地域

地域から探す

  • 日本
  • 北米
  • 中南米
  • アフリカ
  • 中東
  • アジア
  • ヨーロッパ
  • オセアニア
キーワード

キーワードから探す

甘鯛の釣り方や食べ方を知っておこう!高級魚の旬の時期・レシピも紹介!

高級レストランでもよく使用される高級魚の甘鯛は高値で市場に並ぶ事も多く、美味しい味わいで人気です。和食や洋食として楽しめる甘鯛は別名「冬の女王」とも呼ばれる人気の魚です。今回甘鯛の釣り方からおすすめのレシピまでをまとめてご紹介させていただきます。

高級魚の甘鯛を美味しく味わおう見出し

Photo by ayustety

高級魚の甘鯛は和食として楽しめる他に洋食としてソテーでも味わえます。どんなレシピ方法でも美味しくいただける事から老若男女問わずに甘鯛はとても人気です。

また甘鯛は高級魚として取引されているので、お値段相場も想像以上に高額となっています。更にお店で甘鯛料理を楽しむのであれば、たまにの贅沢でしか楽しめないものとなります。

甘鯛釣りもとても人気となっています。今回甘鯛釣りの重要な仕掛けや釣りの時期、更に美味しい旬の季節をチェックしてみましょう。

更に甘鯛の生態や、身体にとても良い栄養素等もたくさんありますのでまとめてチェックしてみましょう。美味しい甘鯛の刺身や塩焼きが絶品なので注目してみましょう。

甘鯛ってどんな魚?見出し

Photo by avlxyz

続いて甘鯛について解説させていただきます。甘鯛は高級魚のイメージがありますが想像通りお値段も高い高級な魚となります。

また甘鯛は高級なお値段以上に美味しく堪能する事ができます。お刺身や焼き魚レシピが特に人気となっています。

また甘鯛釣りをされる方もとても多いです。国産の甘鯛は希少価値の高いのでそれほど頻繁に釣り上げる事はできません。

通常市場等で販売しているお値段も高くなっていますので高級魚の甘鯛釣りでゲットするのがおすすめです。

そんな甘鯛について一体どんな魚なのかをチェックしてみましょう。甘鯛の特徴や名前の由来、更に購入をするならお値段の相場をご紹介させていただきます。

甘鯛は鯛じゃない!?

Photo by ivva

まず初めに甘鯛は名前に「鯛」と付いていますが、実は甘鯛は鯛ではありません。甘鯛と漢字表記で見ると鯛の仲間だと想像してしまいます。

しかし甘鯛はタイ科の魚ではなく、「アカアマダイ」の種類の魚となります。また通称甘鯛で親しまれていますが、場所によって甘鯛はアカアマダイと呼ばれている事もあります。

鯛で一般的な真鯛とは根本的に全く違う種類の魚となっていますので、甘鯛をタイ科だと想像していた方は「アカアマダイ」と覚えておきましょう。

甘鯛の名前の由来

Photo byjarmoluk

続いて甘鯛の名前の由来についてご紹介させていただきます。甘鯛の名前の由来に関してもたくさんの説があります。

甘鯛が高級魚として地位を得たのは遥か昔の江戸時代にさかのぼります。江戸時代ではとても美味しく、味が甘いので甘鯛と名付けられた説があります。

また歴史上有名な徳川家康が甘鯛を名付けた際には「興津鯛」と名付けられていた事でも知られています。

興津の局の奥女中が家康にお土産として甘鯛の一夜干しを献上した事がきっかけで、その甘鯛の美味しさに感服し、献上用の高級魚として利用されていたそうです。

またその他にも甘鯛の名前は各地域によっても存在します。甘鯛の見た目た味にちなんだ名前で付けられているのがほとんどです。

甘鯛の地方名

Photo by jmettraux

続いて甘鯛の地方名についてチェックしてみましょう。甘鯛は一般的に多くの方が知る名前となっています。

また地域や場所によっては、甘鯛ではなく他の呼び名で呼ばれている事が多いです。地域名は場所によって様々です。

静岡では甘鯛は「興津鯛」と呼ばれています。こちらは上記で説明した家康公が命名をした名前をそのまま地方名として残っています。

また関西の大阪や京都や和歌山では甘鯛を「グジ」と呼んでいます。ダジは甘鯛の魚の頭が四角状なので「方頭角(くずな)」と呼ばれる事がきっかけとなっています。

また福井県の遠い場所で獲れた甘鯛に日持ちをする様にうす塩をかけられた甘鯛は「若狭ぐじ」と呼ばれていて、関西では珍重されていました。

甘鯛の特徴

Photo by bryan...

