当時から変わらない店構えは歴史を感じさせ、どこか懐かしい気分になる昭和なたたずまいをしています。舌の肥えた芸能人からも愛されるパオン昭月の魅力を1つ1つご紹介していきます。

1946年創業の老舗

駒沢の町にあるパオン昭月は、創業は1946年。今から約70年以上も前にこの世田谷区の駒沢の町にオープンしました。当時と変わらぬまま使われている店舗や外壁にあげられた看板は、昭和の面影を色濃く残し、地元にあるパン屋さんといった雰囲気。出勤前のサラリーマンから、地元の主婦や子供たちと1日中多くの人が利用する地域に密着したお店なのです。

昭和感満載のパン屋

駒沢の町でパオン昭月の名を知らない人はいないほど、地元の人に愛され続けてきたパン屋さん。特に人気なのがこのお店でしか味わえない生クリームあんぱん。このあんぱんを味わいに多くの人が集まってきます。お店の外観もさることながら、お店の中も昭和の古き良き時代を感じさせる造りで、安心感すら覚える温かな空気感が魅力のお店です。

パオン昭月で売られているパンのお値段もみんな気軽に変える手ごろなものばかり。ボリュームたっぷりなのに本当にこの値段でいいの?と思わず心配になってしまうほど。値段の価格帯はどれも100円~300円ほどの間に収まる手ごろさです。

生クリームあんぱんが絶品なので予約をおすすめ!

パオン昭月の看板メニューといえば、舌の肥えた芸能人からも愛される生クリームあんぱん。パオン昭月にきたら、この生クリームあんぱんは外せません。とても人気のパンなので、時間帯によっては売り切れてしまうことも。確実に生クリームあんぱんを味わいたい人は、予約を利用するのがおすすめ。予約は当日午前中までに要電話となっています。

お店の前にテラス席あり

生クリームあんぱんで有名なパオン昭月は、昭和の面影を残す地元のパン屋さんという雰囲気ですが、お店の前にはちょっとしたテラス席なども用意してあって、購入したパンをすぐに味わえるのが魅力的。4席ほどのスペースですが、ちょっとした屋根もあって、何よりも出来立てを美味しく楽しく味わって欲しいと願う店主さんの想いが伝わるスペースです。

芸能人差し入れでも人気

パオン昭月の生クリームあんぱんは、芸能人の差し入れにもよく購入されている人気の商品です。このパオン昭月の生クリームあんぱんを気に入ってよく購入している芸能人の方は、タレントのヒロミ、女優の竹内結子さん、お笑い芸人であるネプチューンの名倉潤さん、そして俳優の北村有起哉さんなどが知られています。

生クリームあんぱんを芸能人の方に差し入れとして出された芸能人の方もまた、このパオン昭月の生クリームあんぱんのファンになるという連鎖ぶり。また芸能人の方がSNSや番組等で紹介したのもあり、毎日完売してしまうというから驚きです。

パオン昭月おすすめメニュー&お値段

駒沢の町にあるパオン昭月の特徴や、人気ぶりについてご紹介してきましたが、ここでパオン昭月に実際に売られている人気のパンのメニューやお値段などについても触れておきましょう。パオン昭月に売られているパンは惣菜系のパンが多く、朝食やランチにもぴったり。パオン昭月へ行く前に、事前情報としてご参考下さい。

生クリームあんぱん

まずはパオン昭月の看板メニューともいえる生クリームあんぱん。パオン昭月の生クリームあんぱんは、よくあるあんぱんと少し違います。何が違うのかというと中に入っているのはあんこと生クリーム。しかもこのクリームはお店の2代目ご主人が試行錯誤を重ねて作った、特製の生クリームです。食べごたえも軽く、何個でも食べられる!と言われるほど。

この生クリームあんぱんはお値段1つ158円となっています。また販売期間もあり10月から5月までのあまり暑くならない時期のみの限定販売商品です。期間限定でしか味わえない上に、グルメな芸能人の方もとりこにしてしまう美味しさです。

ハムカツ

パオン昭月で人気のパンは生クリームあんぱんだけではありません。朝食やランチにもぴったりの惣菜系のパンが充実したメニューで、仕事前の方や地元の主婦も、朝食やランチにとたくさん買って行かれます。生クリームあんぱんに負けず人気なのがハムカツの入ったパン。ボリュームもたっぷりでお値段は1つ183円となっています。

カレーパン

パオン昭月にあるメニューはどれも大人気ですが、中でもよく買われていくのはカレーパン。お値段は1つ162円となっていて、美味しいと評判のパンです。パオン昭月で作られるパンのメニューは基本に忠実に作られたようなパンでどれを食べても美味しいとの声も。長い間安定した変わらぬ味を守り続けてきたからこそ多くの人に愛されるのも納得です。

ハムサンド

パオン昭月のハムサンドは味もボリュームも大人気のメニュー。手のひらからはみ出るほどの大きめのパンにハムやチーズ、レタスといったシンプルな具材を挟んだメニューです。お値段は1つ226円となっています。生クリームあんぱんとあわせて、朝食やランチにとよく買われていく隠れた人気メニューの1つです。

