シングルモルトウイスキーとは?ピュアモルトとの違いや美味しい飲み方も!

2019年8月20日 (2019年9月1日最終更新)

日本でもハイボールブームが話題となっていて世界的にもウイスキーがとても注目されています。消費量が多く人気のシングルモルトウイスキーに注目してみましょう。ウイスキーの中でも様々な種類があり、違いやシングルモルトのおすすめポイントや銘柄についてご紹介します。

目次

  1. ウイスキー好きは必見!シングルモルトウイスキーについて
  2. シングルモルトウイスキーとは
  3. シングルモルトとピュアモルトの違いは?
  4. シングルモルトウィスキー以外の種類のウィスキー
  5. シングルモルトウィスキーの選び方
  6. シングルモルトウィスキーの代表的な銘柄
  7. シングルモルトウィスキーのおいしい飲み方
  8. シングルモルトウイスキーを深く知って味わおう!

ウイスキー好きは必見!シングルモルトウイスキーについて

ハイボールが空前の大ブームとなっていて大注目されています。お酒好きの方やウイスキー好きの方は必見のシングルモルトウイスキーについて注目してみましょう。

大人気のハイボールはウイスキーをベースにした飲み方となります。ウイスキーの飲み方は様々あり、またウイスキーの種類にも違いがあるのをご存知でしょうか。

ウイスキー産地によっても味や特徴が大きく異なります。日本でもウイスキー製造が盛んとなっていますので気になるウイスキーの銘柄をチェックしてみましょう。

今回普段ウイスキーを愛飲されている方はウイスキーの種類のシングルモルトウイスキーとは、ピュアモルトのウイスキーの違い等に注目してみましょう。

とても美味しくて人気のシングルモルトの銘柄もたくさんあります。更に美味しいシングルモルトの飲み方までをピックアップしてみますので参考にしてみましょう。

シングルモルトウイスキーとは

ウイスキーが世界的にも話題を集めていますが「シングルモルトウイスキー」が注目されています。一言でウイスキーと言えど、ウイスキーには様々な種類があります。

ビールや焼酎でも種類があるように、ウイスキーにも様々なジャンルがあります。ウイスキーによっても価格が違うのはシングルモルトかどうかによっても変動します。

ウイスキーのシングルモルトとはどの様な種類で特徴なのかをチェックしてみましょう。ウイスキー好きから得に注目されているのがシングルモルトウイスキーとなります。

シングル:1つの蒸溜所のみで造られる

シングルモルトウイスキーの「シングル」とは1つの蒸留所のみで造られています。シングルモルトウイスキーは様々な銘柄の蒸溜所によって味や香りが異なります。

またシングルモルトウイスキーを製造する国によっても製造の義務が異なるので、国内や海外によってシングルモルトウイスキーも様々です。

例えばウイスキーの代表的な産地で有名なスコットランドではスコッチウイスキー規則が義務付けられていて、蒸溜所内で仕込みを行う事やスコットランド国内の倉庫で最低3年以上の熟成をする事等が決められています。

勿論スコットランド以外でも日本国内でも有名なブランドがたくさんあり、他国とは違った製造の元シングルモルトウイスキーが造られています。

モルトウイスキー:大麦の麦芽のみを原料としたウイスキー

続いてシングルモルトウイスキーの「モルトウイスキー」とは大麦の麦芽のみを原材料として造られたウイスキーとなります。

モルトは大麦麦芽を意味します。普段自宅やお店で飲んでいるウイスキーは種類によってはモルトのみを使用して製造されているシングルモルトウイスキーの他にも存在します。

またシングルモルトウイスキーはお値段も比較的に高価なのが多く、シングルモルトウイスキー以外のブレンド等は低価格で販売されている事が多いので覚えておきましょう。

「シングル」と「モルト」を合わせたシングルモルトウイスキーは1つの蒸溜所で大麦麦芽100%で製造されたウイスキーとなります。

味の個性が蒸溜所や銘柄によって様々!

シングルモルトウイスキーは蒸溜所の個性そのものがウイスキーとして味わえるので、銘柄独自のウイスキーの味わいを楽しむ事ができます。

また上記でもご紹介しましたが国によってもウイスキーの製造の義務が異なったりもしますので、日本国内のウイスキーの他に海外の独自のウイスキー製造で味や風味が大きく異なります。

近年ウイスキーブームで注目されていますが、普段ウイスキーを飲まれている方はシングルモルトウイスキーや蒸溜所を飲み比べてみるのもおすすめです。

自分好みのウイスキーの種類や銘柄を見つけてみれば、もっと美味しいウイスキーの飲み方を楽しむ事もできます。

Original高級ウイスキーおすすめランキング!おすすめの銘柄をプレゼントに選ぼう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
高級な大人のお酒というイメージのウイスキー。気軽に飲める銘柄から特別な日に楽しみたい高級な銘...