続いて甘鯛の特徴についてご紹介させていただきます。甘鯛はよく市場で取引をされていて通常サイズの甘鯛は約20センチから50センチ程の大きさとなっています。

甘鯛の見た目はおでこから口までは真っ直ぐに伸びた角ばった形状が特徴的です。また甘鯛の色は綺麗なピンク色で、腹部分は白っぽい光沢があります。

また目の下は黄色やオレンジの帯状の光沢があるのも特徴となっています。身体には黄色や赤の横縞模様の筋が入っています。

甘鯛の尾びれにも同じように黄色や青色の筋があり、全体的に見ても綺麗なので高級魚として代表の魚となります。

甘鯛の値段

Photo bynattanan23

続いて甘鯛の気になるお値段についてご紹介させていただきます。甘鯛は高級魚として販売されているの値段の相場も市場では群を抜いて上がります。

甘鯛は基本そんなに大きくはない魚ですが、大きければ大きいほど高額なお値段で取引される事もあります。

旬のシーズンによって卸市場では値段が変わります。通常の場合でも甘鯛の卸の値段で1キロ当たり3000円から5000円前後のお値段で売られています。

こちらは卸の値段なので、更にお店で甘鯛を購入する際には更にお値段が上がります。通販等で販売している甘鯛は500グラム前後でもお値段2000円、1キロサイズの大きな甘鯛であれば1匹お値段7000円前後で販売されています。

甘鯛の生態見出し

Photo byPexels

続いて甘鯛の生態についてご紹介させていただきます。高級魚として有名な甘鯛はとても人気の魚となります。

上記でもご紹介した様に甘鯛は「鯛」ではありません。その他にも甘鯛には隠された不思議な生態の魚となりますのでチェックしてみましょう。

甘鯛はどんな場所にいてどんな物を食べているのか、また旬のシーズン等をまとめてチェックしてみましょう。

甘鯛の分布

Photo byMikesPhotos

まず初めに甘鯛の分布についてチェックしてみましょう。上記でも甘鯛は鯛の中まではありませんので注意しておきましょう。

気になる甘鯛の分布は実はスズキ目キツネアマダイ科に分類されている魚となります。またアカアマダイの種類となっていますので覚えておきましょう。

見た目も鯛に似ている様で似ていません。甘鯛は鯛とは全く違う種類の魚となりますのでチェックしておきましょう。

甘鯛の生息域

Photo byMariamichelle

続いて甘鯛の生息域についてご紹介させていただきます。甘鯛の生息域は青森から九州地方の日本海側に主に生息しています。

その他にも千葉県以南の太平洋沿岸辺にも生息している事もあります。海外では朝鮮半島の南部や中国や台湾まで生息しています。

更に甘鯛は水深30メートルから150メートルの範囲の砂地の海の底に巣を作っています。また甘鯛は集団生活をしていますので、群れでの行動が多いです。

甘鯛の食性

Photo bycroisy

続いて甘鯛の食生についてご紹介させていただきます。甘鯛は巣穴周辺で小さな甲殻類や更に多毛類等の食べて生息をしています。

甘鯛はあまり遠い場所までエサを求めて離れる事はあまりありません。水深30メートルから150メートルエリアの砂地スポットで暮らしているので釣りスポットも厳選されます。

また甘鯛は集団生活を行っているので、1匹甘鯛を釣り上げたら他にも甘鯛がいる確率も上がりますので注目しておきましょう。

甘鯛の産卵期

Photo byMariamichelle

続いて甘鯛の産卵期をチェックしてみましょう。甘鯛の産卵期は秋口から初冬あたりとなっています。

孵化をした甘鯛の稚魚は1年でだいたい17センチ程、2年目で22センチ、3年目で25センチに成長します。

また甘鯛が4年になれば30センチ程の大きさとなります。また甘鯛はメスよりもオスの方が大きくなります。

甘鯛の大きさは大きいものであれば50センチから60センチ程、メスは多くなっても40センチ程の大きさしか成長はしません。

甘鯛は性転換する?

