北海道の滝おすすめ15選!絶景にふれて自然のマイナスイオンを浴びよう!

2019年7月23日 (2019年9月1日最終更新)

北海道にはダイナミックな滝や美しい滝など日本の滝100選にも選ばれている有名な滝が沢山あります。マイナスイオンを感じながら北海道の大自然を感じられる滝を観に出かけてみませんか。北海道の絶景が楽しめるおすすめのスポットを一挙ご紹介します。

目次

  1. 北海道の滝をチェック!有名な滝が多く落差もあるので見応えあり!
  2. 1:北海道の滝!絶景おすすめスポット【三段滝】
  3. 2:北海道の滝!絶景おすすめスポット【フレペの滝】
  4. 3:北海道の滝!絶景おすすめスポット【カムイワッカ湯の滝】
  5. 4:北海道の滝!絶景おすすめスポット【賀老の滝】
  6. 5:北海道の滝!絶景おすすめスポット【白竜の滝】
  7. 6:北海道の滝!絶景おすすめスポット【インクラの滝】
  8. 7:北海道の滝!絶景おすすめスポット【白銀の滝】
  9. 8:北海道の滝!絶景おすすめスポット【白ひげの滝】
  10. 9:北海道の滝!絶景おすすめスポット【流星の滝】
  11. 10:北海道の滝!絶景おすすめスポット【鱒見の滝】
  12. 11:北海道の滝!絶景おすすめスポット【銀河の滝】
  13. 12:北海道の滝!絶景おすすめスポット【アシリベツの滝】
  14. 13:北海道の滝!絶景おすすめスポット【オシンコシンの滝】
  15. 14:北海道の滝!絶景おすすめスポット【白扇の滝】
  16. 15:北海道の滝!絶景おすすめスポット【羽衣の滝】
  17. 日本の滝100選について
  18. 北海道の滝は大自然を感じられる癒しのスポット!落差が大きくて大迫力!

北海道の滝をチェック!有名な滝が多く落差もあるので見応えあり!

北海道には日本の滝百選にも選ばれている有名な滝も沢山。北海道観光の一コマに滝の鑑賞を組み込んでみてはいかがでしょう。大自然を比較的手軽に満喫でき、マイナスイオンでリフレッシュ効果も抜群です。落差の大きい滝も多く見ごたえも十分です。北海道の絶景を楽しめるおすすめの滝スポットを一挙ご紹介します。

1:北海道の滝!絶景おすすめスポット【三段滝】

階段状の緩やかな滝が優美な北海道の滝、三段滝。三段滝公園の中にあり秋には紅葉まで楽しむことが出来るおすすめのスポットです。

それほど高い段差があるわけではありませんが、川幅があるので水量の多い時には迫力の光景が見られます。

北海道芦別市芦別厚別にある滝:おすすめポイントやアクセス情報

三段滝は北海道芦別市芦別厚別にあります。国道沿いから気軽に鑑賞できるのでドライブがてらに立ち寄るのもおすすめ。

三段滝のスポットは国道452号沿いにありJR芦別駅前からは車で約30分程です。三段滝のある公園は冬期は閉鎖になります。

2:北海道の滝!絶景おすすめスポット【フレペの滝】

絶景が楽しめる北海道の滝、フレペの滝は川がなく突然現れるのが特徴です。知床連山に振った雪と雨は地下に浸透し、垂直に切り立った約100mほどの断崖の割れ目から突然現れ流れ落ちます。

その様子がまるで涙が流れるようで、地元では乙女の涙という愛称で親しまれています。地下水として流れ出たフレペの滝は直接オホーツク海へと流れます。

北海道斜里郡斜里町にある滝:おすすめポイントやアクセス情報

フレペの滝があるのは北海道斜里郡斜里町で世界自然遺産の知床にもほど近い場所です。知床自然センターから遊歩道を歩いて片道20分程のところ。知床自然センターの駐車場が利用できます。

積雪時には歩くスキーやスノーシューなどでトレッキングを楽しみながらフレペの滝を観ることが出来ます。

3:北海道の滝!絶景おすすめスポット【カムイワッカ湯の滝】

カムイワッカ湯の滝は北海道の絶景が楽しめるおすすめのスポットです。知床を代表する秘湯であるカムイワッカ湯の滝の水温は約30℃。裸で入浴するほどの温かさはなく、あくまで観賞用の温泉になります。湯の泉質は強酸性なので肌の弱い方は注意が必要です。滑り止めの靴下やサンダルを履きながら沢を上り、3つの滝を楽しめます。