シングルモルトとピュアモルトの違いは?

次にウイスキーの種類シングルモルトとピュアモルトの違いについてご紹介します。ウイスキーの種類にはシングルモルトの他にピュアモルトも存在します。

ウイスキーを選ぶ際にはシングルモルトウイスキーやピュアモルトウイスキー等が表記されている事も多いです。

シングルモルトやピュアとはどの様な違いがあるのかに注目してみましょう。ウイスキーには様々なジャンルがあるので、それぞれの違いを理解して飲み比べしてみるのもおすすめです。

ピュアモルトとは

まず初めにピュアモルトについてチェックしてみましょう。ピュアモルトとは異なるシングルモルトの原酒を混ぜて作られたウイスキーとなります。

ピュアモルトとは主に日本で使われている名前となりますが、国外では「ブレンデッドモルト(ヴァッテッドモルト)」と呼ばれています。

日本国内の銘柄の場合はピュアモルトと表記されている事も多いですが、海外のウイスキーを購入される場合にはブレンデッドモルトの表記も参考にしてみましょう。

大麦麦芽を100%使用されているのでピュアモルトと名付けられています。また後々ご紹介しますが「ブレンデッドウイスキー」とピュアモルトは根本的に意味が違うのでウイスキー選びの際には注意しておきましょう。

シングルモルトとは

シングルモルトウイスキーとは混じがない1つの蒸溜所で大麦麦芽100%を使用した本格的ウイスキーの種類となります。

ピュアモルトとは異なるシングルモルトをブレンドしたウイスキーとなりますので、味や風味も異なります。

シングルモルトか、それぞれのシングルモルトの原酒を合わせられているピュアモルトの違いとなります。

また1つの蒸溜所のモルトを楽しみたい方はシングルモルトを、また相性の良いシングルモルトを組み合わせたピュアモルトそれぞれ好みが分かれます。

Originalウイスキー初心者向けおすすめランキングTOP19!人気の種類・飲み方は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ウイスキーはお好きですか。このページでは、初心者でも飲みやすいウイスキーを選りすぐり、おすす...

シングルモルトウィスキー以外の種類のウィスキー

続いてシングルモルトウイスキー以外の種類のウイスキーについてご紹介します。上記ではシングルモルトとピュアモルトについてピックアップしてみました。

シングルモルトやピュアモルト以外にもウイスキーには他にもグレーンウイスキーやシングルグレーンウイスキーやブレンデッドウイスキーが存在します。

それぞれのウイスキーの種類や特徴について解説してみますのでチェックしてみましょう。また普段ウイスキーを愛飲している方も、どのジャンルのウイスキーを飲んでいるのかも確認してみるのもおすすめです。

グレーンウイスキー

まず初めにグレーンウイスキーについてチェックしてみましょう。グレーンとは大麦麦芽以外にも小麦や大麦、更にトウモロコシ等の穀物を原材料にしたウイスキーとなります。

大麦麦芽のシングルモルトよりもコストパフォーマンスが良く、低価格で購入できる事からスーパーや飲食店等でリーズナブルなお値段で提供されている多くのウイスキーがグレーンウイスキーとなります。

世界的にも多くのグレーンウイスキーが流通されている事で、現在のウイスキーブームの火付け役にもなっている注目のウイスキーです。

グレーンウイスキーは基本原材料として使用されている事も多いので、ウイスキーの原材料を確認してみましょう。国内のメーカーでも多く取り扱いしていて、1番馴染み深いのがグレーンウイスキーとなります。

シングルグレーンウイスキー

続いてシングルグレーンウイスキーとはグレーンウイスキーを1つの蒸溜所で製造されているウイスキーとなります。

グレーンウイスキーよりも上質なウイスキー製造にこだわって最近ではシングルグレーンウイスキーも多く出てきています。

ウイスキーが人気となっていて、グレーンウイスキーの中でも単一の蒸溜所にこだわっています。特徴は飲みやすくてシングルモルトよりもリーズナブルなお値段で購入できるのがポイントです。