Photo byPexels

続いて甘鯛の不思議な生態についてご紹介させていただきます。甘鯛は雌性先熟(めすせいせんじゅく)と考えられている魚の種類となります。

甘鯛は成長の時期によっては、オスとメスの割合が違う事が分かっています。25センチ以下の小さな甘鯛にはメスが多くて、更に30センチ以上の大物甘鯛は全てオスである事が分かっています。

その事から「雌性先熟(めすせいせんじゅく)」産卵時期を終えたメスの甘鯛が、性転換をしてオスになる生態だと考えられています。

また海の魚では様々な生態をした不思議な種類がたくさんあります。性転換をする魚もごくわずかではありますが、大きい甘鯛を釣り上げた際にはオスの確率が高いです。

甘鯛に含まれる栄養素見出し

Photo byFree-Photos

続いて甘鯛は旬の季節をむかえるととても美味しくてお刺身や塩焼きでのレシピが大人気となっています。

そんな旬の美味しい甘鯛にはどのような栄養素があるのかを解説させていただきます。そもそも甘鯛は江戸時代からとても縁起物として甘鯛は珍重されていました。

現在でも高級料亭でも美味しい料理として用いられる事も多いので一般的な認識も高級なイメージがあります。

更に甘鯛は身体にもとても良い栄養素が豊富に含まれています。甘鯛の味も格別に美味しいですが、それと共に栄養素も高い食材なのでとてもおすすめとなります。

甘鯛は高たんぱく低カロリー!