ツイストドーナツ

惣菜系のパンが多いイメージのパオン昭月ですが、ちゃんと甘いパンやおやつになりそうなパンメニューも存在しています。中でも人気なのがツイストドーナツ。ねじりあげた生地をさくっと軽い口当たりに揚げたドーナツに粉糖がかかっていて、昔ながらの味がとっても美味しいメニューです。生クリームあんぱんとあわせてお土産にもおすすめ。

パオン昭月食レポ

世田谷区の駒沢の町にある老舗のパン屋さん、パオン昭月。生クリームあんぱんが看板メニューで毎日完売してしまうほどの人気ぶりなのだとか。確実に食べたいパンがあるときは電話でできる予約がおすすめです。そんな地元の人にも愛されるパオン昭月のメニューを、実際に足を運んで味わってみた人々の食レポも、ご紹介致します。

ハムカツサンドパン

パオン昭月は惣菜系のメニューが数多く、朝食やランチにもぴったり。中でも人気なのがハムカツパン。分厚いハムを揚げたハムカツは、絶品。「ついつい毎回買ってしまう」という声や、「ザクッとした衣にあまじょっぱいソースがたっぷり染みてて美味しい」といった声も。何度もリピートしたくなるくせになる味わいのハムカツパンです。

ポテトサラダパン

パオン昭月にはポテトサラダパンなんていう変わり種のメニューもあります。これがまた評判で、「コッペパンとポテトサラダの相性がばっちり」という声や、「ポテトサラダの適度な酸味が美味しくて口当たりも軽い」といった声も。なかには「ついつい買ってしまう」という人までいるほど、病みつきになるシンプルな惣菜パンです。

チョコスプレードーナツ

惣菜系のパンが多い中でも、個性を放っているのが昔ながらのおやつ的な要素もあるドーナツ。中でも、チョコスプレードーナツは甘いもの好きな人々からも人気のメニューで、「懐かしくてつい買ってしまった」という声や、「土台のドーナツ生地がふわっと軽くて美味しい」といった声も。チョコのカリカリっとした食感もとても美味しいのだとか。

生クリームあんぱん

そしてパオン昭月の食レポの中でも一番気になるのが、看板メニューの生クリームあんぱん。「一口かじれば生地からはふわっとバターのいい香りがする」という声や「なめらかなあんこと甘すぎない生クリームの相性が絶妙」といった声も。「軽い口当たりでなんでも食べられてしまいそう」と思うのはもはや鉄板の感想といえます。

パオン昭月の基本情報

70年以上も前に創業して以来、地元の人のみならず多くの芸能人やグルメな方からも圧倒的支持を誇る、パンの隠れた名店パオン昭月。お値段も手ごろでリーズナブルなのに、味はどれも絶品。駒沢の町に来たらぜひ足を運びたいパオン昭月のアクセスや営業時間、予約の際に必要な電話番号などをまとめてご紹介致します。

アクセス

世田谷区の駒沢にあるパオン昭月。東急田園都市線の駒沢大学駅から約500mほどの距離の場所にあります。駒沢大学の駅を出てから国道3号線沿いを桜新町駅方面に向かって歩いていくと、みずほ銀行の駒沢支店が右手に現れます。その角を路地裏に入るように曲がった先にるのがパオン昭月。駒沢公園通り沿いにあります。

営業時間&定休日

パオン昭月の営業時間は朝7:00~夜20:00までとなっています。朝早くから空いているとあって仕事前に立ち寄っていく人もたくさん。また、販売開始から1時間ほどで売り切れてしまうという生クリームあんぱんを確実に入手したい人で朝から並ぶ人も。定休日は毎週日曜日となっています。パオン昭月のパンを買って駒沢公園でランチなんてのもおすすめ。

電話番号

パオン昭月で売られている大人気の生クリームあんぱん。販売開始から早くて1時間ほどで売り切れてしまうほどの人気メニューとだけあって入手も困難。確実にパオン昭月の生クリームあんぱんを手に入れたい場合には、やはり予約をするのが一番のおすすめ。予約は購入したい日の午前中までに下記にあるお店の電話番号までかけます。

またこの生クリームあんぱんを、芸能人の方同様差し入れやお土産に持っていきたい場合も、事前に必要個数を予約しておくのがおすすめです。店頭に並ぶ商品の数は限られているため、希望個数がある場合は特に予約必須です。

住所 東京都世田谷区駒沢2-18-11
電話番号 03-3421-4831

生クリームあんぱんを食べにパオン昭月へ行こう!

世田谷区の駒沢にある人気パン屋パオン昭月。予約をしないと入手困難な生クリームあんぱんをはじめ、店主店主さんが毎日愛情を込めて焼くパンはどれも絶品ばかり。お値段も手ごろで何個も買ってしまいたくなります。駒沢の町に来た際は、ぜひパオン昭月まで足を延ばして、地元の人にも愛される店主自慢のパンをぜひ味わってみて下さい。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
とも

渋谷・恵比寿・下北沢・代官山の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

渋谷・恵比寿・下北沢・代官山の新着のまとめ