また低価格の中でも上質なウイスキーを楽しみたい方におすすめです。国産メーカーのシングルグレーンでは「知多」が代表的なウイスキーとなります。

ブレンデッドウイスキー

最後にブレンデッドウイスキーをチェックしてみましょう。ブレンデッドウイスキーとはモルトウイスキーとグレーンウイスキーを混ぜたウイスキーとなります。

上記でもご紹介した様に異なるシングルモルトをブレンドしたものはピュアモルトとなりますが、ブレンデッドウイスキーはピュアモルトとは違います。

ブレンデッドウイスキーは大麦麦芽の原料のシングルモルトと複数の穀物を原料にしたグレーンウイスキーをブレンドされています。

シングルモルトやピュアモルトよりもブレンデッドウイスキーはリーズナブルなお値段で購入ができます。また世界的にもブレンデッドウイスキーが多く流通されています。

またブレンデッドウイスキーは比較的にブレンドされている事で飲みやすくウイスキーを楽しむ事ができます。

シングルモルトウィスキーの選び方

おすすめのシングルモルトウイスキーの選び方についてご紹介します。ウイスキーの中でもたくさんの種類があるのを解説させていただきました。

ウイスキーはとても深く、種類の他にも国によって大きな違いがあります。国によっては製造方法の違いもあり、原料に使用される大麦麦芽も異なります。

シングルモルトウイスキーは飲み比べてみると違いが大きく分かります。濃くて濃厚な味わいで楽しめるシングルモルトウイスキーを選ぶ際のおすすめポイントをチェックしてみましょう。

産地で選ぶ

シングルモルトウイスキーの選ぶ際のポイントで産地によって違いがあります。ウイスキーを製造している国によって選ぶのがおすすめです。

ウイスキーと言えば有名な産地は世界的に見てもスコットランドとなります。その他にも日本のウイスキーも最近では注目されています。

その他にもウイスキーの生産地としてスコットランドや日本の他にもアイルランドやアメリカやカナダが有名です。

5各国のウイスキーはウイスキーの5大産地として話題となっています。気になるウイスキーの有名な産地を8地域をチェックしてみましょう。

ローランド

まず初めにウイスキー産地として世界的にも有名なスコットランドローランドの産地に注目してみましょう。

ローランドはスコットランドの南エリアとなります。ローランドは首都エイジハラや大都市グラスゴーでも有名なスポットとなります。

世界的にウイスキーが話題になる前はローランド産ウイスキーは少なかったのですが、最近たくさんの蒸溜所が増えています。

ローランド産のシングルモルトはまろやかな味わいで楽しめるソフトで柔らかく芳醇なウイスキーが特徴的となっています。

スペイサイド

次に同じくスコットランドのスペイサイド産のシングルモルトウイスキーがおすすめです。ウイスキーの蒸溜所が最も集まるスポットで、綺麗で良質なスペイ川が流れていて自然の多い空気の美味しい場所です。

スペイサイドはスコットランドが世界的にも有名なウイスキーの産地として注目されているスポットのきっかけにもなっています。

また自然の多いスペイサイドではシングルモルトの原料にもなっている大麦の生産地でもあります。ウイスキーを製造する上では最適な環境なのがポイントです。

スコットランドのスペイサイド産のシングルモルトはエレガントで繊細な香りが楽しめるウイスキーが特徴となります。

ハイランド

続いて同じくスコットランドの北部を占めるハイランド産のシングルモルトをご紹介します。ハイランドのウイスキー蒸溜所は他の地域に比べると範囲はとても広いです。

スコットランドの伝統文化の場所でもあるハイランド産のシングルモルトは蒸溜所によってシンプルでライトな味わいであったり、また個性が強いウイスキーが特徴的となっています。

アイラ

次に同じくスコットランドの西海岸エリアよりもさらに西の海に浮かぶ島アイラ産のシングルモルトウイスキーも大注目です。

アイラは厚いピート層に覆われてた島で、こちらのシングルモルトはヘビーなピートの香りが漂います。独特な味わいで、アイラ産ウイスキーは多くのファンからも愛されています。

キャンベルタウン

続いて同じくスコットランドの南にある半島のキャンベルタウンの小さな町で製造されているシングルモルトウイスキーに注目してみましょう。

スコットランドでは世界的にも有名なウイスキー生産地となります。ウイスキーがブームとなってウイスキー蒸溜所が増える場所もあれば、キャンベルタウンの様に減る場所もあります。

以前はとても多いウイスキー蒸溜所がありましたが、現在では3カ所のみとなります。キャンベルタウンのシングルモルトは上品な味わいで、クリーミーな香りが特徴的となります。

アイランズ

スコットランドのアイランズは周辺の総称となっています。オークニー諸島を始め、ルイス島やハリス島等たくさんの島で製造されているウイスキー蒸溜所があります。

アイランズの島によってシングルモルトはそれぞれ特徴があります。土地によって様々な味わいや風味が楽しめるのでチェックしておきましょう。

アイルランド

スコットランド最後におすすめのアイルランド産のシングルモルトをご紹介します。スコットランドの南にあるアイルランドのウイスキーはアイリッシュならではの古くから造られている製造方法となります。