Photo byFree-Photos

甘鯛の注目の栄養素は近年注目されている、高たんぱくであり更に低カロリーなのがポイントとなっています。

ヘルシー志向の方でもお刺身や塩焼きで食べる事で、脂質が少なくて低カロリーで更に必要な栄養素の良質なタンパク質がたくさん摂取する事ができます。

ダイエット中やヘルシー志向の方には、高級魚なので頻繁には食せれるかは別ですがおすすめの食材となりますのでとてもおすすめです。

ビタミンB12

Photo by is_kyoto_jp

続いて甘鯛のおすすめの栄養素でもあるビタミンB12がとても豊富に摂取する事ができるのでチェックしておきましょう。

甘鯛には通常野菜からは摂取できないビタミンB12がたくさん含まれています。ビタミンB12は人間のDNAの合成や調整に大きな関わりがあります。

更に身体の細胞を正常な状態に増殖を助けてくれる働きがありますので、ビタミンB12はどんどん摂取したい栄養素となります。

ミネラル

Photo byPhotoMIX-Company

続いて甘鯛の注目の栄養素のミネラルもとても豊富な魚となります。ミネラルとよく名前も効く栄養素ですが、ご存知の方も多いですがミネラルは5大栄養素の1つとなります。

そもそも人間の身体には炭素や水素や酸素や窒素の4つの元素で96%でできています。更に残りの4%がミネラル(元素の総称)となっています。

ミネラルは身体の体液などの調整や、その他にも筋肉や神経の働きをサポートする働きがあります。更にミネラルは食べ物からの摂取でしか得る事ができません。

不足をしてしまうと様々な病気の元になるとても大切な栄養素となっていますので、ミネラルの豊富な甘鯛はとても身体に良い事が分かります。

甘鯛の釣り情報見出し

Photo bypixel2013

続いて甘鯛の釣り情報についてご紹介させていただきます。高級魚の甘鯛を求めて釣りをしたい方は必見です。

市場でもとても高額な卸値をたたき出している甘鯛ですが、美味しくて栄養素も豊富で是非食べたい方も多いです。

お店で甘鯛を食したり、また正規のお値段で高級な甘鯛を購入するのは少し敷居も高く感じてしまいます。

そんな時に甘鯛釣りを行ってみるのもおすすめです。なかなか出会えるかは分かりませんが旬のシーズンに収穫できればとても美味しい甘鯛を楽しむ事ができます。

甘鯛釣りの時期

Photo byPublicDomainPictures

まず初めに甘鯛釣りの際に注目してみましょう。甘鯛の釣りのシーズンは地域によっても大きく変わります。

大方の旬のシーズンは冬から春にかけてのシーズンに専門の大型の乗合船が稼働を始めます。また甘鯛は「冬の女王」とも呼ばれているので冬が旬のシーズンとなります。

また甘鯛は夏から秋のシーズンにかけて産卵期に入ります。産卵期に入る前の甘鯛はとても脂が乗っているので絶品とされています。

甘鯛の釣り場

Photo byCouleur

続いて甘鯛の釣り場をチェックしておきましょう。甘鯛が主に生息しているのは日本海側の海となっています。

更にその中でも最も主な産地として有名なのは島根県や、山口県や長崎県となっています。その他にも石川県や福井県、更に徳島県でも甘鯛を釣れる事ができます。

甘鯛の生息している場所は水深30メートルから150メートル程の珊瑚付近の砂場で巣を作る習性があります。また集団生活をしているので、巣穴の集団は約直径200メートル前後で縄張りを作っています。

甘鯛は船釣りで狙う

Photo by s.sawada

甘鯛釣りをするなら船釣りで狙いのが基本となります。甘鯛は深海の砂地に生息をしていますので、岸からは少し離れた場所まで移動をしなければいけません。

またごくわずかなスポットではありますが深場が岸の近くに入りこんでいる様な場所であれば、手漕ぎボートで甘鯛釣りをすることも可能となっています。

通常は船を利用して甘鯛釣りを行うのが一般的とされています。日本海側に住んでいない方は少し遠征で釣りを行うようにしましょう。

テンビン仕掛け

Photo byFree-Photos

続いて甘鯛釣りのテンビン仕掛けについてご紹介させていただきます。甘鯛釣りには1番王道な釣り方となります。

テンビン仕掛けは穂先が柔軟で、更に胴はしっかりとしたビシ竿がおすすめとなります。エサはオキアミやその他にもイワイソメもおすすめとなっています。

オモリは30号から50号が目安となります。甘鯛釣りはマメに竿を上下させながら誘いこむ様にするのがポイントとなります。

ビシ仕掛け

Photo byLekies

続いて甘鯛釣りのおすすめのビシ仕掛けについてご紹介させていただきます。地域によってはビシ仕掛けで甘鯛を狙う場合もあります。

竿は50号クラスのビシ竿と中型両軸リールを組み合わせたのが基本となります。その他にもリールは電動タイプでも可能となります。

エサはイワイソメやオキアミを使用します。しっかりと底を取って1メートル程のタナを切ってからコマセ振り出します。竿先が充分に絞り込めた際にはゆっくりとリーリングをするのがポイントとなります。

胴付き仕掛け

Photo byPublicDomainPictures

最後に甘鯛りのおすすめの胴付き仕掛けをご紹介させていただきます。胴付き仕掛けは西日本でよく使われる仕掛けとなります。

胴付き仕掛けの特徴は1番下にオモリを仕掛ける方法となります。また長崎ではこちらの胴付き仕掛けで大物甘鯛を狙う事が多いようです。

竿はビシ竿やアマダイ専用竿で両軸リールか電動リールを使用します。先端にオモリ60号から80号を使用しましょう。

そこまで沈めたら竿先を30センチ程ゆっくり上下をさせながらそこから50センチ程でキープさせる方法となります。

夜釣りを楽しもう!おすすめの時間や仕掛け・釣れる魚などをご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
夜釣りを楽しもう!おすすめの時間や仕掛け・釣れる魚などをご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
夜釣りは、昼間の釣りとまた違って、港の夜景を眺めたり夏の夕涼みを兼ねて楽しめるフィッシングレジャーです。近くに夜釣りができる海岸や港があれば、アフターファイブにも楽しむことができます。夜釣りならではの魚を狙うなど、昼間にない楽しみ方がいろいろとあります。

甘鯛の下処理方法見出し

Photo byqimono

続いて甘鯛釣りや市場でゲットした甘鯛を丁寧にした処理をする方法をご紹介させていただきます。

高級魚なだけあって、下処理も少し緊張してしまうかもしれませんが難しくはないのでチャレンジしてみるのがおすすめです。

甘鯛は他の魚よりもウロコや身質も特徴的です。旬で美味しい甘鯛を美味しく調理する前には必須の下処理に注目しておきましょう。

余分な水分を抜く

Photo byTanteTati

甘鯛の下処理方法の初めは余分な水分を抜く事です。甘鯛はとても身が柔らかい魚となっています。また水分がとても多く、真水に使けていると味が落ちるので早め水分を抜いて処理をするのがおすすめとなります。