北海道斜里郡斜里町にある滝:おすすめポイントやアクセス情報

カムイワッカ湯の滝は北海道斜里郡斜里町にある有名な滝で足湯感覚で楽しめる滝として人気があります。滝へのアクセス方法は期間によって変わっていて、8月中だけはシャトルバスが運行されます。それ以外の時期のアクセスは車もしくは自転車、バイク、徒歩になります。

4:北海道の滝!絶景おすすめスポット【賀老の滝】

北海道の絶景が楽しめるおすすめの滝は日本の滝百選にも選ばれている賀老の滝。滝のある千走川にはドラゴンウォーターと呼ばれる炭酸水が湧き出ていて、なかなか炭酸が抜けない強烈な炭酸水を味わうことが出来ます。景観はもちろんですがマイナスイオンたっぷりの滝は涼を求めるにも最高です。

北海道島牧郡島牧村にある滝:おすすめポイントやアクセス情報

賀老の滝は北海道島牧郡島牧村にある滝です。滝を含めた周辺一帯は狩場茂津多道立自然公園に指定されています。

アクセスは函館本線黒松内駅または長万部駅からバスもしくはタクシーで約2時間ほどです。国道229号線から左手に見える看板を左に入り林道を14kmほど進むと賀老の滝に到着します。道中は道幅が狭いですが舗装されていて快適に進むことが出来ます。

5:北海道の滝!絶景おすすめスポット【白竜の滝】

白竜の滝は北海道の絶景おすすめスポットで落差は36mほどあります。白い竜が立ち上るように見えることから名付けられたと言われていて下からの眺めは圧巻です。

ラムサール条約でも指定された雨竜沼湿原の手前にある白竜の滝。周辺はうっそうと生い茂る緑に囲まれて雨竜沼湿原の水を集めて流れるペンケペタン川にかかっています。近くまで行くと容赦なく水しぶきがかかってくる迫力満点の滝です。

北海道雨竜郡雨竜町にある滝:おすすめポイントやアクセス情報

白竜の滝は北海道雨竜郡雨竜町にある有名な滝です。南越前町の最先端の越前海岸沿いを走る国道305号線沿いに位置しています。道央自動車道滝川ICから約時間半、JR滝川駅からは車で約1時間半ほどです。駐車場からは約40分程で滝に到着します。駐車料金は無料ですが環境美化整備協力金として500円の料金がかかります。

6:北海道の滝!絶景おすすめスポット【インクラの滝】

北海道の絶景が楽しめるおすすめのスポット、インクラの滝は切り出した木材を運ぶインクライン設備があったことに由来する滝で落差は44mほど、滝幅は約10mあります。水量も多く、名瀑の一つに数えられていますが、地盤がもろいので滝の形は良く変わることで知られています。

北海道白老郡白老町にある滝:おすすめポイントやアクセス情報

インクラの滝は北海道白老郡白老町にある滝でアクセスは国道社台地区から山側に入って途中から林道を歩いていくことになります。駐車場から遊歩道を徒歩で約15分程歩いたところに見晴らし台もあります。

公共交通機関を利用してアクセスする場合はJR室蘭本線の社台駅から約3時間ほどです。車の場合は道央自動車道白老ICから国道36号の社台地区まで約15分程です。

7:北海道の滝!絶景おすすめスポット【白銀の滝】

北海道の絶景が楽しめるおすすめスポットの白銀の滝は落差25mほどの岩肌を流れる滝です。暑寒連邦に積もった雪解け水や地下水が山肌を伝って流れ落ちる様子は見ごたえ十分です。水量はそれほど多くないので迫力には欠けますが国道沿いなのでドライブがてら眺めるのに最適です。

北海道石狩市浜益区にある滝:おすすめポイントやアクセス情報

北海道の絶景おすすめスポットの白銀の滝は北海道石狩市浜益区にあります。冬は凍りつき夏とは違った表情を見せる白銀の滝へは札幌駅から車で100分、国道231号オロロンライン沿いにあります。札幌方面からは雄冬岬トンネルを出て右側です。駐車料金は無料、観覧料金も無用です。

8:北海道の滝!絶景おすすめスポット【白ひげの滝】

北海道の絶景が楽しめるおすすめのスポット、白ひげの滝は自然岩の間から染み出た地下水が勢いよく30m下の渓流に流れ落ちている様子が美しい滝です。

周辺を緑に囲まれ、コバルトブルーにきらめく美瑛川がしぶきをあげる様子はとても美しく、新緑、紅葉、白銀など四季折々の楽しみ方が出来ます。夜はライトアップも行われていて。昼間とは違った滝も楽しめます。