ウイスキーブームに伴いたくさんのウイスキー蒸溜所があります。有名な銘柄のウイスキーも多く存在しますので、アイルランド産のシングルモルトに注目してみましょう。

日本

日本のシングルモルトウイスキーにも注目してみましょう。スコットランド産のウイスキーは世界的にも知名度が高いですが、日本人の口に合うのは1番は日本産のウイスキーです。

日本のシングルモルトの製法は基本スコッチウイスキーが主流となります。有名な山崎や響等の銘柄が有名で、国内の蒸溜所がとても急上昇しています。

また日本産のシングルモルトウイスキーは2000年以降サントリーやニッカウイスキーが世界的にコンペティションで注目され始めました。ウイスキー初心者の方にもおすすめなので是非味わってみましょう。

熟成年数で選ぶ

続いてシングルモルトウイスキーを選ぶポイント2つ目の熟成年数での選び方をご紹介します。ウイスキーの熟成年数によって同じウイスキーであっても味が大きく異なります。

またシングルモルトウイスキーの価格も熟成年数で大きく変動もします。熟成年数が長期間であればあるほど、アルコール揮発や芳醇さに違いが出ます。

熟成の違いを選ぶ際には年数は必須項目となりますので、シングルモルト好きであれば同じ種類でも熟成年数を比較してみるのもおすすめです。

熟成樽で選ぶ

続いてシングルモルトウイスキーを選ぶポイント3つ目の熟成樽での選び方に注目してみましょう。シングルモルトウイスキーの味わいや風味が大きく変わるのが熟成樽となります。

シングルモルトウイスキーの主流になっている熟成樽から、希少価値の高いウイスキー樽まで幅広く存在します。

シングルモルトウイスキーを語る上では外せれない熟成樽の種類についてご紹介しますのでチェックしてみましょう。

オーク樽

シングルモルトウイスキーの風味や味わいが出るおすすめの熟成樽に注目してみましょう。まず初めに木製の熟成樽代表となるのがオーク樽です。

オーク樽を使用した熟成ウイスキーは美しい黄金色の色味になり、更にバニラの様な風味とナッツの様な香ばしい味わいにウイスキーのが熟成されます。

シェリー樽

続いてシェリー樽で熟成ウイスキーの特徴は歴史があり、シェリー樽はワインの製造にも使用される醸造酒法となります。

シェリー樽をウイスキー樽として使用された仮説によると1700年初頭にスコットランドはイングランドに併合されていて、当時ウイスキー製造業者は高い税金が課せられていました。

ウイスキーを隠す為に当時大量にあったシェリーの空き樽を使用し、長期熟成されたシェリー樽のウイスキーは味や香りや琥珀色の美しいウイスキーに仕上がりました。それ以降ウイスキー製造の際にはシェリー樽を用いられるのが主流となりました。

バーボン樽

続いて現在で最も使用されているシングルモルトウイスキーの熟成樽はバーボン樽となります。バーボン樽で熟成されたウイスキーは甘味があり、口当たりの良い美味しいウイスキーが特徴となります。

日本のウイスキー製造の際にもバーボン樽を使用されることも多く、初心者でもシングルモルトウイスキーが味わえる美味しく熟成されます。

フルーティーな味わいで芳醇な香りのバーボン樽で熟成されたシングルモルトウイスキーを味わってみましょう。

ミズナラ樽

最後にブナ科の落葉広葉樹で作られたミズラナ樽を使用した美味しいウイスキー樽に注目してみましょう。
 

ミズラナ樽を使用したシングルモルトウイスキーを世界で初めて使用したのが国内ブランドのサントリーとなります。

ミズラナ樽のシングルモルトウイスキーは繊細な味わいで、香木風の香りで味わえるのが特徴的となっています。

シングルモルトウィスキーの代表的な銘柄

続いて1つの蒸溜所で大麦麦芽で作られるシングルモルトウイスキーの有名な銘柄についてご紹介します。

世界的にも有名な銘柄をチェックして、シングルモルトウイスキーを試してみたい方は参考にしてみましょう。

シングルモルトの”ロールスロイス”【ザ・マッカラン】

まず初めにスコットランドのハイランド産の大人気ザ・マッカランに注目してみましょう。ザ・マッカランはシングルモルトのロールスロイスと評される名酒となります。

シェリー樽に12年以上熟成されたシングルモルトはフルーティで贅沢な味わいで楽しめます。スパイシーな風味も特徴的で、シングルモルトウイスキー好きから厚い支持を得ています。