甘鯛は調理時には身が柔らいので身崩れをおこしやすいです。おすすめは塩を振って30分程寝かせるのがポイントとなります。

もし塩味を付けたくない場合は、乾燥昆布を使用して水分を昆布に吸わせていきましょう。下処理には多少時間はかかりますが、上手に下処理すれば甘鯛の旨味が凝縮されて美味しい料理が楽しめます。

うろこは落とす?

Photo bystux

続いて甘鯛の下処理でうろこ取りについてご紹介させていただきます。甘鯛のうろこはとても小さくてレシピによってはそのまま、うろこを付けたまま調理する事も可能となっています。

また甘鯛の揚げレシピであれば、逆にうろこがあった方がとても美味しいのでおすすめとなります。

お刺身等で調理をしたい場合はうろこ取りが必要となります。甘鯛のうろこは小さくて柔らかいので、通常のうろこ取りを使用した場合には飛び散るので注意しましょう。

包丁の扱いになれている方は、甘鯛をうろこと薄皮をそのまま切り落とすのがおすすめとなっています。少し難易度がありますが、手間も省けるのでチャレンジしてみましょう。

クロソイの釣り方や美味しい食べ方をチェック!さばき方や値段についても! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]のイメージ
クロソイの釣り方や美味しい食べ方をチェック!さばき方や値段についても! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
北海道等の寒い地域ではクロソイは人気の魚です。他の地域でもよく釣れるクロソイは防波堤等の穴釣りで釣れるので釣り初心者でもおすすめの獲物です。また食感のある歯ごたえで美味しいのも魅力で、今回クロソイの釣り方やさばき方、おすすめの食べ方までをご紹介します。

甘鯛のおすすめレシピ7選見出し

Photo by naka_hide

続いて大注目の甘鯛のおすすめレシピをご紹介させていただきます。高級魚として有名な甘鯛をとても美味しく楽しめるレシピを7選でピックアップしてみます。

新鮮な甘鯛の場合はお刺身で、また人気の塩焼きもおすすめとなります。その他にも甘鯛は美味しい食べ方がたくさんあるのでチェックしておきましょう。

甘鯛の刺身

Photo by iandeth

まず初めに甘鯛のおすすめレシピの甘鯛のお刺身をご紹介させていただきます。甘鯛の下処理を終えれば、次に3枚おろしにします。

腹骨をすき取って皮を引くように取りましょう。中骨はピンセットで取るのがおすすめですが、面倒な場合は骨の入ったライン部分をカットしても可能です。

甘鯛はとても身が柔らかいので、下処理や刺身用にさばく際にも少し丁寧な扱いで作業を進めていきましょう。

また新鮮なお刺身でいただく際には、おすすめの刺身は平造りやそぎ造りがおすすめとなります。刺身を引く際には下の方から、あまり力を入れ過ぎない様にて前にカットします。

甘鯛の昆布締め

Photo by Richard, enjoy my life!

続いて旬の甘鯛おすすめレシピの甘鯛の昆布締めをご紹介します。甘鯛のお刺身でも通常の刺身よりも食感や味が変わる昆布締めも人気レシピとなっています。

甘鯛の昆布締めは身質がねっとりとした食感に変化します。柔らかい食感のお刺身を楽しみたい方は昆布締めがおすすめです。

甘鯛の昆布締めで1番のポイントは良質な昆布を使用する事です。これだけでも味の違いが出て、せっかくの高級な甘鯛が無駄にならない様に良い昆布を使用しましょう。

甘鯛はまず甘鯛の半身にカットして、更に塩でしめます。昆布は汚れを吹いた後に酢水で戻しましょう。そこから戻した昆布で甘鯛の身を挟んで、上にお皿などで重しをして冷蔵庫で半日おきます。

甘鯛の塩焼き

Photo by Richard, enjoy my life!