北海道上川郡美瑛町にある滝:おすすめポイントやアクセス情報

白ひげの滝は北海道上川郡美瑛町にあります。札幌の中心部からは道央自動車道を利用して札幌ICから旭川鷹栖IC経由で2時間40分程。JR美瑛駅からはバスで約30分程。バスの場合はJR美瑛駅から道北バス白銀温泉で下車後徒歩5分程です。

美瑛の有名な観光スポットである青い池からは車で4分程のところです。道道966号線をまっすぐ3kmほど行きます。駐車場に車を止めたらそこからは徒歩5分程で滝の見える橋に到着します。

9:北海道の滝!絶景おすすめスポット【流星の滝】

北海道の絶景が楽しめるおすすめスポットは石狩川沿いに延々と24kmという長さにわたって続く断崖絶壁の崖を流れ落ちる流星の滝。太い1本の滝となって力強く流れ落ちる様子は日本の滝百選にも入っています。

駐車場から間近に迫力ある滝の姿を観ることが出来ます。特に紅葉の時期の滝は美しく、白色の滝と紅葉のオレンジや黄色とのコントラストが見事です。

北海道上川郡上川町字層雲峡にある滝:おすすめポイントやアクセス情報

流星の滝は北海道上川郡上川町字層雲峡にある滝で層雲峡の中心部の景観をなす有名な滝です。対をなしている銀河の滝に対して男滝と呼ばれることもあり2つ合わせて夫婦滝と呼ばれ、日本の滝百選にも選ばれています。

札幌中心部化からは約2時間半ほど。道央自動車道を利用し札幌ICから此布JCTから旭川紋別自動車道上川層雲峡IC経由でアクセスします。無料の駐車場があり、そこからも流星の滝を観ることは可能ですが20分程急な坂道を上りきると双爆台という展望台があり、2本の滝を同時に観ることが出来ます。

10:北海道の滝!絶景おすすめスポット【鱒見の滝】

北海道の絶景が楽しめるおすすめのスポット鱒見の滝は岩肌を流れ落ちる姿が圧巻です。滝の名前は川を遡上する鱒が滝を見上げたことからつけられたと言われていて流れ落ちる水はまるで糸を垂らしたような優雅で女性的な雰囲気を感じます。

滝のスズラン丘陵公園内にある滝なのでアクセスがとても便利です。落差は18m、幅は20mほどあります。鱒見口駐車場からは徒歩10分程のところにある渓流沿いの遊歩道は快適。

北海道札幌市南区にある滝:おすすめポイントやアクセス情報

鱒見の滝は北海道札幌市南区にある滝で、札幌市内から気軽に足をのばせるのが嬉しいスポットです。札幌駅からは地下鉄南北線の真駒内駅から中央バスすずらん公園東口行きに乗り、すずらん公園渓流口停留所で下車します。そこから徒歩5分程。

車の場合は道央自動車道の北広島ICから約22kmで1日500円の駐車料金がかかります。滝までの道はバリアフリー化されていて、自転車、車いすでのアクセスも簡単です。滝の少し手前には駐輪場もあります。

11:北海道の滝!絶景おすすめスポット【銀河の滝】

北海道の絶景が楽しめるおすすめのスポットは銀河の滝。スポット10で紹介した流星の滝の真横にある滝で雌雄滝としても有名なかたわれです。太く力強く流れ落ちる流星の滝と対照的で幾重にも分かれた白糸のような流れが優美です。

落差は120mほどあり、夏は新緑、秋は紅葉、冬は氷瀑が楽しめます。紅葉の名所としても有名な銀河の滝は冬にはアイスクライミングができるほど氷つきます。

北海道上川郡上川町字層雲峡にある滝:おすすめポイントやアクセス情報

銀河の滝は北海道上川郡上川町字層雲峡にある滝です。国道339号線、大雪国道から少し入ったところにある駐車場からは流星の滝と銀河の滝の両方を眺めることが出来ます。また敷地内には双爆台。土産店、売店、トイレ、駐車場があります。詳しいアクセス方法は流星の滝と同じです。

12:北海道の滝!絶景おすすめスポット【アシリベツの滝】

北海道の絶景が楽しめるおすすめのスポットはアシリベツの滝です。落差26mで日本の滝百選の一つでもあります。アイヌ語のアシリベツとは新しい川という意味があり、札幌市内では最大級の滝といえるおすすめのスポットです。大寒頃の厳しい冷え込みが続くと滝が凍る氷瀑減少が起こることもあります。