アイラモルトを試したい人におすすめ【ボウモア】

続いてシングルモルトウイスキーで大注目のボウモアをチェックしてみましょう。スコットランドのアイラ島の最古の蒸溜所でもあるボウモアは「アイラの女王」とも呼ばれています。

爽やかで柑橘系の味わいで楽しめます。ウイスキー好きでアイラモルトを試したい人におすすめのシングルモルトとなります。

”アイラモルトの王”と評される【ラフロイグ】

シングルモルトウイスキーの王道の人気を誇るのがラフロイグとなります。独特な磯の香りとドライなテイストが特徴的な味わいです。

シングルモルトウイスキーを試している方はアイラモルトの王と称されているラフロイグを是非試してみましょう。

日本初のモルトウイスキー蒸留所【山崎】

続いて日本初のモルトウイスキー蒸溜所でもある山崎をご紹介します。世界的にも名誉のあるコンペティションで最優秀金賞を受賞したシングルモルトとなります。

世界初のミズラナ樽の長期熟成樽で製造されています。バニラの香りが感じられて日本人の口にも合いやすいので初心者の方にもおすすめです。

世界的な賞を多数受賞【白州】

最後に国内でも有名な山梨県の蒸溜所の白州は世界的にもたくさんの賞を受賞している知名度の高い人気のシングルモルトウイスキーとなります。

飲み方も様々楽しむ事ができて、ストレートや人気のハイボールが大人気です。ジャパニーズウイスキーでもトップクラスの人気を誇るのでチェックしておきましょう。

シングルモルトウィスキーのおいしい飲み方

最後にシングルモルトウイスキーのおいしい飲み方についてご紹介します。様々なウイスキーの種類がある中で、本物のシングルモルトを味わいたい方は飲み方にも注目してみましょう。

リーズナブルで安いお値段で購入ができるグレーンやブレンデッドウイスキーではなく、シングルモルトウイスキーを試してみたい方は自分好みの飲み方で楽しみましょう。

シングルモルトウイスキーの飲み方は基本4パターンをピックアップしてみます。どの飲み方でもそれぞれおいしい味わい方で堪能する事が出来ます。

オン・ザ・ロック

まず初めにシングルモルトウイスキーのオーソドックスな飲み方のオンザロックがおすすめです。オンザロックでの飲み方はシングルモルトの味わいを存分に楽しめます。

また氷が溶けだせば様々な楽しみ方もできます。始めはシングルモルトの味わいをしっかり堪能して、時間をかけて楽しみましょう。

ストレート

次にシングルモルトウイスキーをストレートでの飲み方をご紹介します。オンザロックではなく、本格的にシングルモルトを味わいたい方におすすめです。

例えば国内で有名な山崎の場合はストレートでの飲み方はアルコール度数が約20%の状態となります。食後や就寝前にストレートで堪能してみましょう。

水割り

続いてシングルモルトウイスキーを水割りでの飲み方が1番人気となっています。水割りでの飲み方はウイスキー1に対して水を2や3の割合がおすすめとなります。

シングルモルトは水割りでも香りや味がダイレクトに味わう事が出来ます。シングルモルト初心者の方も飲みやすのでチャレンジしてみましょう。

ハイボール

最後においしいシングルモルトを大ブームとなっているハイボールで味わってみるのもおすすめです。飲み方はそれぞれ好みもあり、オンザロックやストレートや水割りで楽しめます。

上質なシングルモルトでもハイボールでの飲み方は香りや味が変わる事はありません。ハイボールの場合の飲み方は水割り同様にハイボール1に対して水2や3で割って濃いめで味わうのがポイントとなります。

シングルモルトウイスキーを深く知って味わおう!

ウイスキーの中でも様々な種類や特徴があります。その中でもシングルモルトウイスキーはモルトを100%使用した原材料で製造されているのが基本となります。

国によって製造規則が多少異なる点もありますが、ウイスキーで有名なスコットランドや日本でも有名な銘柄のウイスキーがたくさん販売されています。

ただ何となく飲んでいるウイスキーの中でも様々な種類があります。大麦麦芽のみを使用したシングルモルトやピュアモルト、更にグレーンウイスキーやブレンデッドウイスキー等があります。

種類や特徴の違いを見つけてみて、自分好みのウイスキーを選ぶのがおすすめです。またウイスキーを購入する際の参考にもなるので是非チェックしてみましょう。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
LOOK

日本の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

日本の新着のまとめ