続いて甘鯛のおすすめレシピの塩焼きをご紹介します。お刺身の次に人気の甘鯛のレシピと言えば塩焼きとなります。

甘鯛はとても身が柔らかくて、やみつきになる美味しさです。甘鯛の塩焼きのレシピはまず下処理を行い、塩をふって30分程ねかせます。

更に余分な水分はしっかりと取って、お酒を身に酒を振りかけてじっくりと焼き上げます。また塩焼きの場合は甘鯛はとても身が柔らかいので身崩れしないようにゆっくりとひっくり返しましょう。

甘鯛の旨味が凝縮された塩焼きはとても人気です。更に塩焼きレシピはとても簡単なので初心者でも簡単に作れます。甘鯛の塩焼きレシピにチャレンジしてみましょう。

甘鯛の若狭焼き

Photo by Richard, enjoy my life!

続いて旬の甘鯛の若狭焼きのレシピをご紹介させていただきます。甘鯛の塩焼きと同様に人気の若狭焼きはとても絶品です。

若狭焼きは塩焼きとは違い、タレを塗りながら焼き上げるレシピとなります。塩焼き方で全く違う味わいで楽しめます。

甘鯛の若狭焼きはうろこを付けたまま調理する方法となります。タレは料理用の東赤酒と清酒とうすくち醤油を小さじ1杯づつを合わせてタレを作ります。

うろこを立ち上げさせる火加減が難しいですが、タレをこまめに焼き上げましょう。油を引いたアルミホイルを敷くと綺麗に焼くことができます。

甘鯛の松笠揚げ

Photo by klipsch_soundman

続いて旬の甘鯛の松笠揚げレシピをご紹介させていただきます。甘鯛の松笠揚げはうろこを付けたまま唐揚げにします。

甘鯛のうろこは火を通せばとても香ばしくて美味しいので、甘鯛の松笠揚げをする際にはうろこを付けたまま調理をしましょう。

甘鯛の松笠揚げは片栗粉だけを付けて、そのまま180度の油で揚げます。初心者でも簡単なレシピとなりますのでチェックしておきましょう。

甘鯛の酒蒸し

Photo by sabamiso

続いて甘鯛の酒蒸しレシピをご紹介させていただきます。甘鯛のの旨味を存分に楽しみたい方は酒蒸しがおすすめとなります。

酒蒸しはとても簡単なレンジでの調理方法なので、無駄な手間は必要ありません。深めの耐熱皿を用意して、その中に甘鯛や豆腐や昆布やネギを入れて冷蔵庫でしばらくねかします。

その後に500wの電子レンジで5分加熱してポン酢でいただきましょう。簡単なレシピですが、見た目はとてもゴージャスです。

甘鯛のあら汁

Photo by yamakazz

最後に旬の甘鯛のおすすめレシピの甘鯛のあら汁をご紹介します。甘鯛のあら汁は刺身など後でも汁物として楽しめるのでおすすめです。

甘鯛の頭やアラに塩をふりかけて少しねかせます。更にお湯をかけて汚れを落とした後は透き通った美味しい甘鯛のあら汁が完成します。

とても簡単で美味しい甘鯛のあら汁は身がなくても甘鯛の美味しいダシで堪能できるので是非チャレンジしてみましょう。

旬の甘鯛を釣って美味しい料理を楽しもう!見出し

Photo by imgdive

とても人気の高い高級魚の甘鯛は旬のシーズンではとても美味しく味わう事ができます。甘鯛は頭から骨まで美味しく頂くことができます。

新鮮な甘鯛を入手した場合は絶品のお刺身で食べるのがおすすめです。更に人気の塩焼きも様々なレシピで楽しむ事ができます。

また甘鯛はとても栄養があり、脂肪分が他の魚に比べても低い事からダイエット中や健康を気にされている方にも注目されています。

美味しい旬の甘鯛はお値段も高額となります。甘鯛釣りをする方は是非美味しい旬のシーズンにチャレンジをしてみましょう。

投稿日: 2019年6月28日最終更新日: 2020年10月8日

アイコン

RELATED

関連記事

アイコン

人気記事ランキング

アイコン

公式アカウントをフォローして最新の旅行情報をチェックしよう!


  • instagram
  • twitter
  • line

公式アカウントをフォローして
最新の旅行情報をチェックしよう!

旅行や観光スポット・グルメ・おでかけに関する情報発信メディア

©TravelNote