北海道札幌市南区にある滝:おすすめポイントやアクセス情報

アシリベツの滝は国営滝野すずらん丘陵公園の中にあり、駐車場は公園の有料駐車場を利用します。アシリベツの滝までは遊歩道で約15分くらいで駐車料金は410円です。

滝野すずらん公園内になるアシリベツの滝の営業時間は季節によって異なります。9時開演で春と秋は17時閉園、夏は18時閉園、冬は16時閉園となっています。

13:北海道の滝!絶景おすすめスポット【オシンコシンの滝】

オシンコシンの滝は世界自然にも登録された知床にある有名な滝で雪解け頃の水量が多い時期の滝は最高の迫力です。

冬には水の流れを残しつつ凍る幻想的な様が満喫できます。途中から2つに分かれているので双美の滝とも呼ばれ中ほどまでは階段で上がることも出来ます。滝の上には展望台もあり、オホーツク海や知床連峰を眺めることも出来ます。

落差は50mで日本の滝百選のひとつで知床八景の一つでもある知床最大の滝となっています。名前の由来はアイヌ語で下の方にエゾ松が生えているところというところから。

北海道斜里郡斜里町ウトロ西にある滝:おすすめポイントやアクセス情報

オシンコシンの滝は北海道斜里郡斜里町ウトロ西にある滝で知床斜里駅からはバスで40分程。オシンコシンの滝下車後徒歩ですぐです。車の場合は斜里町ウトロから斜里方面で約10分程です。無料の駐車場があり料金は無料です。札幌駅からは特急で6時間半ほど。車の場合は道央自動車道を利用して5時間半ほどです。

14:北海道の滝!絶景おすすめスポット【白扇の滝】

白扇の滝は落差15m、幅18mの真っ白な扇を広げたような優美な姿が特徴の滝です。滝の名前もそんな姿からつけられたと言われています。恵庭渓谷随一の名勝地で4月下旬から11月上旬まで楽しむことが出来ます。

秋は紅葉、雪解け頃には激流など四季折々に合わせて自然と一緒に表情豊かな滝の様子が眺められます。

北海道恵庭市盤尻にある滝:おすすめポイントやアクセス情報

白扇の滝は北海道恵庭市盤尻にあります。恵庭渓谷へのアクセスは新千歳空港方面から恵庭ICを降りて約15km。札幌市内からは国道453号線を支笏湖方面へ進み途中山水橋付近から恵庭方面へ向かう道道117号線恵庭岳公園線に左折します。距離的には約30kmほどなので積雪期でなければ1時間ほどで到着します。

15:北海道の滝!絶景おすすめスポット【羽衣の滝】

日本の滝百選にも選ばれている北海道最大の落差を誇る羽衣の滝は2013年に起こった大規模な土砂崩れによって通行止めになっていましたが2018年6月から全面開通されました。

旭岳や大雪山を望む大雪山国立公園内にあり、柱状節理の険しい渓谷に広がる美しい紅葉と温泉郷が有名な天人峡の中にあります。落差は270m、7段の岩肌を流れ落ちる全国3位を誇る名瀑です。

北海道上川郡東川町にある滝:おすすめポイントやアクセス情報

羽衣の滝は北海道上川郡東川町にある滝です。古くから伝わる羽衣伝説によれば心優しい若者が山賊に奪われた天女の羽衣取り返してあげた際に小さかった滝が美しく大きな滝になったとされています。天人峡温泉からは600mほど、約15分程で羽衣の滝に到着です。

旭川駅からは車で65分、札幌中心部からは道央自動車道を利用しても車で約2時間半ほどかかります。

Original羽衣の滝は北海道の絶景スポット!天人峡へのアクセス方法は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
北海道最大の落差を誇る滝「羽衣の滝」。羽衣の滝には北海道の大自然を感じることができ、マイナス...

日本の滝100選について

ちなみに日本の滝100選とは1990年に選定された日本独自の美しい景観を持つ100の滝のこと。日本の森林保護活動のために全国から募集を行い527もの滝が応募され、その中から100の滝が選ばれました。北海道では羽衣の滝をはじめ全部で7つの滝が100選に選ばれています。

北海道の滝は大自然を感じられる癒しのスポット!落差が大きくて大迫力!

いかがでしたでしょうか。北海道の滝は大自然を感じられる癒しのスポットです。落差が大きく迫力も満点で北海道らしい観光を求めている方にもぴったり。有名な滝はもちろんですが、それぞれの滝にそれぞれの良さがあるので、ぜひ気になる滝に出かけてみてはいかがでしょう。

関連記事

関連するキーワード

1848.thumb
この記事のライター
nyaokaka

北海道の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

北海道の新着のまとめ